OBSの推奨スペックと人気配信者のPCスペックを解説【初心者にオススメ】

OBSの推奨スペックと人気配信者のPCスペックを解説【初心者にオススメ】PC&スマホ機材など

この記事は下記の悩みや疑問を持つ方にオススメです。

  • OBSの推奨スペックが分からなくて困っている…
  • 人気配信者はどんなPCを使っているのか知りたい
  • 初心者にもオススメなPCのモデルを教えてほしい

OBSでの配信経験もあり、下記のPCを持っている私がOBSの推奨スペックと人気配信者達のPCスペックを解説していきます。

形状・OSミドルタワー・
Windows
ミドルタワー・
Windows
ミドルタワー・
Windows
スリムタワー・
Windows
ノートPC・
Windows
ノートPC・
Mac
ノートPC・
Mac
CPUAMD Ryzen5 3600XTIntel Core i5-10400Intel Core i7-10700Intel Core i7-3770KIntel Core i5-10210UIntel Core i5-5250UApple M1
GPU(グラボ)GeForce GTX1660 SUPERUHDグラフィックス630GeForce RTX 3060GeForce GTX1050UHDグラフィックス630Intel HD グラフィックス 6000M1内蔵GPU
RAM(メモリ)16GB16GB32GB8GB8GB8GB8GB
ROM(ストレージ)SSD 512GBSSD 256GBSSD 512GBSSD 256GBSSD 256GBSSD 256GBSSD 256GB
スポンサーリンク

OBSの推奨スペックはどれくらい?

まず結論から言うと、公式で発表されているOBSの推奨スペックは下画像の通りです。

引用元:https://obsproject.com/wiki/System-Requirements

上画像の通りであれば現在家電量販店などで販売されているPCならほぼ全ての製品が推奨スペックを満たしていることになります。

一応、GPUはあった方が良いですが、無くてもOBSで配信することは可能です。

ちゃすく
ちゃすく

OBSの使い方についてはこちら

本当に公式の推奨スペックで良いのか

公式の推奨スペックではかなり幅広いPCが対応していました。

しかし、公式の推奨スペックを満たしただけでは360pの配信になったり、画面がカクカクしたりなどの不具合が発生します。

不具合が発生してばかりの配信ではファンも困るため、下記の点は最低限満たせるスペックが欲しいです。

  • 配信中にカクカクしない
  • YouTubeへ1080p/60fpsで配信できる
  • ゲームやDiscordを同時に使用できる

そのため、私自身の経験から考えるとOBSの推奨スペックは下表のようになります。

配信ジャンル雑談配信キャプチャーボードを
使ったゲーム配信
PCゲーム配信Vtuber
CPU8世代以降の
Intel Coreシリーズ
8世代以降の
Intel Coreシリーズ
10世代以降の
Intel Core i7シリーズ以上
10世代以降の
Intel Core i7シリーズ以上
GPUCPU内蔵GPUCPU内蔵GPUGeForce GTX1660 super以上GeForce RTX3060 super以上
RAM(メモリ)4GB以上8GB以上8〜16GB以上(ゲームへ大きく依存)16GB以上

*PCゲーム配信とVtuberに関してはプレイするゲームの重さやモデルの種類によって必要になるスペックが大きく変わる事があります。

PCスペックにあまり詳しくない人は上表を見てもよく分からないと思うので、人気配信者が実際に使っているPCのスペックも紹介しながらオススメのモデルを紹介していきます。

【余談】家電量販店でPCを買ってはいけない

家電量販店のPCは余計なセキュリティソフトや保証によって金額が過剰に上乗せされています。

そのため、配信用にPCが欲しい場合はBTOパソコンメーカーの公式サイトから購入することをオススメしています。

ちゃすく
ちゃすく

BTOパソコンメーカーはマウスコンピューター
パソコン工房FRONTIERなど

引用元:https://www.mouse-jp.co.jp/

BTOパソコンメーカーであれば自身が希望するスペックに合わせてPCをカスタマイズ出来るため、コスパに優れたPCを手に入れることが出来ます。

スポンサーリンク

雑談配信&キャプボゲーム配信にオススメPC

では、雑談配信やキャプボを使ったゲーム配信にオススメのモデルを紹介していきます。

雑談配信No1PC:mouse DT5

最初に紹介する配信用PCがマウスコンピューターよりmouse DT5です。

mouse DT5
CPUIntel Core i5-11400
GPUUHD グラフィックス 730
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)SSD 256GB

価格は税込み81637円ですが、現在はセールで72546円になっています。

セールで8万円以内でありながらIntel第11世代のCPU「Core i5-11400」を搭載しているため、1080p/60fpsのOBS配信を余裕で行うことが出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

IntelのCPUは10世代以降で急激に性能
アップしたので第11世代CPUはオススメ!

GPUはCPU内蔵であるためPCゲーム配信は難しいですが、SwitchやPS5などのキャプチャーボードを使用する配信は余裕で行うことが出来ます。

メモリは8GBのままでも十分OBSで配信出来ますが、お金に余裕がある場合は16GBへカスタマイズするとOBSi以外に複数ソフトを立ち上げても快適に動作するようになります。

基本の価格が10万円未満であり、セール時には8万未満になるのでかなりコスパの良い商品です。

予算10万円最高コスパ:FRBSH710/C

次に紹介するPCがFRONTIERよりFRBSH710/Cです。

FRBSH710/C
CPUIntel Core i7-10700
GPUUHD グラフィックス 630
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 512GB

価格は税込99800円ですが、FRONTIERは頻繁にセールをしている為さらに安く購入できます。

先ほどのmouse DT5はCPUがCore i5でしたが、こちらは上位版のCore i7になっており、CPU内蔵GPUだけでも簡単な3Dゲームをプレイすることが出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

もちろんOBSでの雑談配信も余裕!

しかも、メモリが16GBも搭載されているため「OBS+キャプチャーボード+ディスコード+YouTube studio」のように複数のソフトを起動しても大丈夫です。

ストレージが512GBもある点は動画編集において大きなメリットになるので、予算10万円のOBS配信用PCでは1番オススメです。

ノートPCコスパ◎:STYLE-15FH120-i5-UXSX-D

ノートpcで紹介するオススメのモデルはパソコン工房よりSTYLE-15FH120-i5-UXSX-Dです。

iconicon
STYLE-15FH120-i5-UXSX-D
CPUIntel Core i5-1135G7
GPUIris Xe Graphics
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 500GB

価格は税込98980円であり、形状は15.6型なのでノートpcとしては少し大きめのサイズです。

ノートPCでありながらIntel第11世代のCPU「Core i5-1135G7」を搭載しているため、1080p/60fpsのOBS配信を余裕で行うことが出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

デスクトップに比べると少し割高だけど、
高画質配信出来るのは嬉しいポイント!

GPUはCPU内蔵であるためPCゲーム配信は難しいですが、SwitchやPS5などのキャプチャーボードを使用する配信は余裕で行うことが出来ます。

また、メモリが16GBであるメリットは非常に大きく、雑談配信やゲーム配信でOBSと一緒に使われやすいDiscordやマシュマロを同時に使用することが出来ます。

動画編集に関しても問題がなく、私はSTYLE-15FH120-i5-UXSX-Dの1つ古いモデルを使用していますが、PowerDirectorFilmoraも快適に編集出来ます。

スポンサーリンク

PCゲーム配信&VtuberにオススメのPC

では、PCゲーム配信やVtuberにオススメのPCを紹介していきます。

プロゲーマー:SENSE-F02B-LCi9SX-XAX-CMG

最初に紹介するのはプロゲーマー「ネフライト」さんのPCスペックと同スペックのPCです。

引用元:https://www.youtube.com/channel/UCFkncXKwLRtA2MFdXOv34yQ

ネフライトさんが使用しているPCスペックはCPU「Core i9 10900K」、GPU「RTX3090」です。

さすがは人気プロゲーマーチーム「Game With」のボスということもあり、かなり高い性能のゲーミングPCです。

既にeスポーツ選手としての引退を発表しましたが、トップレベルの選手としても活動していたネフライトさんは配信者としても選手としてもFortniteプロゲーマーの顔です。

そして、そんなネフライトさんと同じスペックのゲーミングPCがパソコン工房のSENSE-F02B-LCi9SX-XAX-CMGです。

iconicon
SENSE-F02B-LCi9SX-XAX-CMG
CPUCore i9-10900X
GPUGeForce RTX 3090
メモリ(RAM)64GB
ストレージ(ROM)SSD 500GB

CPUはCore i9-10900Kとほぼ同スペックの「Core i9-10900X」であり、GPUはネフライトさんと同じ「RTX3090」です。

これだけの性能があれば重たいゲームであっても240fps以上で快適にプレイしつつ、OBSによる高画質配信も可能です。

ちゃすく
ちゃすく

他のプロゲーマーのPCスペックはこちら

にじさんじVtuber1:G-Tune HN-Z-3070Ti

まず、にじさんじVtuberの中でも高いPCスペックを使っている人たちが下表になります。(2020年に調査:詳細はこちら

Vtuber名CPUGPUVtuber名CPUGPU
本間ひまわりCore i9-9900KRTX2080Ti相羽ういはCore i9-9900KFRTX2080Ti
葛葉Core i9-9900KRTX2080Ti神田笑一Core i9-9900KRTX2080
Core i9-9900KRTX2080Ti魔使マオCore i9-9900KRTX2070
アンジュ・カトリーナCore i9-9900KRTX2080Ti舞元啓介Core i7-9700KRTX2080Ti
アルス・アルマルCore i9-9900KRTX2080Ti早瀬走Core i7-9700KRTX2070
不破湊Core i9-9900KRTX2080Tiリゼ・ヘルエスタCore i7-9700FRTX2080

にじさんじVtuberはライブ配信での活動がメインである為、彼らと同じPCスペックがあればOBSの配信も快適に行えます。

そして、上表のにじさんじVtuberのPCとほぼ同性能以上のスペックを持つゲーミングPCがマウスコンピューターのG-Tune HN-Z-3070Tiです。

OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル® Core i7-11700K
GPUGeForce RTX 3070 Ti
メモリ(RAM)16GB (8GB×2 / デュアルチャネル)
ストレージ(ROM)SSD:512GB、HDD:2TB

具体的なpcスペックは上表のようになっており、にじさんじVtuberがよく使っているGPU「RTX2080Ti」と同等以上の性能である「RTX 3070 Ti」を搭載しています。(性能比較画像↓)

引用元:https://technical.city/ja/video/GeForce-RTX-2080-Ti-vs-GeForce-RTX-3070-Ti

G-Tune HN-Z-3070TiのCPUはCore i7なので、にじさんじVtuberの「Core i9-9900K」と比べると見落とりしそうです。

しかし、実際には下画像のように「Core i7-11700K」と「Core i9-9900K」にほぼ性能差がありません。

引用元:https://technical.city/ja/cpu/Core-i9-9900K-vs-Core-i7-11700K

したがって、G-Tune HN-Z-3070Tiであれば、にじさんじVtuberと同じようなOBS配信ができます。

価格は税込285,780円なので30万円以下購入することができ、セール期間には263,780円まで安くなるため、安く購入したい場合はすぐに確認してみてください。

にじさんじVtuber2:LEVEL∞ LEVEL-M066-124-RXX

次ににじさんじVtuberで中スペックのPCを使っている人たちが下表になります。

Vtuber名CPUGPUVtuber名CPUGPU
夜見れなCore i9-9900KGTX1660Ti森中花咲Core i7-8700KGTX1080
葉加瀬冬雪Core i7-8700GTX1660Ti剣持刀也Core i7-8700KGTX1070Ti
笹木咲Core i5-9400FGTX1660Ti勇気ちひろCore i7-8700KGTX1070Ti
渋谷ハジメCore i7-8700KGTX1080Tiエリー・コニファーCore i7-8700KGTX1070
鈴木勝Core i7-8700KGTX1080Ti戌亥とこCore i7-8750HGTX1070
月ノ美兎Core i7-8700KGTX1080天宮こころCore i7-8700KGTX1060

上表のPCスペックであれば15万円前後で同程度のPCを購入出来るため、配信初心者でも真似しやすいです。

そして、上表と同等以上のPCスペックを持つモデルはパソコン工房のLEVEL-M066-124-RXXになります。

iconicon
OSWindows 11 Home
CPUインテル Core i5-12400
GPUGeForce GTX 1660 Ti 
メモリ(RAM)16GB(8GB×2) / デュアルチャネル)
ストレージ(ROM)SSD:500GB

価格は税込149,980円であるため、配信用に初めてのPCが欲しい人でも買いやすいです。

実際に夜見れなさんのPCと比較してみると、CPUは「Core i9-9900K」と「Core i5-12400」であるためCore i9の方が高く見えがちですが、下画像のように実は「Core i5-12400」の方が少しだけスペックが高いです。

引用元:https://technical.city/ja/cpu/Core-i9-9900K-vs-Core-i5-12400
ちゃすく
ちゃすく

GPUは同じなのでCPU分少し性能が高い!

このスペックのPCでもFortniteやApexなら144fps以上でプレイ出来ますし、プレイしながらOBSで配信していても問題がありません。

ホロライブVtuber:LEVEL-R7X5-LCR59W-XAX-(略

まず、ホロライブVtuberのPCスペックが下表になります。(2022年に調査:詳細はこちら

Vtuber名CPUGPUVtuber名CPUGPUVtuber名CPUGPUVtuber名CPUGPU
大神ミオCore i9 9900KFRTX 2080癒月ちょこCore i9 8700KRTX 2080宝鐘マリンCore i9 9900KRTX 2070赤井はあとRyzen 9 3950XRTX 3070
猫又おかゆRyzen 9 3950XRTX 2080 Ti大空スバルCore i9 9900KFRTX 2070 SuperさくらみこCore i9 10900KRTX 2080 Ti白上フブキCore i7 8700KRTX 1080 Ti
戌神ころねRyzen 9 5950XRTX 3090兎田ぺこらRyzen 9 5950XRTX 3080星街すいせいRyzen 7 5800XRTX 3070夏色まつりCore i9 9900KRTX 2080 Ti
AZKiCore i7 8650URTX 2070潤羽ルシアRyzen 9 5950XRTX 3080天音かなたCore i9 10850KRTX 3080湊あくあCore i9 9900KRTX 2080 Ti
ときのそらRyzen 7 5800XRTX 2060 Super不知火フレアCore i9 9900KRTX 2080 Ti夜空メルCore i9 10850KRTX 3080紫咲シオンCore i9 9900KFRTX 2080 Ti
ロボ子さんCore i7 10700KRTX 2080 Super白銀ノエルCore i9 10700KRTX 3080 Ti角巻わためCore i9 10900KRTX 2080 Ti百鬼あやめCore i9 9900KRTX 2080 Ti

ホロライブVtuberのPCスペックは全体的に高い傾向にあり、特に戌神ころねさんのスペックはプロゲーマーと同等以上になっています。

そして、そんな戌神ころねさんと同じスペックのPCがLEVEL-R7X5-LCR59Wです。

iconicon
OSWindows 10 Home (64ビット版)
CPUAMD Ryzen 9 5950X
GPUGeForce RTX 3090
メモリ(RAM)32GB
ストレージ(ROM)SSD 1TB

こちらのゲーミングpcの価格はなんと562,980円です。

1台目に買うPCとしてはかなり高価ですが、これだけのスペックがあれば3Dモデルを動かしながらOBSでゲーム配信を快適に行うことが出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

もはやスペックが高すぎて解説することが無い

購入へのハードルが少し高いですが、本気で人気Vtuberを目指しているのであれば十分購入をオススメ出来るPCです。

グラボ搭載ノートPC:mouse K7

最後に紹介するモデルはマウスコンピューターよりmouse K7です。

mouse K7
CPUIntel Core i7-11800H
GPUGeForce GTX 1650
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 512GB

価格は税込153780円と高めですが、ノートPCでありながらグラボが搭載されているのでデスクトップPCにも負けないスペックを持っています。

あくまで搭載されているGPUが「GTX1650」のため、重たいMMORPGなどは快適にプレイ出来ませんが、少し設定を落としたFPSゲームなら快適にプレイ出来ます。

しかも、17.3型なのでディスプレイがかなり大きく、動画編集もゲーム配信もしやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

でも、重さは2kg超えなので持ち運びには注意!

OBSの配信でバカゲーやインディーズゲーム、DCGなどをメインに考えている人には特にオススメのPCです。

スポンサーリンク

他のオススメPCについて

他のオススメPCについては下記事で紹介しているので参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました