本サイトではASP広告を利用しています

Davinci Resolveは低スペックPCで使える?最低性能や動画編集ソフトを解説

PC&スマホ機材など
この記事がオススメな人
  • Davinci Resolveは低スペPCで使える?
  • Davinci Resolveに必要なPCスペックは?
  • 低スペックで使える動画編集ソフトは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、Davinci Resolveにはグラフィックボードが必要であり、一般的な家電量販店で売ってるPCでは性能が足りない可能性が高いです。

Premiere ProやFinal Cut Proなどと同様にクリエイター向けPCが必要になる性能なので、低スペックPCにはあまりオススメしません。

もし低スペックPCで動画編集をしたい場合は、PowerDirectorのような軽量ソフトを使うと良いでしょう。

スポンサーリンク

Davinci Resolveは低スペックPCで使える?

Davinci Resolveは動画編集ソフトの中でも重めであり、低スペックPCでは「動作が重くなる」「処理落ちする」などの問題が起きやすいです。

家電量販店のノートPCでDavinci Resolveを使うと上記のように動かないケースが多く、最低でも低価格帯のクリエイター向けPCが欲しいです。

もちろん、AdobeのPremiere Proよりは軽いソフトですが、下記の理由から低スペックPCにはハードルが高いので詳しい内容を解説します。

  • グラフィックボードの搭載が前提
  • Davinci Resolveは「プロ向け」
  • CPUにミドルレンジ以上が必須
  • 編集中にメモリを大量に消費する

グラフィックボードの搭載が前提

Davinci ResolveはCPUよりもGPUを使う動画編集ソフトなので、「グラフィックボード」というPCパーツが求められます。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPCやクリエイターPC=グラボ搭載PC」と認識されています。
GPUとは、Graphics Processing Unitの略であり、画像の処理装置です。
3Dグラフィックスなどの画像描写を行う際に必要となる計算処理を行う半導体チップ(プロセッサ)であり、画面表示や画像処理に特化しています。
近年では、画像や映像を利用する機会も増えており、より速く、よりきれいに画像・映像を映す際はGPUが欠かせません。
GPUメーカーで有名なのは「NVIDIA」と「AMD」の2社です。
内蔵GPUはCPU内部へ搭載されたGPU機能であり、映像をPCモニターへ映す役割を持っています。
グラフィックボードと同じ機能ですが、演算処理能力はグラボよりも低く、PCゲームや動画編集などではスペック不足になりやすいです。
ただし、グラボを搭載しなくても良い分、PCの価格が安くなります。
VRAM(Video Random Access Memory)はGPUに搭載された映像専用のメモリです。
高速な読み書きができるRAMの一種であり、「ビデオメモリ」とも呼ばれます。
VRAM容量は処理性能に影響する重要な数値なので、最近では2~24GBのVRAMを搭載したGPUが多い傾向にあります。

エフェクトやプレイバック再生などでもGPUを使用するので、グラボが搭載されていない一般的なPCでは動作が重くなりやすいです。

Davinci ResolveではVRAMが8GB以上のグラボが推奨されているので、GTX1080やRTX3050以上を搭載したPCが必要です。

Davinci Resolve必要動作スペック推奨スペック
OSmacOS 10.13.6以上
Windows 10以上
macOS 10.13.6以上
Windows 10以上
CPU3GHz以上のCPUIntel Core i7 7700K以上
Appleシリコン
グラフィックス内蔵GPUNVIDIA GeForce GTX1080以上
※VRAM8GB未満では4Kのタイムラインを構成できない
メモリ8GB以上16GB以上

RTX3050を搭載したクリエイターPCは15万円ほどなので低価格帯&低スペックに分類されますが、一般的な家電量販のビジネス向けPCと比べれば価格も性能も十分高いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

ノートPCの場合だと少し割高になるので、20万円前後くらいです

マウスコンピューターのクリエイターPC「DAIV」であればDavinci Resolveの推奨スペックを満たしおり、分割払いも可能なのでオススメです。

Davinci Resolveは「プロ向け」

Davinci Resolveは無料でも使える動画編集ソフトなので勘違いされがちですが、プロ向けのソフトなので決して軽量なソフトではありません。

ちゃすく
ちゃすく

低スペックPCでの使用を想定したソフトでは無いです

他の動画編集ソフトと重さを比較すると下記のようになり、PowerDirectorFilmoraよりも重いソフトです。

数字が大きいほど重い

編集ソフトが重い分、機能面は Final Cut ProやPremiere Proへ匹敵するくらい優秀ですが、必要になるPCスペックも高くなります。

プロとして動画編集をする場合はDavinci Resolveもオススメですが、YouTuberを始めるくらいであればPowerDirectorの方が軽量で使いやすいでしょう。

CPUにミドルレンジ以上が必須

Davinci ResolveはGPUベースの動画編集ソフトですが、GPUの性能を引き出すためにはCPUとメモリも重要になります。

CPUには2016年ごろのハイエンドモデル以上が推奨されているので、現在の最新CPUの場合はミドルレンジ以上を選べば問題ありません。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

一方、ローエンドや超ローエンドモデルを搭載した低スペックPCではDavinci Resolveが動かない可能性もあります。

特に超ローエンドモデルのCPUではグラフィックボードの性能も引き出せないので、Davinci Resolveを使うことはほぼ不可能に近いです。

もしローエンド以下のモデルを搭載していた場合はPC自体を買い替えるか、使用する動画編集ソフトを変えることがオススメです。

編集中にメモリを大量に消費する

現在のノートPCはメモリ8GBが一般的ですが、Davinci Resolveではメモリ16GB以上が推奨されています。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

メモリ8GBの低スペックPCではDavinci Resolveが落ちやすいので、やはり最低でも16GBは欲しいです。

ちゃすく
ちゃすく

メモリ8GBの事務用PCで動かしてみたら、カクカク過ぎて無理でした

Chromeやフォトショなどを開きながらDavinci Resolveを使う場合はメモリ16GBでも足りなくなりやすいので、メモリ量は可能な限り上げておきたいです。

マウスコンピューターのクリエイターPC「DAIV」であれば16GB以上のメモリが当たり前であり、注文時にメモリの増設が可能なのでオススメです。

Davinci ResolveにオススメのクリエイターPC3選

ここからはDavinci ResolveにオススメのクリエイターPCを紹介します。

マウスコンピューター DAIV S4-I7G60CB-B

Davinci ResolveにオススメのPC1つ目は、マウスコンピューターのノートPC「DAIV S4-I7G60CB-B」です。

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV S4-I7G60CB-B
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7-13700H(14コア20スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格229,800円
特徴
  • グラボにRTX3060の後継モデル「RTX4060 Laptop」を採用
  • 14コア20スレッドと32GBメモリでモデリングや動画編集にも使える
  • 1TBのSSDなのでPCの起動が早く、フルHD動画で約166時間分を保存できる
  • サイズが323.9×225×22mmであり、持ち運びしやすいコンパクトモデル

マウスコンピューター DAIV FX-I7G60

Davinci ResolveにオススメのPC2つ目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7G60」です。

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-I7G60
 OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格294,800円
特徴
  • CPUが16コア24スレッドなので基本性能が高く、動画編集やプログラミングにオススメ
  • CPUがIntel、グラボがNVIDIAであり、AdobeやOffice系ソフトとも相性◎
  • 12GBビデオメモリのRTX3060により、VRや動画編集にも利用できる
  • 高速通信可能なWi-Fi6とBluetooth5へ対応し、もちろん有線LANも可能

マウスコンピューター DAIV FX-I7G80

Davinci ResolveにオススメのクリエイターPC3台目は、マウスコンピューターのデスクトップPC「DAIV FX-I7G80」です。

出典元:マウスコンピューター

DAIV FX-I7G80の価格は489,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目DAIV FX-I7G80
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 4080
ストレージSSD:2TB
特徴
  • 30分の4K動画をたった8分でエンコードできるRTX4080を搭載
  • 16コア24スレッドのCPUにより、After EffectsやDavinci Resolveも快適
  • メモリが32GBなのでCG編集も可能(注文時に増設も可能)
  • 2TBのストレージによってフルHDなら300時間以上保存できる

低スペックPCにオススメの動画編集ソフト3選

ここからは低スペックPCでも使える下記の動画編集ソフトを紹介していきます。

Adobe Premiere Rush

AdobeのPremiere Rushはプロ向けの動画編集ソフト「Premiere Pro」を初心者や低スペックPCでも使えるようにした廉価版動画編集ソフトです。

iconicon

基本的な料金と特徴は下記の通りで、Adobe CCであればAdobeソフトのほとんどを月額6480円で使い放題になります。

ソフト名ソフト自体の料金無料体験版自動字幕起こし対応OS特徴
Adobe Premier Rush単体プラン:月額980円
Adobe CC:月額6,480円
あり
詳細はこちら
無しWindows
MacOS
スマホ
・ブラウザでも利用できる
・Final Cut Proと同じマグネティックタイムライン
・豊富な動画テンプレート

Premiere RushはAppleの人気動画編集ソフト「Final Cut Pro」と同じ仕様のタイムラインであり、分割した動画やBGMがタイムライン上でくっつき、隙間を一切開けません。

好みが分かれる部分もありますが、隙間調整や確認をしなくても良いので、動画編集初心者の場合は嬉しい仕様です。

無料体験版でも最初の3回までは透かしや広告無しで動画を出力できるため、とりあえず動画編集を始めてみたい人にもオススメです。

CyberLink PowerDirector

CyberLinkのPowerDirectorは買い切り版とサブスク版があり、国内だと動画編集ソフトの分野で6年連続シェアNo1を達成しています。

PowerDirectorの基本料金や特徴は下表の通りであり、月額517円で使えるサブスク版は非常に人気です。

ソフト名ソフト自体の料金無料体験版自動字幕起こし対応OS特徴
CyberLink PowerDirectorサブスク版の12ヶ月プラン:月額517円
買い切り版(Ultra):12,980円
買い切り版(Ultimate):16,980円
あり
詳細はこちら
制限なしで利用可能
※サブスク版のみ
Windows
MacOS
・国内ではNo1シェアの動画編集ソフト
・自動モザイク追従などもある
・国内ユーザー向けの情報は多い

PowerDirectorは国内で人気な動画編集ソフトということもあり、Davinci Resolveにも匹敵する機能数や自動化ツールがあります。

ちゃすく
ちゃすく

Davinci Resolveより軽量なソフトなのも大きなメリット

PowerDirectorには自動字幕起こしが採用されているので、ほぼ音声通りの字幕化ができ、動画編集の字幕入れ作業を大幅に時短できます。

自動字幕起こし以外にも「自動モザイク追従」「自動人物切り抜き」などがあるため、低価格帯で機能が多いソフトが欲しい場合はオススメです。

EaseUS VideoEditor

EaseUSのVideoEditorは期間が決められた有料ライセンスを購入する仕組みのソフトであり、永久ライセンスのコスパは高いです。

VideoEditorの基本料金と特徴は下表の通りであり、低スペックPCでも使える軽量な動画編集ソフトです。

ソフト名ソフト自体の料金無料体験版自動字幕起こし対応OS特徴
EaseUS VideoEditor1ヶ月ライセンス:2,606円
1年間ライセンス:7579円
永久ライセンス:12,318円
あり
詳細はこちら
制限なしで利用可能Windows・自動字幕起こし用なら最コスパ
・YouTube用なら十分な編集機能
・永久ライセンスのコスパが素晴らしい

Premiere ProPowerDirectorと比べれば動画編集の機能は多くないものの、低価格帯ソフトで自動字幕起こし機能が使えるメリットは大きいです。

ちゃすく
ちゃすく

精度はPowerDirectorへ若干劣るくらいなので、あんまり気にならないです

しかも、機能が多くないとは言え、「カット」「字幕入れ」「画像&BGM追加」「トランジション」「モザイク」などは可能なので、Surfaceで初めて動画編集をしたい人にはオススメです。

無料体験版でも自動字幕起こし機能を利用できるので、とりあえず動画編集を試してみたい場合は参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました