本サイトではASP広告を利用しています

MacでVR Chatをプレイする方法3選!M1以降やMacBookを解説

ゲーム関係
この記事がオススメな人
  • MacでVR Chatをしたい
  • MacでVRゲームは無理?
  • Macでゲームはできる?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、MacへParallelsを導入すれば仮想のWindows環境を使えるので、Mac上でもVR Chatをプレイできるようになります。

Parallels公式サイトでは無料体験版も配布されているので、Macユーザーの場合は使ってみてください。

スポンサーリンク

MacでVR Chatをプレイする方法3選

VR ChatはWindows専用ゲームなのでMac版はありませんが、下記の方法を活用すればMacでもVR Chatで遊べます。

  1. BootCampでWindowsを導入
  2. ParallelsでWindowsを導入
  3. WindowsのゲーミングPCを導入

そこで、ここからは上記の方法について詳しく解説していきます。

方法1:BootCampでWindowsを導入

2020年以前に発売されたIntel製CPU搭載MacであればBootCampを使うことで、起動時にMacとWindowsを切り替えられるようになります。

そのため、Mac本体のOSをWindowsへ切り替え、VR Chatをプレイできるようになります。

BootCampはIntel製CPUのMacには標準搭載のアプリであり、Windowsのライセンスがあれば誰でも無料でMacへWindowsを導入できます。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • ストレージをmacOSとWindows用に分ける
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単

M1以降のMacでは利用できないものの、Mac本体でWindowsを直接起動するので、VR Chat以外のWindows専用ゲームもプレイ可能です。

BootCampを起動すれば自動的に案内がスタートするので、Windowsのライセンスを用意すれば準備は完了です。

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

M1チップ以降のMacはBootCampを使えませんが、ParallelsならMac本体で仮想Windowsが使えるのでVR Chatをプレイできます。

そもそもParallelsとはMacでWindowsやLinuxなどを起動できるソフトであり、下記の特徴があります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacにも対応(Boot Campは非対応)

現在、M1以降のMacで仮想Windowsを起動できる唯一の方法なので、MacでWindows版のVR Chatを遊びたい場合は必須ソフトです。

Parallelsの料金プランは下表のようになっており、無料のTrial版でもゲームの起動を確認できます。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

無料体験はParallels Desktop公式サイトからできるので、M1以降のMacでVR Chatを遊びたい場合はオススメです。

方法3:WindowsのゲーミングPCを導入

MacへWindows環境を導入すればVR Chatをプレイできますが、Mac自体のスペックが低ければVR Chatがマトモに動作しません。

特にグラフィックボードを搭載していないモデルのMacでは、3D描画を処理しきれないので、デスクトップモードでもカクカクします。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

そのため、BootCampやParallelsでゲームが重かった場合はWindowsのゲーミングPCを導入するしかありません。

VR Chatに必要なグラフィックボードやPCスペックは下の記事で紹介しているので、PC選びの参考にしてください。

クラウドゲームでVR Chatはできない

MacでWindowsのゲームをプレイする場合はクラウドゲームサービスも有力な候補ですが、VR ChatはGeForceNowやVboxGamePassへ対応していません。

そもそもクラウドゲームとは、ネット回線を利用することでスマホやタブレットでも高負荷のPCゲームを楽しめるサービスです。

クラウドゲームではゲームの処理をサービス提供会社のサーバーで負担しており、私たちのスマホやタブレットには負担がほぼありません。

つまり、私たち利用者はまるで「高スペックなゲーミングPCを遠隔操作している状態」なので、スマホやタブレットでは遊べないゲームも快適にプレイできます。

今後、対応する可能性はありますが、まだVRゲームの対応タイトルは少ないです。

そのため、すぐにMacでVR Chatをプレイしたい場合はWindowsの環境を用意しなければいけません。

【MacでVR Chat】Parallelsの導入方法

ParallelsであればM1以降のMacでも簡単にVR Chatをプレイできるので、詳細な導入方法を解説します。

Parallels導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallels導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallels導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了なので、後は普通のWindowsと同様にSteamからVR Chatをインストールするだけです。

タイトルとURLをコピーしました