テラリアの推奨PCスペックと注意点3選【オススメPC5選】

テラリアの推奨PCスペックと注意点3選【オススメPC5選】ゲーム関係

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • テラリアの推奨スペックは?
  • テラリアのPCスペックを教えて
  • PCでテラリアをやりたい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、テラリアは現在販売されている5万円台以上のPCなら推奨PCスペックをほぼ満たしています。

しかし、MODの導入やストレージの種類によっては重くなることがあるため、不安な場合はG-TuneなどのゲーミングPCがオススメです。

スポンサーリンク

テラリアの推奨PCスペックと注意点

Steamで公開されている情報によると、テラリアの必要動作PCスペックと推奨PCスペックは下表となっています。

項目必要動作PCスペック推奨PCスペック
OSWindows Xp、Vista、7、8/8.1、10
macOS 10.9.5 – 10.11.6
Windows 7、8/8.1、10以降
macOS 10.9.5 – 10.11.6以降
CPU2.0 Ghzデュアルコア 3.0 Ghz
グラフィックス128mb Video Memory
capable of Shader Model 2.0+
256mb Video Memory
capable of Shader Model 2.0+
メモリ2.5GB 4GB
ストレージ200MB200MB

一般向けに販売されている5万円台のノートPCでも推奨PCスペックを満たしており、スペックで困るlことは少ないでしょう。

しかし、テラリア用のPCを選ぶ際にいくつか注意点もあるので、詳しい内容を解説します。

ちゃすく
ちゃすく

PCパーツの基本的な説明は下記を参考にしてください

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。
CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。
ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

注意点1:MOD有りなら低価格帯ゲーミングPC

テラリアはMODを入れることで色んなカスタマイズが可能ですが、MODを使用する際は低価格帯ゲーミングPCほどのスペックが必要です。

いくら軽量なテラリアでもMODを入れれば処理が増え、PCにグラフィックス性能も求められます。

必要なスペックはMODの種類や量へ依存しますが、テラリア初心者であればグラボにGTX1050以上を搭載したPCで十分でしょう。

GTX1050以上であれば人気なFPSやMMORPGをフルHD&60fpsでプレイできるので、テラリア以外でも役立ちます。

ちゃすく
ちゃすく

価格だと8万円以上のゲーミングPCになります

マウスコンピューターのゲーミングブランド「GTune」であればGTX1050以上を搭載したゲーミングPCばかりであり、コスパも高いです。

マウスコンピューター:GTune、ゲーミングPC
出典元:マウスコンピューター

MODを入れたテラリアでも60fps以上でプレイできるので、色々なMODで楽しみたい場合はオススメです。

注意点2:HDDのノートPCは読み込みが遅い

テラリア自体は軽量なゲームですが、低スペックなノートPCでは各種読み込みに時間がかかることも多いです。

特にPCのストレージがHDDの場合は読み込み速度が非常に遅くなり、テラリアを起動する度にイライラします。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

もちろん、HDDでもテラリアの推奨スペックは満たせますが、快適にプレイしたい場合はSSDを搭載したPCが良いでしょう。

パソコン工房のゲーミングブランド「LEVEL∞」であれば全てSSDを搭載しており、ゲームやファイルの読み込みが早いです。

出典元:パソコン工房

ゲーミングノートPCシリーズもあるので、テラリア用のPCが欲しい場合はオススメです。

注意点3:ChromeBookはアプリ版テラリアのみ

テラリアのSteam版は「Windows」「Mac」「Linux」へ対応していますが、「ChromeOS」には対応しておらず、ChromeOSを搭載しているChromeBookでは使えません。

そのため、Steam版のテラリアをプレイしたい場合はWindowsやMacがオススメです。

ただし、ChromeBookはGooglePlayStoreを使えるので、Android向けのテラリアならプレイできます。

正規の方法ではAndroid向けのテラリアへMODを導入できませんが、通常プレイで楽しむ分にはChromeBookでも十分です。

スポンサーリンク

テラリアにオススメのPC5選【推奨】

ここからはテラリアの推奨PCスペックを満たしたオススメのPCを紹介します。

マウスコンピューター mouse X5-R5-WA

テラリアにオススメのPC1つ目は、マウスコンピューターのノートPC「mouse X5-R5-WA」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse X5-R5-WAの価格は69,800円であり、テラリアの推奨スペックも満たしています。

項目mouse X5-R5-WA
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 5560U
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
メモリ8GB
ストレージSSD:256GB

ミドルレンジのCPUを搭載しており、テラリアやOffice系ソフトなら快適に使えるPCスペックになっています。

ストレージのSSDを採用しているので起動や読み込みが早く、テラリアの通常プレイであれば十分すぎる性能です。

ちゃすく
ちゃすく

最大約22.5時間のバッテリーも魅力的

パソコン工房 LEVEL-17FX153-i7-NASX

テラリアの推奨スペックを満たしたオススメのPC2台目は、パソコン工房のノートPC「LEVEL-17FX153-i7-NASX」です。

出典元:パソコン工房

LEVEL-17FX153-i7-NASXの価格は164800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目LEVEL-17FX153-i7-NASX
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-12700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

IntelのハイエンドCPUと現行モデルの低価格帯グラボを採用しており、MODを導入したテラリアでもサクサク動くPCスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

RTX 3050 laptopはフルHD設定のApexでも90fps以上が可能!

ゲーミングノートPCなのでデスクトップのゲーミングPCよりも割高ですが、いつでもどこでもテラリアをプレイしたい場合はオススメです。

パソコン工房 SENSE-M0P5-R55G-EZXH

テラリアにオススメできる3台目のPCは、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-M0P5-R55G-EZXH」です。

出典元:パソコン工房

SENSE-M0P5-R55G-EZXHの価格は99980円であり、グラボ非搭載でもテラリアの推奨スペックを超えています。

項目SENSE-M0P5-R55G-EZXH
OSWindows 10 Home
CPUAMD Ryzen 5 5600G
グラフィックスAMD Radeon Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB、HDD:2TB

FPSやMMORPGなどの3D空間でプレイするゲームは難しいですが、テラリアのような2D系ゲームなら60fps以上でプレイできます。

ストレージが大容量なので、テラリアのゲーム実況やライブ配信を動画データとして保管しておくこともオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

パソコン工房のSENSEシリーズはクリエイターPCなので動画編集とも相性◎

マウスコンピューター G-Tune PM-B-1660S-WA

テラリアの推奨スペックを満たしたオススメのPC4台目は、マウスコンピューターの「G-Tune PM-B-1660S-WA」です。

マウスコンピューター G-Tune
出典元:マウスコンピューター

G-Tune PM-B-1660S-WAの価格は129800円であり、低価格帯のゲーミングPCです。

項目G-Tune PM-B-1660S-WA
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-11700F
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラフィックスにGTX1660SUPERを搭載しており、テラリアでMODを導入しても十分処理できるほどのPCスペックがあります。

ちゃすく
ちゃすく

Fortniteの競技設定なら平均200fps以上の性能です

「テラリアをプレイしながらYouTubeを聴く」ということも可能なので、ながらプレイをしたい場合は特にオススメです。

パソコン工房 LEVEL-M06M-124-RBX

テラリアにオススメできる5台目のPCは、パソコン工房のデスクトップPC「LEVEL-M06M-124-RBX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC、LEVEL∞
出典元:パソコン工房

LEVEL-M06M-124-RBXの価格は149800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目LEVEL-M06M-124-RBX
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i5-12400
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラフィックスにRTX3060を採用しており、テラリアであれば100fps以上を維持した状態で高画質のライブ配信が可能です。

もちろん、MODを導入しても処理できるグラフィックス性能なので、テラリアで幅広い活動をしたい人にオススメのPCモデルです。

ちゃすく
ちゃすく

RTX3060ならVRゲームも可能なスペックです

パソコン工房 LEVEL-M06M-124-RBX
created by Rinker
スポンサーリンク

ゲーミング・クリエイターPCのセール情報まとめ

タイトルとURLをコピーしました