本サイトではASP広告を利用しています

【2024年】Macでゆっくりムービーメーカーを使う方法3選【YMM/ゆっくり実況】

ゆっくり実況・解説
この記事がオススメな人
  • MacでWindowsのYMMを使えないの?
  • ゆっくりムービーメーカーをMacで使いたい!
  • MacでもWindowsを無料で起動できない?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではMacBookやiMacなどでゆっくりームービーメーカー(YMM)をダウンロード&使う方法について解説します。

結論だけ先に書くと、MacでWindowsを起動できる「Parallels」を使えば下の様なゆっくり系動画をMacでも編集できます。

Parallelsには無料体験版もあるので、Macでゆっくりムービーメーカーを使いたい場合はオススメです。

スポンサーリンク

Macでゆっくりムービーメーカーを使う方法3選【M1対応】

Macでゆっくりムービーメーカー(YMM)を使う方法には下記があるので、詳しい方法や特徴を解説します。

  1. BootCampでWindowsを導入(M1非対応)
  2. Parallels DesktopでWindowsを導入
  3. Windowsサーバーのレンタル利用

方法1:BootCampでWindowsを導入(M1非対応)

ゆっくりムービーメーカー(YMM)はMacへ対応していませんが、MacへWindowsを導入できるBootCampであればYMMを起動できるようになります。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップ搭載Macが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacとWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単

しかし、BootCampはM1チップ以降のMacへ対応しておらず、Intel製CPUを搭載したMacのみで使えます。

M1チップ以前のMacを使っている場合はBootCampの指示通り進めるだけでWindowsを導入でき、Mac本体でゆっくりムービーメーカーを使えるようになります。

ちゃすく
ちゃすく

導入中にWindowsのライセンス(有料)は必要です

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

Miチップ以降のMacでゆっくりムービーメーカーを使いたい場合は、Parallelsを使えばWindowsの仮想環境が作れるのでYMMなどを起動できるようになります。

そもそもParallelsとはMac上でWindowsやLinuxなどを動作できる仮想化ソフトであり、下記のメリットがあります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacにも対応(Boot Campは非対応)

現状、M1チップ以降のMacへWindowsを導入する方法はParallelsしかないので、最新のMacでYMMを使いたい場合は必須のソフトです。

Parallelsの料金プランは下表のようになっており、無料のTrial版でもYMMの起動を確認できます。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

まずは無料のTrial版でYMMの起動を確認し、その後にParallelsの永続ライセンスを導入するとよいでしょう。

Windowsサーバーをレンタルする

M1以降のMacへWindowsを入れることはできませんが、Windowsサーバーを利用すればMacやChromebookでWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやYMMなどのソフトも使えます。
リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルはBootCampやParallelsより高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトにも対応しています。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならM1以降のMacでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、MacでWindows専用のYMMを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

ParallelsでYMMをMacへ導入するメリットと特徴

Macでゆっくりムービーメーカー(YMM)を使いたい場合は「Parallels」というソフトを導入すれば解決できます。

ここからはParallelsでYMMをMacへ導入するメリットや特徴を解説していきます。

【MacでYMM】Parallelsの特徴やメリット

引用元:Parallels

Parallelsには下記の特徴があり、最新のMacでゆっくりムービーメーカーを使いたい場合は他に方法がありません。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作が軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える

MacでWindowsを使う場合は「Boot Camp」も候補にありますが、Macのストレージを大量に消費しますし、そもそもM1チップ以降のMacでは利用できません。

そのため、現行モデルのMacでWindowsのゆっくりムービーメーカーを使う場合はほぼParallels1択になります。

【MacでYMM】Parallelsのプランと価格

Parallelsの価格はプランによって異なっており、詳細は下表の通りです。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

ゆっくりムービーメーカー(YMM)を使いたい場合は最初に無料版のTrialを試し、StandardかProを選ぶことになります。

StandardはProへ下記の点で劣っていますが、YMMを使う程度であればあまり気にしなくても大丈夫です。

  • 最新版を使いたい場合は随時買わなければいけない
  • 仮想マシンに割り当てるスペックへ上限がある
  • 電話サポートや専用のプラグインなどが付属しない

公式サイトで配布されている無料版のParallelsで十分だと思った場合はStandardがオススメです。

【MacでYMMを使える】Parallelsの導入方法

Macでゆっくりムービーメーカー(YMM)を使うためにも、まずはParallelsを導入しましょう。

Parallelsの導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallelsの導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallelsの導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了です。

Macへゆっくりムービーメーカーをインストールする方法

MacでWindowsが起動すればインストール方法は通常のWindowsと同じで大丈夫です。

詳しい内容は下の「ゆっくりムービーメーカーは無料?ダウンロード方法を解説」で解説しているので、本記事では簡単に解説します。

ゆっくりムービーメーカー(YMM)をダウンロード

ゆっくりムービーメーカーをダウンロードする際は饅頭遣いのおもちゃ箱さんのサイトへアクセスします。

アクセスすると最新のゆっくりムービーメーカーのバージョンが公開されてるので、最新版をクリックしてください。

引用元:https://manjubox.net/
ちゃすく
ちゃすく

一番上に表示されてるバージョンをクリック!

新バージョンの更新情報や不具合などが表示されるため、「ゆっくりNovieMaker配布ページはこちら」をクリックしてください。

引用元:https://manjubox.net/

配布ページへ飛ぶので「ダウンロード」の項目にある「ゆっくりNovieMakerをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:https://manjubox.net/
ゆっくりムービーメーカー Liteについて

通常のゆっくりムービーメーカーだけでなく、ゆっくりムービーメーカーLite(YMML)もダウンロードに追加されました。
YMMLは有料ライセンスが必要になるAquesTalk1、2、10を省いたソフトであり、ゆっくり霊夢や魔理沙に該当するボイスは生成できません。
VOICEROIDなどをメインに使う場合はオススメです。

下画像のようにZIPファイルのダウンロードが始まるので好きな保存先を選択し、「保存」をクリックしてください。

これでゆっくりムービーメーカーのZIPファイルはダウンロード完了です。

YMMのZIPファイルをダウンロードした後

ゆっくりムービーメーカーのZIPファイルをダウンロードしたら、そのままファイルを解凍します。

  1. 解凍したいファイル(フォルダ)を右クリックする
  2. 「すべて展開…」をクリックする
  3. 表示されたウインドウで解凍したファイルの保存先を決める
  4. 「展開」をクリックし、しばらく待つ
  5. ファイルが解凍され、指定した場所へ保存される

ファイルを解凍すると、下画像のようなフォルダが表示されるので中身を開きます。

大量のファイルがあって分かりづらいですが、スクロールすると「YukkuriMovieMaker.exe」があるので起動します。

「YukkuriMovieMaker.exe」を右クリックし、「スタートメニューにピン留めする」をクリックするとWindowsバーへショートカットが作れます。

簡単にゆっくりムービーメーカーを起動できるようになるのでオススメです。

初めて起動した場合は色々とダウンロード&インストールがあるので、しばらく待ってください。

ちゃすく
ちゃすく

更新情報などが表示された場合は「閉じる」を押してください

しばらく待つと、Macでゆっくりムービーメーカーを使用できるようになります。

これでゆっくりムービーメーカーのダウンロード&インストールは完了です。

もし分からない内容があった場合は下の「ゆっくりムービーメーカーは無料?ダウンロード方法を解説」を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました