本サイトではASP広告を利用しています

Windows11でApexがカクつく?重い原因4選やオススメPCを解説

パソコン

この記事は下記の悩みや考えを持つ人にオススメです

  • Apexがラグい原因は?
  • Apexの動作が重い…
  • ApexにオススメのPCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではApexでPCが重くなる原因と解決法を紹介します。

スポンサーリンク

Windows11でApexがカクつく?

結論だけ先に言うと、2022年9月にはWindows11側の不具合によりApexを含むゲームのFPSが下がる現象が起きていました。

しかし、現在では不具合が修正されており、Windows11によるゲームパフォーマンスの低下は報告されていません。

そのため、Windows11へアップデートしたことでApexが重くなった場合は下記などの原因が考えられます。

  • Windows11はWindows10よりメモリやCPUの使用率が大きいので、PCのスペックが足りない状態にある
  • Windows11へアップデートしたことで、バックグラウンドで動作するソフトが増えた

Windows11自体による不具合は既に修正されているので、自身のPCスペックやソフトを確認しながら原因を探してください。

ApexでPCが重い原因4選と解決法

ApexでPCが重くなる原因には下記があり、基本的にはネット回線かPCスペックが原因として多いです。

  1. Apexの同時接続者が多い
  2. インターネット回線が遅い
  3. Apexのグラフィック設定が高い
  4. PCスペックが足りていない
ちゃすく
ちゃすく

上記原因の詳細と解決法を紹介します

原因1:Apexの同時接続者が多い

Apexに限らず、オンラインでのPvPやパーティープレイがあるゲームは同時接続者が多いと処理がモタつく場合があります。

実際に起こりそうなところだと、Apexのシーズン更新やアップデートの直後が該当します。

これらはApex側のサーバー問題なので、ユーザー側での対処はできません。

原因2:インターネット回線が遅い

Apexの動作が重たい場合、インターネット回線が遅いことも原因として考えられます。

ネット回線が遅い場合、マッチング時や設置物の多いエリアで大容量通信が発生するとApexがラグくなります。

特に、無線接続でApexをプレイしていると重くなりやすいので、まずは下記を確認して変えてみてください。

確認してほしい項目詳細
Wi-Fiルーターとの間に厚い壁や棚がある特に金属系の遮断物がある場合はWi-Fiが通りにくいので注意。
Wi-Fiルーターから距離が遠い遠いほどWi-Fiが弱くなるので、出来るだけ近い方が良い。
距離がある場合は有線LANケーブルの導入もオススメ。
Wi-Fi接続に2.4GHzを使用しているオンラインゲームなどの大容量通信時は5GHzが推奨されています。

もしも上記の項目を変えにくい場合は有線LANケーブルなどの導入がオススメです。

原因3:Apexのグラフィック設定が高い

Apexのグラフィック設定が高いと、PCへの負荷が大きくなるのでプレイ中も重くなりやすいです。

FPSではフレームレートが1番重要なので、最低限の解像度を確保したらフレームレート優先で設定した方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

モデルディティールも可能なら高い設定にしたい…

もしApexで最適なグラフィック設定が分からない場合は下表を参考にして、設定を調整してみてください。

Apexの設定項目画面モード縦横比解像度明るさ視界スプリント時の視点の揺れ垂直同期解像度適応の目標fpsアンチエイリアステクスチャストリーミング割り当てテクスチャフィルタリングアンビエントオクルージョン品質サンシャドウ範囲サンシャドウディテール
スポットシャドウディテール
空間光ダイナミックスポットシャドウモデルディテールエフェクトディテール衝撃マークラグドール
推奨設定フルスクリーン16:91920×108060%104無効0TSAA最低異方性4×無効無効無効無効無効

もしApexのグラフィック設定を調整してもPCの重さが解消されない場合は、こちらも参考にしてPCを選んでください。

原因4:PCスペックが足りていない

インターネット回線やグラフィック設定を調整してもPCが重い場合は、より高い性能のゲーミングPCが必要です。

特にフルHDに設定した状態で60fps未満になっている場合は、PCでApexをプレイするメリットが小さいので買い替えがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

下記ではApexにオススメしたいゲーミングPCを紹介します

ApexにオススメしたいゲーミングPC5選

ここからはApexにオススメのゲーミングPCを5つ紹介します。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

1台目のApexにオススメのゲーミングPCは、マウスコンピューターのゲーミングノートPC「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune P6-A7G50BK-Aの価格は139800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

AMDのハイエンドCPUとNVIDIAのRTX3050を採用しており、ノートPCでもフルHD&100fps以上でプレイできます。

もちろん、ヘッドホンやマイクを接続できる端子があるので、VCやゲーム実況にも利用できるモデルです。

マウスコンピューター G-Tune DG-A5G60

ApexにオススメのPC2台目は、マウスコンピューターで販売中の『G-Tune DG-A5G60』です。

G-Tune DG-A5G60の価格は169,800円であり、PCスペックは下表のとおりです。

項目G-Tune DG-A5G60
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

「モニター」「キーボード」「マウス」「ヘッドセット」がセットであり、今すぐApexを始められるお得なPCです。

ミドルクラスのRyzen5とVRやFPSに使えるRTX3060を採用しており、ApexでフルHDの高設定にしても144fps以上を出せます。

ちゃすく
ちゃすく

ゲーミングデバイスはLogicool製なのでオススメ

マウスコンピューター G-Tune DG-A7G70

ApexにオススメのPC3台目は、マウスコンピューターの『G-Tune DG-A7G70』です。

マウスコンピューター G-Tune
出典元:マウスコンピューター

G-Tune DG-A7G70の価格は279,800円で、PCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune DG-A7G70
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 5700X
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

フルHD(高)のApexなら250fps以上で遊べる性能になっており、ゲーム配信中でも144fpsを維持できます。

そのため、Apexでゲーム実況やSNS共有もしたい場合はG-Tune DG-A7G70以上のPCスペックがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

ゲーム実況でも重くならないのは嬉しいポイント

パソコン工房 LEVEL-R779-LC137KF-VLX

ApexにオススメのPC4台目は、パソコン工房のデスクトップPC「LEVEL-R779-LC137KF-VLX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC
出典元:パソコン工房

LEVEL-R779-LC137KF-VLXの価格は337,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目LEVEL-R779-LC137KF-VLX
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080
メモリ16GB
ストレージSSD:1TB

グラフィックスへ単体で約20万円のRTX4080を採用し、4KのApexでも290fps以上でプレイできます。

プロゲーマーや人気配信者が使うPCと同等クラスに入るので、Apexをeスポーツとしてプレイしたい人へオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

ApexやFortniteくらいなら重くなることは無いです

マウスコンピューター G-Tune FZ-A9G90

Apexを快適にプレイできるゲーミングPC5つ目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「G-Tune FZ-A9G90」です。

マウスコンピューター:ゲーミングPC

G-Tune FZ-A9G90の価格は599,800円(WEB限定価格)であり、具体的なPCスペックは下表です。

項目G-Tune FZ-A9G90
OSWindows11
CPUAMD Ryzen 9 7900x
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4090
メモリ64GB
ストレージSSD:2TB

RTXシリーズで最高モデルのRTX4090、超ハイエンドのRyzen9を搭載しており、8KでApexをプレイしても250fps以上を維持できます。

ちゃすく
ちゃすく

個人ではRTX4090あたりが限界

人気配信者のまうふぃんさんと同クラスのPCなので、PCゲームのライブ配信を高画質でやりたい人にオススメです。

タイトルとURLをコピーしました