本サイトではASP広告を利用しています

原神はグラボなしで可能!スペック不足PCで遊ぶ方法やオススメPC5選を解説

ゲーム関係

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • 原神の推奨スペックを知りたい
  • グラボなしPCで原神を遊びたい
  • ノートPCで原神をすると壊れる?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、auスマートパスプレミアム(月額548円)のGeForceNOWを使えばグラボなしPCやスペック不足PCでも原神をプレイできます。

GeForce NOW(ジーフォースナウ)とは、クラウドゲーミングサービスのことであり、低スペックPCやスマホでも高負荷のゲームを楽しめます。

なぜなら、クラウドゲーミングではゲームの処理をGeForce NOWのサーバー側が負担しており、私たちのスマホやPCには負担が無いからです。

クラウドゲーミングサービス

私たち利用者はまるで「高スペックゲーミングPCを遠隔操作している状態」なので、普段は遊べない重いゲームも快適にプレイできます。

ちゃすく
ちゃすく

ノートPCでも原神を楽しめる!

au版のGeForce Nowはauユーザー以外でも使えるので、ドコモやSoftBankユーザーでもGeForce Nowでゲームを楽しめます。

auスマートパスプレミアムとは、月額548円で利用できる映像・音楽・書籍・ゲームの総合サービスです。

auユーザー以外でも利用でき、具体的なサービスには下記などがあります。

  • テレビ朝日の動画配信サービス「TELASA」
  • 音楽や電子書籍が聴き読み放題
  • ライブや映画館の割引チケット配布
  • GeForceNOWの無料利用
  • auPAYマーケットのクーポンや還元率UP
  • ローソンやミスドの割引キャンペーン

個人的には映画の割引特典がメリットとして大きく、毎月1回以上の映画閲覧で月額料金よりもお得になります。

出典元:auスマートパスプレミアム

GeForceNOW以外のメリットも大きいため、グラボでなしPCや低スペックPCでPCゲームをしたい時にオススメです。

[itemlink post_id=”13961″]

実際に私もGeForceNOWを使っており、グラボなしPCやタブレットでも高画質&高フレームレートでゲームをプレイしています。

この記事では原神をプレイできる高コスパゲーミングPCも紹介しますが、グラボなしPCやスペック不足PCで原神を快適にプレイしたい場合はauスマートパスプレミアムのGeForceNOWがオススメです。

今ならauスマートパスプレミアムが初回30日間無料であり、4000円分のお買い物クーポンを貰えるので、原神をグラボなしPCでプレイしたい場合は参考にしてください。

ちゃすく
ちゃすく

GeForceNOWで原神をプレイする方法はこちら、原神にオススメの高コスパゲーミングPCはこちら

[itemlink post_id=”13961″]

スポンサーリンク

原神の推奨スペックは?グラボなしや注意点4選を解説

原神の推奨スペックは下表の通りであり、必要動作スペックでもグラボは必須となっています。

項目必要動作PCスペック推奨PCスペック
OSWindows 7 SP1 64bit、Windows 8.1 64bit、
Windows 10 64bit 以上
Windows 7 SP1 64bit、Windows 8.1 64bit、
Windows 10 64bit 以上
CPUIntel Core i5(第4世代以上)Intel Core i7(第4世代以上)
グラフィックスNVIDIA GeForce GT 1030以上NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB以上
メモリ8G16GB
ストレージ30GB以上30GB以上

グラボなしPCでは1080p&60fpsでプレイできませんが、記事後半で紹介する「グラボなしPCで原神をプレイする裏技」を使えばグラボなしPCやタブレットでもゲーミングPC並みの快適さでプレイできます。

ただし、原神の推奨スペックにはいくつか注意しなければいけない点があるので、詳しい下記の内容を解説しておきます。

注意点1:ストレージはSSD500GB以上を推奨

原神はApexなどのFPSと違い、ストーリーのデータも自身のストレージへインストールする必要があります。

ストレージにはHDDとSSDがあり、HDDを搭載していた場合は読み込みが遅くなるので、プレイ中にロードを待たなければいけません。

ちゃすく
ちゃすく

下図はHDDとSSDの速度を比較した結果ですが、圧倒的にSSDの方が速いです

出典元:https://note.cman.jp

そのため、原神を快適にプレイしたい場合は絶対にSSDを搭載したパソコンがオススメです。

また、原神の推奨スペックでは「空き容量30GB」と表記されてますが、原神はアプデが追加される度に必要な容量が増えています。

30GBギリギリの空き容量では確実に容量不足になるため、出来るだけ100GB以上の空き容量を用意できるPCを使ってください。

とは言え、パソコン工房などのゲーミングPCであればSSD500GB以上が当たり前なので、最新のゲーミングPCなら気にする必要はほぼありません。

[itemlink post_id=”13087″]

注意点2:グラボなしパソコンは原神に非推奨

原神では最低でもNVIDIAのGeForce GT 1030以上が推奨されており、グラボなしではグラフィックが重すぎてマトモにプレイできません。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
GPUとは、Graphics Processing Unitの略であり、画像の処理装置です。
3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)であり、画面表示や画像処理に特化しています。
近年では、画像や映像を利用する機会も増えており、より速く、よりきれいに画像・映像を映す際はGPUが欠かせません。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。
グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。
ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
VRAM(Video Random Access Memory)はGPUに搭載された映像専用のメモリです。
高速な読み書きができるRAMの一種であり、「ビデオメモリ」とも呼ばれます。
VRAM容量は処理性能に影響する重要な数値なので、最近では2~24GBのVRAMを搭載したGPUが多い傾向にあります。

グラフィック処理が激しい場面のことも考えると、NVIDIAのGeForce GTX 1660SUPER以上は搭載しておきたいです。

ちゃすく
ちゃすく

1660SUPERならフルHD&60fpsでプレイ可能

4Kでのプレイやライブ配信も視野に入れるならGeForce RTX3060Ti以上が必要であり、マウスコンピューターだと20万円ほどのゲーミングPCになります。

いずれにしても記事後半の「グラボなしPCで原神をプレイする裏技」以外ではグラボなしPCで原神をプレイすることが難しいので、グラボを搭載したゲーミングPCがオススメです。

[itemlink post_id=”13002″]

注意点3:CPUはCore i5シリーズでも十分

原神の推奨CPUスペックは「Intel Core i7(第4世代以上)」となっていますが、実際には10世代以降のCore i5でも十分なスペックです。

CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。
人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。

高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。
PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。CPU製造で有名なメーカーは「Intel」と「AMD」。

なぜなら、10世代以降であればCore i5シリーズのCPUコア数が増加しており、旧世代のCore i7へ匹敵する性能になっているからです。

ちゃすく
ちゃすく

原神はグラボがあればCPUへ大きな負担がかかりにくいので、Core i5でも十分

現在、最新のゲーミングPCであれば12世代以降のCPUを搭載しているので、CPUのスペック不足で悩むことは無いでしょう。

もしCPUの性能がよくわからない場合は本記事で紹介している「原神にオススメのゲーミングPC5選」を参考にしてください。

注意点4:マルチタスクはメモリ16GB以上必須

原神をプレイする際に下記のようなマルチタスクをしたい場合は、16GB以上のメモリを搭載したPCが必要です。

  • Discordで通話しながらプレイ
  • 攻略サイトを見ながらプレイ
  • YouTubeを流しながらプレイ

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

ストレージ、メモリ

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

一応、原神自体は8GBのメモリでもプレイできますが、上記のように他のソフトも立ち上げたい場合は8GBだと足りません。

メモリ不足はソフトやPCが落ちる原因にもなるので、出来るだけ16GB以上のメモリを搭載したゲーミングPCがオススメです。

マウスコンピューターのゲーミングPCであれば16GB以上のメモリが基本なので、PCスペックがよく分からない場合はオススメです。

[itemlink post_id=”13002″]

原神にオススメの高コスパゲーミングPC5選

ここからは原神の推奨スペックを満たしたオススメのゲーミングPCを5つ紹介します。

ドスパラ GALLERIA RL5R-G165-5

原神にオススメのゲーミングノートPC1台目は、ドスパラの「GALLERIA RL5R-G165-5」です。

GALLERIA RL5R-G165-5の価格は104,900円であり、エントリークラスのゲーミングノートPCです。

項目GALLERIA RL5R-G165-5
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 6600H
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1650 Laptop
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
メーカードスパラ(セール情報はこちら

AMDのミドルレンジCPUとGTX1650を採用しており、原神をフルHD&60fpsで楽しめるスペックです。

原神よりも重たいFPSやMMORPGを遊ぶ場合は頼りないスペックですが、「原神さえ遊べればいい!」という場合は十分なスペックのモデルです。

デスクトップより排熱性能は低いですが、最大4年間の保証と24時間サポートがあるので、PC初心者にもオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

国内メーカーなので安心

[itemlink post_id=”20194″]

マウスコンピューター G-Tune E4-I7G60DB-B

原神を快適にプレイできるオススメのゲーミングノートPC2台目は、マウスコンピューターの「G-Tune E4-I7G60DB-B」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E4-I7G60DB-Bの価格は179,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune E4-I7G60DB-B
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-12700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのハイエンドCPUとNVIDIAのノートPC向けグラボを採用しており、PC版原神のゲーム配信も可能なスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

高いグラフィックス性能を持つRTX4060のおかげでゲーム配信ができるスペックなのに、20万円以内で買えるのは高コスパ!

しかも、ディスプレイが165Hzまで対応できるので、他のPCゲームを144fpsで遊びたい場合にもオススメです。

[itemlink post_id=”13092″]

マウスコンピューター NEXTGEAR JG-A5G6T

原神にオススメのゲーミングPC3台目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「NEXTGEAR JG-A5G6T」です。

NEXTGEAR JG-A5G6Tの価格は124,800円であり、エントリークラスのゲーミングPCになります。

項目NEXTGEAR JG-A5G6T
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060Ti
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

グラボにGeForce RTX 3060Tiを搭載し、高画質&60fps設定で原神を安定して遊べる構成です。

16GBのメモリによってDiscordや攻略サイトなどを同時起動しながらプレイできるため、スマホでプレイする場合よりも快適でしょう。

ちゃすく
ちゃすく

YouTubeを見ながらでもOK

[itemlink post_id=”13047″]

マウスコンピューター NEXTGEAR JG-A7G6T

原神にオススメのゲーミングPC4台目は、マウスコンピューターで販売中の『NEXTGEAR JG-A7G6T』です。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの価格は209,800円であり、PCスペックは下表のとおりです。

項目NEXTGEAR JG-A7G6T
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 5700X
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060Ti
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB
付属デバイスゲーミングマウス、ゲーミングキーボード、
ゲーミングヘッドセット、ゲーミングモニター

グラボにRTX4060Tiを搭載しており、フルHD以上の高画質で原神を楽しみたい方にオススメのミドルクラスゲーミングPCです。

フルHD以上の高解像度でも60fpsで安定しており、フルHDであれば60fpsを維持したままで録画やライブ配信も可能です。

総額7万円相当のゲーミングデバイスが4つもセットになっているので、原神向けのゲーミングPCとしては最高のコスパです。

[itemlink post_id=”19481″]

パソコン工房 LEVEL-R779-147F-VL1X

原神にオススメのゲーミングPC4台目は、パソコン工房で販売中のデスクトップPC『LEVEL-R779-147F-VL1X』です。

パソコン工房:ゲーミングPC
出典元:パソコン工房

LEVEL-R779-147F-VL1Xの価格は370,800円であり、PCスペックは下表のとおりです。

項目LEVEL-R779-147F-VL1X
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7 14700F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080
メモリ32GB
ストレージSSD:2TB

単体で20万円超えのRTX4080を採用しており、重たいゲームとして有名なサイバーパンクでもフルHD&180fpsでプレイ可能な性能です。

原神程度なら4K画質でも60fpsでプレイでき、人気配信者やVtuberのように高画質なライブ配信も可能です。

ちゃすく
ちゃすく

プロゲーマーが使うPCに近い性能です

[itemlink post_id=”13049″]

グラボなしPCで原神をプレイする裏技

グラボなしPCでは原神をフルHD&60fpsでプレイできませんが、クラウドゲーミングサービスを使えば低スペックPCでも快適にプレイできます。

クラウドゲーミングとは?

クラウドゲーミングとは、ネット回線を利用することで低スペックなPCやスマホでも高負荷のゲームを楽しめるサービスです。
クラウドゲーミングではゲームの処理をサービス提供会社のサーバーで負担しており、私達のスマホやPCには負担がありません。

クラウドゲーミングサービス

つまり、私達はまるで高スペックPCを遠隔操作している状態なので、普段は遊べない重いゲームも快適にプレイできます。

auスマートパスプレミアム(月額548円)へ加入すると使えるGeForce NowならグラボなしPCでも原神を遊べるので、下の記事を参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました