本サイトではASP広告を利用しています

RevitをMacで使う方法は?M1以降やParallelsも解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • RevitをMacで使う方法は?
  • M1MacでRevitを使いたい
  • ParallelsはRevit対応済み?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から言うと、M1以前のMacであればBootCampでWindowsを導入すればRevitを使えるようになります。

一方、M1以降のMacはBootCampへ対応してないので、Mac上で仮想のWindowsを扱えるParallels Desktopを利用すればRevitが起動します。

Parallelsであれば公式サイトで無料体験版を使えるので、RevitをMac上で試してみたい場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

MacでRevitを使う方法3選【M1対応】

RevitをMacで使う方法は下記の3つがあるため、各方法について詳しく解説していきます。

  1. BootCampでWindowsを導入(M1非対応)
  2. ParallelsでWindowsを導入(M1対応)
  3. Windowsサーバーへリモートアクセス(M1対応)

方法1:BootCampでWindowsを導入(M1不可)

RevitはMacへ対応していませんが、Intel製CPU搭載Macへ純正のWindowsを導入できるBootCampを使えば起動できるようになります。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単
  • WindowsのPCスペック=Mac本体の性能

しかし、BootCampはM1チップ以降のMacへ対応しておらず、Intel製CPUを搭載した古いMacでしか使えません。

ちゃすく
ちゃすく

年代で言うと、2020年以降に発売されたMacは対応していません

Intel製CPUを搭載したMacの場合はBootCampの指示へ従うだけでWindowsを導入でき、RevitをMacで使えるようになります。

ただし、BootCampでMacへWindowsを導入する時は下記のようなWindowsのライセンスが必要です。

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

M1チップ以降のMacでRevitを使いたい場合は、ParallelsならWindowsの仮想環境が作れるので起動できるようになります。

そもそもParallelsとはMacでWindowsやLinuxなどを起動できるソフトであり、下記のメリットがあります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacにも対応(Boot Campは非対応)

現状、M1チップ以降のMacへWindowsを導入する方法はParallelsしかないため、MacでRevitを使いたい場合は必須のソフトです。

ちゃすく
ちゃすく

RevitはDirectX 11で動作するので、最新のParallelsなら普通に使えます

Parallelsの料金プランは下表のようになっており、無料のTrial版でもRevitの起動を確認できます。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

無料体験はParallels Desktop公式サイトからできるので、M1以降のMacでRevitを使いたい人にはオススメです。

方法3:Windowsサーバーへリモートアクセス

M1以降のMacへWindowsを入れることはできませんが、Windowsサーバーを利用すればMacやChromebookでWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトにも対応しています。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならM1以降のMacでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、MacでWindows専用のRevitを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

MacでRevitを使う時の注意点

BootCampやParallelsを利用すればMac上でもRevitは起動しますが、MacのPCスペックが低ければRevitの動作は当然重くなります。

M1以前のMacであればグラフィックボード、M1以降のMacは大容量のメモリ(16GB以上)があればRevitが重くなりにくいので、自身が持つMacのスペックを確認してみてください。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCやクリエイターPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

もしPCスペックを確認してもよく分からない場合はParallelsの無料体験を利用して実際にRevitを起動してみるのもオススメです。

Parallels上のWindowsでRevitが重かった場合は、マウスコンピューターなどのクリエイター向けPCへ乗り換えることも検討した方が良いでしょう。

【MacでRevit】Parallelsの導入方法

ParallelsであればMacでも簡単にRevitを使えるので、詳細な導入方法を解説します。

Parallels導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallels導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallels導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了なので、後は仮想Windows上でRevitをインストールするだけです。

タイトルとURLをコピーしました