本サイトではASP広告を利用しています

Mac版のFallGuysはある?対処法3選を解説【フォールガイズ/M1】

ゲーム関係

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • MacでFallGuysをプレイしたい
  • M1以降のMacはFallGuys対応?
  • Windows以外でゲームをしたい

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、FallGuysはWindows版だけであり、正式なMac版はリリースされていません。

しかし、Mac内へ仮想のWindows環境を構築できるParallelsを使えばMacでFallGuysを遊べるようになります。

ちゃすく
ちゃすく

無料体験版でも遊べるので、使ってみてください

スポンサーリンク

MacでFallGuysをプレイする方法3選【M1対応】

FallGuysをMacでプレイする方法は下記の3通りであり、各方法について詳しく解説していきます。

  1. BootCampでWindowsを導入(M1非対応)
  2. Parallels DesktopでWindowsを導入
  3. ConoHa for Windows Serverの利用

方法1:BootCampでWindowsを導入(M1非対応)

FallGuysはMacへ対応していませんが、Intel製CPU搭載MacへWindowsを導入できるBootCampを使えば遊べるようになります。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単

しかし、BootCampはM1チップ以降のMacへ対応しておらず、Intel製CPUを搭載した古いMacでしか使えません。

ちゃすく
ちゃすく

年代で言うと、2020年以降に発売されたMacは対応していません

Intel製CPUを搭載したMacの場合はBootCampの指示へ従うだけでWindowsを導入でき、FallGuysをプレイできるようになります。

ただし、BootCampでMacへWindowsを導入する時は下記のようなWindowsのライセンスが必要です。

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

M1チップ以降のMacでFallGuysをプレイする場合は、ParallelsならWindowsの仮想環境が作れるのでプレイできます。

そもそもParallelsとはMacでWindowsやLinuxなどを起動できるソフトであり、下記のメリットがあります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacにも対応(Boot Campは非対応)

現状、M1チップ以降のMacへWindowsを導入する方法はParallelsしかないため、MacでFallGuysを遊ぶ場合は必須のソフトです。

公式サイトにはParallelsの無料体験版もあるので、MacへWindowsの仮想環境を入れたい場合は使ってみてください。

方法3:ConoHa for Windows Serverの利用

ConoHa for Windows ServerならConoHaが提供しているWindows環境へリモートアクセスでき、Macでもアプリ感覚でWindowsを使えます。

ちゃすく
ちゃすく

ConoHaはGMOインターネットグループの子会社です

ConoHa for Windows Serverは、​初期費用なしで月額1077円から使えるWindows Serverです。​

出典元:ConoHa for Windows Server

ConoHa for Windows Serverでは、​いつでもどこでもWindowsデスクトップ環境やOfficeが使えるため、​外出先での資料作成や確認をスムーズに行えます。​
しかも、専門の技術者が24時間365日サーバーを監視し、​安定稼働に努めており、​トラブル発生時には迅速に対応してくれます。

簡単に言えば、MacからWindowsのPCを遠隔操作できるので、FallGuysも導入できますし、そのままゲーム配信することも可能です。

ちゃすく
ちゃすく

WindowsサーバーはYouTubeの365日24時間配信などで使われてます

しかも、Mac本体へWindowsを導入している訳では無いので、Macのスペックが低かった場合でもFallGuysをプレイできます。

MacへインストールするだけのParallelsよりは導入が面倒ですが、MacやChromebookでもWindowsを使えるのでオススメです。

MacでFallGuysが遊べない方法2選

MacでWindows専用ゲームを遊ぶ場合は下記の方法もありますが、FallGuysの場合はどちらも対応していません。

  • クラウドゲーミングサービス
  • iPhoneアプリの起動(M1以降)

非対応1:クラウドゲーミングサービス

Macはクラウドゲーミングを使うことでWindows専用ゲームを起動できますが、FallGuysはまだ非対応です。

GeForceNOW:Fortnite、原神、Apex対応
出典元:https://www.nvidia.com

そもそもクラウドゲーミングとは、ネット回線を利用することでスマホやタブレットでも高負荷のPCゲームを楽しめるサービスです。

クラウドゲーミングではゲームの処理をサービス提供会社のサーバーで負担しており、私たちのスマホやタブレットには負担がほぼありません。

つまり、私たち利用者はまるで「高スペックなゲーミングPCを遠隔操作している状態」なので、スマホやタブレットでは遊べないゲームも快適にプレイできます。

現在、クラウドゲーミング系サービスで最も種類が多いのはGeForce Nowですが、FallGuysはリリースされていません。

ちゃすく
ちゃすく

今後の対応に期待

そのため、MacでFallGuysをプレイする場合はWindowsの環境が必要になるので、Parallelsなどの導入がオススメです。

非対応2:iPhoneアプリの起動

M1以降のMacはiPhone用のアプリも起動できますが、対応アプリは一部であり、FallGuysは対応していません。

ちゃすく
ちゃすく

AmongUsなら対応してました

正直、今後も対応する可能性は低いので、FallGuysをプレイしたい場合はWindowsが必要になります。

ConoHa for Windows Serverを使えばWindowsの環境を簡単に用意でき、Macからもリモートアクセスできるのでオススメです。

【MacでFallGuys】Parallelsの導入方法

ParallelsであればMacでも簡単にFallGuysをプレイできるので、詳細な導入方法を解説します。

Parallelsの導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallelsの導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallelsの導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了なので、後は仮想WindowsでFallGuysをインストールするだけです。

オススメのWindows搭載PCはコチラ

FallGuysをMacで遊ぶ場合はどうしてもWindowsの環境が必要なので、思い切ってWindows搭載PCを導入することもオススメです。

下の記事ではフォールガイズにオススメのWindows搭載ゲーミングPCを紹介しているので、PC選ぶで困った場合は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました