本サイトではASP広告を利用しています

CakewalkをMacで使う方法3選!M1以降やParallelsを解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • MacでCakewalkを使いたい!
  • M1MacはCakewalk対応?
  • ParallelsでCakewalkを使える?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間20万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、M1以降のMacはParallelsを使えばWindows環境を作れるので、CakewalkをMacでも使えるようになります。

BootCampが使えないM1以降のMacではWindowsを利用できる貴重な方法なので、Windows専用のソフトを起動したい場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

MacでCakewalkを使う方法3選【M1対応】

CakewalkをMacで使う方法は下記の3つがあるため、各方法について詳しく解説していきます。

  1. BootCampでWindowsを導入(M1非対応)
  2. Parallels DesktopでWindowsを導入
  3. Windowsサーバーへリモートアクセス

方法1:BootCampでWindowsを導入(M1不可)

CakewalkはMacへ対応していませんが、Intel製CPU搭載Macへ純正のWindowsを導入できるBootCampを使えば起動できるようになります。

BootCampの特徴は下記であり、M1チップのMacが発売されるまではWindowsを導入する代表的な方法でした。

  • 起動時にMacかWindowsを選べるようになる
  • BootCampはMacへ最初からインストール済み
  • Windowsのライセンスさえあれば導入は簡単
  • WindowsのPCスペック=Mac本体の性能

しかし、BootCampはM1チップ以降のMacへ対応しておらず、Intel製CPUを搭載した古いMacでしか使えません。

ちゃすく
ちゃすく

年代で言うと、2020年以降に発売されたMacは対応していません

Intel製CPUを搭載したMacの場合はBootCampの指示へ従うだけでWindowsを導入でき、CakewalkをMacで使えるようになります。

ただし、BootCampでMacへWindowsを導入する時は下記のようなWindowsのライセンスが必要です。

方法2:Parallels DesktopでWindowsを導入

M1チップ以降のMacでCakewalkを使いたい場合は、ParallelsならWindowsの仮想環境が作れるので起動できるようになります。

そもそもParallelsとはMacでWindowsやLinuxなどを起動できるソフトであり、下記のメリットがあります。

  • Macの処理速度があまり落ちず、動作も軽い
  • MacとWindows間でコピペやドラッグ&ドロップが可能
  • Boot Campよりも気軽にWindowsを使える
  • M1チップ以降のMacにも対応(Boot Campは非対応)

現状、M1チップ以降のMacへWindowsを導入する方法はParallelsしかないため、MacでCakewalkを使いたい場合は必須のソフトです。

Parallelsの料金プランは下表のようになっており、無料のTrial版でもCakewalkの起動を確認できます。

プラン名TrialStandardProBusiness
価格無料10,400円11,700円/年147,00円/年
ライセンス14日間永続ライセンス1年間1年間
アップデート更新なし更新なし更新あり更新あり
補足無料のプラン普通のプラン電話サポートあり企業向けプラン

無料体験はParallels Desktop公式サイトからできるので、M1以降のMacでCakewalkを使いたい人にはオススメです。

方法3:Windowsサーバーへリモートアクセス

M1以降のMacへWindowsを入れることはできませんが、Windowsサーバーを利用すればMacやChromebookでWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトにも対応しています。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならM1以降のMacでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、MacでWindows専用のCakewalkを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

【MacでCakewalk】Parallelsの導入方法

ParallelsであればMacでも簡単にCakewalkを使えるので、詳細な導入方法を解説します。

Parallels導入方法1:公式サイトへアクセス

Parallels公式サイトへアクセスし、「製品」から「Parallels Desktop for Mac」をクリックします。

引用元:Parallels

最新版のParallelsが表示されるので「今すぐトライ」をクリックします。

引用元:Parallels

すると、無料トライアルをダウンロードできるページへ移動するので「無料トライアルをダウンロード」をクリックしてください。

引用元:Parallels

無料トライアルのダウンロードが始まるので、「保存」をクリックして完了するまで待ってください。

Parallels導入方法2:Parallelsをインストール

Parallelsのダウンロードが完了したら、ダウンロードファイルをクリックしてインストーラーを起動します。

インストーラーを起動すれば自動でParallelsがMacへインストールされるので、しばらく待ってください。

Parallels導入方法3:Windowsをダウンロード

Parallelsのインストールが完了したら、Windowsをダウンロードしましょう。

M1チップ以降のMacを使ってる場合は下画像の表示が出るので「続行」をクリックし、画面の指示に従ってWindowsをダウンロード&インストールしてください。

しばらく進めるとWindowsのダウンロード&インストールが完了し、MacでWindowsを使えるようになります。

これでParallelsの導入は完了なので、後は仮想Windows上でCakewalkをインストールするだけです。

タイトルとURLをコピーしました