本サイトではASP広告を利用しています

3DCADの推奨スペックは?必要なPC性能やグラボを徹底解説

ガジェット

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • 3DCADの推奨スペックは?
  • 3DCAD用のPCが欲しい!
  • オススメの3DCAD用PCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、3DCADはソフトによって推奨スペックが異なるので、余裕を持ったスペック選びが大切です。

パソコン工房のクリエイター向けPCシリーズ「SENSE」であれば、高スペックPCのコスパが高いのでオススメです。

パソコン工房:SENSEシリーズ、クリエイター向けPC
出典元:パソコン工房
スポンサーリンク

3DCADの推奨スペックは?必要なPC性能を解説

3DCADで人気なソフトの推奨PCスペックは下表であり、各ソフトで必要なスペックが異なります。

3DCADソフト名Fusion 360AutoCADIRONCADBricsCAD
OSWindows8.1、10、11(各種64ビット版)
MacOS11、12
Windows10、11(各種64ビット版)Windows10、11(各種64ビット版)Windows10、11(各種64ビット版)
CPUIntel Core iシリーズの4コア、1.7 GHz以上
AMD Ryzenシリーズの4コア、1.7 GHz以上
Apple Mシリーズチップ
3GHz以上のプロセッサ2.0GHz以上のマルチコアプロセッサ
Intel Xeon シリーズ
Intel Core i シリーズ
AMD Ryzen シリーズ
Intel® Core i7
Intel® Core i9
AMD Ryzen 7
AMD Ryzen 9
3GHz以上
グラフィックスDirectX11 (Direct3D 10.1 以上)
VRAM 1GB以上の専用GPU
RAM6GB以上の内蔵グラフィックス
4GBのGPU、帯域幅 106GB/s
DirectX 12互換
NVIDIA Quadro/ GeForce シリーズ
AMD Radeon Pro/ Radeon シリーズ
NVIDIA
AMD
Intel
(VRAM:4GB以上)
メモリ4GB以上16GB以上16GB以上32GB以上
ストレージ3GB以上10GB以上(SSD)5GB以上2GB以上(SSD)

各ソフトで必要なスペックが異なるものの、共通する必要PC性能があるので詳しく解説しておきます。

PC性能1:CPUはミドルレンジ以上がオススメ

3DCADではミドルレンジのCPUが推奨されているケースが多く、快適に使うならミドルレンジ以上がオススメです。

基本的にCPUのクラスは下表の通りであり、3DCADならIntelのCore i5以上またはAMDのRyzen5以上が良いでしょう。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンドローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

特に3DCADはコア数よりもクロック数を重視する機能が多いので、クロック数が大きいミドルレンジ以上のCPUを選ぶとベストです。

コア数スレッド数クロック数
コアはCPU内の処理装置であり、1つのCPUに複数のコアがある。
複数のコアがあれば、複数の処理を並列で行える。
スレッド数はパソコンから認識されているコア数のこと。
本来、コアは1つの処理しかできない。
しかし、低負荷の処理なら2つ同時にできる。
クロック数はCPUが処理をする時に発する信号を扱う速さ。
数値が高いほど、同じ時間内により多くの処理ができる。

マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」であれば、クロック数が大きいミドルレンジ以上のCPUを搭載しているので参考にしてください。

PC性能2:グラフィックボードはほぼ必須

3DCADでは描画性能の高いグラフィックボードがほぼ必須であり、2DならNVIDIAのT400やT1000、3DではNVIDIAのT1000やRTX A2000以上が推奨されています。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
GPUとは、Graphics Processing Unitの略であり、画像の処理装置です。
3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)であり、画面表示や画像処理に特化しています。
近年では、画像や映像を利用する機会も増えており、より速く、よりきれいに画像・映像を映す際はGPUが欠かせません。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。
グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。
ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
VRAM(Video Random Access Memory)はGPUに搭載された映像専用のメモリです。
高速な読み書きができるRAMの一種であり、「ビデオメモリ」とも呼ばれます。
VRAM容量は処理性能に影響する重要な数値なので、最近では2~24GBのVRAMを搭載したGPUが多い傾向にあります。

BIMやシミュレーションも行いたい場合はNVIDIA RTX A6000以上が推奨であり、Amazonでは70万円ほどで販売されています。

ちゃすく
ちゃすく

補足ですが、ゲームで使われるRTX4080などでも3DCADへ利用できます

大規模な設計やシミュレーションになるほど必要なグラボスペックは上がりますが、まずはNVIDIAのT1000やRTX A2000を搭載したPCがオススメです。

T1000やRTX A2000ならクリエイターPCの価格が50万円以内で収まりつつ、3Dのモデリングも可能です。

SENSEの中でも「3DCAD向けモデル」があるので、PCスペックがよく分からない場合はそちらがオススメです。

PC性能3:高機能ソフトでは32GB以上のメモリ

3DCADの中でも高機能なソフトは使用するメモリが多く、特にBricsCADは32GB以上のメモリが推奨されています。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

初心者向け3DCADソフトでも推奨メモリが16GB以上の場合があるため、最低でも16GB以上のPCを用意した方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

初心者向きソフトでも他ソフトを併用する場合は32GB以上のメモリを視野に入れることをオススメします

マウスコンピューターなどのクリエイターPCでは16GB以上が当たり前ですが、用途によっては32GB以上も必要になるので気をつけてください。

3DCADにオススメのPC4選【推奨PC】

ここからは上表にあった推奨スペックを満たしたオススメのPCを紹介します。

パソコン工房 SENSE-S06M-124-NCX

3DCADにオススメのPC1台目は、パソコン工房から販売中の『SENSE-S06M-124-NCX』です。

出典元:パソコン工房

SENSE-S06M-124-NCXの価格は191,800円であり、PCのスペックは下表です。

項目SENSE-S06M-124-NCXのスペック
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-12400
メモリ16GB
グラフィックボードNVIDIA T1000
ストレージSSD:500GB

グラボにAutoDesk社が検証したNVIDIA T1000を採用しており、安心して3DCADが使えるPCスペックです。

ただし、CPUがi5なので、小規模ならともかく、中規模以上の設計では遅いと感じることもあります。

ちゃすく
ちゃすく

3DCAD初心者向けなPCスペック

マウスコンピューター DAIV FX-I7N2A

3DCADにオススメのPC2つ目はマウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7N2A」です。

出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-I7N2Aの価格は334,800円(WEB限定)であり、具体的なスペックは下表の通りです。

項目DAIV FX-I7N2A
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA RTX A2000
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

CPUへハイエンドモデルのCore i7、メモリを32GBも搭載しているので、高機能の3DCADを使えるスペックです。

グラフィックボードもRTX A2000を搭載しており、インテリアなどの3D設計であれば十分すぎる性能です。

ちゃすく
ちゃすく

メモリーカードリーダーが付いてるのも地味に嬉しい

パソコン工房 SENSE-F0X7-LCR79X-XLX

3DCADにオススメのPC3つ目はパソコン工房のデスクトップPC「SENSE-F0X7-LCR79X-XLX」です。

パソコン工房:クリエイター向けPC、SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
出典元:パソコン工房

SENSE-F0X7-LCR79X-XLXの価格は544,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目SENSE-F0X7-LCR79X-XLX
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 9 7900X
グラフィックスGeForce RTX 4090
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

CPUへ超ハイエンドモデルのRyzen9、グラフィックスへRTXシリーズで最高位のRTX4090を搭載しています。

自動車や工業製品の設計など、中〜大規模設計にも対応できるスペックであり、高速レンダリングも可能なのでオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

余裕があればメモリを増設しても良いかも

マウスコンピューター DAIV FX-I7N60

3DCADにオススメのPC4つ目はマウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7N60」です。

マウスコンピューター:DAIV A9 [ Windows 11 ]、クリエイター向けPC
出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-I7N60の価格は999,900円(WEB限定)であり、具体的なスペックは下表の通りです。

項目DAIV FX-I7N60
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12700
グラフィックスNVIDIA RTX A6000
メモリ64GB
ストレージSSD:2TB

CPUがハイエンドモデルのCore i7であり、グラフィックスは48GBのメモリを搭載したRTX A6000を搭載しています。

RTX A6000は業務向けグラボなのでかなり価格も高いですが、3DCADでBIMやシミュレーションも可能なのでオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

カスタマイズ注文すればまだスペックを上げれます

ゲーミング・クリエイターPCのセール情報まとめ

タイトルとURLをコピーしました