本サイトではASP広告を利用しています

イラストレーターたまにしか使わない!対処法5選やレンタルを解説

ソフト・アプリ
この記事がオススメな人
  • イラレをたまにしか使わない
  • イラレの代替ソフトは?
  • Illustratorをお得に使う方法は?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではAdobeのIllustratorをたまにしか使わない人向けに「月額を抑える方法」や「割高に感じない裏技」を紹介しています。

Illustratorへ匹敵する機能を持つ買い切り版ソフト「Affinity Designer」などもあるので、たまにしか使わない人は是非チェックしてください。

[itemlink post_id=”18509″]

スポンサーリンク

イラストレーターをたまにしか使わない【対処法5選】

AdobeのIllustratorをたまにしか使わない場合、イラレの月額料金が割高に思えることが多くなります。

実際、Illustratorは単体プランで月額2,728円、コンプリートプランでも月額6,480円なので、他の有料サブスクと比べれば割高です。

プラン使用可能ソフト月々プラン年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)
Adobe Creative Cloud
(Adobe CC)
全26ソフト
(詳細はこちら
月額10,280円(税込)
年間123,360円(税込)
月額6,480円(税込)
年間77,760円(税込)
年間72,336円(税込)
(1ヶ月あたり税込6,028円)
illustrator単プランillustratorのみ月額3,828円(税込)
年額45,936円(税込)
月額2,728円(税込)
年間32,736円(税込)
年間28,776円(税込)
(1ヶ月あたり税込2,398円)

そこで、イラレをたまにしか使わない人向けに下記の対処法を解説していきます。

Illustratorで副業を始める

Illustratorをたまにしか使わない場合は月額料金が割高になりますが、副業などで頻繁に使うようになれば割高感も無くなります。

例えば、個人でもスキルやサービスを販売できるサイト「ココナラ」ではロゴ制作が販売されており、相場はロゴ1つにつき3万円前後です。

出典元:ココナラ

1週間に1つのペースでも月間12〜15万円ほどになるため、Illustratorを使い続けても良いと思える価格になります。

ちゃすく
ちゃすく

人気デザイナーになると単価も自然に上げられます

また、ココナラではロゴ制作以外にも動画編集やホームページ作成などがあるため、Adobe Creative Cloudを契約していれば出品可能なサービスが一気に増えます。

ロゴ制作などは根強い需要があるサービスなので、Illustratorを使えるスキルがある場合はオススメです。

[itemlink post_id=”13410″]

他のAdobeソフトを使う

Illustratorしかたまに使わない場合は勿体無いですが、Adobe Creative Cloudであれば色々なソフトを利用すればイラレをたまにしか使わない状態でも問題ありません。

プラン使用可能ソフト月々プラン年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)
Adobe Creative Cloud
(Adobe CC)
全26ソフト
(詳細はこちら
月額10,280円(税込)
年間123,360円(税込)
月額6,480円(税込)
年間77,760円(税込)
年間72,336円(税込)
(1ヶ月あたり税込6,028円)
illustrator単プランillustratorのみ月額3,828円(税込)
年額45,936円(税込)
月額2,728円(税込)
年間32,736円(税込)
年間28,776円(税込)
(1ヶ月あたり税込2,398円)

万人に役立つAdobeソフトには下記などがあり、個人的にAdobe Scanはかなり愛用しています。

Adobeには上記のように便利なツールがあるため、Adobe Creative Cloudでイラレを使う場合は使用頻度が少なくてもあまり問題がありません。

しかも、Adobe Creative Cloudであれば「たのまな」や「デジハリ」などのAdobeプラチナパートナースクールを利用すれば通常価格の半額以下で購入できます。

ちゃすく
ちゃすく

Adobeプラチナパートナースクールでは社会人へAdobeを学割価格で販売できます

通常価格の半額で入手し、上記の便利なソフトを使えれば十分リーズナブルなので、Illustratorをたまにしか使わない場合は参考にしてください。

[itemlink post_id=”14348″]

Illustratorを解約するフリ

これはほとんどの人が知らない裏技ですが、Adobeへ解約する素振りを見せると同じプランを割引価格で提案してきます。

実際にAdobe CCを解約するために手続きを進めると、半額や無料でAdobe CCを提供してきます。

半額の場合は学割価格に劣りますが、無料で60日間分も提供されることがあるため、解約するフリはかなり効果的な方法です。

ちゃすく
ちゃすく

Adobe離れが起きないために必死

私はAdobe CCでしか経験がありませんが、おそらくIllustratorの単体プランを解約する際にも同じような表記が出ると思います。

ただし、裏技が広まりすぎればAdobe社も対策すると思うので、できるだけ早めに利用することをオススメします。

[itemlink post_id=”13998″]

無料体験を複数回使う

実は複数のAdobeアカウントとPCを用意すれば、Illustratorの体験版を複数回利用できます。

と言うのも、Adobeの無料体験版には下記のルールがあり、PCとAdobeアカウントを新しくすればルールに抵触しないからです。

  • 体験版の利用はAdobeアカウントに記録される
  • 体験版を利用した端末情報も記録される
    (PCを初期化しても記録されてるので意味なし)
  • PCの日付時間を変えると体験版が強制終了する
  • 体験版ソフトのプログラムを変更すると強制終了
  • ネットに繋いでいない状態でも体験版は終了する

つまり、PCを5台持っている状態であればIllustratorの無料体験版を5回まで使い続けられます。

実際に上記のやり方でAdobeの体験版を複数回利用している人もおり、知る人ぞ知る裏技になっています。

複数台のPCを駆使してAdobeの体験版だけで卒研乗りきってやる。

— べなちゃんドロップキック (@Bena0307) July 14, 2016

詳しい内容は下の記事にまとめているので、Illustratorの無料版を繰り返したい場合はチェックしてください。

https://chasksite.com/archives/18472

Illustratorの代替ソフト

Illustratorをたまにしか使わない場合、イラレの代わりとなる編集ソフトを利用することもオススメです。

Illustratorの代わりになりうるソフトには下記があり、特にAffinity Designerはイラレのライバルソフトとして人気です。

Affinity Designerは有料なものの、イラレと違って買い切り版ソフトなので使っていない月も費用が発生することはありません。

Illustratorへ匹敵する機能を持ちがながら買い切りで導入できるため、たまにしか使わない場合はオススメです。

[itemlink post_id=”18509″]

Illustratorのレンタルや中古はない?

ここからはIllustratorのレンタルや中古ライセンスについて詳しく説明していきます。

Illustratorのレンタルはサブスク

Illustratorのレンタルはありませんが、仮に2ヶ月間のみイラレを使いたいのであれば月々プランを2ヶ月だけ契約することも可能です。

プラン使用可能ソフト月々プラン年間プラン(月々払い)年間プラン(一括払い)
Adobe Creative Cloud
(Adobe CC)
全26ソフト
(詳細はこちら
月額10,280円(税込)
年間123,360円(税込)
月額6,480円(税込)
年間77,760円(税込)
年間72,336円(税込)
(1ヶ月あたり税込6,028円)
illustrator単プランillustratorのみ月額3,828円(税込)
年額45,936円(税込)
月額2,728円(税込)
年間32,736円(税込)
年間28,776円(税込)
(1ヶ月あたり税込2,398円)

月々プランの場合は少し割高になりますが、1年に数十時間しか使わないのであれば月々プランで契約する方法も十分候補に入ります。

また、1年に数時間しか使わないのであれば、もはやIllustratorの作業をココナラで外注した方が安くなる可能性があります。

ちゃすく
ちゃすく

数年にぶりにイラレを使うとインターフェイスが変わってるので、慣れるのに時間がかかるし…

外注と月々プランのどちらが良いかは状況によるため、自身の都合も考えながら選択してください。

[itemlink post_id=”13998″]

Illustratorの中古はあるが、危険

結論から書くと、Illustratorの中古ライセンスはありますが、そのほとんどが海賊版なのでリスクが非常に高いです。

海賊版とは?

海賊版とは、権利を有しない者により法律上の知的財産権を侵害して権利者に無断で販売される非合法なソフトやサービスのこと。

Illustratorの中古ライセンスには買い切り版があるものの、下記のデメリットがあります。

  • 海賊版はダウンロードするだけでも違法行為
  • 海賊版に悪質なプログラムが含まれる可能性
  • ヤフオクのIllustratorで「永続ライセンス」は嘘

詳しい内容については下の「illustratorの買い切りや永続ライセンスは?」で解説しているので、中古ライセンスに興味がある場合はチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました