本サイトではASP広告を利用しています

Live2Dに必要なパソコンスペックは?Cubismやゲーム配信で解説

Vtuber
この記事がオススメな人
  • Live2Dに必要なパソコンスペックは?
  • Live2D Cubismの推奨スペックは?
  • Live2Dで配信する際のオススメスペックは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では下記2つのパターンでLive2Dに関する必要なパソコンスペックを解説します。

  • Live2D Cubismの動作に必要なパソコンスペック
  • Live2Dモデルを使ったライブ配信に必要なPCスペック

グラボの有無や推奨メモリなども紹介するので、パソコン選びで迷っている場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

Live2D Cubismに必要なパソコンスペック

この章でのLive2Dとは、Live2Dモデルを制作する際に使用するLive2D Cubismのことです。

Live2D Cubismの推奨スペックは下表のようになっており、推奨スペックは2016〜18年頃の低価格帯ゲーミングPC程度になります。

項目Windows搭載PCmacOS搭載PC
OSWindows10, 11
(64ビット版、デスクトップモードのみ)
macOS v10.15 (Catalina)
macOS v11 (Big Sur)
macOS v12 (Monterey)
macOS v13 (Ventura)
CPUIntel Core i5-6600相当以上(AMD製を含む)
推奨:i5-8600、i7-7700、クアッドコア以上
Intel Core i5-6600相当以上
推奨:i5-8600、i7-7700、クアッドコア以上
メモリ4GB以上、推奨:8GB以上4GB以上、推奨:8GB以上
ハードディスク空き容量 約1GB空き容量 約1GB
GPUOpenGL3.3以上
推奨:NVIDIA GeForce GTX 950以上
OpenGL3.3以上
ディスプレイ1440×900ピクセル以上、32bitカラー以上
推奨:1920×1080ピクセル
1440×900ピクセル以上、32bitカラー以上
推奨:1920×1080ピクセル

上表だけでは具体的な推奨スペックが分かりづらいと思うので、詳しい内容をPCパーツ毎に解説していきます。

Live2D Cubism推奨スペック:OS

Live2D CubismはWindowsとmacOSのどちらでも利用できますが、特に理由が無い限りはWindowsをOSとしてオススメします。

と言うのも、Live2D社はAdobe社のAfter Effectsなどに使用するプラグインも開発しており、これらはWindows版が優先的に配布されるからです。

出典元:Live2D

実際、After Effects用のプラグインはmacOS版が配布されておらず、Macユーザーはプラグインを活用できません。

Macへ強いこだわりがない限りは、プラグインなどが開発されやすいWindowsを選んだ方がお得でしょう。

Live2D Cubism推奨スペック:CPU

Live2D Cubismでは下記のCPUが必須・推奨されており、i5-8600は2018年に発売されたミドルレンジのCPUです。

  • Intel Core i5-6600相当以上(AMD製を含む)
  • 推奨:i5-8600、i7-7700、クアッドコア以上

ただし、2021年に発売されたローエンドCPU「i3-11100B」の時点でi5-8600のスペックを上回っており、現在の新品ゲーミングPCであればi5-8600の推奨スペックを余裕で上回っています。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

そのため、マウスコンピューターパソコン工房などのゲーミング&クリエイターPCであれば低価格帯モデルでも推奨CPUのスペックを超えています。

一応、Live2Dと他のソフトを同時起動することも考え、ミドルレンジ以上の最新CPUを搭載したモデルを選ぶと良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

家電量販店の超ローエンドCPU搭載PCではカクツクので、PC専門ショプがオススメ

また、私の環境ではAMD系のCPUでもLive2Dは問題なく動作していますが、Live2D社はIntel系のCore iシリーズを推奨しています。

もしトラブルが起きた際に自身で解決できる自信が無い場合は、AMDよりもIntelのCPUを搭載したPCがオススメです。

Live2D Cubism推奨スペック:メモリ

Live2D Cubismの推奨メモリは8GB以上となっており、これはWindowsとMacの両方で同じです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

たしかにLive2D自体は8GBメモリでも動作しますが、Google Chromeなどを使いながら作業をするなら16GB以上をオススメします。

最近はChromeなどのブラウザソフトがメモリを大量に消費するようになっており、8GBではChromeだけで重くなる可能性があります。

メモリ不足になればLive2Dのモデリング中に画面がカクカクになるため、できるだけ16GB以上のメモリを選んだ方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

デフォーマを調整してると止まりがち

もし「Photoshop」「Live2D」「Chrome」の同時起動も考えている場合は、32GB以上のメモリも要検討です。

パソコン工房であればオンラインの注文でもメモリの増設が可能なので、32GB以上を検討する際はオススメです。

Live2D Cubism推奨スペック:ハードディスク

Live2D Cubismに必要なハードディスクの容量は1GB程度なので、ほとんどのPCが余裕で条件を満たせると思います、

ただし、Live2Dは読み込みや保存の回数が多いので、ハードディスクの種類にはSSDをオススメします。

そもそもハードディスクにはSSDとHDDの2種類があり、最新のSSDはHDDより10倍以上も読み込み速度が大きいです。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い少し高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

Live2Dのインストール先をHDDにすると、読み込みや保存の度に待ち時間が発生するので、定期的に作業をするならSSDがオススメです。

マウスコンピューターなどのPC専門ショップであればSSD搭載が当たり前ですが、家電量販店ではHDDしか搭載されていないPCもあるので注意してください。

Live2D Cubism推奨スペック:GPU

Live2D Cubismでは下記のGPUが推奨されており、モデリング作業ではグラフィックボードがほぼ必須です。

  • OpenGL3.3以上
  • 推奨:NVIDIA GeForce GTX 950以上

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

NVIDIAのGeForce GTX 950は2015年に発売されたローエンドのグラボであり、現在の後継モデルにはGeForce RTX 3050があります。

RTX3050の性能はGTX950の約2倍であり、Live2D Cubismのモデリングには十分な性能があります。

ちゃすく
ちゃすく

フルHDのApexを100fps程度で遊べるくらいの性能があります

しかも、NVIDIAのGeForce RTXシリーズであればVtube Studioでトラッキング精度を高められるので、RTXシリーズを使うメリットを大きいです。

そのため、Live2Dのスペックや他ソフトとの相性も考えると、GeForce RTX 3050以上のグラボがオススメです。

パソコン工房であればRTX3050以上を搭載したゲーミングPCを販売しているので、PD選びの参考にしてください。

Live2D CubismにオススメのPC5選

ここからはLive2D CubismにオススメのPCを紹介していきます。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

Live2D CubismにオススメのノートPC1台目は、マウスコンピューターの「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター
項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
ストレージSSD:512GB
価格139,800円
特徴
  • FPSやクリエイター向けソフトへオススメのRTX3050搭載
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 8コア16スレッドのRyzen 7によりマルチタスク性能も高い
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0

マウスコンピューター G-Tune E4-I7G60DB-B

Live2D CubismにオススメのノートPC2台目は、マウスコンピューターの「LEVEL-15FR171-i7-UASX」です。

出典元:マウスコンピューター
項目G-Tune E4-I7G60DB-B
OSWindows 11
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
ストレージSSD:500GB
価格199,800円
特徴
  • RTX4060を採用しており、軽〜中量なPCゲームならフルHDでも120fps以上
  • フレッシュレート144Hz対応液晶パネル搭載
  • 10コア16スレッドのCPUにより、モデリングや動画編集もオールマイティに可能
  • マウスコンピューターの金利0分割払いの対象

パソコン工房 LEVEL-M77M-134F-NAX

Live2D CubismにオススメのデスクトップPC1台目は、パソコン工房の「LEVEL-M77M-134F-NAX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC
項目LEVEL-M77M-134F-NAX
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-13400F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
価格137,800円
特徴
  • RTX3050により、ApexやFortnite程度の重さならフルHDで120fps以上
  • 10コア16スレッドのCPUにより、マルチタスクにも使える性能
  • RTXシリーズなのでDLSSやFSRへ対応、レイトレーシングも可能
  • ミニタワーPCでもメンテナンスがしやすく、メモリなどの増設も可能

マウスコンピューター G-Tune DG-I5G60

Live2D CubismにオススメのデスクトップPC2台目は、マウスコンピューターの「G-Tune DG-I5G60」です。

出典元:マウスコンピューター
モデル名G-Tune DG-I5G60
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5 13400F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージSSD:1TB
価格199,800円
特徴
  • 10コア16スレッドのミドルレンジCPUにより、モデリングやマルチタスク性能が高い
  • RTX3050やRTX3060以上の性能を持つRTX4060を搭載
  • 16GBのメモリによってLive2DとChromeの同時起動へ対応し、メモリ増設も可能
  • ゲーミングPCであっても有線LANとWi-Fiへ同時対応
    (ゲーミングPCはWi-Fi機能非搭載モデルも多い)

パソコン工房 LEVEL-R779-LC137KF-UL2X

Live2D CubismにオススメのデスクトップPC3台目は、パソコン工房の「LEVEL-R779-LC137KF-UL2X」です。

パソコン工房:ゲーミングPC
項目LEVEL-R779-LC137KF-UL2X
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格309,800円
特徴
  • RTXシリーズの最新番台「RTX4070Ti」により、VRやAdobeソフトも使える性能
    (WQHD解像度のeスポーツゲームでも300fps以上)
  • 24コア32スレッドのCPUとメモリ64GBのおかげで、動画編集やモデリングも快適
  • DLSSやレイトレーシングも対応。FSRも利用でき、さらにFPSを上げられる
  • クレカの分割払いだけでなく、金利0のジャックスショッピングローンも利用可能

Live2Dのライブ配信に必要なPCスペック

この章でのLive2Dとは、VtubeStudioなどで動かす「Live2Dモデル」のことであり、Vtuberのようなライブ配信を想定して解説していきます。

Live2Dのライブ配信では下記の推奨スペックを同時に満たす必要があり、ゲーム系Vtuberなら30万円以上のゲーミングPCを使うケースも珍しくありません。

推奨スペックOBS
(ライブ配信に使うソフト)
VTube Studio
(Live2Dモデルを動かすソフト)
ゲームの推奨スペック
(Apexの場合)
OSWindows 11
macOS 12.5以上
Windows 10
macOS Catalina 10.15.7以降
Windows 7 64ビット版
CPUIntel Core i7 8700K以上
AMD Ryzen 5 1600X以上
Apple Silicon M1以降
Windows:AMD /Intel CPU 2.5 GHz以上
Mac:Intel Core i7またはM1以降
Intel i5 3570Tおよび同等品
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1050以上
AMD Radeon 5000 以上
Intel Xe 以上
AMD/NVIDIA 4GBNVIDIA GeForce GTX 970
AMD Radeon R9 290
メモリ8GB6GB8GB
ストレージ600MB4GB22GB以上

Live2Dの配信では最低でも上記ソフトを同時に起動できるPCスペックが必要になり、もちろん、PCゲームの要求スペックが高ければ必要なPCスペックも上がります。

ちゃすく
ちゃすく

ApexはPCゲームの中でも軽い部類に入ります

ただし、上記のスペックだけではよく分からないと思うので、各PCパーツの詳細を解説します。

Live2Dの配信スペック:OS

OBSやLive2Dモデルを動かせるソフトはWindowsとMacの両方にあるので、どちらでも大丈夫です。

しかし、PCゲームの場合はMacへ対応していないことが多く、大人気ゲームのApexやFallGuysはMacへ対応していません。

そのため、Live2Dのライブ配信で可能なジャンルを増やしたい場合はWindowsを搭載したPCがオススメです。

Live2Dの配信スペック:CPU

Live2Dのゲーム配信や雑談配信ではCPUへマルチタスク性能が求められるため、最低でもミドルレンジ、可能であればハイエンド以上のCPUがオススメです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

実際にホロライブのVtuberは全員がハイエンド以上のCPUを搭載しており、もはや超ハイエンドCPUの方が多いくらいです。

Vtuber名ときのそらアキ・ローゼンタールラプラス・ダークネスロボ子さん赤井はあと天音かなた戌神ころね兎田ぺこら大神ミオ大空スバル尾丸ポルカ風真いろはさくらみこ獅白ぼたん白上フブキ不知火フレア白銀ノエル鷹嶺ルイ角巻わため常闇トワ百鬼あやめ夏色まつり猫又おかゆ博衣こより姫森ルーナ宝鐘マリン星街すいせい湊あくあ桃鈴ねね雪花ラミィ癒月ちょこ夜空メル
CPUAMD Ryzen 7 5800XAMD Ryzen 9 3900XTIntel Core i9-11900KFIntel Core i9-9900KFAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i7-9700AMD Ryzen 9 5950XTAMD Ryzen 9 5950XTIntel Core i9-11900KIntel Core i9 9900KFAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i9-12900Intel Core i9-10900KIntel Core i9-10900KIntel Core i7 8700KIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 3900XTIntel Core i9-11900KFIntel Core i9-10900KIntel Core i9-9900KFIntel Core i9-9900KIntel Core i9-12900KAMD Ryzen 9 3950XAMD Ryzen 9 5900XIntel Core i9 12900KIntel Core i9 9900KAMD Ryzen 7 5800XAMD Ryzen 9 5950XAMD Ryzen 9 5950XIntel Core i9 9900KIntel Core i9 8700KIntel Core i9-10850K
GPUNVIDIA GeForce RTX 2060 SuperNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 3070 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce RTX 3090NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3090NVIDIA GeForce RTX 2070 SuperNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 3080 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 1080 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 3070 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 3090 TiNVIDIA GeForce RTX 2080 TiNVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 2070NVIDIA GeForce RTX 3070NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 3080NVIDIA GeForce RTX 2080 SuperNVIDIA GeForce RTX 2080NVIDIA GeForce RTX 3080
同等スペック
または後継PC
G-Tune HM-A-3060Ti
(プレミアムモデル)
LEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139-UL1XLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R7X7-LCR79X-UL1XG-Tune FZ-I7G70G-Tune FZ-A9G90LEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139KF-XLXLEVEL-R779-LC139-UL1XLEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune HP-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139-UL1XLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-XLXLEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139-UL1XG-Tune PP-ALEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R7X7-LCR79-VLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-L
※現在の新品PCではRTX 1000~2000代の型番はほぼ市場に出回っておらず、3000以降の製品が主流となっています。

ハイエンドCPUはコア数とスレッド数が大きいため、複数のソフトを立ち上げても処理が可能であり、ゲーム配信やマルチタスクに適しています。

コア数スレッド数クロック数
コアはCPU内の処理装置であり、1つのCPUに複数のコアがある。
複数のコアがあれば、複数の処理を並列で行える。
スレッド数はパソコンから認識されているコア数のこと。
本来、コアは1つの処理しかできない。
しかし、低負荷の処理なら2つ同時にできる。
クロック数はCPUが処理をする時に発する信号を扱う速さ。
数値が高いほど、同じ時間内により多くの処理ができる。

必要なコア数などはPCゲームや希望するフレームレートによっても異なりますが、最新のCore i7やRyzen 7であればVtuberのゲーム配信にも利用できます。

マウスコンピューターパソコン工房のゲーミングPCであれば最新世代のCPUを搭載しています。

そのため、CPUの見方がよく分からない場合は、それらのサイトで「Core i7」か「Ryzen7」以上を選ぶと良いでしょう。

Live2Dの配信スペック:グラフィックス

Live2Dを使った配信をする場合はグラフィックボードが絶対に必要であり、グラボなしではLive2Dモデルがマトモに動きません。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

実際、にじさんじVtuberもほとんどがグラボ搭載PCを使っており、グラボを使っていないのは文野環さんくらいです。

Vtuber名アンジュ・カトリーナイブラヒムアルス・アルマルエクス・アルビオエリー・コニファーえるシェリン・バーガンディ不破湊シスター・クレア相羽ういはセラフ・ダズルガーデン魔使マオでびでび・でびる舞元啓介ドーラフレン・E・ルスタリオベルモンド・バンデラス西園チグサラトナ・プティリゼ・ヘルエスタレイン・パターソンレヴィ・エリファアクシア・クローネレオス・ヴィンセントローレン・イロアス葉加瀬冬雪朝日南アカネ笹木咲天ヶ瀬むゆ天宮こころ鈴木勝戌亥とこ海妹四葉小野町春香剣持刀也甲斐田晴加賀美ハヤト戌亥とこ鏑木ろこ神田笑一北小路ヒスイ桜凛月葛葉倉持めると黒井しば来栖夏芽郡道美玲弦月藤士郎小清水透三枝明那桜凛月四季凪アキラ渋谷ハジメ白雪巴健屋花那鈴鹿詩子鈴谷アキ瀬戸美夜子空星きらめ月ノ美兎東堂コハク轟京子長尾景奈羅花西園チグサ葉加瀬冬雪早瀬走樋口楓風楽奏斗不破湊星川サラ先斗寧本間ひまわり舞元啓介魔界ノりりむ魔使マオ物述有栖森中花咲社築山神カルタ勇気ちひろ雪城眞尋夢月ロア夢追翔夜見れな緑仙文野環
CPUIntel Core i9-9900KIntel Core i9-10940XIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 5950XAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i7-8700Intel Core i9-10850KIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 3900XIntel Core i9-9900KF(不明)Intel Core i9-9900KIntel Core i7-8700KIntel Core i7-9700KIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 5 2600Intel Core i9-9900KIntel Core i9-10900KIntel Core i9-9900KIntel Core i7-9700FAMD Ryzen 7 3700XIntel Core i7-9700KIntel Core i9-9900KIntel Core i7-9700KAMD Ryzen 9 5950XIntel Core i7-8700Intel Core i7-10700Intel Core i5-9400FAMD Ryzen 7 3700XAMD Ryzen 9 3900XIntel Core i7-8700KIntel Core i9-10850KIntel Core i7-11700Intel Core i7-9700KIntel Core i7-8700KIntel Core i9-10900KIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 5950XIntel Core i7-8750HIntel Core i7-12700Intel Core i9-9900KIntel Core i7-9700FAMD Ryzen 7 1700XAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i7-12700Intel Core i7-7700Intel Core i7-9700KIntel Core i7-8700Intel Core i9-11900KIntel Core i7-8700Intel Core i9-10900KAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i7-8700Intel Core i9-12900KIntel Core i7-9700KAMD Ryzen 7 3700XIntel Core i7-8700Intel Core i7-8700KIntel Core i7-8700Intel Core i7-10700Intel Core i7-8700KIntel Core i7-10700Intel Core i7-8700Intel Core i7-9700FIntel Core i7-10700KIntel Core i9-10900KIntel Core i7-10700KIntel Core i7-9700Intel Core i9-10900KIntel Core i7-9700KFIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 5900XAMD Ryzen 7 3700XIntel Core i9-9900KIntel Core i7-9700KAMD Ryzen 7 3700XIntel Core i9-9900KAMD Ryzen 9 3900XAMD Ryzen 7 3700XAMD Ryzen 9 3900XAMD Ryzen 5 3600Intel Core i9-12900KIntel Core i7-9700KAMD Ryzen 5 3600XIntel Core i7-3630QMAMD Ryzen 9 3950XIntel Core i7-8700Pentium4-550
GPUNVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 2080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
GTX 1070 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 2080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
GTX 1070 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080
NVIDIA GeForce
GTX 1660 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 3060 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
GTX 1660Ti
NVIDIA GeForce
GTX 1660 SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1660Ti
AMD Radeon
RX 6700 XT
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
GTX 1080Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
GTX 1070Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
GTX 1070
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 2080
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1080
GeForce GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
GTX 1060
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1060
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 2060 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2060
(不明)NVIDIA GeForce
GTX 1070 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1080
NVIDIA GeForce
GTX 1660 SUPER
NVIDIA GeForce
GTX 1060
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 3060
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 2070
NVIDIA GeForce
RTX 3080
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 3070
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2080 SUPER
NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPERNVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2070 SUPER
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
RTX 3090
NVIDIA GeForce
RTX 2060
NVIDIA GeForce
GTX 1660 Ti
NVIDIA GeForce
GTX 675MX
NVIDIA GeForce
RTX 2080 Ti
NVIDIA GeForce
RTX 2060 SUPER
(内蔵GPU
同等スペック
または後継PC
LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-XLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-A9G90G-Tune FZ-A9G90G-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-XLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R7X7-LCR79X-UL1XLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune EN-Z-3060Ti-WALEVEL-R779-LC139-UL1XG-Tune FZ-I7G70G-Tune HP-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune HM-A-ALDAIV Z9-3060TiLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune HP-ZG-Tune PP-AG-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-I7G70LEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune EN-Z-3060Ti-WAG-Tune EN-Z-3060Ti-WALEVEL-M76M-124-RBXG-Tune HM-A
(プレミアムモデル)
LEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune HP-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-I7G70G-Tune FZ-I7G70G-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC139-UL1XG-Tune FZ-A9G90G-Tune FZ-I7G70G-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-I7G70LEVEL-R7X7-LCR77X-VLXLEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune FZ-I7G70G-Tune EN-ZG-Tune FZ-I7G70G-Tune EN-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R779-LC137KF-XLXLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LLEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune EN-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune EN-Z-3060Ti-WAG-Tune HM-A
(プレミアムモデル)
LEVEL-R779-LC137KF-XLXG-Tune FZ-I7G70G-Tune EN-ZG-Tune FZ-I7G70G-Tune HP-ZG-Tune EN-Z-3060Ti-WAG-Tune EN-ZG-Tune FZ-I7G70G-Tune EN-ZLEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-I7G70G-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-I7G70LEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune FZ-A9G90G-Tune PP-ALEVEL-R779-LC139KF-VLX-LG-Tune HP-ZLEVEL-R7X7-LCR77X-VLXLEVEL-R779-LC139-UL1XLEVEL-R7X7-LCR79X-UL1XG-Tune PP-ALEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune HM-A-ALLEVEL-R779-LC139KF-XLXG-Tune EN-ZG-Tune HM-A-ALLEVEL-17FX153-i7-NASXLEVEL-R7X7-LCR79-VLXG-Tune EN-Z-3060Ti-WALEVEL-17FX153-i7-NASX

Live2Dを使ってゲーム配信をする場合、軽いゲームでもGeForce RTX 3060以上、重いゲームであればGeForce RTX 4070 Ti以上も視野に入れなければいけません。

ちゃすく
ちゃすく

パソコン工房の価格帯で言うと、RTX3060搭載PCは15万円以上、RTX4070Ti搭載PCは25万円以上になります

また、Vtube StudioやPCゲームはNVIDIAのGPUへ最適化されることが多く、NVIDIAのRTXシリーズならDLSSとレイトレーシングも使えます。

DLSS (Deep Learning Super Sampling) とは、NVIDIAが提供する画質改善技術の一つ。人工知能を利用することでグラボの負荷を減らし、フレームレートや解像度を改善できる。

レイトレーシングとは、水面やガラスによる光の反射が現実世界へ近くなる設定。レイトレーシングONの場合は、必要になるPCスペックも高くなる。

※レイトレーシングはGeForce RTXシリーズかRadeon RX 6000以降のみ対応

そのため、Live2Dモデルを使った配信の場合は最低でもNVIDIAのGeForce RTX 3060を搭載したゲーミングPCがオススメです。

もちろん、グラボの性能は高ければ高いほど、PCゲームやLive2Dモデルがヌルヌル動くので、グラボの性能は予算ギリギリまで上げることを考えても良いでしょう。

Live2Dの配信スペック:メモリ

Live2Dを使ったゲーム配信の場合、下記のソフトを同時に立ち上げる必要があり、最低でも16GBのメモリが必須です。

  • 配信ソフト(OBSなど)
  • トラッキングソフト(Vtube Studioなど)
  • PCゲームorキャプボ
  • ブラウザソフト(ChromeやEdgeなど)

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。

←ストレージ、メモリ→

複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

最近はChromeやEdgeなどのブラウザソフトがメモリを大量に使用するので、可能であれば32GB以上のメモリも考えた方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

年々、ソフトが使用するメモリ量は増えてるので、あんまり買い替えたく無い場合は32GB以上が良いと思います

マウスコンピューターなどであればオンラインの注文でもメモリの増設が可能なので、16GBのモデルを32GBへアップグレードするのもオススメです。

Live2Dの配信スペック:ストレージ

Live2Dを使ったゲーム配信であればストレージの容量自体は256GBもあれば十分であり、もし足りなくなっても外付けやクラウドストレージで対処しやすいです。

ただし、配信で使うソフトはSSDへインストールしなければ読み込みが遅くなるので、SSDを搭載したモデルがオススメです。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い少し高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

パソコン工房などのゲーミングPCであればSSD搭載が当たり前なので気にする必要はありませんが、家電量販店などでPCを選ぶ場合は注意してください。

Live2Dのライブ配信にオススメのゲーミングPC

Live2Dを使ったライブ配信であれば、Vtuberに必要なPCスペックと同じなので下の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました