本サイトではASP広告を利用しています

Illustratorの推奨スペックは?グラボなしPCや注意点を解説

ソフト・アプリ

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • Illustratorの推奨スペックは?
  • Illustratorはグラボなしでもいい?
  • Illustrator用のPCが欲しい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではAdobeのIllustratorに必要な推奨スペックや注意点について解説していきます。

スポンサーリンク

Illustratorの推奨スペックと注意点3選

Illustratorの推奨スペックは下表のとおりであり、現在流通しているPCであれば、そこまで高価なPCを用意しなくても満たせる水準です。

項目Illustratorの推奨スペック
OSWindows10、Windows11(64ビット)
CPUIntel Core i5/i7以上
AMD Ryzen5/7
メモリ8GB
グラボVRAM1GB以上(4GB以上推奨)
ストレージ2GB以上の空き容量

また、動作させるだけならグラボは必須ではなく、CPU内臓グラフィックスでも一応動作します。

ただし、本当に推奨スペックギリギリで用意した場合、用途次第では不自由を感じる場合もあります。

Illustrator用PC選びで失敗しないよう注意したいポイントを3点解説いたします。

注意点1:CPUはRyzenがオススメ

Illustrator用PCを選ぶ際、CPUはIntel CoreシリーズよりもAMDのRyzennシリーズがおすすめです。

レイヤーや他のアプリとの連携、エフェクトの管理などを快適に処理するにはグラボよりCPUの性能が重要になります。

特に、Intelよりもスレッド数の多いRyzenはIllustratorに適しており、コスパもRyzenが優れているケースが多いです。

ちゃすく
ちゃすく

今はRyzenにもソフトが最適化されているので、コスパが良ければどっちでもOK

ただし、無制限にCPUスペックを上げればいい訳ではなく、Intel Core i9やRyzen9を使用しても価格差に見合う違いはないようです。

そのため、Core i7やRyzen7の新しいモデルを搭載すると、Illustratorにはコスパが良いです。

注意点2:メモリは32GB推奨

Illustrator用のPCを選ぶ場合、メモリは32GB以上がオススメであり、最低でも16GB以上は絶対に欲しいです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

CPUと同様、Illustratorで複数のレイヤーやアイテムを管理し、操作する場合はメモリを占有しやすいです。

また、資料を見ながら画像を編集したり、画像素材を加工してIllustratorに使用したりすると、メモリに負荷がかかります。

PCのメモリに余裕がないと「カクつく」「カーソルが飛ぶ」などが起きやすく、フリーズの機会も増えます。

メモリを16GB→32GBにしたらillustratorが全くフリーズしなくなったんだけど、この環境を1週間前に導入したかった……
やっぱこれまではメモリ不足でSSDを仮想メモリとして使ってたからパフォーマンス出なかったのかな、技術的なことはようわからん

引用元:https://twitter.com/_nagt

そのため、Illustratorを快適に使いたい場合は32GB以上のメモリを搭載したPCがオススメです。

注意点3:グラボは用途に応じて選ぶ

Illustrator用にPCを選ぶ場合、実はグラボは必須ではありません。

ペンタブ等で平面のイラストを描く程度の画像処理であれば、CPU内臓グラフィックスでも対応可能です。

ちゃすく
ちゃすく

グラボがあれば拡大&縮小がよりスムーズになります

逆に、3D処理のほとんどはグラボなしのPCでは適用されないので、3D処理を行いたい場合はグラボ搭載のPCがおすすめです。

とは言え、ゲーミング用途のような性能は必要なく、エントリーモデルのNVIDIA GeForce 3050程度でも十分です。

Illustrator以外でグラボを使用する場合は別ですが、基本的にグラボはコスパ重視で選んで大丈夫でしょう。

Illustratorにオススメのクリエイター向けPC5選

ここからはIllustrator用のクリエイターPCとして、オススメのPCを3選紹介します。

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター
項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ512GB (M.2 NVMe SSD)
価格149,800円
  • 12コア16スレッドのCPUでプログラミングやマルチタスク性能も高い
  • GeForce RTX 3050を搭載しており、軽量ゲームや動画編集も可能
  • CLIP STUDIO PAINTPhotoshopなども十分動かせるスペック
  • 14インチディスプレイ&重量1.44kgであり、出先用のサブ機にもなる

パソコン工房 SENSE-16FX154-i7-PL1X

パソコン工房のノートPC「SENSE-16FX154-i7-PL1X」もIllustratorにオススメであり、推奨スペックを満たしています。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-16FX154-i7-PL1Xの価格は192,800円であり、詳細なPCスペックは下表の通りです。

項目SENSE-16FX154-i7-PL1X
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700HX
メモリ32GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 4050 laptop
ストレージ1TB (M.2 NVMe SSD)

SENSE-16FX154-i7-PL1Xはパソコン工房のクリエイターPC「SENSEシリーズ」であり、グラボにRTX 4050のノートPC版を搭載しています。

RTX4050は最新のエントリー向けグラボなので、ノートPCでもIllustratorを快適に使えるようになります。

メモリ自体も32GBあるため、IllustratorでPCがフリーズするリスクも軽減できるスペックです。

マウスコンピューター DAIV FX-A5G50

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-A5G50
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7600
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ500GB(M.2 NVMe SSD)
価格149,800円
  • CPUに6コア12スレッドを採用し、クリエイティブ作業やプログラミングにも使える性能
  • グラボにGeForce RTX3050を搭載しており、3D描画やゲーム性能も高い
    (ApexであればフルHD&120fps以上)
  • 各種分割払いにも対応し、1年間センドバック修理保証付き
  • DisPlay×3/HDMI×1があり、液タブやデュアルモニターへ対応可能

マウスコンピューター DAIV FX-A5G60

IllustratorにおすすめのPC4台目は、マウスコンピューターの『DAIV FX-A5G60』です。

出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-A5G60の価格は294,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目DAIV FX-A5G60
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7600
メモリ32GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3060
ストレージ1TB(M.2 NVMe SSD)

マウスコンピューターのクリエイター向けPCブランド「DAIVシリーズ」のデスクトップPCです。

CPUにAMD Ryzen 5 7600X、グラボにGeForce RTX 3060を搭載しています。

メモリもカスタムなしで32GBあるため、Illustratorの動作で不安を覚えることはまずないでしょう。

画像編集だけでなく、3Dの画像処理や動画編集などのクリエイター用途全般で活躍するスペックです。

パソコン工房 SENSE-F0X7-LCR77X-UL1X

パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-F0X7-LCR77X-UL1X」もIllustratorにオススメであり、推奨スペックを満たしています。

パソコン工房:クリエイター向けPC、SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
出典元:パソコン工房

SENSE-F0X7-LCR77X-UL1Xの価格は349,800円であり、詳細なPCスペックは下表の通りです。

項目SENSE-F0X7-LCR77X-UL1X
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7700X
メモリ32GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 4070 Ti
ストレージ1TB (M.2 NVMe SSD)

SENSE-F0X7-LCR77X-UL1Xもパソコン工房のクリエイターPC「SENSEシリーズ」であり、グラボにRTX 4070Tiを搭載しています。

ミドルクラスグラボのRTX4070TiとRyzen 7 7700Xにより、ズームを多用しても重くなりにくいスペックになっています。

しかも、RTX4070Tiクラスなら3D描画能力も高いので、3D処理を多用したい場合は特にオススメのPCです。

タイトルとURLをコピーしました