本サイトではASP広告を利用しています

AviUtlの推奨&必要スペックは?動作環境やオススメPCを解説

PC&スマホ機材など
この記事がオススメの人
  • AviUtlの推奨PCスペックを知りたい
  • ノートパソコンでもAviUtlを使える?
  • オススメのAviUtl用PCを教えて!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では実際に動画投稿もしている私が「AviUtlの推奨スペックとオススメPC」を解説していきます。

マウスコンピューターのDAIVシリーズなどであればクリエイター向けPCなので、AviUtlを快適に使えるスペックが多いです。

スポンサーリンク

AviUtlの推奨&必要スペックは?【動作環境】

結論から言うと、AviUtlの推奨スペックは正確に公表されている訳ではありません。

ただし、実際に私が下表のPCでAviUtlを使ってみたところ、一応全てのPCで動画編集ができました。

PCミドルタワー1ミドルタワー2ミドルタワー3スリムタワーノートPC
OSWindowsWindowsWindowsWindowsWindows
CPUAMD Ryzen5 3600XTIntel Core i5-10400Intel Core i7-10700Intel Core i7 3770KIntel Core i5 10210U
GPU(グラボ)GeForce GTX1660 SUPERUHDグラフィックス630GeForce RTX 3060GeForce GTX1050UHDグラフィックス630
RAM(メモリ)16GB16GB32GB8GB8GB
ROM(ストレージ)SSD 512GBSSD 256GBSSD 512GBSSD 256GBSSD 256GB

しかし、20分以上の動画編集やエフェクトによってはPCが重くなりやすかったので、下表以上のPCスペックがオススメです。

項目AviUtlの必要&推奨PCスペック
OSWindows10または11が必須
CPU第8世代のIntel Core i5と同等または以上
GPU内蔵GPUでも動作可能
長時間や重い動画編集ではGeForce GTX1050以上を推奨
メモリ最低でも4GB以上、8GB以上を推奨
ストレージSSDがオススメ
動画データを考えると250GB以上を推奨

マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV」なら上表のスペックを満たしており、デスクトップやノートPCの種類も多いのでオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

ここからは各PCパーツについて詳しく解説します

AviUtl推奨スペック1:OS

AviUtlはWindows向けのフリーソフトなので、必要&推奨OSは必ずWindowsになります。

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。
PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。
OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。

ちゃすく
ちゃすく

よく使われるのはWindows↓

Windows11の設定バー

一応、macOSなどでもAviUtlを起動する方法はありますが、正規の方法では無いので、Windows10や11を搭載したPCがオススメです。

AviUtl推奨スペック2:CPU

AviUtlで動画編集をする場合は、Intel Core i5の第8世代以降に準ずるCPUを搭載したPCを推奨します。

CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。
人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。
高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。
PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
CPU製造で有名なメーカーは「Intel」と「AMD」。

IntelのCore i5はミドルレンジクラスのCPUであり、動画編集やプログラミング、PCゲームも可能なスペックです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンドローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

逆に言えば、ミドルレンジ未満だと動画編集のスペックが足りず、快適な動画編集が難しくなります。

Intel Core i5の第8世代以降であれば2017年以降に発売されたCPUなので、動画編集目的であれば十分なスペックです。

パソコン工房のクリエイターPC「SENSE」であれば、最新世代のIntel Core i5以上を搭載しているのでオススメです。

AviUtl推奨スペック3:GPU(グラボ)

AviUtlでエフェクトが多い動画や20分以上の動画を編集したい場合は、GPU(グラフィックボード)搭載PCを推奨します。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
GPUとは、Graphics Processing Unitの略であり、画像の処理装置です。3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)であり、画面表示や画像処理に特化しています。近年では、画像や映像を利用する機会も増えており、より速く、よりきれいに画像・映像を映す際はGPUが欠かせません。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
VRAM(Video Random Access Memory)はGPUに搭載された映像専用のメモリです。高速な読み書きができるRAMの一種であり、「ビデオメモリ」とも呼ばれます。VRAM容量は処理性能に影響する重要な数値なので、最近では2~24GBのVRAMを搭載したGPUが多い傾向にあります。

動画編集ではCPUの処理能力よりもGPUの処理能力が必要になる場面も多く、非搭載PCではプレビューが重くなりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

AviUtlはプラグインを追加しなければグラボを使えないので注意

また、グラボ非搭載PCでは動画の出力時間が長くなりやすく、あまりに長いとPCが落ちることもあります。

そのため、フルHD(1920×1080)の動画であればNVIDIA GeForce GTX 1050以上、4Kの動画であればNVIDIA GeForce RTX 3050以上がオススメです。

AviUtl推奨スペック4:メモリ

AviUtlはフリーソフトなので市販の動画編集ソフトよりもメモリは使用しませんが、動画のサイズが大きくなると8GB以上は欲しいです。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ストレージ、メモリ
ちゃすく
ちゃすく

フルHD画質なら8GB以上が欲しい

また、動画編集では動画編集ソフトとブラウザを同時に起動していることも多く、場合によってはExcelなども起動します。

AviUtlを使っている時に起動するソフトが多ければ多いほど、必要なメモリも多くなるので、余裕があれば16GB以上のメモリがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイターPC「DAIV」であればノートPCでも、16GB以上のメモリが当たり前なので参考にしてください。

AviUtl推奨スペック5:ストレージ

AviUtlではファイルサイズが大きい動画を多用するので、ストレージには必ずSSDを搭載した方が良いです。

ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。
ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。
HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

最新のM.2SSDであれば通常のHDDより50倍以上も転送速度が大きく、動画編集の時短にも役立ちます。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

また、動画データを保存する役割もあるので、最低でも250GB以上のSSDを搭載したPCがオススメです。

AviUtlにオススメのデスクトップ&ノートPC5選

ここからはAviUtlにオススメのデスクトップPCやノートPCを紹介します。

パソコン工房 SENSE-15FH123-i5-UXSX

AviUtlにオススメしたい1台目のノートPCは、パソコン工房の「SENSE-15FH123-i5-UXSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH123-i5-UXSXの価格は99,800円であり、パソコン工房のクリエイター向けPCです。

項目SENSE-15FH123-i5-UXSX
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i5-1235U
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

CPUにIntelのミドルクラスを採用しており、10分程度のフルHD動画であれば余裕で編集できるスペックがあります。

M.2SSDなので起動や読み込みも早いですが、グラフィックボードを搭載していないので長時間の動画編集には不向きです。

ちゃすく
ちゃすく

10万円以内のノートPCでは最コスパ!

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

2台目のAviUtlへオススメできるノートPCは、マウスコンピューターのクリエイター向けPC「DAIV R4-I7G50WT-A」です。

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター

DAIV R4-I7G50WT-Aの価格は149,800円であり、詳細なPCスペックは下表の通りです。

項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 1260P(12コア16スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 3050
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのハイエンドCPUに加え、グラフィックボードとしてGTX 3050を採用しているので、30分超えのフルHD動画でも快適に編集できます。

ちゃすく
ちゃすく

長時間は無理だけど、4Kも編集できます

ノートPCでありながら最大3画面の映像を出力できるので、ブラウザやExcelなどのデータを確認しながら編集したい人へオススメです。

パソコン工房 SENSE-M06M-124-RBX

AviUtlにオススメできる3台目のPCは、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-M06M-124-RBX」です。

出典元:パソコン工房

SENSE-M06M-124-RBXの価格は149,800円であり、パソコンスペックは下表の通りです。

項目SENSE-M06M-124-RBX
OSWindows 11
CPUIntel Core i5 12400
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのミドルレンジCPUとRTX3060を搭載しており、AviUtlで4Kの動画も編集できるパソコンスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

もちろん、M.2SSDなので読み込みも早いです

Apexや原神などもプレイできるスペックなので、AviUtlでゲーム動画を編集したい場合もオススメのPCです。

パソコン工房 SENSE-M06M-124-RBX

マウスコンピューター DAIV FX-I7G60

4台目にオススメするのはマウスコンピューターから販売中の『DAIV FX-I7G60』であり、AviUtlの推奨スペックを満たしています。

出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-I7G60の価格は269,800円であり、具体的なPCスペックは下表です。

項目DAIV FX-I7G60のスペック
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

IntelのハイエンドCPUとRTX3060を搭載したコスパ重視のモデルであり、エフェクトが多い編集や大量の素材を使う編集でも対応できるスペックです。

メモリも32GBなので、AviUtlを使いながら他のソフトを起動しても動作が重くなることが少なく、快適な動画編集が可能です。

ちゃすく
ちゃすく

1TBのストレージも便利

パソコン工房 SENSE-F079-LC137KF-VLX

AviUtlにオススメする最後のPCは、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-F079-LC137KF-VLX」です。

パソコン工房:クリエイター向けPC、SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
出典元:パソコン工房

SENSE-F079-LC137KF-VLXの価格は404,800円であり、詳細なCPUやグラボのスペックは下表です。

項目SENSE-F079-LC137KF-VLX
 OSWindows11
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080
メモリ16GB
ストレージSSD:1TB

RTX4080によって12時間の動画を出力する際も10分程度になるハイスペックであり、AviUtlの動画編集であれば困ることはありません。

ちゃすく
ちゃすく

Premiere Proなどの重めな動画編集ソフトでも余裕です

CPUとグラフィックボードのスペックに対してメモリが少なめですが、パソコン工房であれば注文時に増設することも可能です。

タイトルとURLをコピーしました