本サイトではASP広告を利用しています

AfterEffectsの推奨スペックは?ノートパソコンやGPUを解説

PC&スマホ機材など
この記事がオススメの人
  • AfterEffectsの推奨スペックは?
  • AfterEffectsにオススメのGPUは?
  • AfterEffectsはノートPCでもok?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

After Effectsの推奨スペックは以下の通りであり、エントリークラス以上のゲーミング・クリエイターPCが推奨されています。

項目After Effectsの最低動作スペックAfter Effectsの推奨スペック
OSWindows10(64ビット)
macOS Big Sur v11.0以上
Windows10(64ビット)
macOS Monterey v12.0 以上
CPUIntelまたはAMDの4コアプロセッサ以上
Apple シリコン
IntelまたはAMDの8コアプロセッサ以上
Apple シリコン
メモリ16GB32GB
グラフィックスVRAM2GB以上のGPUVRAM4GB以上のGPU
ストレージ15GB以上64GB以上
モニター解像度1920×10801920×1080以上の表示解像度

新品で購入する場合は15〜20万円程度のPCを用意すれば、スペックが足りないということはないでしょう。

この記事ではPCを選ぶ際の注意点について、解説していきます。

スポンサーリンク

After Effects用PCの選び方と注意点

After Effects用PCを選ぶ際の注意点として示したいのが以下の6点です。

  • メモリは32GB以上推奨
  • グラボは必須
  • CPUはi7以上を選ぶ
  • SSDは1TB以上がオススメ
  • ノートPCよりもデスクトップPC
  • 画面解像度は1280×1080以上

メモリは32GB以上推奨

After Effectsを利用する場合、メモリは32GB以上のPCを選択することがオススメです。

推奨スペックにあるから16GBではなく、32GBでいいだろうと感じた方もいるかもしれません。

しかし、After Effectsは複数のパーツを組み合わせて、動画を編集する性質上、どうしてもメモリ占有率が高くなりやすいです。

そのため、32GBあれば十分なものの、CGアニメーションなどで容量の大きい動画を編集する場合は64GB以上が望ましいです。

また、メモリに余裕があればPhotoshopIllustratorを同時に起動し、素材も調整できます。

グラボはほぼ必須

After Effects用のPCを用意する場合、推奨スペック通り、グラボはほぼ必須と考えるべきです。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

なぜなら、After Effectsの場合はレンダリングやエフェクト処理などをする時にグラボのGPUを使うからです。

しかも、AeはPhotoshopPremiere Proよりもグラボの使用機会が多いため、性能の低いGPUでは動作が重いと感じやすいです。

そのため、趣味レベルの動画編集であれば低価格帯グラボでありながらVRAM12GBのNVIDIA GeForce RTX 3060が良いでしょう。

一方、プロおよびセミプロレベルの動画編集をする場合はNVIDIA GeForce RTX 3080以上がオススメです。

CPUはハイエンド以上がオススメ

推奨スペック記載の通り、After Effectsは8コア以上のCPUが必要なので、Intel Core i7や最新のCore i5などが推奨されています。

ただし、Adobe内のafter effectsの推奨スペックについて、以下の記述があります。

最初は 8 コアまたは 12 コアの CPU を使用するのがよいでしょう。

引用元:Adobe公式サイト

上記はエントリーとして8コア(大半のi7)、快適に動かしたいなら12コア以上のCore i9やCore i7 13700などの性能が必要と解釈できます。

そのため、4Kのような高解像度の動画を快適に編集したい場合はIntel Core i9相当のCPUを用意するのがオススメです。

SSDは1TB以上がオススメ

After Effectsのインストール容量自体は15GB程度です。

しかし、動画編集で重い処理を行う際はSSD内に一時保存することが多いため、極端に空き容量が少ないと処理がカクつきます。

そのため、最低限の一時データ保存領域として、64GBは余裕を持っておくことが推奨されています。

ただし、これは編集を行うための最低限の一時保存領域です。

編集前の動画や効果音等の素材、完成した動画を保存したりする領域を考えると、1TB以上をオススメしたいです。

ノートPCよりもデスクトップPC

After EffectsはCPUやグラボに強い負荷のかかるソフトであり、負荷が強い処理を行うとCPUやグラボは発熱し、処理能力が落ちます。

また、処理能力が落ちるほどの発熱した状態で処理を続ければ、PC自体の寿命を縮める恐れもあります。

そのため、After Effects用PCを選ぶ際、冷却性能は無視できない要素となります。

冷却能力とコスパで考えた場合、基本的にはノートPCよりもデスクトップPCがオススメです。

出かけた先で作業するために検討している場合はPCクーラーなど、ノートPCの発熱対策をしておくのもいいでしょう。

モニターの画面解像度は4K以上がオススメ

After Effectsというより動画編集を行うためにモニターを購入するなら4K以上がオススメです。

After Effectsの推奨スペックではフルHD画質相当の1920×1080が挙げられています。

そのため、個人の動画編集でAfter Effectsを使用するならフルHDで困ることは少ないでしょう。

しかし、動画編集を業として行うのであれば、4K画質が指定されるケースも多いです。

実際、ココナラクラウドワークスでも、特に高単価案件は4K納品が増えています。

そのため、仕上がり確認を厳密に行う必要のある動画編集業の場合は4K画質のモニターを用意するのがオススメです。

After EffectsにオススメのPC5選

ここからはAfter EffectsにオススメのPCを紹介していきます。

パソコン工房 SENSE-15FH123-i5-UXSX

After EffectsにオススメのPC1つ目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FH123-i5-UXSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH123-i5-UXSXの価格は106,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目SENSE-15FH123-i5-UXSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i5 1335U(10コア12スレッド)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
特徴
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 10コア12スレッドのCPUなので、マルチタスク性能も高い
  • グラボ非搭載だが、Iris Xe Graphicsによって3D描画も可能
  • 16GBのメモリにより、After Effects単体なら使える

マウスコンピューター DAIV S4-I7G60CB-B

After EffectsにオススメのPC2つ目は、マウスコンピューターのノートPC「DAIV S4-I7G60CB-B」です。

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV S4-I7G60CB-B
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7-13700H(14コア20スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格209,800円
特徴
  • グラボにRTX3060の後継モデル「RTX4060 Laptop」を採用
  • 14コア20スレッドと32GBメモリでモデリングや動画編集にも使える
  • 1TBのSSDなのでPCの起動が早く、フルHD動画で約166時間分を保存できる
  • サイズが323.9×225×22mmであり、持ち運びしやすいコンパクトモデル

パソコン工房 SENSE-MWP5-R57X-RBX

After EffectsにオススメのクリエイターPC3台目は、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-MWP5-R57X-RBX」です。

引用元:パソコン工房

SENSE-MWP5-R57X-RBXの価格は139,800円であり、エントリーモデルのクリエイターPCになります。

項目SENSE-MWP5-R57X-RBX
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 5700X(8コア16スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
特徴
  • グラボにRTX3060を搭載し、映像編集や3D描画にも使える性能
  • After Effectsの推奨スペックを満たしたAMDのCPU
  • Apexや原神であればゲーム配信もできるPCスペック
  • コスパが高く、性能を上げたい時もCPUやグラボの交換が簡単

マウスコンピューター DAIV FX-I7G60

After EffectsにオススメのクリエイターPC4台目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7G60」です。

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-I7G60
 OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格269,800円
特徴
  • CPUが16コア24スレッドなので基本性能が高く、プログラミングやマルチタスクにオススメ
  • CPUがIntel、グラボがNVIDIAなので、AdobeやOffice系ソフトとも相性◎
  • 12GBビデオメモリのRTX3060により、VRやゲーム、映像編集にも利用できる
  • 高速通信可能なWi-Fi6とBluetooth5へ対応し、もちろん有線LANも可能

マウスコンピューター DAIV FX-I7G80

After EffectsにオススメのクリエイターPC5台目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7G80」です。

出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-I7G80の価格は479,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目DAIV FX-I7G80
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 4080
ストレージSSD:2TB
特徴
  • 30分の4K動画をたった8分でエンコードできるRTX4080を搭載
  • 16コア24スレッドのCPUにより、After Effectsも快適
  • メモリが32GBなのでCG編集も可能(注文時に増設も可能)
  • 2TBのストレージによってフルHDなら300時間以上保存できる
タイトルとURLをコピーしました