本サイトではASP広告を利用しています

BlueStacksの推奨スペックは?多重起動やグラボの必要性も解説

ガジェット

この記事は下記の悩みや考えを持つ人にオススメです。

  • PCでBlueStacksを使いたい!
  • BlueStacksの推奨スペックは?
  • BlueStacksの注意点は何?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではBlueStacksの推奨スペックを解説し、多重起動や必要なグラボを紹介しています。

パソコン工房のゲーミングPCであるLEVEL∞シリーズなら、幅広いスペックからPCを選べるので、BlueStacks用PCを探している人へオススメです。

スポンサーリンク

BlueStacksの推奨スペックは?【多重起動やグラボ】

公式サイトによるBlueStacksの推奨PCスペックは下表であり、最低動作スペックであれば4万円台のPCでも満たします。

BlueStacks最低動作スペック推奨PCスペック
OSWindows 7以降、macOS 10.12以降Windows10以降、macOS 10.13
CPUIntelまたはAMDのプロセッサIntelまたはAMDのプロセッサ
(シングルスレッドベンチマークスコアが1000以上)
グラフィックスIntel HD 5200以上Intel/Nvidia/AMDのオンボードまたはグラフィックボード
(ベンチマークスコアが750以上)
メモリ4GB以上8GB以上
ストレージ5GB以上SSD:32GB以上

しかし、上表の推奨PCスペックを満たしただけでは快適にプレイできないため、注意点やポイントを解説します。

注意点1:重いAndroidアプリはグラボが必要

BlueStacksでFPSやMMORPGなどの重いAndroidアプリをプレイする場合は、グラフィックボードが必要になります。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。

連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCやクリエイター向けPCへ搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

グラボ非搭載PCで重いAndroidアプリを使用すると下記の現象が起きやすく、快適にアプリが使えません。

  • アプリの映像がカクカクする
  • 画質設定を下げる必要がある
  • フレームレートが低くなる

グラボの有無によって映像処理能力は大きく異なるため、BlueStacks用のPCを用意する場合はグラボ搭載PCがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

AndroidアプリならRTX3050やGTX1650などの低価格帯グラボでもok

マウスコンピューターのゲーミングブランド「GTune」であればグラボ搭載PCが多く、スペックも十分に高いです。

マウスコンピューター:GTune、ゲーミングPC
出典元:マウスコンピューター

今のGTuneシリーズはGTX1650以上のグラボが基本なので、PCスペックがよく分からない人にもオススメです。

注意点2:多重起動ではハイエンドCPUを推奨

BlueStacksで同時に複数のアプリを起動する場合、CPUへ大きな負担がかかるのでハイエンド以上のCPUがオススメです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンドローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

ハイエンドCPUであれば下画像のように複数のアプリを同時起動しても快適であり、スマホでは不可能な使い方も可能です。

多重起動はBlueStacksでAndroidアプリを使う最大のメリットなので、BlueStacks用PCを買うのであればハイエンドCPU搭載PCがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

IntelやAMDの最新ハイエンドCPUなら十分すぎる性能です

パソコン工房にもゲーミングブランド「LEVEL∞」があり、最新のハイエンドCPUを搭載したモデルが販売されています。

出典元:パソコン工房

パソコン工房はPCスペックが見やすいので、ハイエンドCPU搭載PCが欲しい場合はオススメです。

注意点3:M1チップ以降のMacでは動作しない

BlueStacksはMacも推奨PCになっていますが、2020年以降に発売されたM1チップ搭載Macでは動作しません。

2022年に発売されたM2チップ搭載Macも同様であり、MacでBlueStacksを使う場合は2020年以前のモデルが必要です。

ちゃすく
ちゃすく

IntelのCPUを搭載したモデルなら動きます

いつかはM1チップ以降のMacも対応すると思いますが、正式に発表されるまではWindowsのPCを用意した方が良いでしょう。

BlueStacksにオススメのPC5選【推奨】

ここからはBlueStacksにオススメのPCを紹介します。

マウスコンピューター mouse B5-I7I01SR-A

BlueStacksの推奨スペックを満たしたオススメのPC1つ目は、マウスコンピューターのノートPC「mouse B5-I7I01SR-A」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse B5-I7I01SR-Aの価格は109,800円であり、具体的なパソコンスペックは下表になります。

項目mouse B5-I7I01SR-A
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-1195G7
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

CPUにIntelのハイエンドを採用し、グラボは搭載していませんが、軽量なPCゲームもプレイできるIris Xe Graphicsを内蔵しています。

FPSを多重起動する場合は厳しいスペックですが、普通にBlueStacksでアプリゲームを楽しむ分には問題ないスペックです。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

BlueStacksにオススメのPC2つ目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune P6-A7G50BK-Aの価格は139,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラフィックスへ低価格帯グラボのRTX3050、CPUへハイエンドのRyzen7を搭載しており、BlueStacksも使えるスペックです。

ディスプレイサイズも15.6インチなので、Androidアプリを複数同時起動しても見やすいです。

パソコン工房 LEVEL-M76M-124-RBX

BlueStacksにオススメのゲーミングPC3つ目は、パソコン工房のデスクトップPC「LEVEL-M76M-124-RBX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC
出典元:パソコン工房

LEVEL-M76M-124-RBXの価格は149,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目LEVEL-M76M-124-RBX
OSWindows 11
CPUIntel Core i5-12400
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

グラフィックスへRTX3060、CPUへミドルレンジのCore i5を搭載しており、PC用のFPSやMMORPGも楽しめるスペックです。

15万円以内のゲーミングPCだとコスパが非常に高く、BlueStacksの推奨スペックも十分上回っているのでオススメです。

パソコン工房 LEVEL-M77M-137F-TLX

BlueStacksへオススメしたいPC4台目は、パソコン工房のデスクトップPC「LEVEL-M77M-137F-TLX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC

LEVEL-M77M-137F-TLXの価格は239,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目LEVEL-M77M-137F-TLX
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7 13700
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB

CPUへハイエンドのCore i7、グラフィックスへ中価格帯グラボのRTX4070を搭載しており、複数起動もできるスペックになっています。

ストレージの容量が500GBもあるので、Androidアプリのゲーム実況撮影にもオススメなゲーミングPCです。

マウスコンピューター G-Tune FZ-I7G70

5つ目のBlueStacksにオススメのゲーミングPCは、マウスコンピューターのデスクトップPC「G-Tune FZ-I7G70」です。

マウスコンピューター:ゲーミングPC
出典元:マウスコンピューター

G-Tune FZ-I7G70の価格は479,800円であり、具体的なPCスペックは下表になります。

項目G-Tune FZ-I7G70
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 13700KF
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

グラフィックスへ単体で約15万円のRTX4070、CPUへ最新のCore i7を搭載しており、プロレベルのゲーミング性能があります。

メモリとストレージも大容量なので、BlueStacksのゲーム配信やマルチタスクにもオススメできるPCスペックです。

タイトルとURLをコピーしました