【驚き】登録者数非表示のやり方とメリット&デメリットを動画投稿者が解説

YouTubeチャンネル登録者数非表示メリット&デメリットYouTube

YouTubeの動画を見ていると、チャンネル登録者数を非表示にしている方がいますよね。

「何で隠してるの?」と疑問に思う方!

実はチャンネル登録者数を非表示にするのにはメリットが存在するんです!

今、YouTubeチャンネルを運営している方もこの記事を読んだら登録者数を非表示にした方が良い場合も、、、

そこで今回は現役でYouTubeに動画投稿している私が

YouTubeのチャンネル登録者数を隠すメリット&デメリット

について解説します。

*この記事は私の体験談をもとに書いています。

記事製作者cHask

スポンサーリンク

チャンネル登録者数を隠すメリット&デメリット

チャンネル登録者数を非表示にするとは?

チャンネル登録者数を非表示にするとは、チャンネル登録者数表示を非表示設定にすることです。

チャンネルの詳細設定にある「チャンネル登録者数を表示する」のチェックボックスを外す事で登録者数を非表示に出来ます。

表示設定の変更を保存する場合は右下の「保存」を忘れずにクリックして下さい。

チャンネル登録者数を非表示にするメリット

登録者数がバレない

登録者数を隠すメリットは視聴者さんに登録者数が少ない事がバレないことです。

YouTube上ではチャンネル登録者数=ブランド力です。

そのため「自己ブランド力が売りだけど、まだ始めたばかりで登録者数が少ない、、、」

そのような場合は、チャンネルのブランド力を守る為にも登録者数を非表示にした方が良いでしょう。

特に、企業系チャンネルやビジネス系YouTuberであればチャンネル登録者数も実績の一つと捉えられます。

そのため、そのようなチャンネルは開設初期は登録者数を非表示にする場合が多いです。

また、YouTubeのユーザーには見る動画をチャンネル登録者数で判断する方も多く居ます。

登録者数の多さが信頼に繋がりますからね!

そのため、登録者数が少ないだけでチャンネル運営が不利になります。

全く同じ動画を登録者数10人の方と10万人の方が投稿していたら、視聴者さんの99%は10万人の動画を見ます。

ですが、登録者数非表示と10万人であれば、30%ほどの視聴者さんは登録者数非表示の動画を見るでしょう。

そのため、登録者数が少ない場合は非表示にするメリットは大きいです。

クリック率の上昇につながるので動画をYouTubeからおすすめ表示されやすくなります。
【参考記事】YouTubeサムネのクリック率を上げる方法4選!

視聴者に興味を持たせることが出来る

文学学術院の教授 北村 薫 様 より

謎とはつまり隠されたもの。それをdis-cover(カバーを外す)して、知的快感を得るのは、人間の根源的な欲求だと思うのです。

つまり、人は謎を解きたいと本能的に思ってしまいます

登録者数を非表示にすればチャンネルの謎が増える為、視聴者さんは

「あのチャンネル登録者何人いるんだろう?」

「なんで登録者数隠してるんだろう?」

とあなたのチャンネルが気になります。

気になれば気になる程、視聴者さんはあなたのチャンネルを見にきますし、各種SNSであなたの情報を探すようになります。

視聴者さんはあなたの事を調べて知っていくうちに、自然とリピーターとなり気づけばファンになります。

そのため登録者数を隠すことが結果的にファンを増やすことにも繋がります

チャンネル登録者数を隠すデメリット

怪しいチャンネルだと思われる

YouTubeのチャンネルは登録者を表示しているチャンネルの方が圧倒的に多いです。

YouTubeのデフォルト設定で表示になっているから、当たり前ですよね。

つまり、非表示にする=当たり前じゃない行為をするということになります。

特に悪い理由が無くても、当たり前では無い行為をしているだけで不審に思う方は多数居ます。

そのため「社会的に危険な人が運営しているのではないか?」「過去に炎上でもしたのか?」など思われる場合があります。

動画が良くても、「なんとなく怪しいから登録しない」という事もあるた為、対策が必要です

既にある程度のブランド力を持っているor顔出しで投稿している場合は動画内容から「なんとなく怪しい」という疑惑が晴れる為、あまりに気にしなくて良いでしょう。
【参考記事】美女やイケメン以外の顔出しYouTuberはダメ?

そのような動画内容でない場合はとにかく再生回数を得るしかありません!

再生回数さえ安定して得ていれば、非表示でも「みんな見ている」という意識によって怪しさは無くなっていきます。

登録しがいが無い

これは特に「〇〇やってみた」系のエンタメYouTuberやアイドル路線のYouTuberに当てはまります。

企業系やビジネス系YouTuberと違って、彼らの視聴者さんはお客さんというよりファンです。

ファンには「推しの幸せが自分の幸せ」と豪語するくらい熱心な方も居ます。

ファンは自分が推しに使った時間やお金、愛で推しが幸せになった事を知りたいと願います。

チャンネル登録者数が上がるのは目に見える為、応援してきて良かったと感じやすくなります。

しかし、非表示の場合は応援してきて良かったと感じることは無いでしょう。

もし表示はしたく無いけど、公表しても良い場合は動画内で登録者数を発表するのも一つの手段です。

スポンサーリンク

まとめ

メリット&デメリットは以下のようになりました。

メリット
・登録者数がバレない
・視聴者に興味を持たせることが出来る

デメリット
・怪しいチャンネルだと思われる
・登録しがいが無い

登録者数を表示するかしないかはチャンネルによって異なるので、あなたのチャンネルにどちらが適しているか適切に判断してください。

また、チャンネル登録者数を増やす方法を下の記事にまとめてあるので合わせて読むとオススメです。
チャンネル登録者を増やす方法&裏技3選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました