本サイトではASP広告を利用しています

ゆっくり実況用おすすめ安いノートパソコン6選!推奨スペックや選び方をプロ解説

ゆっくり実況、収益化剥奪ノートパソコン
この記事がオススメな人
  • ノートパソコンでゆっくり実況したい
  • ゆっくり実況にオススメのPCは?
  • 安いノートPCでゆっくり実況できる?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では実際にゆっくりの編集をしており、PCスペックレビューのプロである私がゆっくり実況におすすめの安いノートパソコンを解説していきます。

コストパフォーマンスに優れたノートパソコンを紹介していくので、ゆっくり実況を始めたい場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ゆっくり実況の推奨ノートパソコンスペック

ゆっくり実況の推奨スペックは一般的に公開されていませんが、私は下記のパソコンを使ってゆっくり系動画を作っています。

形状ミドルタワー1ミドルタワー2ミドルタワー3スリムタワーノートPC
OSWindowsWindowsWindowsWindowsWindows
CPUAMD Ryzen5 3600XTIntel Core i5-10400Intel Core i7-10700Intel Core i7 3770KIntel Core i5 10210U
GPU(グラボ)GeForce GTX1660 SUPERUHDグラフィックス630GeForce RTX 3060GeForce GTX1050UHDグラフィックス630
RAM(メモリ)16GB16GB32GB8GB8GB
ROM(ストレージ)SSD 512GBSSD 256GBSSD 512GBSSD 256GBSSD 256GB

上記のスペックによって「編集画面が重い…」「動画のプレビューが滑らか!」などの特徴があったため、上記のスペックからゆっくり実況の最低動作スペックと推奨スペックを決めていきます。

ゆっくり実況の最低動作スペック

ゆっくり実況の最低動作スペックは下表となっており、最新の10万円前後のノートパソコンであればスペックを満たせるようになっています。

ゆっくり実況最低動作スペック
OSWindows10以降
CPUIntel Core i5 第9世代
またはAMD Ryzen 5 第2世代以降
グラフィックスCPU内蔵GPU
メモリ(RAM)8GB以上
ストレージSSD:100GB以上

CPUには2019年に発売されたミドルレンジ以上を必要としており、ゆっくりムービーメーカー(YMM)や低価格帯動画編集ソフトが使える性能です。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途や
できること
3Dゲーム開発
VRゲーム
PCゲーム
プログラミング
動画編集
軽量なPCゲーム
動画視聴
文章作成
ネットサーフィン
軽量なSNSの閲覧
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

ただし、必要動作スペックを満たしただけではグラフィックス性能が低いため、10分以上のゆっくり実況を編集する際はプレビューや編集画面が重くなりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

激しい動きをつけるとグラフィック処理へ負荷がかかるので、必要動作スペックではアニメーションをつけるのは難しいかも…

また、上表の必要動作スペックはあくまで「ゆっくり実況を編集できるスペック」であり、「ゆっくり実況用のPCゲームをプレイできるスペック」ではありません。

PCゲームをプレイする場合はミドルレンジ以上のCPUだけでなく、グラフィックボードというグラフィック処理が得意なPCパーツが必要です。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツ(内蔵GPU)が同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

ちゃすく
ちゃすく

PCゲームやライブ配信で映像を処理するために使われるPCパーツです。
でも、価格が高いので一般的なパソコンには搭載されてません。

もしゆっくりのキャラクターや画面を動かしたり、PCゲームをノートパソコンでプレイしたい場合は下の推奨スペック以上が必要です。

ゆっくり実況の推奨スペック

ゆっくり実況の推奨スペックは下表となっており、軽量なPCゲームであれば十分プレイできるほどのスペックです。

ゆっくり実況推奨スペック
OSWindows11以降
CPUIntel Core i5 第10世代
またはAMD Ryzen 5 第3世代以上
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX1050Ti相当以上
メモリ(RAM)16GB以上
ストレージSSD:200GB以上

CPUには2020年に発売されたミドルレンジ以上、グラフィックスには2016年に発売されたエントリーモデルのグラフィックボード「GTX1050Ti」が推奨されています。

GTX1050Tiは2016~2017年くらいに初心者向けゲーミングPCとして使われたほどの性能があり、現在の最新CPUに搭載された内蔵GPUでも性能を上回ることは困難です。

GTX1050Tiクラスのグラボであればゆっくり実況の編集中にプレビュー画面が重くなることは少ないため、快適に動画を編集できます。

また、GTX1050Ti以上のグラフィックボードと16GB以上のメモリを搭載していればFPSやMMORPGなどもプレイできるため、ゆっくり実況用の撮影にも使える性能があります。

推奨スペックを満たせばPCでゲームをプレイ&録画し、そのままYMMや動画編集ソフトで編集できるため、推奨スペックを満たしたノートパソコンがオススメです。

スポンサーリンク

ゆっくり実況におすすめの安いノートパソコン6選

ゆっくり実況におすすめの安いノートパソコンには下記があるため、詳しい価格やスペックを解説していきます。

マウスコンピューター mouse B5-A5A01IS-C

ゆっくり実況にオススメの安いノートパソコン1台目は、マウスコンピューターのノートPC「mouse B5-A5A01IS-C」です。

mouse B5-A5A01IS-Cの価格は79,800円であり、ゆっくり実況の最低動作スペックを満たしています。

項目mouse B5-A5A01IS-C
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 5625U
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
メモリ8GB
ストレージSSD:256GB

PCゲームをプレイする場合は頼りないスペックですが、スマホやSwitchなどでゆっくり実況する場合は十分な性能です。

メリット
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • ゆっくり実況の編集に使えるスペック
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 安心安全の国内メーカー
  • 3年間センドバック修理保証・24時間365日電話サポートあり
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能
デメリット
  • 人気モデルなので売り切れになりやすい
    →再入荷を待てば購入可能
  • PCゲームには厳しい性能

USBやHDMI、Webカメラなどは標準搭載なので、学校のオンライン授業やライブ配信にも使える便rになノートパソコンです。

パソコン工房 SENSE-15FH127-i7-UHSX

ゆっくり実況にオススメしたい2台目の安いノートパソコンは、パソコン工房の「SENSE-15FH127-i7-UHSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH127-i7-UHSXの価格は104,800円であり、パソコン工房のクリエイター向けPCです。

項目SENSE-15FH127-i7-UHSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 12650H(10コア16スレッド)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラボ非搭載ノートPCですが、Intelの高性能内臓GPUを搭載しており、ゆっくり実況の最低動作スペックを上回っています。

メリット
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • ゆっくり実況の編集に使えるスペック
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 安心安全の国内メーカー
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • 高性能内蔵GPU
    →LoLやテラリアなどの2Dゲームをプレイできる
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能
デメリット
  • 3D系のPCゲームには厳しい性能

M.2SSDなので起動や読み込みも早く、16GBのメモリを搭載していることでグラボなしでもゆっくり実況の編集が重くなりにくいです。

ディスプレイサイズが15.6インチなのでデスクトップ用モニターより小さいですが、ノートPCであれば十分すぎるサイズです。

マウスコンピューター mouse F4-I5U01CG-A

ゆっくり実況にオススメしたい3台目の安いノートパソコンは、マウスコンピューターのノートPC「mouse F4-I5U01CG-A」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse F4-I5U01CG-Aの価格は119,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目mouse F4-I5U01CG-A
OSWindows 11 Home
CPUIIntel Core i5-1240P
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:256GB

CPUにIntelのミドルクラスを採用しており、軽量な2D系PCゲームもプレイできるIris Xe Graphicsを内蔵しています。

メリット
  • Windowsなので幅広いソフトに対応
  • ゆっくり実況の編集に使えるスペック
  • 14インチディスプレイで持ち運び対応
  • 安心安全の国内メーカー
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →動画編集ソフトと他ソフトの同時起動可能
  • 高性能内蔵GPU
    →LoLやテラリアなどの2Dゲームをプレイできる
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能
デメリット
  • 3D系のPCゲームには厳しい性能

14インチの小さめサイズなので、どこでも持ち運んでゆっくり実況を編集したい場合にオススメのモデルです。

マウスコンピューター NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

ゆっくり実況にオススメしたい4台目の安いノートパソコンは、マウスコンピューターの「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格は139,800円であり、ノートPCでありながらグラフィックボードも搭載しています。

項目NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

RTX3050以上の性能を持つRTX4060が搭載されているので、原神やフォールガイズ程度のPCゲームなら高グラフィック設定でもプレイ可能です。

特徴
  • PCゲームや動画編集、3Dモデリングも可能
  • 16GBの大容量メモリでPCが重くなりにくい
  • 16インチの大画面ディスプレイ
  • 512GBの大容量ストレージ
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
ちゃすく
ちゃすく

13万円超えなので高く見えますが、性能を考えれば十分安いノートPCです

もちろんPCゲームがプレイできるスペックなら、ゆっくりムービーメーカーや動画編集ソフトも快適に扱えるので、初めてゆっくり実況へ挑戦する人にもオススメです。

パソコン工房 SENSE-15FX155-i7-PLSX

ゆっくり実況にオススメの安いノートパソコン5台目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FX155-i7-PLSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FX155-i7-PLSXの価格は174,700円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目SENSE-15FX155-i7-PLSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 13700H(14コア20スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

Intelの13世代ハイエンドCPUとNVIDIAのグラフィックボードを搭載しており、ゆっくり実況の編集やPCゲームのプレイも可能なスペックです。

特徴
  • 15.6インチの大きめディスプレイで編集できる
  • 14コア20スレッドのCPUなので、マルチタスク性能も高い
  • RTX4050で3Dグラフィックスの処理性能が高い
    →&GBのビデオメモリでPCゲーム性能が高い
  • 16GBのメモリがあるので、動画編集も快適

パソコン工房であれば36回まで分割払いでき、故障などがあっても各都道府県のパソコン工房実店舗やオンラインで修理をお願いできるのでオススメです。

マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A

ゆっくり実況にオススメの安いノートパソコン6台目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune E6-A7G70BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E6-A7G70BK-Aの価格は279,800円であり、具体的なPCスペックは下記の通りです。

項目G-Tune E6-A7G70BK-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop
メモリ32GB(増設可能)
ストレージSSD:1TB

コスパに優れたRyzen 7 7840HS、ノートパソコン向けグラボでトップクラスの性能を持つRTX 4070 Laptopを搭載したモデルです。

特徴
  • 16インチの大きめディスプレイを搭載
  • PCゲームや動画編集へオススメのRTX4070搭載
  • リフレッシュレート240Hz対応液晶パネル搭載
    →PCゲームを240fpsでプレイ可能
  • 8コア16スレッドのRyzen 7でスペックが高い
  • 32GBのメモリでPCゲームや動画編集も快適
    →YouTubeへの高画質ゲーム配信もできる
  • 1TBのSSDでソフトやPCの起動が早い
    →フルHD(1080p)動画なら約166時間分保存できる
  • Webカメラ&マイク付き
  • クレカなしで最大36回まで分割払いでき、分割払い手数料0円
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

デスクトップのゲーミングPCにも負けないスペックがありながら30万円以内の低価格で購入できるため、破格の安さと言えます。

金額自体は大きいものの、最大36回まで分割払いできるため、人気ゆっくり実況者を目指す場合はオススメのモデルです。

ゆっくり実況用ノートパソコンの選び方5選

ゆっくり実況用ノートパソコンの選び方には下記があるため、詳しい選び方や特徴を解説します。

選び方1:OSはWindowsを推奨

ゆっくり実況を簡単に編集できるゆっくりムービーメーカー(YMM4)はWindowsのみに提供されており、MacやChromebookでは使えません。

ちゃすく
ちゃすく

ゆっくりムービーメーカー(YMM)ガよく分からない場合は「ゆっくりムービーメーカーは無料?スマホ版やダウンロード方法も解説」を参考にしてください。

一応、MacやChromebookへWindowsの仮想環境を導入すればYMMを利用できますが、手間や費用を考えるとオススメはできません。

もし既にMacやChromebookなどを買ってしまった場合は下の記事を参考にしてください。

選び方2:CPUはミドルレンジ以上

ゆっくりムービーメーカー(YMM)にはミドルレンジ以上のCPUがオススメであり、可能であればハイエンドも視野に入れたいです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

ミドルレンジCPUであればコア数が多いため、YMMとブラウザソフトを同時に開いても十分な処理が可能です。

ちゃすく
ちゃすく

コア数が少ないCPUでは処理性能が追いつかない

また、CPUメーカーにはIntelとAMDの2社がありますが、YMMであればどちらのメーカーでも正常に動作します。

  • Intel:AMDよりも最適化されているソフトが多い
  • AMD:Intelよりもコスパに優れることが多い

パソコン工房であればミドルレンジ以上のCPUを搭載し、IntelとAMDの両方から選べるのでオススメです。

選び方3:NVIDIAのグラボを推奨

ゆっくりムービーメーカー(YMM)はグラフィックボードを使うことでハードウェアデコードが可能になり、プレビューやエンコード処理が早くなります。

ちゃすく
ちゃすく

1時間もかかってたエンコードが10分程度で可能になります

グラフィックボードのチップを開発している企業にはNVIDIAとAMDがあり、ゆっくり実況が目的であれば下記の理由からNVIDIAがオススメです。

  • AMDよりも利用者が多く、情報が多い
  • レイトレーシングやDLSSが使える
  • NVIDIAに最適化されたゲームが多い

NVIDIA系グラボの中でもGeForce RTXシリーズであればPCゲームもプレイでき、ハードウェアデコードも利用できる性能があります。

マウスコンピューターのパソコンであればNVIDIAのGeForce RTXを搭載しているので、ゆっくり実況と相性の良いPCが欲しい場合はオススメです。

選び方4:メモリ16GB以上は必須

ゆっくりムービーメーカー(YMM)自体はメモリ8GBでも動作しますが、動画編集中はブラウザソフトやPhotoshopなどを一緒に使います。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。

←ストレージ、メモリ→

複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

YMMとブラウザソフトを同時に利用するとメモリの使用量が8GBを超えてしまうため、メモリ不足でソフトやPCが落ちやすいです。

メモリ不足へ陥らないためにもゆっくり実況ノートパソコンを導入する場合は、16GB以上のメモリを搭載したPCがオススメです。

ただし、ゲーミングPCであればメモリ16GB以上が当たり前なので、あまり気にする必要はありません。

スポンサーリンク

選び方5:ストレージはSSD

ゆっくりの動画編集では多数の動画や画像を扱うため、読み込み速度が大きいSSDを搭載したPCがオススメです。

SSDであればHDDよりも2倍以上速度が大きく、本体の寿命も長いです。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い少し高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

そのため、ゆっくり実況やゆっくり解説を編集したい場合はSSD搭載ノートパソコンがオススメです。

ゆっくり実況におすすめの安いノートパソコン6選」ではSSDを搭載したノートパソコンのみを紹介しているので、是非参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました