本サイトではASP広告を利用しています

Adobeにグラボは必要?相性やオススメグラフィックボードを解説

ソフト・アプリ
この記事がオススメな人
  • Adobeにグラボは必要?
  • Adobeと相性の良いグラボは?
  • オススメのAdobe用グラボは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

Adobeのソフトには「Photoshop」や「Premiere Pro」などがありますが、多くのソフトでグラフィックボードの搭載が推奨されています。

例えばPhotoshopの場合は最低PCスペックでも1.5GBのGPUメモリを推奨しており、グラボの利用を推奨しています。

項目 最低PCスペック推奨PCスペック
OSWindows10 64bit以降Windows10 64bit以降
CPU64ビットをサポートしているIntelまたは
AMDのマルチコアプロセッサー
64ビットをサポートしているIntelまたは
AMDのマルチコアプロセッサー
グラフィックス
(グラフィックボード)
・DirectX12をサポートしているGPU
・1.5GBのGPUメモリ
・DirectX12をサポートしているGPU
・4K以上の場合は4GBのGPUメモリ以上
メモリ(RAM)8GB以上16GB以上
ストレージ(ROM)4GB以上16GB以上(SSDがオススメ)
出典元:Adobe公式サイト

グラボが無かった場合はPCのメモリを大量に使用するため、「PCが重くなる」「ソフトがフリーズする」などの問題が起きやすいです

そのため、グラボは絶対に必要という訳ではありませんが、搭載しておいた方がAdobeソフトを快適に使えます。

もしグラフィックボード搭載PCを探している場合はマウスコンピューターのクリエイターPC「DAIV」がオススメです。

スポンサーリンク

Adobeソフトにグラフィックボードは必要?

結論から書くと、Adobeのソフトはグラフィックボードが必要になる場合が多いため、低価格帯グラボでも良いので搭載しておくことをオススメします。

Adobeソフトごとにグラボの必要性を見ると下記であり、画像や動画を扱うソフトはグラボの必要性が大きいです。

グラボの必要性Adobeのソフト
無くても良いDreamweaverAuditionAcrobat Pro
可能なら欲しいPhotoshopIllustratorInDesignLightroomAnimate
必要Premiere ProAdobe Express

グラボの必要性:無くても良い

グラフィックボードがなくても使えるAdobeソフトにはホームページ作成ソフトの「Dreamweaver」やPDF用多機能編集ソフトの「Acrobat Pro」などがあります。

上記のソフトは大きなサイズのファイルやグラフィックデータをあまり扱わないため、グラボなしPCでも快適に動作しやすいです。

ただし、Acrobat ProはGPUのハードウェアアクセラレーションへ対応しており、グラボがあれば図面などの重いPDFでも動作が軽くなります。

扱うデータによってはCPUの処理だけだと重くなるため、後からグラボの導入を考えても良いでしょう。

グラボの必要性:可能なら欲しい

フォトショやイラレはグラボなしPCでも起動はできますが、内蔵GPUの性能だけではメモリ不足になりやすく、PCやソフトがフリーズしやすいです。

実際にイラレとフォトショの推奨スペックを確認すると、一定以上のVRAMが必要であることが書かれています。

推奨スペックIllustratorPhotoshop
OSWindows10、Windows11(64ビット)Windows11(64ビット)
CPUIntel Core i5/i7以上
AMD Ryzen5/7
64ビットをサポートしているIntelまたは
AMDのマルチコアプロセッサ
グラフィックス
(グラフィックボード)
VRAM1GB以上(4GB以上推奨)・DirectX12をサポートしているGPU
・4K以上の場合は4GB以上のVRAM
メモリ(RAM)8GB以上16GB以上
ストレージ(ROM)2GB以上16GB以上(SSDがオススメ)
出典元:Adobe公式サイト

VRAM(Video Random Access Memory)はGPUに搭載された映像専用のメモリです。
高速な読み書きができるRAMの一種であり、「ビデオメモリ」とも呼ばれます。
VRAM容量は処理性能に影響する重要な数値なので、最近では2~24GBのVRAMを搭載したGPUが多い傾向にあります。

ちゃすく
ちゃすく

PCに搭載されているメモリとは別です

VRAMが不足する場合は自動的にPCのメモリを使用するため、グラボ非搭載のPCでは下ツイートのように大量のメモリが使われます。

上記の状態ではPCにソフトや処理を扱う余力が無いため、PCが重くなりやすく、フリーズや処理落ちも起きやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

上記では「PCのメモリを増やす」か「グラボを搭載する」のどちらかが必要

VRAMが大きいグラボであれば低価格帯の製品でもPhotoshopなどと相性が良いため、12GBのVRAMを搭載したGeForce RTX3060などがオススメです。

グラボの必要性:必要

Adobeソフトの中でも「Premiere Pro」や「After Effects」などの動画をメインに扱う編集ソフトはグラボが確実に必要です。

実際に両者の推奨スペックを確認すると、どちらもVRAM4GB以上のグラボを前提としています。

項目PremiereProの推奨スペックAfter Effectsの推奨スペック
OSWindows10 64ビット以降
MacOS11以降
Windows10(64ビット)
macOS Monterey v12.0 以上
CPUIntel 第7世代以降またはAMD Ryzen 3000以降
Appleシリコン M1以降
IntelまたはAMDの8コアプロセッサ以上
Apple シリコン
メモリHD画質:16GB以上、4K画質:32GB以上32GB
グラフィックスHD画質:VRAM4GB以上
4K画質:VRAM6GB以上
VRAM4GB以上のGPU
ストレージ8GB以上の空き(SSDを推奨)64GB以上

グラボなしPCでは動画のプレビューが重すぎてマトモに編集できないので、上記2ソフトの場合はグラボが必須だと言えます。

また、動画の場合はエンコードに時間がかかるのですが、グラフィックボードがあればエンコード時間も大幅に短縮できます。

ちゃすく
ちゃすく

GeForce RTX4090というグラボなら12時間の動画を10分以内でエンコードできます

プレビューとエンコードだけでなく、自動機能でもGPUを使用するため、Adobeソフトで動画系の編集をしたい場合はグラボ搭載PCがオススメです。

Adobeと相性の良いオススメグラフィックボード3選

Adobeと相性の良いグラボには下記の特徴があるため、それらを搭載したオススメ製品を紹介していきます。

  • VRAM 4GB以上
  • NVIDIA製GPU
  • Adobe社がRTXシリーズを推奨

NVIDIA GeForce RTX 3050

NVIDIAのGeForce RTX 3050の概要は下記の通りであり、現行の低価格帯グラボでありながら8GBのメモリを搭載しています。

グラボ名GPUコアCUDAコア定格クロックブーストクロックメモリタイプメモリ容量メモリ転送レートメモリバス幅メモリバス帯域幅TDP補助電源推奨電源
GeForce RTX 3050GA1062560基1.55GHz1.78GHzGDDR68GB14Gbps128bit224GB/s130W8pin550W
ちゃすく
ちゃすく

グラボ単体で買う場合は3〜5万円くらい

Adobeがグラボへ推奨しているRTXシリーズなので、Adobeのソフトと相性が悪いことを心配する必要もありません。

FPSやMMORPGなどをプレイする場合はスペック不足になる場合もありますが、Premiere Proの4K編集へ対応できるスペックはあります。

GeForce RTX 3050はマウスコンピューターのDAIV FX-A5G50へ搭載されているので、

NVIDIA GeForce RTX 3060

NVIDIAのGeForce RTX 3060の概要は下記の通りであり、12GBのメモリを搭載したモデルです。

グラボ名GPUコアCUDAコア定格クロックブーストクロックメモリタイプメモリ容量メモリ転送レートメモリバス幅メモリバス帯域幅TDP補助電源推奨電源
GeForce RTX 3060GA1063584基1.32GHz1.78GHzGDDR612GB15Gbps192bit360GB/s170W8pin550W
ちゃすく
ちゃすく

グラボ単体で買う場合は4〜5万円くらい

低価格帯のグラフィックボードでありながら10GB以上のメモリを搭載しており、動画編集やPCゲームでも人気なモデルです。

実際にGeForce RTX 3060を搭載したPCであればFPSで遊んでも下記ぐらいの滑らかさを維持できます。

人気なモデルだからか流通量も多く、GeForce RTX 3050に近い価格で入手することも可能です。

もちろん、NVIDIAのRTXシリーズなのでAdobe社の推奨グラボとして認定されています。

GeForce RTX 3060はマウスコンピューターのDAIV FX-A5G60へ搭載されているので、AdobeやPCゲームをしたい場合は参考にしてください。

NVIDIA GeForce RTX 4080

NVIDIAのGeForce RTX 4080の概要は下記の通りであり、16GBのメモリを搭載したハイグレードなグラボです。

グラボ名GPUコアCUDAコア定格クロックブーストクロックメモリタイプメモリ容量メモリ転送レートメモリバス幅メモリバス帯域幅TDP補助電源推奨電源
GeForce RTX 4080AD1039728基2.21GHz2.51GHzGDDR6X16GB22.4Gbps256bit716.8GB/s320W12VHPWR x1 or 8Pin x3(変換)750W
ちゃすく
ちゃすく

グラボ単体で買う場合は17〜20万円くらい

グラボの性能を数値化したベンチマークではGeForce RTX 3060が「43.94」だったのに対して、GeForce RTX 4080は「89.31」もあります。

RTX3060の2倍以上も性能があるため、After Effectsのような重たい編集ソフトを使いたい場合も安心です。

GeForce RTX 4080はマウスコンピューターのDAIV FX-I7G80に搭載されているので、ぜひチェックしてください。

タイトルとURLをコピーしました