本サイトではASP広告を利用しています

MacでMMDを使う方法4選!M1以降やBootCampも解説【MikuMikuDance】

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • MacでMMD動画を編集したい
  • MacBookでMMDを使える?
  • MMDをMacで使う方法は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、通常のMacではMMD(MikuMikuDance)を使用できません。

しかし、Parallelsを利用すればMac内に仮想のWindows環境を構築できるので、MMDを使えるようになります。

スポンサーリンク

MacでMMD(MikuMikuDance)は使える?

冒頭でも書いた通り、MMDはWindows専用のフリーソフトなので、Macには対応していません。

そのため、MacでMMDを扱いたい場合は下記のような対処法が必要になります。

  • BootCampでWindowsを導入する
  • Macに仮想のWindows環境を作る
  • Mac対応のMMD類似ソフトを使う
  • WindowsサーバーでMMDを起動

BootCampでWindowsを導入する

M1チップ以前のMacであればBootCampを利用できるので、Mac本体でWindowsを起動できます。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • ストレージをmacOSとWindows用に分ける
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単

M1以降のMacでは利用できないものの、Mac本体でWindowsを直接起動するので、MMDのようなWindows専用ソフトを起動できます。

BootCampを起動すれば自動的に案内がスタートするので、Windowsのライセンスを用意すれば準備は完了です。

Macに仮想のWindows環境を作る

MMDはWindows専用のフリーソフトなので、MacへParallelsを導入すれば使えるようになります。

引用元:Parallels

そもそもParallelsとは、Mac上でWindowsやLinuxなどを動作できる仮想化ソフトであり、MacとWindowsの併用も可能です。

主な特徴には下記があり、Windowsでしか動かないMMDも起動します。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作が軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacへ対応(Boot Campは非対応)

そのため、M1チップ以降のMacでWindows専用のMMDを使う場合はほぼParallels1択になります。

Parallelsには無料トライアルもあるので、まずは気軽に使ってみてください。

Mac対応のMMD類似ソフトを使う

MacであればMMDと同じように3Dモデルを扱える「nanoem」というソフトがあります。

ただし、nanoemはMMDの互換ソフトウェアなので、下記のような問題があります。

  1. エンコード利用時に画面が動かず、点滅を繰り返す
  2. 一部のプラグインと相性が悪く、書き出しができない
  3. 出力ができてもカクカクしている
  4. 3Dモデルの質感を変更できない
  5. 音声に合わせて口パクができない
  6. カメラの視点位置を変更できない
  7. グリーンバックの書き出しへ非対応

そのため、nanoemで3Dモデルを扱う方法はあまりオススメできず、先人たちもWindowsをオススメしています。

なので、Macの方でMMDをやりたい方は素直に諦めて、Boot CampでWindowsを入れるか、WindowsのPCを購入した方がよいですw

引用元:https://nunop.net/

下の「MMDの推奨パソコンスペックは?」ではMMDにオススメのパソコンを紹介しているので、Windowsを導入する際の参考にしてください。

WindowsサーバーでMMDを起動

MacでMMDを起動することはできませんが、WindowsサーバーであればWindowsの環境へリモートアクセスできます。

つまり、MacやタブレットでもWindowsをアプリ感覚で使えるため、Windowsサーバー上で起動したMMDを間接的に利用できます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトにも対応しています。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならChromebookでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、MacでWindows専用のソフトを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

【MacでMMD】Parallelsのプランと価格

Parallelsの価格はプランによって異なっており、詳細は下表の通りです。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

MMDをMacで使いたい場合は最初に無料版のTrialを試し、StandardかProを選ぶことになります。

StandardはProへ下記の点で劣っていますが、MMDを使う程度であればあまり気にしなくても大丈夫です。

  • 最新版を使いたい場合は随時買わなければいけない
  • 仮想マシンに割り当てるスペックへ上限がある
  • 電話サポートや専用のプラグインなどが付属しない

公式サイトで配布されている無料版で十分だと思った場合はStandardがオススメです。

【MacでMMDを使える】Parallelsの導入方法

MacでMMD(MikuMikuDance)を使うためにも、まずはParallelsを導入しましょう。

Parallels導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallels導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallels導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了したので、あとは通常通りMMDをインストールするだけです。

タイトルとURLをコピーしました