本サイトではASP広告を利用しています

Surfaceでクリスタは使える?買い切りや重い評判を解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • Surfaceでクリスタを使いたい
  • クリスタ買い切り版が欲しい
  • Surfaceでクリスタは重いの?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、MicrosoftのSurfaceシリーズCLIP STUDIO PAINTへ対応しており、買い切り版とサブスク版の両方を利用できます。

Surface Proはタッチディスプレイ仕様なので、タブレットのように直接描き込みたい場合はオススメの商品です。

スポンサーリンク

Surfaceでクリスタは使える?

SurfaceシリーズはMicrosoftが販売しているWindows搭載PCであり、CLIP STUDIO PAINTも問題なく利用できます。

CLIP STUDIO PAINT PRO」と「CLIP STUDIO PAINT EX」の両方へ対応していますし、支払い方法も「買い切り」と「サブスク」の2種類を選べます。

プラン・端末Windows/MacWindows/Mac/iPad/iPhone
/Galaxy/Android/Chromebook
iPhone/Galaxy/Androidのみ
CLIP STUDIO PAINT PRO買い切り:5,000円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額100円
サブスク:年額700円
CLIP STUDIO PAINT EX買い切り:23,000円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額300円
サブスク:年額2,000円

ただし、下記のような不安点もあると思うので、詳しい内容を解説していきます。

  • タブレット型のSurfaceは買い切りに対応?
  • Surfaceでクリスタを起動すると、重い?
  • パッケージ版クリスタはインストール可能?

タブレット型のSurfaceは買い切りに対応?

結論から言うと、タブレット型のSurfaceである「Surface Proシリーズ」もCLIP STUDIO PAINTの買い切り版へ対応しています。

CLIP STUDIO PAINTの買い切り版へ対応していないタブレットはOSがiOSかChromeOSの場合であり、Windowsを搭載していればタブレット型の端末でも買い切り版をインストールできます。

ちゃすく
ちゃすく

Windowsでもサブスク型を選択することはできます

iPadだとサブスクで料金を支払い続ける必要があるため、長期的にCLIP STUDIO PAINTを使いたい場合はSurface Proがオススメです。

Surfaceでクリスタを起動すると、重い?

最新のSurface Proは初期カスタムでもCLIP STUDIO PAINTの推奨スペックを上回っており、実際に比較した結果が下表です。

推奨スペックSurface Pro 9CLIP STUDIO PAINT比較内容
OSWindows11 Home 64ビットWindows 8.1、10、11(各64bit)Surfaceは最新のWindowsなので問題なし
CPUIntel Core i5-1235USSE2に対応したIntel、AMD製CPU2001年以降のCPUなので対応
SurfaceのCPUは十分すぎる性能
グラフィックスIntel Iris Xe グラフィックスOpenGL 2.1に対応したGPUOpenGL 2.1へ対応
Iris Xe グラフィックスはグラボ並の性能
メモリ8GB2GB以上のメモリ必須
8GB以上推奨
メモリは多いほど、クリスタが重くなりにくい
Surfaceは8GB以上へ増設可能
ストレージSSD:128GB3GB以上Surfaceは128GB以上へ増設可能
出典元:CLIP STUDIO PAINT

全ての項目で推奨値を超えており、初期カスタムであっても「クリスタが重すぎる!」と感じることは少ないです。

しかも、Microsoft公式サイトであれば注文時にCPUやメモリの性能をさらに引き上げられるので、長期的に使いたい場合は性能を上げておくと良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

クリスタ用ならCPUを「Core i5」→「Core i7」、メモリを「8GB」→「16GB」へ上げたい

特にメモリは不足するとPCが露骨に重くなるので、クリスタの場合でも16GB以上で注文しておくことがオススメです。

パッケージ版クリスタはインストール可能?

Surfaceシリーズはディスクドライブを搭載していないので、パッケージ版クリスタで配布されているディスクからインストールできません。

一応、パッケージ版に記載されているシリアルナンバーを使えば認証はできますが、ソフト自体はCLIP STUDIO PAINT公式サイトからインストールする必要があります。

そのため、SurfaceへCLIP STUDIO PAINTをインストールする場合は公式サイトで買い切り版やサブスク版を購入する方法がオススメです。

クリスタにオススメのSurfaceは?

Surfaceは下記のシリーズを展開しており、CLIP STUDIO PAINTへオススメできるシリーズは「Surface Pro」です。

各シリーズの特徴やスペックを解説するので、クリスタ用のSurfaceが欲しい場合は参考にしてください。

Surface Go:クリスタへ非推奨

MicrosoftのSurface Goシリーズは低価格帯のモデルであり、クリスタにはあまりオススメできないPCスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

Goシリーズはタブレット型と普通のノート型の両方があるので、注意

例えば、最新モデルのSurface Go3は下記のスペックであり、CPUには超ローエンドモデルのPentiumを搭載しています。

項目Surface Go3
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Pentium Gold 6500Y
グラフィックスIntel UHD グラフィックス 615
メモリ4GB
ストレージeMMCドライブ:64GB

クリスタやPhotoshopなどでは最低でもローエンド以上のCPUが必要なので、Surface Goではクリスタが重くなります。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

メモリやストレージも小さいので、CLIP STUDIO PAINT用にPCを購入する場合は他のモデルがオススメです。

Surface Pro:クリスタへ推奨

Surface ProシリーズはWindowsを搭載したタブレット型PCのシリーズであり、スマホやタブレットのようにタッチ操作も可能なPCです。

前章でも解説した通り、Surface ProシリーズはCLIP STUDIO PAINTの推奨スペックも満たしているので、クリスタを使える性能です。

推奨スペックSurface Pro 9CLIP STUDIO PAINT
OSWindows11 Home 64ビットWindows 8.1、10、11(各64bit)
CPUIntel Core i5-1235USSE2に対応したIntel、AMD製CPU
グラフィックスIntel Iris Xe グラフィックスOpenGL 2.1に対応したGPU
メモリ8GB2GB以上のメモリ必須
8GB以上推奨
ストレージSSD:128GB3GB以上
出典元:CLIP STUDIO PAINT

タッチディスプレイと高性能を両立したシリーズなので、液タブとしても利用できるPCが欲しい場合はSurface Proがオススメです。

Surface Laptop:好みによる

Surface Laptopシリーズは一般的なWindows搭載ノートPCであり、タッチ操作ができない分、Proシリーズよりも割安で購入できます。

Laptopシリーズで最新モデルのSurface Laptop 5はSurface Pro 9と全く同じPCスペックなので、クリスタも動作します。

ただし、普通のノートPCであればマウスコンピューターパソコン工房の方がコスパが高く、Surfaceでクリスタを使うメリットが小さいです。

MicrosoftやSurfaceへ思い入れがある場合はSurface Laptopシリーズも良いですが、特に理由が無い場合は他のPCメーカーでも良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました