本サイトではASP広告を利用しています

GIMPの推奨スペックは?必要メモリやオススメGPUを解説

GIMP:画像編集ソフトソフト・アプリ

この記事は下記の考えや疑問を持つ人にオススメです。

  • GIMPの推奨PCスペックは?
  • 画像編集をPCでやりたい!
  • GIMPにオススメのメモリは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、GIMPはWindowsやmacOS、Linuxを搭載したPCであれば、メモリ4GBの低スペックPCでも動きます。

ただし、マルチタスクや動作の快適さを求める場合は気を付けるべき点があるので、詳しい内容を解説していきます。

スポンサーリンク

GIMPの推奨スペックは?メモリやGPUを解説

GIMPの推奨PCスペックは公表されていませんが、下表のPCスペックがあれば十分快適に動作します。

項目GIMPの推奨PCスペック
OSWindows、macOS、Linux
CPUIntel Core i3以上(過去5年以内のモデル)
AMD Ryzen 3以上(過去5年以内のモデル)
グラフィックスCPUまたはマザーボードの内蔵GPU以上
メモリ8GB以上(4GBでも一応足りる)
ストレージSSD:216GB以上(ファイルの保存込み)

ただし、GIMPの用途によっては「メモリ不足」「画像拡大時にカクツク」などの問題が起きるため、各PCパーツの選び方を紹介します。

GIMPの推奨スペック:OS

GIMPは元々Linux向けに制作されていましたが、今では下記のOSでGIMPを使えます。

  • Linux
  • Windows
  • macOS

上記のOSならどれでも大丈夫ですが、Windowsであればネット上でも情報が多く、GIMPの最新バージョンへ適した解説記事も多いです。

そのため、初めてGIMPを使うのであればWindowsを搭載したPCがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

Linuxなら後からでも導入できます

パソコン工房やマウスコンピューターなどのPC専門ショップであれば家電量販店よりもPCの種類が多く、コスパも高いです。

出典元1:マウスコンピューター、出典元2:パソコン工房

もちろん、Windowsを搭載したPCがほとんどなので、GIMP用のPCを探している場合は参考にしてください。

GIMPの推奨スペック:CPU

GIMPの推奨CPUは公表されていませんが、「ローエンド以上」と「過去5年以内発売されたモデル」を満たしていれば快適に動作します。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

ただし、下記のような作業をしたい場合はミドルレンジ以上のCPUを選んだ方が安心できます。

  • GIMPで作業をしながらYouTubeで音楽を聴く
  • 動画編集ソフトをチェックしながらGIMPを開く
  • GIMPで高画質画像の高度な編集をしたい

ミドルレンジ以上のCPUであればコアやスレッド数が多く、ローエンド以下のモデルよりもマルチタスクへ適した性能をしています。

もちろん、CPUの性能は高ければ高いほど色んな作業で役立つので、予算に余裕があればハイエンド以上のCPUを搭載したPCでも良いでしょう。

GIMPの推奨スペック:グラフィックス

GIMPはCPUやマザーボードへ内蔵されたグラフィックス性能でも十分快適であり、グラフィックボード非搭載PCでも大丈夫です。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を処理するための部品「GPU」が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

ただし、GIMPで「プロレベルの画像編集をする」や「動画の編集もしたい」場合はグラフィックボードの導入も視野へ入れた方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

GPU性能があれば拡大&縮小なども滑らかになります

グラボがあればGIMPのハードウェアアクセラレーションも使えるので、画像編集の作業効率は一気に上がります。

ハードウェアアクセラレーション

ハードウェアアクセラレーション:CPUの負担を軽減するために画像・映像の処理をグラボに負担させる設定。
グラボが映像を処理することでCPUの負荷が軽減され、PCの動作が軽快になります。

ちゃすく
ちゃすく

漫画家とアシスタントで役割分担するイメージ

現行のローエンドグラボ「GTX1650」や「RTX3050」でも良いので、搭載しておくことがオススメです。

マウスコンピューターのクリエイター向けブランド「DAIV」であればグラボを搭載したPCばかりなので、GIMP用PCを探す時の参考にしてください。

GIMPの推奨スペック:メモリ

現在、販売されているPCは基本的に8GB以上のメモリを搭載しているので、GIMPのみを使う場合であれば十分な容量です。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

一応、4GBのメモリでもGIMPは動作しますが、フルHD以上の画像を扱っているとカクツキやすいのであまりオススメはしません。

また、最近はGoogle Chromeなどのブラウザソフトがメモリを大量に使う仕様であり、GIMPと併用する際はメモリ8GBでも足りない場合があります。

ちゃすく
ちゃすく

Chromeで「タブを8つ以上開く」「拡張機能を導入」している場合はメモリ不足になりやすい

そのため、ブラウザソフトを開きつつ、GIMPも快適に使いたい場合は16GBのメモリも視野に入れておくと良いでしょう。

GIMPの推奨スペック:ストレージ

GIMPの公式サイトでは推奨ストレージを公表していませんが、画像編集を定期的に行うのであれば216GB以上のSSDがオススメです。

そもそもストレージにはSSDとHDDの2種類があり、最新のSSDはHDDより10倍以上も読み込み速度が大きいです。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

起動に時間がかかるGIMPでストレージをHDDにすると、ソフトを開く度に待たなければいけないので、定期的に作業をするならSSDがオススメです。

また、GIMPで作成したファイルはPC内のストレージで保管すると思うので、最低でも216GB以上のストレージを推奨します。

パソコン工房のクリエイター向けPCシリーズ「SENSE」なら21GB以上のストレージを確保しており、もちろん最新のSSDを搭載しています。

パソコン工房:SENSEシリーズ、クリエイター向けPC
出典元:パソコン工房

GIMPにオススメのPC6選【推奨スペック】

ここからは画像編集ソフト「GIMP」にオススメのPCを紹介していきます。

パソコン工房 SENSE-15FH127-i7-UHSX

GIMPへ推奨できるPC1台目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FH127-i7-UHSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH127-i7-UHSXの価格は103,800円であり、具体的なPCスペックは下表です。

項目SENSE-15FH127-i7-UHSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 12650H(10コア16スレッド)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

10コア16スレッドのCore i7のおかげでグラフィックス性能が上がっており、GIMPでの簡単な動画編集も可能なスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

人気ゲームのApexを低画質設定&40fps以上でプレイできます

16GBメモリによってマルチタスクも可能なので、「ZOOMで打ち合わせをしながらGIMPで作業をする」などにもオススメです。

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

GIMPにオススメのノートPC2台目は、マウスコンピューターの「DAIV R4-I7G50WT-A」です。

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター
項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ512GB (M.2 NVMe SSD)
価格149,800円
  • 12コア16スレッドのCPUでプログラミングやマルチタスク性能も高い
  • GeForce RTX 3050を搭載しており、軽量ゲームや動画編集も可能
  • CLIP STUDIO PAINTPhotoshopなども十分動かせるスペック
  • 14インチディスプレイ&重量1.44kgであり、出先用のサブ機にもなる

マウスコンピューター DAIV Z6-I7G60SR-A

GIMPの推奨スペックを満たしたノートPC3台目は、マウスコンピューターの「DAIV Z6-I7G60SR-A」です。

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV Z6-I7G60SR-A
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7-13700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop GPU
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格229,800円
  • RTX4060 LaptopによってフルHD(中設定)のFPSを140fps以上でプレイできる性能
  • 14コア20スレッドと32GBメモリでマルチタスクやゲーム配信にも使える
  • 1TBのSSDなのでPCの起動が早く、フルHD動画で約166時間分を保存できる
  • 本体サイズが323.9×225×22mmであり、持ち運びしやすいコンパクトモデル

パソコン工房 SENSE-M0P5-R55G-EZXH

GIMPにも使えるオススメのPC4台目は、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-M0P5-R55G-EZXH」です。

出典元:パソコン工房

SENSE-M0P5-R55G-EZXHの価格は99980円であり、パソコン工房のクリエイター向けブランドPCです。

項目SENSE-M0P5-R55G-EZXH
OSWindows 10 Home
CPUAMD Ryzen 5 5600G
グラフィックスAMD Radeon Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB、HDD:2TB

画像編集などのクリエイター業へマッチしているRyzen5を採用しており、グラボ無しでも画像編集ができるスペックです。

ストレージが合計2.5TBもあるため、画像やGIFファイルを大量に保存できるのも大きなメリットです。

ちゃすく
ちゃすく

グラボを用意すれば後から取り付けも可能

マウスコンピューター DAIV FX-A5G50

画像編集ソフト「GIMP」にオススメのPC5つ目は、マウスコンピューターの「DAIV FX-A5G50」です。

マウスコンピューター:DAIV Z3 [ Windows 11 ]、クリエイター向けPC
出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-A5G50
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7600
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ500GB(M.2 NVMe SSD)
価格149,800円
  • CPUに6コア12スレッドを採用し、クリエイティブ作業やプログラミングにも使える性能
  • グラボにGeForce RTX3050を搭載しており、3D描画やゲーム性能も高い
    (ApexであればフルHD&120fps以上)
  • 各種分割払いにも対応し、1年間センドバック修理保証付き
  • DisPlay×3/HDMI×1があり、液タブやデュアルモニターへ対応可能

パソコン工房 SENSE-F079-LC137KF-VL9X-U

GIMPにオススメのクリエイターPC5つ目は、パソコン工房のデスクトップPC「SENSE-F079-LC137KF-VL9X-U」です。

パソコン工房:クリエイター向けPC、SENSE-F0X6-LCR57X-DTX
出典元:パソコン工房
項目SENSE-F079-LC137KF-VL9X-U
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4080
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格391,700円
  • プロゲーマーや人気Vtuberが使う性能であり、ゲーム配信やクリエイティブ活動も可能
  • 激重で有名なサイバーパンクも平均100fps以上(DLSS込み)でプレイでき、動画や画像編集も快適
  • IntelのハイエンドCPUとNVIDIAのハイクラスグラボなので、AdobeやOffice系ソフトとも相性◎
  • 各種分割払いにも対応し、パソコン工房の超還元祭キャンペーンの対象製品
タイトルとURLをコピーしました