本サイトではASP広告を利用しています

ホームページビルダーはMac対応?対処法や代替ソフト3選を解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • ホームページビルダーはMac対応?
  • MacでHPビルダーを使いたい!
  • Mac版のホームページビルダーは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら
新規WEBアプリのテストユーザーを募集しています(こちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、ホームページビルダーシリーズはMacへ対応していないため、下記どちらかの対処が必要です。

  • MacへWindowsの環境を導入
  • ホームページビルダーの代替ソフトを利用

Macへ仮想のWindows環境を導入できるParallels DesktopならMac上でホームページビルダーを使えるのでオススメです。

スポンサーリンク

ホームページビルダーはMac対応?

ジャストシステム社が販売しているホームページビルダーはMacには対応しておらず、Windowsを搭載したPCでしか利用できません。

今後Mac版が発売される可能性は低いですが、下記の方法を利用すればMacでもWindows専用のホームページビルダーを起動できます。

  1. BootCampでWindowsを導入(M1非対応)
  2. Parallels DesktopでWindowsを導入
  3. Windowsサーバーへリモートアクセス

方法1:BootCampでWindowsを導入

ホームページビルダーはMacへ対応してませんが、Intel製CPU搭載Macへ純正のWindowsを導入できるBootCampを使えば起動できるようになります。

BootCampの特徴は下記であり、AppleシリコンのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単
  • WindowsのPCスペック=Mac本体の性能

しかし、BootCampはM1チップ以降のMacへ対応しておらず、Intel製CPUを搭載した古いMacでしか使えません。

ちゃすく
ちゃすく

年代で言うと、2020年以降に発売されたMacは対応していません

一方、Intel製CPUを搭載したMacはBootCampの指示へ従うだけでWindowsを導入でき、ホームページビルダーをMacで使えるようになります。

ただし、BootCampでMacへWindowsを導入する時は下記のようなWindowsのライセンスが必要です。

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

Appleシリコン以降のMacでホームページビルダーを使う場合、ParallelsならWindowsの仮想環境が作れるので起動できるようになります。

そもそもParallelsとはMacでWindowsやLinuxなどを起動できるソフトであり、下記のメリットがあります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • AppleシリコンのMacにも対応(Boot Campは非対応)

現状、AppleシリコンのMacへWindowsを導入する方法はParallelsしかないため、Macでホームページビルダーを使う場合は必須のソフトです。

Parallelsの料金プランは下表のようになっており、無料のTrial版でもホームページビルダーの起動を確認できます。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

無料体験はParallels Desktop公式サイトからできるので、M1チップ以降のMacでホームページビルダーを使いたい人にはオススメです。

方法3:Windowsサーバーへリモートアクセス

AppleシリコンのMacへ純正のWindowsを入れることはできませんが、Windowsサーバーを利用すればMacやChromebookでWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトにも対応しています。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならM1以降のMacでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、MacでWindows専用のホームページビルダーを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

【Mac向け】ホームページビルダー代替ソフト3選

Mac向けのホームページビルダー代替ソフトには下記があるため、詳しい内容を解説します。

Mac向け1:ConoHa WING

ConoHa WINGは下記がフルセットになったサイト構築用のサービスであり、WEB上で動作するのでMacやChromebookでもホームページを作れます。

  • レンタルサーバー
  • ドメイン(「https://chasksite.com」←これ)
  • WordPressのインストール
  • サイトのセキュリティ管理

ConoHa WINGではサイトやブログを作成するための無料コンテンツ管理システム「WordPress」が標準搭載されており、プログラミング知識0でもホームページを作れます。

出典元:ConoHa WING
ちゃすく
ちゃすく

当サイトもConoHa WINGで作りました

実はホームページビルダーでサイトを作る時もWordPressを使用しており、別途レンタルサーバーとドメインを購入しなければいけません。

しかし、ホームページビルダーが提供しているレンタルサーバーとドメインはConoHa WINGよりも高く、コスパが非常に悪いです。

比較ホームページビルダーConoHa WING
レンタルサーバーの月額料金3,645円941円
レンタルサーバーの容量50GB300GB
独自ドメイン独自ドメインが1つ無料で付属独自ドメインが2つ無料で付属
初期費用ホームページビルダー購入費:25,000円無料

特にホームページビルダーのレンタルサーバーは容量が50GBしかないので、もしも当サイトをホームページビルダーで作成したら開始1年で容量不足になっていました。

正直、ホームページビルダーとConoHa WINGでサイトのクオリティに差が出にくいため、できるだけ安いConoHa WINGがオススメです。

Mac向け2:Adobe Dreamweaver

Dreamweaverは、Adobe社が開発・販売しているWebデザイン・アプリデザイン用ソフトであり、Macでも動作します。

ビジネス向けサイトの制作を主な目的としており、プロも使用する本格的な機能が多数搭載されています。

しかし、Dreamweaverを使う場合はHTMLやCSSなどのマークアップ言語を理解する必要があり、初心者にはハードルが高いです。

ちゃすく
ちゃすく

下記のように記述する必要があるので、サイト構築初心者にはハードルが高い

<h3 class="wp-block-heading">Mac向け2:Adobe Dreamweaver</h3>

その代わり、ホームページビルダーよりも凝ったサイトを作れるので、細部までこだわったサイトを作りたい場合はオススメのMac用代替ソフトです。

Mac向け3:Adobe Express

Adobe Expressとは、初心者向けのWEB上で使えるデザインツールであり、無料でホームページやサイトを作れる機能があります。

Adobe Express(引用元:https://express.adobe.com)

Adobe Expressは無料でもホームページを公開でき、WEB上で使えるのでMacやスマホでも利用できます。

プラン名料金内容
Adobe Express(無料)無料基本的なデザインツールが使用でき、ウェブデザインのテンプレートもあり。
Adobe Express Premium1,078円/月または
10,978円/年
エフェクト、フィルター、カスタマイズ機能などの機能を使用可能

​Adobe Expressの無料テンプレートを使用すれば、​誰でも簡単に高品質なWEBサイトを作成できます。

もちろん、テンプレートをそのまま使うと他のユーザーと被るのでオススメしませんが、テンプレートを参考にすれば高品質なホームページを作りやすくなります。

しかも、ロゴ作成やチラシ制作にも使えるため、ホームページ制作以外でも役立つ便利なツールです。

タイトルとURLをコピーしました