登録者数3万人が解説!ゆっくり実況&解説で必要なPCスペックを紹介【オススメモデル】

【登録者3万人】ゆっくり実況&解説に必要なPCスペックを動画投稿者が紹介ゆっくり実況・解説

この記事は下記の悩みや疑問を持つ方にオススメです。

  • ゆっくり実況を始めたいけど、どれくらいのPCスペックが必要?
  • 実際にゆっくりを使っている人の意見を知りたい
  • ゆっくり解説をしている人たちはどんなパソコンを使っている?

実際にYouTubeとニコニコへゆっくり解説を投稿しているちゃすくがゆっくり実況&解説へ必要なPCスペックを紹介・解説していきます。

この記事で紹介したPCであれば私が普段作成している動画と同等以上のクオリティで動画を作れるようになります。

ちゃすく
ちゃすく

ワイが作った動画はこんな感じ↓

【嘘松爆死】特級変態によって嘘バレした嘘松をゆっくり解説【だいしゅきホールド起源事件】#嘘松

一応、チャンネル登録者数3万人なのでそこそこのクオリティで動画を作れていると思います…

スポンサーリンク

ゆっくり系YouTuberが使用しているPCのスペック

では、ゆっくり系YouTuberである私が実際に使用しているPCのスペックが下表になります。

形状・OSミドルタワー・
Windows
ミドルタワー・
Windows
ミドルタワー・
Windows
スリムタワー・
Windows
ノートPC・
Windows
CPUAMD Ryzen5 3600XTIntel Core i5-10400Intel Core i7-10700Intel Core i7 3770KIntel Core i5 10210U
GPU(グラボ)GeForce GTX1660 SUPERUHDグラフィックス630GeForce RTX 3060GeForce GTX1050UHDグラフィックス630
RAM(メモリ)16GB16GB32GB8GB8GB
ROM(ストレージ)SSD 512GBSSD 256GBSSD 512GBSSD 256GBSSD 256GB

私の場合はデスクトップだけでなく、ノートパソコンを使用することもあるためPCスペックの幅はかなり広いです。

しかも、上表にあるスリムタワーPCはリノベーションPCであり、かなり使用感もあったため本来のパフォーマンスを発揮出来ていなかったと思います。(すぐ壊れたし…

しかし、そんな低スペックPCでも十分ゆっくり実況・解説の動画を作成することは可能です。

ちゃすく
ちゃすく

ただし、快適に編集出来るわけでは無いです。

また、ゆっくりの編集自体はそれほど高いスペックのPCがなくても大丈夫ですが、ゆっくり実況でPCゲームをプレイしたい場合は注意が必要です。

ゲームによってはCPUとGPU性能がかなり高くないと、快適にプレイしながら録画をすることが出来ません。

PCスペックも大事:ちゃすろぐ

そのため、PCゲームのゆっくり実況を考えている場合はプレイしたいゲームの推奨環境よりもワンランク上のPCを選ぶことがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

PC選びがよく分からない場合はこちら

スポンサーリンク

ゆっくり実況&解説を編集できるオススメPC

では、ここからは私が使っているPCスペックに近いモデルやオススメ出来るモデルを現在発売中の商品から探してみたので紹介していきます。

【ゆっくり解説ならコレ!】mouse DT5

最初に紹介するPCがマウスコンピューターよりmouse DT5です。

mouse DT5
CPUIntel Core i5-11400
GPUUHD グラフィックス 730
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)SSD 256GB

価格は税込み81637円ですが、現在はセールで72546円になっています。

私が使っている「Core i5-10400」のPCよりも少しCPU性能が良い代わりにメモリが8BGになっています。

ゆっくりの動画編集をする程度であればCPU性能はCore i5の第10世代以降で十分すぎるスペックであり、ゆっくり解説ならメモリが8GBでも全然気になりません。

ゆっくり実況の場合はグラフィックボード(GPU)が搭載されていない為、PCゲームの撮影を行えるスペックはありません。

しかし、キャプチャーボードを使用したSwitchやPS5などのゲーム撮影であればmouse DT5でも十分可能です。

ちゃすく
ちゃすく

メモリを16GBへカスタマイズするとより安定した撮影が可能

基本の価格が10万円未満であり、セール時には8万未満になるのでかなりコスパの良い商品です。

【予算10万円最強】LEVEL-M0P5-R55G-EZX

iconicon

次に紹介するのはパソコン工房のゲーミングブランドよりLEVEL-M0P5-R55G-EZXです。

LEVEL-M0P5-R55G-EZX
CPUAMD Ryzen 5 5600G
GPURadeon Graphics
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 500GB

価格は93980円であり、予算が10万円以内であれば1番コスパの良い商品だと思います。

私が使っている「AMD Ryzen5 3600XT」のPCよりも少しCPU性能が良いですが、グラフィックボードが搭載されていません。

しかし、PCの性能は先ほどのmouse DT5の「Intel Core i5-11400」よりも高く、メモリも16GBあるので快適にゆっくりの編集を行えます。

引用元:https://technical.city/ja/cpu/Core-i5-11400-vs-Ryzen-5-5600G

ゆっくり解説やゆっくり茶番劇をメインに考えている場合はもちろん問題なく編集出来ますし、スマホゲームのゆっくり実況を編集する場合ならPCにグラボが無いことも気になりません。

【PCゲーム実況も可能】FRGXB550

次にオススメのPCはヤマダ電機傘下であるFRONTIERよりFRGXB550です。

FRGXB550
CPUAMD Ryzen 5 5600
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ(RAM)8GB
ストレージ(ROM)SSD 480GB

価格は税込129800円ですが、FRONTIERはほぼ毎月セールをしているので10%以上安く買えることがよくあります。

私が使用している「AMD Ryzen5 3600XT」のPCよりもCPU性能が高いうえ、グラフィックボードも私と同じ「GeForce GTX1660 SUPER」を搭載しています。

メモリとストレージは少し小さいですが、他サイトだと15万円ほどするスペックなので129800円は安すぎます。

ちゃすく
ちゃすく

メモリは+6000円で16GBへ変更可能

メモリ8GBが少し気になるものの、「AMD Ryzen5 3600XT」と「GeForce GTX1660 SUPER」があればFortniteやApexのゲームをプレイしながら録画することも十分可能です。

メモリを増量しても14万円以内で購入できるため、FPS系のゆっくり実況を考えている初心者はこのモデルがオススメです。

【240FPSでゲームができる】G-Tune HM-B 

4つ目にオススメのPCがマウスコンピューターのゲーミングブランドよりG-Tune HM-Bです。

G-Tune HM-B
CPUIntel Core i7-11700
GPUGeForce RTX 3060
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 512GB

価格は税込197780円であり、公式サイトで購入する場合は家電量販店内で販売されている同じモデルを購入するよりも数千円安くなります。

搭載CPUは私が使用している「Intel Core i7-10700」の次のモデルである「Intel Core i7-11700」なので、ゆっくりを快適に編集できるCPU性能を持っています。

GPUも「GeForce RTX 3060」を搭載しているのでFortniteやApexの場合は144FPSで快適にゲームをプレイ出来ますし、環境によっては240FPSも十分可能です。

ちゃすく
ちゃすく

144FPSでゲームをしても綺麗に録画が可能↓

ShadowPlayで録画した動画

録画した動画自体は60FPSに設定されてしまいますが、やはり「60FPSと144FPSどっちでプレイ出来るのか」によってゲームの勝率は大きく変わります。

ゆっくり実況であっても勝率は出来るだけ高い方が人気チャンネルになりやすいため、G-Tune HM-Bくらいのスペックは欲しいです。

そのため、ゆっくり実況で人気になりたい方へオススメのPCです。

【Vtuberも出来る!】FRGH670

5つ目にオススメのPCはFRONTIERよりFRGH670です。

FRGH670
CPUIntel Core i7-12700F
GPUGeForce RTX 3080
メモリ(RAM)32GB
ストレージ(ROM)SSD 1TB

価格は税込339800円であり、FRONTIERなのでセールを利用すればさらに安く購入できます。

339800円ということもあって今回紹介しているPCの中でもぶっちぎりでPCスペックが高いです。

性能的には大手Vtuber事務所である「にじさんじ」や「ホロライブ」の人気Vtuber達が使用しているゲーミングPCと同等です。

そのため、ゆっくり解説&実況はもちろん問題なく編集出来ますし、Vtuberとしてゲーム配信を行うことも出来ます。

ゆっくり系動画だけでなく、Vtuberにも興味がある方にはオススメのモデルです。

【ノートなら最低限コレ!】STYLE-15FH120-i5-UXSX-D

iconicon

ノートpcで最初に紹介するオススメのモデルはパソコン工房よりSTYLE-15FH120-i5-UXSX-Dです。

STYLE-15FH120-i5-UXSX-D
CPUIntel Core i5-1135G7
GPUIris Xe Graphics
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 500GB

価格は税込98980円であり、形状は15.6型なのでノートpcとしては大きめのサイズです。

10万円以内でありながら私のノートPCよりも優れたCPU「Core i5-1135G7」を搭載しているうえ、メモリは16GBもあります。

これだけのPCスペックがあり、ディスプレイも十分大きいのでゆっくり解説の動画編集は快適に行うことが出来ます。

特にメモリが16GBであるメリットは非常に大きく、外付けグラフィックボードを購入すればPCを分解しなくても十分なゲーミング性能を得ることが出来ます。

ちゃすく
ちゃすく

メモリは外付けで増やしにくいからね

もちろん、STYLE-15FH120-i5-UXSX-D単体でもDCGやバカゲーのような軽いゲームならプレイ出来るため、ジャンルによってはゆっくり実況も十分可能です。

【グラボ搭載ノートPC】mouse K7

最後に紹介するモデルがマウスコンピューターよりmouse K7です。

mouse K7
CPUIntel Core i7-11800H
GPUGeForce GTX 1650
メモリ(RAM)16GB
ストレージ(ROM)SSD 512GB

価格は税込153780円と高めですが、グラボが搭載されているのでデスクトップPCにも負けないスペックを持っています。

先ほどのノートPCよりも優れた「Core i7-11800H」と「GeForce GTX 1650」が搭載されているため、FPS系のゲームでも十分快適にプレイすることが出来ます。

しかも、17.3型なのでディスプレイがかなり大きく、動画編集もゲームプレイもしやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

でも、重さは2kg超えなので持ち運びには注意

ゆっくり解説には過剰すぎるスペックですが、ゆっくり実況であればFPSや軽いRPG、インディーズゲームまで幅広くプレイ出来るスペックなのでオススメです。

スポンサーリンク

PCスペックについてのまとめと資金が足りない時

ゆっくり解説であればグラボが無くても動画を作れるため、8万円前後で購入できるPCであれば十分なスペックがあります。

ゆっくり実況の場合でも編集自体はグラボ無しで行えますが、PCゲームをプレイしたい場合はグラボが絶対に必要です。

ちゃすく
ちゃすく

個人的にはGTX 1660 SUPER以上のグラボがオススメ!

しかし、グラボを搭載したゲーミングPCは10万円以上のモデルが当たり前であり、学生や働き始めたばかりの人にはハードルが高い金額です。

そこで、学生や新社会人でも手軽にお金を稼げる方法をまとめてみました。

上記事は自己アフィリエイトやネット副業、節約など誰でも出来ることがメインなので、資金が足りない人は参考にしてみてください。

また、ゆっくりに関する記事は他にもあるので参考にしてみてください。

特に、最近のゆっくり系動画は収益を剥奪されやすいので、対策をしながらゆっくり解説の作り方を解説している記事がオススメです。

タイトルとURLをコピーしました