本サイトではASP広告を利用しています

Canvaに必要なパソコンスペックは?オススメPCを解説

PCを使ってる時に親フラソフト・アプリ
この記事がオススメな人
  • CanvaはどんなPCでも使えるの?
  • Canvaに必要なPCスペックは?
  • Canvaを快適に使えるPCが欲しい!

はじめまして。ブログ運営とYouTubeへの動画投稿をしている「ちゃすく」です。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、Canvaの推奨パソコンスペックは非常に低く、現在販売されている新品のPCはほとんど推奨スペックを超えています。

もしCanva用のパソコンを導入したい場合はクリエイター向けPCを販売している「パソコン工房」か「マウスコンピューター」がオススメです。

[itemlink post_id=”13148″]

[itemlink post_id=”13140″]

スポンサーリンク

Canvaに必要なパソコンスペックは?

Canvaの公式サイトでは下表が推奨PCスペックとして公開されており、現在の新品PCなら大抵満たしています。

項目Canvaの推奨PCスペック
OSWindows10以上、macOS 10.14以上
CPUWindows:デュアルコア 1GHz以上
macOS:64ビットのIntel製CPUまたはApple M1以上
メモリ1GB以上(4GB以上を推奨)
ストレージ1GB以上
使用ブラウザGoogle Chrome、バージョン57以上
Mozilla Firefox、バージョン52以上
Apple Safari、バージョン12以上
Microsoft Edge、バージョン89以上
Opera、バージョン44以上

ただし、パソコンスペックの見方を知らない方は上表を見ても分かりづらいと思うので、詳しい内容を解説します。

Canvaパソコンスペック:OS

Canvaでは「Windows10以上」か「macOS 10.14以上」のOSが推奨されています。

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。

ちゃすく
ちゃすく

よく使われるのはWindows↓

Windows11の設定バー

現在、市販されているWindows搭載PCやMacシリーズは「Windows10以上」または「macOS 10.14以上」が当たり前なので、あまり気にする必要はありません。

一方で、古いPCを使っている場合は「Windows8」などで止まっている場合があり、その際は下記などの対処が必要です。

パソコン工房のクリエイター向けPCブランド「SENSE」であれば Windows10以上を搭載しており、ノート・デスクトップから幅広いPCを選べます。

パソコン工房:SENSEシリーズ、クリエイター向けPC
出典元:パソコン工房

[itemlink post_id=”13148″]

Canvaパソコンスペック:CPU

Canvaでは下表のCPUスペックが推奨されており、2017年以降に発売されたWindows搭載PCやMacなら満たしています。

項目Canvaの推奨PCスペック
CPUWindows:デュアルコア 1GHz以上
macOS:64ビットのIntel製CPUまたはApple M1以上

CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
CPU製造で有名なメーカーは「Intel」と「AMD」。

ただし、CPUの性能は高ければ高いほど、PC全体のパフォーマンスが向上するので推奨スペック以上のCPUを搭載するメリットはあります。

CPUの性能が高いと…
  • 画像の出力やダウンロードが高速になる
  • 同時に複数のソフトを立ち上げ可能
  • 動画編集やプログラミングもできる

IntelかAMDのミドルレンジ以上のCPUであればCanvaだけでなく、Officeや動画編集にも使えるスペックなのでオススメです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンドローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

マウスコンピューターのクリエイターPC「DAIV」であれば、ノートとデスクトップでミドルレンジ以上のCPUを搭載しているのでCanvaにもオススメです。

[itemlink post_id=”13140″]

Canvaパソコンスペック:メモリ

Canvaの推奨メモリは1GB以上となっており、現在の新品PCは8GB以上が当たり前なので余裕で満たしています。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ストレージ、メモリ

元々、ブラウザ上で画像を編集するCanvaはあまりメモリを使用しませんが、下記の場合は絶対に4GB以上のメモリを用意するべきでしょう。

  • Canvaで動画も編集したい
  • YouTubeを見ながらデザイン編集
  • ExcelとCanvaを同時に使いたい

パソコン工房のSENSEシリーズではノートPCでも8GB以上のメモリが当たり前なので、パソコンスペックがよく分からない場合はオススメです。

[itemlink post_id=”13148″]

Canvaパソコンスペック:ストレージ

Canvaはブラウザ上での動作が基本なので推奨ストレージは1GB程度であり、過去10年以内に発売されたPCなら満たしています。

ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

ただし、ストレージの種類を選ぶ際は「HDD」よりも「SSD」を選ぶことをオススメします。

最新のSSDである「M.2 SSD」はHDDより50倍以上も転送速度が大きく、パソコンの読込速度にも影響を与えます。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

Canva使用時にパソコンの読込が遅ければイライラするので、PCを導入する場合はSSD搭載がベストです。

もちろん、マウスコンピューターのDAIVシリーズはSSDを搭載しているので、読込速度が気になる場合はオススメです。

[itemlink post_id=”13140″]

Canvaパソコンスペック:使用ブラウザ

Canvaでは下表のブラウザが推奨されていますが、私が確認した「Brave」もCanvaを普通に使用できました。

項目Canvaの推奨PCスペック
使用ブラウザGoogle Chrome、バージョン57以上
Mozilla Firefox、バージョン52以上
Apple Safari、バージョン12以上
Microsoft Edge、バージョン89以上
Opera、バージョン44以上

正直、ブラウザはパソコンスペックに関係ありませんが、一々インストールすることが面倒な場合はOSで決めると良いでしょう。

  • Microsoft Edge:Windowsに標準搭載
  • Apple Safari:macOSに標準搭載

Canvaにオススメのパソコン5選【スペック】

ここからはCanvaにオススメのパソコンを紹介していきます。

マウスコンピューター mouse B5-A5A01IS-B

CanvaにオススメのPC1台目は、マウスコンピューターのノートPC「mouse B5-A5A01IS-B」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse B5-A5A01IS-Bの価格は89,800円であり、Canvaの推奨スペックも満たしています。

項目mouse B5-A5A01IS-B
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 5560U
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
メモリ8GB
ストレージSSD:256GB

ミドルレンジのRyzen5とSSDを採用しており、Canvaや事務作業程度であれば読み込みが速く、快適な作業が可能です。

フル充電なら12時間以上も使えるバッテリー容量なので、移動が多い大学生や外回りの仕事にもオススメできるPCです。

ちゃすく
ちゃすく

USB差込口の数などは公式サイトの詳細画像をチェック!

[itemlink post_id=”13129″]

マウスコンピューター mouse B5-I7I01SR-A

Canvaの推奨パソコンスペックを2台目のPCは、マウスコンピューターのノートPC「mouse B5-I7I01SR-A」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse B5-I7I01SR-Aの価格は109,800円であり、Canvaの推奨パソコンスペックを上回っています。

項目mouse B5-I7I01SR-A
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-1195G7
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

CPUにIntelのハイエンドを採用しており、CanvaやPhotoshopなどのデザインツールを快適に扱えるクリエイターPCです。

16GBのメモリによってYouTubeを見ながらでもCanvaで編集ができ、M.2 SSDなのでPCの起動も早いです。

ちゃすく
ちゃすく

10万円台のノートPCでは最コスパ!

[itemlink post_id=”16745″]

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

Canvaの推奨パソコンスペックを満たした3台目のPCは、マウスコンピューターのノートPC「DAIV R4-I7G50WT-A」です。

出典元:マウスコンピューター

DAIV R4-I7G50WT-Aの価格は159,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12650H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのハイエンドCPUを搭載しており、WordPressでブログを書きながらCanvaで画像を作成しても快適に動きます。

マルチスレッドのプログラミングにも対応できるので、個人クリエイターであれば十分なスペックのPCです。

ちゃすく
ちゃすく

軽量なPCゲームもプレイできます

[itemlink post_id=”15807″]

パソコン工房 SENSE-M0P5-R55G-EZXH

Canvaの推奨スペックを満たした4台目のPCは、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-M0P5-R55G-EZXH」です。

出典元:パソコン工房

SENSE-M0P5-R55G-EZXHの価格は99980円であり、低価格帯のクリエイターPCになります。

項目SENSE-M0P5-R55G-EZXH
OSWindows 10 Home
CPUAMD Ryzen 5 5600G
グラフィックスAMD Radeon Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB、HDD:2TB

PCゲームをプレイする場合はスペック不足ですが、Canvaや10分程度の動画編集であれば十分快適に使えるスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

ノートPCより排熱性能が高いので、長時間利用も可能

ストレージが2.5TBの大容量なので、Canvaで作ったプレゼンやデザインを大量に保存したい人にもオススメです。

[itemlink post_id=”13244″]

マウスコンピューター NEXTGEAR JG-A5G6T

CanvaにオススメのPC5台目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「NEXTGEAR JG-A5G6T」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A5G6Tの価格は124,800円であり、エントリークラスのゲーミングPCになります。

項目NEXTGEAR JG-A5G6T
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060Ti
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

グラフィックスへRTX3060Tiを採用しており、Canva上でも動画編集が快適にでき、PCゲームのプレイも可能になります。

Canvaのみであれば過剰なスペックですが、CLIP STUDIO PAINTPhotoshopも使うならオススメのPCです。

[itemlink post_id=”13047″]

タイトルとURLをコピーしました