YouTubeへ投稿する時の目安ビットレート【解像度&フレームレート】

YouTubeへ投稿する時の目安ビットレート【解像度&フレームレート】YouTube

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • 動画編集のビットレートはどれくらい?
  • 出力時の目安となる値を知りたい!
  • ビットレートはどうやって決めればいい?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではYouTubeへ動画を投稿する際に、目安となるビットレートを解像度やフレームレートに合わせて解説します。

先に結論だけを書いておくと、フルHD(1920×1080)&60fpsであれば8000Kbps〜15000Kbpsが目安になります。

動画投稿で役立つ機材・サービスを紹介!
\知らないと他の投稿者と差が開くかも/知らないと損!動画投稿で役立つオススメの機材・サービス一覧【サイトまとめ】

スポンサーリンク

YouTubeへ投稿する時の目安ビットレート【推奨値】

そもそもビットレートとは1秒間あたりのデータ量であり、「6,000Kbps」の様な数値で表現します。

基本的にビットレートが高ければ映像の品質も高くなり、逆にビットレートが低ければ映像の品質も低くなります。

ちゃすく
ちゃすく

高画質の動画をアップする時は高いビットレートが必要!

映像ビットレートと音声ビットレートがある

動画編集では「映像ビットレート」と「音声ビットレート」があり、単に「ビットレート」と書かれた場合は映像ビットレートと音声ビットレートの合計値を示すことが多いです。

  • 映像ビットレート:動画の映像に関するデータの値。解像度やフレームレートへ大きな影響を与える。
  • 音声ビットレート:動画の音声に関するデータの値。映像ビットレートに比べるとデータ量は小さい。

どちらも動画編集ソフトで動画を出力する時に設定することが多く、最適な値でなければ「画質が悪い」「動画が重すぎる」などの不具合が起きます。

不具合を事前に防ぐためにも下記の目安となるビットレートを参考にしてください。

目安となる映像ビットレート【解像度&フレームレート】

YouTubeでは解像度&フレームレートに対して下表の映像ビットレートが推奨されており、これが目安になります。

画質映像ビットレート(SDR)、
標準フレームレート(24、25、30)
映像ビットレート(SDR)、
高フレームレート(48、50、60)
映像ビットレート(HDR)、
標準フレームレート(24、25、30)
映像ビットレート(HDR)、
標準フレームレート(48、50、60)
8K80~160 Mbps120~240 Mbps100~200 Mbps150~300 Mbps
2160p(4K)35~45 Mbps53~68 Mbps44~56 Mbps66~85 Mbps
1440p(2K)16 Mbps24 Mbps20 Mbps30 Mbps
1080p8 Mbps12 Mbps10 Mbps15 Mbps
720p5 Mbps7.5 Mbps6.5 Mbps9.5 Mbps
480p2.5 Mbps4 Mbpsサポート対象外サポート対象外
360p1 Mbps1.5 Mbpsサポート対象外サポート対象外
1Mbps≒1000Kbps:数値はYouTubeヘルプより

画質とフレームレートによって最適なビットレートが異なるため、出力したい動画に合わせて設定してください。

もし目安の値へ設定しても「動画がカクカクする」「PCが落ちる」などの不具合があれば、記事後半の対処法を確認してください。

また、YouTubeで上表のビットレートよりも大きい値へ設定しても品質はあまり上がらず、動画が無駄に重くなるだけなのでオススメしません。

ライブ配信の場合は推奨されている映像ビットレートが異なるので注意してください。

目安となる音声ビットレート【モノラル/ステレオ/サラウンド】

YouTubeでは音声のタイプに合わせて下表の音声ビットレートが推奨されており、これが目安になります。

タイプ音声ビットレート補足
モノラル128 Kbps1つのスピーカーから音を出力
ステレオ(2ch)384 Kbps2つのスピーカーから音を出力 
※車が右から左へ移動する映像だと、右から左のスピーカーへ移動するように音が流れる
iPhoneのカメラは初期設定がステレオ
サラウンド(5.1ch)512 Kbps5つのスピーカー+サブウーファーから音を出力
※サブウーファーは重低音を出力する(0.1ch分)
数値はYouTubeヘルプより

動画投稿では「モノラル」か「ステレオ」がほとんどなので、128か384Kbpsのどちらかが多いでしょう。

音楽系のチャンネルでなければ128Kbpsでも十分音質が良いので、余力分を映像ビットレートへ使うのもオススメです。

上表を見ても音質が良く分からない場合は、各種音楽媒体の音声ビットレートも参考にしてください↓

  • オーディオCD:1411Kbps
  • mp3形式:96〜320Kbps
  • Spotifyなど:96〜160Kbps
スポンサーリンク

動画編集ソフトでビットレートを設定する方法

今回はWondershareが販売している「Filmora」という動画編集ソフトでビットレートを設定します。

引用元:https://filmora.wondershare.jp/

Filmoraは無料お試し版もあるので、動画編集ソフトに悩んでいる場合は使ってみてください。

では、動画編集ソフトでビットレートを設定する方法を解説します。

ちゃすく
ちゃすく

今回はFilmoraですが、どの編集ソフトでも似たような流れで設定できます

編集前に動画の画質とフレームレートを設定する

まずは動画編集をする前に出力時の画質とフレームレートを設定しておきます。

ちゃすく
ちゃすく

先に品質を決めておかないと、ビットレートを設定しにくいので。

Filmoraの場合であれば「ファイル」から「プロジェクト設定」を開きます。

「プロジェクト設定」のウインドウが開くので、出力時に希望する画質やフレームレートを入力してください。

Filmora:プロジェクト設定

希望する画質へ設定したら、「OK」をクリックして表示を閉じます。

動画出力時にビットレートを設定する

動画編集が終わったら、Filmoraの編集画面にある「エクスポート」をクリックします。

下画像のウインドウが開くので出力時の動画フォーマットを選択した後、「設定」をクリックします。

Filmora:エクスポート

新しいウインドウが開くので、「ビデオ」にある解像度やビットレートなどを確認してください。

Filmora:エクスポート、設定

今回は動画の品質がフルHD・SDR・30fpsなので、YouTubeの推奨値通り8000kbpsへ設定します。

あとはウインドウを閉じ、動画を出力するだけです。

スポンサーリンク

ビットレートを目安値へ設定しても不具合がある時の対処法

ビットレートを目安の値へ設定したのに「画質が悪い…」「PCが落ちる」などの不具合が出た時は下記の対処法を確認してください。

対処法1:元ファイルの画質を上げておく

良くある誤解なのですが、ビットレートが目安値だったとしてもエンコードをすれば元の画質よりも少し劣化します。

これは動画編集ソフトで出力した時だけでなく、動画投稿サイトへアップした時も同じことが起きます。

YouTube:元の画質よりも悪くなる

こればかりは仕方ないので、撮影する時に出力時以上の画質へ設定しておくことがオススメです。

仮にフルHDの画質で出力したいのであれば、元ファイルの画質を2.5K(2560×1440)にすることで綺麗なフルHDの状態で出力できます。

私も頻繁に使うGoPro HEROシリーズであれば画質を5.3Kまで設定でき、水中でも撮影可能なのでオススメです。

製品名GoPro HERO10GoPro HERO9GoPro HERO8
画像
価格(税込)75,800円〜59,980円〜32,986円〜
詳細製品の詳細についてはこちら製品の詳細についてはこちら製品の詳細についてはこちら
画像出典元:GoPro社

いきなりカメラを買うことが不安な場合は、APEXレンタルで借りることもできるので活用してください。

引用元:https://www.apex106.com/video/actioncam

対処法2:ハードウェアデコーディングを使う

動画編集PCにグラフィックボードが搭載されている場合は、動画編集ソフトにある「ハードウェアデコーディング」を使えば出力時の負担を減らせます。

ちゃすく
ちゃすく

GPUがエンコードするのでPCが落ちにくい

グラボ(グラフィックボード):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。単純作業が得意であり、ゲーミングPCには搭載されている。
搭載してない場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能は低い。

PowerDirectorの場合であれば「編集」から「基本設定」を開きます。

下画像の画面が表示されるので「ハードウェアアクセラレーション」の項目をクリックします。

パワーディレクター:ハードウェアデコーディング

「ハードウェアアクセラレーション」にある「ハードウェアデコーディングを有効にする」へチェックを付けます。

これで設定は完了です。

対処法3:動画編集用PCのスペックを上げる

高いビットレートを設定しているのにPCスペックが低いと、下記のようなトラブルが起きやすいです。

  • 動画のエンコード中にエラーが出る
  • 出力した動画がカクカクしている

このトラブルに関しては動画の品質とビットレートを下げるか、動画編集に使うPCのスペックを上げるしかありません。

もし高スペックPCを安く手に入れたい場合はBTOパソコンメーカーのゲーミングPCがオススメです。

BTOパソコンとは?

BTOパソコン:BTOはBuild To Orderの略称であり、意味は受注生産。
つまり、BTOパソコンメーカーは商品が購入されてから組み立てる形式のメーカー。有名なメーカーは「マウスコンピューター」や「パソコン工房」など。

引用元:https://www.mouse-jp.co.jp/

BTOパソコンメーカーはネットショップが中心なので家電量販店よりもコスパが高く、選べるPCのモデル数も多いです。

しかも、メモリやストレージ容量のカスタマイズもできるので、自身にピッタリな高スペックPCが手に入ります。

私もよく買うパソコン工房マウスコンピューターでは定期的にセールをしており、クレカがなくても金利0で分割払いが出来るのでオススメです。

対処法4:出力時の動画品質を下げる

高画質な動画を出力したくてもPCのスペックが低い場合は高いビットレートを処理しきれず、エラーが起きることもあります。

この問題を対処する方法は「出力時の動画品質を下げる」か「PCを買い替える」しかありません。

PCを変えたくない場合は下表の推奨値に従い、動画の品質を下げてください。

画質映像ビットレート(SDR)、
標準フレームレート(24、25、30)
映像ビットレート(SDR)、
高フレームレート(48、50、60)
映像ビットレート(HDR)、
標準フレームレート(24、25、30)
映像ビットレート(HDR)、
標準フレームレート(48、50、60)
8K80~160 Mbps120~240 Mbps100~200 Mbps150~300 Mbps
2160p(4K)35~45 Mbps53~68 Mbps44~56 Mbps66~85 Mbps
1440p(2K)16 Mbps24 Mbps20 Mbps30 Mbps
1080p8 Mbps12 Mbps10 Mbps15 Mbps
720p5 Mbps7.5 Mbps6.5 Mbps9.5 Mbps
480p2.5 Mbps4 Mbpsサポート対象外サポート対象外
360p1 Mbps1.5 Mbpsサポート対象外サポート対象外
1Mbps≒1000Kbps:数値はYouTubeヘルプより

ゲーム実況やモトブログでなければフレームレートが30fpsでもあまり気にならないので、画質よりも優先的に落とすことがオススメです。

スポンサーリンク

他の動画投稿者はコチラの記事も読んでいます

「ちゃすろぐ」では動画編集ソフトやライブ配信に関係する記事を執筆しています。

他の動画投稿者たちが読んだ下の記事もオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

シェアやブックマークもお願いします

タイトルとURLをコピーしました