本サイトではASP広告を利用しています

プログラミングにオススメのCPUは?Ryzenやコア数を解説

ガジェット・生活

この記事は下記の悩みや考えを持つ人にオススメです。

  • プログラミングに必要なコア数は?
  • そもそもCPUのコア数って何?
  • プログラミングにオススメのCPUは?

はじめまして。ゲーミングPCを数台管理し、ブログ運営をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間20万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、プログラミング初心者であればミドルクラスのCPUで十分ですが、コア数は多ければ多いほど役に立ちます。

クリエイターPCであればコア数の多いCPUを搭載しているので、マウスコンピューターのDAIVなどがオススメです。

スポンサーリンク

プログラミングにオススメのCPUは?【Ryzen/Core】

現在、プログラミング分野ではIntelとAMDのどちらでも遜色ありませんが、コアやスレッド数が多いCPUはBuild(ビルド)の待機時間を短縮できます。

ちゃすく
ちゃすく

AdobeやOfficeなどのソフトであればIntelの方が最適化されてるケースは多いですが、プログラミングでは最適化のメリットはありません

AMDのRyzenは、IntelのCore iシリーズよりもコア数やスレッド数が多い傾向にあり、プログラミングでコスパが高くなりやすいです。

ただし、あくまでもRyzenが良い訳ではなく、マルチコア性能が高いCPUであればIntelのCore iシリーズでも高い性能を発揮します。

しかも、最近はIntelもAMDへ対抗してコア数の大きいCPUを開発しているので、どちらがプログラミングへ適しているかはCPUの世代によっても異なります。

そのため、RyzenやCore iでより好みせず、単純にマルチコア性能が高いCPUヲ選ぶと良いでしょう。

プログラミングにオススメのCPUコア数は?

そもそもCPUのコア数とは、CPUに内蔵されたプロセッサ、つまりは命令を処理する装置の個数を指します。

CPUにはシングルコアとマルチコアがあり、現在では求められる処理能力が高いのでマルチコアが主流です。

項目特徴
シングルコア1つのプロセッサで計算処理をする
マルチコア2つ以上のプロセッサを内蔵しており、複数の処理を同時にできる

一般的に、CPUのコア数が多いほど、同時に処理できるタスク数が増えるため、PCのパフォーマンスが向上します。

特に、マルチスレッドプログラミングを行う場合には、マルチコアCPUが必要不可欠です。

マウスコンピューターのDAIVであればコア数が多く、プログラミングでも扱いやすいモデルなのでオススメです。

CPUのスレッド数とは?

CPUのスレッド数とは、パソコンから認識されているコア数のことであり、「論理コア数」とも呼ばれています。

本来、1つのコアは1つの処理しかできませんでしたが、コアへの負担が小さい処理であれば2つの処理を同時にできます。

この時に可能な最大の処理数を表した数値がスレッド数であり、4コア8スレッドなら最大8つの処理を同時に行えます。

マルチスレッドプログラミングとは?

マルチスレッドプログラミングとは、複数のスレッド(処理の流れ)を同時に実行するプログラミングのことを指します。

複数のスレッドを使用することでプログラムのパフォーマンスは向上しますが、スレッド同士の競合や同期などの複雑な問題が発生することもあります。

CPUのコア数が多いほど、より多くのスレッドを同時に実行できるので、マルチスレッドプログラムを実行する場合はマルチコアのCPUが必要です。

後述しますが、IntelのCore i7やAMDのRyzen7などはコア数も多いマルチコアCPUなので、プログラミングにはオススメです。

パソコン工房のクリエイター向けPC「SENSE」であればCore i7やRyzen7を搭載したモデルが多いです。

パソコン工房:SENSEシリーズ、クリエイター向けPC
出典元:パソコン工房

ディープラーニングやゲーム開発などのプログラミング向けPCの特集もあるので、ぜひチェックしてください。

CPUのコア数を活用する方法

CPUのコア数をフル活用するためには、マルチスレッドプログラミングを行う必要があります。

一般的には下記のような方法があり、これらによってCPUのコア数を最大限に活用できます。

CPUのコア数を活用する方法内容
並列処理複数のスレッドを使用して、同時に複数のタスクを実行することができます。
例えば大量のデータを処理する場合はデータを複数のスレッドに分割し、
それぞれのスレッドで処理ができます。
分散処理複数のCPUコアを持つ複数のコンピュータを使用して、
タスクを分散して処理することができます。
マルチスレッドフレームワークの使用マルチスレッドフレームワークを使用すれば複数のスレッドを簡単に実装できます。
一般的なマルチスレッドフレームワークには、Javaの「java.util.concurrent」、
Pythonの「multiprocessing」などがあります。
キャッシュ効率の最大化コア数が増えると、キャッシュヒット率が下がり、キャッシュミスが増加する傾向にあります。
そのため、キャッシュ効率を最大化することが重要です。
具体的な方法としては、データを効率的に分割することや
データのアクセスパターンを最適化することなどがあります。

ただし、上記の方法を使用する際は、それぞれのアプリケーションやタスクに合わせて最適な方法を選択しなければいけません。

また、マルチスレッドプログラミングでは、競合や同期などの問題が発生するので注意も必要です。

もし将来的にマルチスレッドプログラミングをやりたい場合は、ハイエンドモデルのCPUを搭載したPCも良いでしょう。

マウスの「DAIV」やパソコン工房の「SENSE」であればミドルレンジ以上のCPUを搭載しており、ハイエンドモデルも多いのでオススメです。

CPUのモデル名とコア数の関係

主流なCPUのモデル名とコア数は下表の通りであり、プログラミングであればミドルレンジ以上のCPUがオススメです。

クラスIntelのCPUモデル名AMDのCPUモデル名コア&スレッド数用途・特徴
業者向けXenonRyzen Threadripper〜64コア128スレッドクリエイターや業者用PC、サーバ
超ハイエンドCore i9Ryzen 916コア24スレッド〜24コア32スレッド高画質ゲーム配信や大規模なプログラミング
ハイエンドCore i7Ryzen 78コア16スレッド〜16コア24スレッド動画編集やPCゲーム、プログラミング
ミドルレンジCore i5Ryzen 56コア12スレッド〜14コア20スレッド事務作業や軽量なPCゲーム、プログラミング
ローエンドCore i3Ryzen 34コア8スレッド以上事務作業や軽量なプログラミング、動画視聴
ローエンドCeleron・PentiumAthlon2コア2スレッド〜2コア4スレッド軽量な事務作業や動画視聴、メール確認

また、CPUには販売された年度に合わせて「世代」が付けられており、同じクラスのCPUでも世代が新しければ性能も高くなります。

ただし、デスクトップとノートPCではCPUのクラスとコア数の関係が異なっており、基本的にはデスクトップ向けCPUの性能が高いです。

ノートPCとデスクトップ用CPUのコア数

ノートPCとデスクトップPCでは同じ世代・同じクラスのCPUでもコア数が異なっており、具体例は下表です。

項目Core i5-1135G7Core i5-11400
PCの種類ノートPCデスクトップPC
コアとスレッド4コア8スレッド6コア12スレッド
ベースクロック2.4 GHz2.6 GHz
ブーストクロック4.2 GHz4.4 GHz
キャッシュ8 MB12 MB

ノートとデスクトップでコア数が1.5倍も違っており、ベースクロックなどもデスクトップの方が高くなっています。

ちゃすく
ちゃすく

ベースクロックはCPUの処理速度

そのため、プログラミングのために性能重視で選ぶ場合はデスクトップPC、持ち運びやすさを重視するならノートPCがオススメです。

マウスコンピューター ゲーミングPCシリーズ「G-Tune」
マウスコンピューター(Mouse Computer)

プログラミングにオススメのPC5選

ここからはプログラミングにオススメのマルチコアCPU搭載PCを紹介します。

パソコン工房 SENSE-15FH123-i5-UXSX

プログラミングにオススメのPC1つ目は、パソコン工房のノートPC「SENSE-15FH123-i5-UXSX」です。

パソコン工房:SENSE、ノートPC
出典元:パソコン工房

SENSE-15FH123-i5-UXSXの価格は99,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目SENSE-15FH123-i5-UXSX
OSWindows 11
CPUIntel Core i5 1235U(10コア12スレッド)
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

Intelの10コア12スレッドのCPUを搭載しており、軽量なマルチスレッドプログラミングなら十分可能なスペックです。

グラフィックスはあまり高くありませんが、簡単なグラフやUIの作成程度なら十分な性能なのでプログラミング初心者にもオススメです。

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター
項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce GTX 3050
ストレージ512GB (M.2 NVMe SSD)
価格149,800円
  • 12コア16スレッドのCPUでプログラミングやマルチタスク性能も高い
  • GeForce RTX 3050を搭載しており、軽量ゲームや動画編集も可能
  • CLIP STUDIO PAINTPhotoshopなども十分動かせるスペック
  • 14インチディスプレイ&重量1.44kgであり、出先用のサブ機にもなる

マウスコンピューター DAIV FX-A5G50

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-A5G50
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7600
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ500GB(M.2 NVMe SSD)
価格199,800円
  • CPUに6コア12スレッドを採用し、クリエイティブ作業やプログラミングにも使える性能
  • グラボにGeForce RTX3050を搭載しており、3D描画やゲーム性能も高い
    (ApexであればフルHD&120fps以上)
  • 各種分割払いにも対応し、1年間センドバック修理保証付き
  • DisPlay×3/HDMI×1があり、液タブやデュアルモニターへ対応可能

マウスコンピューター DAIV FX-I7G60

出典元:マウスコンピューター
項目DAIV FX-I7G60
 OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700KF(16コア24スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB
価格294,800円
  • CPUが16コア24スレッドなので基本性能が高く、プログラミングやマルチタスクにオススメ
  • CPUがIntel、グラボがNVIDIAなので、AdobeやOffice系ソフトとも相性◎
  • 12GBビデオメモリのRTX3060により、VRやゲーム、機械学習にも利用できる
  • 高速通信可能なWi-Fi6とBluetooth5へ対応し、もちろん有線LANも可能

パソコン工房 LEVEL-R779-LC139KF-XL8X

パソコン工房:ゲーミングPC
項目LEVEL-R779-LC139KF-XL8X
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i9 13900KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4090
メモリ64GB
ストレージSSD:1TB
価格536,800円
  • RTXシリーズで最高クラスのRTX4090により、重いゲームやVRも快適に遊べる性能
    (WQHD解像度のeスポーツゲームでも300fps以上)
  • 24コア32スレッドのCPUとメモリ64GBのおかげで、ゲーム配信や動画編集も快適
  • DLSSやレイトレーシングも対応。FSRも利用でき、さらにFPSを上げられる
  • クレカの分割払いだけでなく、金利0のジャックスショッピングローンも利用可能
タイトルとURLをコピーしました