本サイトではASP広告を利用しています

株取引用おすすめ安いノートパソコン7選!初心者向けや推奨スペックをプロ解説

ノートパソコン
この記事がオススメな人
  • ノートパソコンで株取引したい
  • 株にオススメのノートPCは?
  • 安くてオススメのノートPCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では株取引におすすめの安いノートパソコンを紹介しています。

株取引に最適なPCパーツの選び方や注意点なども解説しているので、PCスペックがよくわからない場合は参考にしてください。

スポンサーリンク
ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

スポンサーリンク

株取引の推奨ノートパソコンスペック

株取引を行うためには、安定したインターネット接続と高性能なノートパソコンが必要です。

特に、リアルタイムの株価情報を表示するためのグラフィック性能や、複数のアプリケーションを同時に使用するためのメモリが重要です。

以下に、株取引に必要な動作スペックと推奨スペックを示します。

株取引の必要動作スペック

項目スペック
OSWindows 10, 11 (64-bit)
CPUIntel Core i3 以上
メモリ8GB 以上
ストレージ128GB SSD
グラフィックス内蔵グラフィックス
ネットワーク高速インターネット接続(光ファイバー推奨)
ディスプレイ15インチ以上、解像度 1920×1080

株取引プラットフォームや取引ソフトはリアルタイムのデータ処理が必要なので、ノートパソコンには複数のスレッドでデータを迅速に処理する能力が求められます。

直近5年以内に発売されたIntelのCore i3相当以上のCPUを搭載したノートパソコンであれば十分なスレッド数があるため、株取引を行えるスペックがあります。

ただし、上記のスペックだけでは株取引のツールやソフトによっては重くなりやすいため、次で紹介する推奨スペックを満たすことがオススメです。

株取引の推奨スペック

項目スペック
OSWindows 10, 11 (64-bit)
CPUIntel Core i5 以上
メモリ16GB 以上
ストレージ256GB SSD
グラフィックス内蔵グラフィックスまたはNVIDIA GeForce GTX 1650 以上
ネットワーク高速インターネット接続(光ファイバー推奨)
ディスプレイ15インチ以上、解像度 1920×1080

高負荷の取引やデータ解析を行う場合はより多くのコアとスレッドを持つCPUが必要であり、直近5年以内に発売されたCore i5相当以上のCPUであれば十分なスペックがあります。

また、複数モニターで株取引をしたい場合はグラフィク性能へ負担がかかるため、GeForce GTX 1650などのグラフィックボード搭載ノートPCがオススメです。

スポンサーリンク

株取引におすすめの安いノートパソコン7選

株取引におすすめの安いノートパソコンには下記があるため、詳しい内容を解説していきます。

マウスコンピューター mouse B5-A5A01IS-C

株取引におすすめの安いノートパソコン1台目は、マウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-C」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse B5-A5A01IS-Cの具体的なパソコンスペックは下表の通りであり、株取引に最適なスペックを備えたコストパフォーマンスの高いモデルです。

項目スペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 5625U
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
価格約79,800円

高性能なAMD Ryzen CPUと高速読み込みが可能なSSDを搭載しており、スムーズな株取引をサポートできるノートパソコンです。

特徴
  • リーズナブルな価格でありながら、高い性能
  • 文章作成や軽いグラフィックス処理などの幅広い用途に対応
  • 3年間のセンドバック保証と24時間365日の電話サポート
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

8万円以下で購入できるノートパソコンの中ではコスパに優れており、分割払いを利用すれば毎月の支払額を安くできる点も魅力的です。

パソコン工房 SENSE-15FH111-N-UCEX-CSP

株取引におすすめの安いノートパソコン2台目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FH111-N-UCEX-CSP」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH111-N-UCEX-CSPの価格は79,800円であり、ネット証券で売買するのに十分なスペックがあります。

項目SENSE-15FH111-N-UCEX-CSP
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Processor N100
グラフィックスUHD Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB
価格79,800円

CPUへミニPCで人気なIntel N100を搭載しており、株取引を含め、レポート作成やオンラインミーティングを快適に行えるスペックです。

特徴
  • 株取引やOfficeへ余裕で使えるスペック
  • リーズナブルな価格でありながら、高い性能
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 512GBの大容量ストレージ
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

WebカメラやUSB Type-Cコネクタを標準搭載しているので、プロジェクターや外付けストレージと接続する際も簡単です。

ASUS Vivobook 15X K3504VA

株取引におすすめの安いノートパソコン3台目は、ASUSの「Vivobook 15X K3504VA」です。

出典元:ASUS公式サイト

Vivobook 15X K3504VAは軽量で持ち運びやすいノートパソコンでありながら、下表のようにハイスペックな性能を持っています。

項目スペック
OSWindows 10 Home
CPUIntel Core i5-1340P
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
価格99,800円
特徴
  • Intel13世代ミドルレンジCPUで処理性能が高い
  • Iris Xe Graphicsで軽度のゲームやグラフィック処理に対応
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • USB 3.2 Gen 1 Type-C、USB 3.2 Gen 1 Type-A、USB 2.0 Type-A、HDMI、オーディオジャック付き
ちゃすく
ちゃすく

別途モニターを用意すればデュアルディスプレイにできます

WPS Office2が無料で付属するので、簡単なデータまとめや文章作成をしたい場合は特にオススメのモデルです。

パソコン工房 STYLE-15FH127-i5-UH5X

株取引におすすめの安いノートパソコン4台目は、パソコン工房の「STYLE-15FH127-i5-UH5X」です。

パソコン工房:SENSE-15FX152-i7-NASX
出典元:パソコン工房

パソコン工房の「STYLE-15FH127-i5-UH5X」は、高性能でコストパフォーマンスに優れたノートパソコンです。

項目スペック
OSWindows 10 Home
CPUIntel Core i5 12450H
グラフィックスIntel UHD Graphics
メモリ32GB
ストレージ512GB SSD
価格約104,800円
特徴
  • Intel12世代ミドルレンジCPUで処理性能が高い
  • 32GBの大容量メモリで競馬ソフトやライブ配信ソフトを同時起動しても動作が軽い
  • 15.6インチの大きめディスプレイ
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

32GBのメモリを搭載していながら10万円台で購入できるため、複数のソフトやタブを使いながら価格を抑えたい人にオススメのノートPCです。

ASUS TUF Gaming A15 FA506NC

株取引におすすめの安いノートパソコン5台目は、ASUSのゲーミングノートパソコン「TUF Gaming A15 FA506NC」です。

TUF Gaming A15 FA506NCの価格は129,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目TUF Gaming A15 FA506NC
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
メモリ16GB(増設注文可能)
ストレージSSD:512GB
価格129,800円

グラフィックボードを搭載しており、複数の画面出力にも対応できるゲーミングクラスのノートパソコンです。

特徴
  • VRAM4GBのRTX3050 Laptopを搭載
    →高いグラフィックス性能でデイトレに最適
  • 6コア12スレッドCPUでPCゲームにも使える性能
  • Xbox Game Pass Ultimate (3ヶ月利用権)が無料付属
  • 92万画素Webカメラとマイク内蔵
  • 15,6インチの大きめディスプレイ&144Hz

ASUS Vivobook 16X K3605ZU

株取引におすすめの安いノートパソコン6台目は、ASUSのゲーミングノートパソコン「Vivobook 16X K3605ZU」です。

Vivobook 16X K3605ZUの価格は159,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目Vivobook 16X K3605ZU
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-12450H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050 Laptop
メモリ16GB(増設注文可能)
ストレージSSD:512GB
価格159,800円

最新のエントリー向けグラフィックボード「RTX4050 Laptop」を採用しており、MHWの推奨グラフィックスを余裕で上回る性能があります。

特徴
  • VRAM6GBのRTX4050 Laptopを搭載
    →高いグラフィックス性能でデイトレに最適
  • 8コア12スレッドCPUでPCゲームやゲーム配信も
  • WPS Office 2付き
  • 92万画素Webカメラとマイク内蔵
  • 16インチの大画面ディスプレイ&120Hz
  • Windows Helloの指紋認証対応

家電量販店だと16万円以内でRTX4050 Laptopを搭載したノートパソコンを購入できないため、破格の安さと言えます。

マウスコンピューター NEXTGEAR J6-A7G60GN-A

株取引におすすめの安いノートパソコン7台目は、マウスコンピューターのノートPC「NEXTGEAR J6-A7G60GN-A」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR J6-A7G60GN-Aはマウスコンピューターのウェブ限定ゲーミングノートパソコンであり、パソコンスペックは下表の通りです。

項目スペック
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージ512GB SSD
価格179,800円
特徴
  • VRAM8GBのRTX4060 Laptopを搭載
    →大規模演算ソフトも快適に動作
  • 8コア16スレッドCPUでPCゲームやゲーム開発にも使えるほどの性能
  • 100万画素Webカメラとマイク内蔵
  • 16インチの大画面ディスプレイ&165Hz
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能(分割手数料0円)

株取引だけだとオーバーになりがちなスペックですが、株に関する動画投稿やライブ配信もできるスペックなので活動の幅を広げたい場合はオススメです。

株取引用ノートパソコンの選び方

株取引におすすめのノートパソコンを選ぶ時の方法や注意点を各PCパーツごとに解説していきます。

選び方1:OS

楽天証券やSBI証券などのネット証券のみを利用する場合であればどのOSでもよいですが、ほん核的な株取引に最適なOSはWindowsです。

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。
PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。
OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。

ちゃすく
ちゃすく

よく使われるのはWindows↓

ほとんどの株取引ソフトやツールはWindowsで動作するため、互換性の問題を避けるためにもWindowsを選びましょう。

選び方2:CPU

株取引用ノートパソコンを選ぶ場合。CPUはIntel Core i5以上またはAMD Ryzen 5以上を選ぶと良いでしょう。

CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。
人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。
高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。
PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
CPU製造で有名なメーカーは「Intel」と「AMD」。

Core i5やRyzen 5などのミドルレンジCPUであれば幅広い用途に対応でき、株取引で使われる多くのツールやソフトを動かせる性能があります。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途や
できること
3Dゲーム開発
VRゲーム
PCゲーム
プログラミング
動画編集
軽量なPCゲーム
動画視聴
文章作成
ネットサーフィン
軽量なSNSの閲覧
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

特に直近5年以内に発売されたミドルレンジ以上のCPUであればゲームをプレイできるほどのスペックがあるため、株取引でCPUの能力不足になることはないでしょう。

スポンサーリンク
ASUS 公式オンラインストア「ASUS Store Online」

選び方3:グラフィックス

株取引はCPU内蔵グラフィックスでも問題ありませんが、NVIDIA GeForceやAMD Radeonのグラフィックボードを搭載したモデルを選ぶとより快適に株取引を行えます。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品(GPU)が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

ちゃすく
ちゃすく

PCゲームやライブ配信で映像を処理するために使われるPCパーツです。
でも、価格が高いので一般的なパソコンには搭載されてません。

グラフィックボードを搭載していればノートパソコンのグラフィック処理性能が上がるため、デイトレを本格的に行う場合はオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

グラボがればパソコンのフレームレートを上げられるので、より快適に売買できます

また、ノートパソコンをデュアルモニター化する際にもグラフィックスへ負担がかかるため、デイトレやデュアルモニター化を考えている場合はグラボ搭載ノートパソコンがよいでしょう。

下記のノートパソコンであればグラフィックボードを搭載しており、価格も安いのでオススメです。

選び方4:メモリ

株取引用ノートパソコンの場合、メモリは最低でも8GB、できれば16GB以上を選ぶと複数のアプリケーションを同時に使用しても快適に動作します。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

アプリやダウンロードファイルを保存する「ストレージ」とは別物なので注意

←ストレージ、メモリ→

ノートパソコンのメモリが不足すると下記のような問題が起きるため、メモリ不足は深刻な問題になります。

  • パソコンやソフトが急に落ちる
  • ソフトの動作が重たい
  • ソフトを起動してもエラーが出る

最近はGoogleChromeやMicrosoft Edgeなどでもメモリをたくさん使うようになっているので、予算があれば16GB以上のメモリがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

8GBのメモリでもパソコンやソフトは動くけど、ソフトの機能が増えるたびに使用するメモリが増えるので買い替え頻度が高くなります

スポンサーリンク

選び方5:ストレージ

株取引のノートパソコンを購入する際は、メインストレージにSSDを採用したモデルがオススメです。

ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。
ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。
HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

SSDはHDDに比べて読み書き速度が速く、パソコン全体の動作が快適になります。

あまりデータを保存しない場合であれば256GBのSSDでも十分ですが、取引データなどを保存したい場合は500GB以上がオススメです。

株取引におすすめの安いノートパソコン7選」では500GB以上のSSDを搭載したノートパソコンを中心に紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

株取引用ノートPCのよくある質問

Q
株取引に最適なノートパソコンのスペックは?
A

推奨スペックとして、Intel Core i5以上のCPU、16GB以上のメモリ、256GB以上のSSD、NVIDIA GeForceまたはAMD Radeonのグラフィックスを搭載したモデルがおすすめです。

cHasLogの「株取引におすすめの安いノートパソコン7選」では株取引に適したノートパソコンを紹介しているので是非参考にしてください。

Q
株取引におすすめの安いノートパソコンは?
A

マウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-C」やASUSの「Vivobook 15X K3504VA」など、高性能かつコストパフォーマンスの高いモデルがおすすめです。

Q
株取引に必要なインターネット環境は?
A
Q
ノートパソコンで株取引を行う際の注意点は?
A

株取引はリアルタイムでの情報収集が重要なため、高速なネットワーク接続と高性能なPCが必要です。

また、バッテリー切れを防ぐために、常に電源を確保するようにしましょう。

スポンサーリンク

Q
株取引用のソフトウェアに互換性のあるOSは?
A

多くの株取引ソフトウェアはWindowsに対応しています。

Macを使用する場合は、互換性を確認する必要がありますが、Windows環境をエミュレートするソフトウェアを利用することも可能です。

Parallels DesktopであればMac内に仮想のWindows環境を構築できるため、Macを使っている場合は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました