本サイトではASP広告を利用しています

PremierePro推奨おすすめノートパソコン6選!スペックやメモリを解説

パソコン
この記事がオススメな人
  • PremiereProはノートPCでもok?
  • PremierePro推奨スペックを教えて
  • PremiereProにオススメのPCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではPCスペックレビューのプロである私がPremiere Proにおすすめのノートパソコンを紹介していきます。

安くてスペックが高いノートパソコンを紹介しているので、Premiere Pro用のノートパソコンを探している場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

PremierePro推奨ノートパソコンスペック

最低動作スペック

Adobe公式サイトによるとPremiere Proの最低動作スペックは下表のようになっており、グラフィックボードを搭載したパソコンが要求されています。

PremierePro最低動作スペック
OSWindows10 64ビット以降
MacOS11以降
CPUIntel 第6世代以降
AMD Ryzen 1000以降
グラフィックスVRAM2GB以上
Appleシリコン8GB統合メモリ
メモリ8GB以上
ストレージ8GB以上の空き

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

CPUの条件だけであれば最新のグラボ非搭載ノートパソコンでも満たせますが、グラフィックスにはVRAM2GB以上のグラボが要求されています。

VRAM2GBのグラボとしては2015年に発売されたGeForce GTX950などがあり、GTX950は当時のエントリー向けゲーミングPCにも使われていたほどの性能です。

CPUの内蔵GPUだけではGTX950の性能を超えることは難しいため、Premiere Proを使用する場合は2015年のゲーミングPC以上のスペックが必要と考えるべきです。

推奨スペック

Adobe公式サイトによるとPremiere Proの推奨スペックは下表のようになっており、HD画質でも現在のエントリー向けゲーミングPCクラスが要求されています。

PremierePro推奨スペック
OSWindows10 64ビット以降
MacOS11以降
CPUIntel 第11世代以降またはAMD Ryzen 3000以降
Appleシリコン M1以降
グラフィックスHD画質:VRAM4GB以上、4K画質:VRAM6GB以上
Appleシリコン16GB統合メモリ
メモリHD画質:16GB以上、4K画質:32GB以上
Appleシリコン:16GB統合メモリ
ストレージ8GB以上の空き(SSDを推奨)

CPUには直近3~4年以内に発売されたモデルが推奨されており、発売から5年以上経過したモデルでは推奨CPUを満たせません。

グラフィックスには最低でもVRAM4GB以上を持つグラボが推奨されており、2016年に発売されたGeForce GTX1050 Tiなどが4GBのVRAMを搭載しています。

4K画質の場合は推奨グラフィックスが6GB以上のVRAMになっているので、2019年に発売されたGeForce GTX 1660以上のグラボが必要です。

ちゃすく
ちゃすく

実質、「2019年以降に発売されたゲーミングPCが必要」と書いてある感じ

また、メモリも16GB以上が推奨されているので、一般的な家電量販店で売っているノートパソコンではスペックを満たせないと考えるべきでしょう。

PremierePro推奨おすすめノートパソコン6選

Premiere Proへおすすめのノートパソコンには下記があるため、詳しい内容を解説していきます。

マウスコンピューター DAIV R4-I7G50WT-A

Premiere Proにオススメの安いノートパソコン1台目は、マウスコンピューターの「DAIV R4-I7G50WT-A」です。

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター

DAIV R4-I7G50WT-Aの価格は109,800円であり、マウスコンピューターのクリエイターPCです。

項目DAIV R4-I7G50WT-A
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラボNVIDIA GeForce RTX 3050
ストレージ512GB (M.2 NVMe SSD)

DAIV R4-I7G50WT-Aには下記の特徴があり、10万円台の安い価格でグラフィックボードを搭載したノートパソコンです。

特徴
  • 12コア16スレッドのCPUでプレミアプロの推奨CPU超え
  • VRAM6GBのGeForce RTX 3050を搭載
    →プレミアプロのGPU機能を利用できる
  • 16GBの大容量メモリを搭載
    →最大64GBまで増量可能
  • 14インチディスプレイ&重量1.44kg
  • HDMIやUSB3.1 Type-C、Thunderbolt 4を搭載
  • 安全安心の国内メーカー
  • 最大36回までクレカなしで分割払い可能&手数料0円

Intelの12世代ハイエンドCPUとNVIDIAのエントリー向けグラボ「RTX3050」を採用したPCであり、ノートパソコンでもPremiere Proを快適に利用できます。

ちゃすく
ちゃすく

マウスコンピューターは3年間のセンドバック修理保証があるので、故障しても送料分だけの負担で直してもらえます

マウスコンピューター NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

Premiere Proにオススメのノートパソコン2つ目は、マウスコンピューターのノートPC「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格は139800円(WEB限定)であり、具体的なスペックは下記の通りです。

項目NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop(VRAM6GB)
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

CPUへコスパに優れたRyzen5、VRAM6GBのグラボを搭載しており、Premiere ProのフルHD推奨スペックを上回っています。

特徴
  • Adobe系ソフトやPCゲームへオススメのRTX4060搭載
  • リフレッシュレート165Hz対応の液晶パネル搭載
  • 6コア12スレッドのRyzen 5によりマルチタスク性能も高い
  • 16GBのメモリを32GBへ増設可能
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
  • 安心安全の国内メーカー
  • 16インチの大画面ディスプレイ
  • HDMIやUSB3.1 Type-C、Thunderbolt 4を搭載

14万円以内でありながらPremiere ProでフルHD動画を快適に編集できるため、予算を安く抑えたい方にオススメです。

Apple 13インチMacBook Pro

Premiere Proにオススメのノートパソコン3台目は、AppleのノートPC「Apple 13インチMacBook Pro」です。

13インチMacBook Proの価格は178,800円〜であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目13インチMacBook Pro
OSMacOS
CPUApple M2(8コアCPU)
グラフィックスApple M2(10コアGPU)
メモリ8GB(最大24GBまで増量可)
ストレージSSD 250GB(最大2TBまで増量可)

M2以降のグラフィックス性能はベンチマークテストでGTX1650以上であり、Premiere Proでも使えるスペックになっています。

初期設定のメモリは8GBですが、注文時に24GBまで増設できるので、Premiere Pro用であれば16GB以上がオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

ストレージも500GB以上に増設したい

マウスコンピューター NEXTGEAR J6-A5G60GN-A

Premiere Proにおすすめの安いノートパソコン4台目は、マウスコンピューターの「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR J6-A5G60GN-Aの価格は164,800円であり、2つ前で紹介した「NEXTGEAR J6-A5G60GN-A」のメモリとストレージを増設したモデルです。

項目NEXTGEAR J6-A5G60GN-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ32GB(増設可能)
ストレージSSD:1TB

Premiere Proの推奨スペックをすべてのPCパーツで満たしており、16万円台の低価格で4K画質の動画を編集できます。

特徴
  • 16インチの大きめディスプレイを搭載
  • RTX4060でプレミアプロの推奨性能を上回る
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 6コア12スレッドのRyzen 5によりマルチタスク性能も高い
  • 32GBのメモリでPCゲームや動画編集も快適
  • 1TBのSSDでソフトやPCの起動が早い
    →フルHD(1080p)動画なら約166時間分保存できる
  • 最大36回まで分割払いでき、分割払い手数料0円
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

16万円という価格だけを見れば高い気もしますが、一般的な家電量販店であれば20万円以上になるモデルなので十分安いと言えます。

マウスコンピューター G-Tune E6-A7G70BK-A

Premiere Proにオススメのノートパソコン5台目は、マウスコンピューターのノートPC「G-Tune E6-A7G70BK-A」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E6-A7G70BK-Aの価格は279,800円(WEB限定)であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune E6-A7G70BK-A
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 7 7840HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop(VRAM8GB)
メモリ32GB
ストレージSSD:1TB

グラフィックスへVRAM8GBのRTX4070、メモリを32GBも搭載しており、Premiere Proの4K推奨スペックを上回っています。

特徴
  • AMDのハイエンドCPUで処理性能が高い
  • 32GBの大容量メモリを搭載
    →4Kの高画質編集も可能
  • RTX4070の高グラフィックス性能
    →VRAM8GBでプレミアプロが快適
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
  • 16インチの大画面ディスプレイ
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

30万円以内で購入できるノートパソコンとして最高クラスのパフォーマンスがあるため、Premiere Proを快適に使いたい人にはオススメです。

マウスコンピューター DAIV Z6-I9G70SR-A

Premiere Proにオススメのノートパソコン6台目は、マウスコンピューターのノートPC「DAIV Z6-I9G70SR-A」です。

マウスコンピューター:ノートPC、DAIV
出典元:マウスコンピューター

DAIV Z6-I9G70SR-Aの価格は399,800円であり、具体的なノートパソコンスペックは下表の通りです。

項目DAIV Z6-I9G70SR-A
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i9 13900H(14コア20スレッド)
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop(VRAM8GB)
メモリ64GB
ストレージSSD:2TB
価格399,800円

Intelの超ハイエンドCPUと高性能グラボ、64GBの大容量メモリを搭載しており、Premiere Proを使いながらライブ配信もできる性能です。

特徴
  • VRAM8GBのGeForce RTX 4070を搭載
    Premiere Proの推奨スペックを余裕で上回り、GPU機能も使える
  • 超ハイエンドCPUと64GBメモリで快適!
  • 2TBの大容量SSDなのでPCの起動が早く、約320時間分の動画を保存可能
  • 16インチの大画面ディスプレイ
  • HDMIやUSB3.1 Type-C、Thunderbolt 4を搭載
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0
  • 国内生産のマウスコンピューターなので安全&安心

マウスコンピューターであれば最大36回まで分割払い手数料0円で支払えるため、ノートパソコンで長くPremiere Proを使用したい人にはオススメです。

PremierePro用ノートパソコンの選び方4選

Premiere Proにおすすめのノートパソコンを選ぶときは下記へ注意しなければいけないため、詳しい内容を解説していきます。

ミドルレンジ以上のCPUを推奨

Premiere ProはIntelであれば11世代以降のCPUを推奨していますが、快適に動画編集をしたいのであれば11世代以降のミドルレンジ以上のCPUがオススメです。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途の例3Dゲーム開発
大規模CG作成
VRゲーム
3Dモデリング
PCゲーム
動画編集
動画視聴
Office
ネットサーフィン
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能
ちゃすく
ちゃすく

Intelの11世代CPUは2021年に発表されたモデルです

CPUは世代ごとに性能が上がっていますが、クラスごとにも性能が分けられており、ハイエンドCPUや超ハイエンドCPUは性能が非常に高いです。

11世代以降のCPUであってもローエンド以下のクラスではPremiere Proが重くなりやすいため、必ずミドルレンジ以上のCPUを選ぶようにしたいです。

特にAfter Effectsを一緒に使う場合はハイエンドや超ハイエンドクラスのCPUが必要になるケースもあるので、用途によってはハイエンド以上のCPUを選ぶこともオススメです。

スポンサーリンク

グラフィックボードはほぼ必須

Premiere Proは最低動作スペックと推奨スペックの両方でグラフィックボードの搭載を要求しており、グラボは必須と言えます。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

一応、Appleシリコンを搭載したMacの場合はグラボの記載がありませんが、Appleシリコンはグラボへ匹敵するほどのグラフィクス性能を持っています。

そのため、グラボなしノートパソコンではPremiere Proがマトモに動かないと考えるべきです。

グラボなしノートパソコンだと..
  • プレビューが重い・カクツク
  • エンコードに時間がかかる
  • グラボを利用する機能が使えない

グラボを選ぶ際は最低でも2016年に発売されたGeForce GTX1050 Ti、可能であれば2019年に発売されたGeForce GTX1660以上の性能を持つモデルを選ぶとよいでしょう。

グラボの性能がよく分からない場合は「PremierePro推奨おすすめノートパソコン6選」で紹介したグラボ搭載ノートパソコンを参考にしてください。

メモリは絶対に16GB以上

Premiere Proは他の動画編集ソフトよりも推奨されるメモリの容量が大きく、4Kでは32GB以上になっています。

動画編集ソフト最低動作メモリ推奨メモリ
Premiere Pro8GB以上HD画質:16GB以上、4K画質:32GB以上
Appleシリコン:16GB統合メモリ
Filmora8GB以上HDまたは4Kには16GB以上
PowerDirector4GB以上8GB以上

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

メモリ不足はPCやPremiereProへ下記などの影響を与えるので、絶対に推奨スペック以上を用意しておきたいです。

  • PCやソフトの動作が重くなる
  • 動画編集中にソフトが落ちる
  • 複数のソフトを併用できない

家電量販店のノートPCは8GBが多いので、Premiere Proを使う場合は増設するか、ゲーミングPCやクリエイターPCの導入がオススメです。

ストレージはSSD 500GB以上

Premiere Proにはメモリだけでは足りないデータを仮保存する「仮想記録ディスク」があり、仮想記憶ディスクにはSSDが推奨されています。

ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。
ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。
HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

公式サイトの推奨スペックにストレージの指定はありませんが、最新のM.2SSDであればHDDよりも速度が大幅に大きいので、無視できない差になります。

出典元:https://note.cman.jp
比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

また、Premiere Proで作成した動画を保存する役割があるため、ストレージは可能な限り大容量にしておくと便利です。

PremierePro推奨おすすめノートパソコン6選」では500GB以上のSSDを搭載したモデルを紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました