本サイトではASP広告を利用しています

Linux mintの推奨スペックは?注意点やオススメPC4選を解説

パソコン

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • Linux mintにオススメのPCは?
  • Linux mintの推奨PCスペックは?
  • Linux mintを使ってみたい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、Linux mintの推奨スペックは十分低いので、現在販売されているPCなら大体対応しています。

正直、7年以内に発売された中古PCでも大半が推奨スペックを満たすので、パソコン工房などで中古PCを買うのも1つの方法です。

出典元:パソコン工房
スポンサーリンク

Linux mintの推奨スペックと注意点3選

Linux mintの推奨スペックは下表であり、3種類とも共通の推奨スペックとなっています。

項目Linux mintの推奨スペック
CPU2GHz
メモリ4GB
グラフィックス必要スペックの明記なし
ストレージ100GB
その他必要なオプションUSBポート又はDVDドライブ インターネット接続

動作に必要なスペックは一般販売されているPCなら大体満たしており、会社で配布されるノートPCでも動きます。

しかし、使用するソフトやインストールしたいエディションによっては注意点があるため、詳しい内容を紹介します。

注意点1:Linux mintには3種類ある

Linux mintのエディションにはCinnamon・MATE・Xfceの3種類があり、下記の違いがあります。

どのエディションでも公表されている推奨PCスペックは変わりませんが、実際に求められるPCスペックは異なってきます。

とは言え、Linux mintの推奨PCスペック自体が十分小さいので、現在販売されているPCならCinnamonが良いでしょう。

パソコン工房のビジネス向けPCシリーズ「SOLUTION」ならLinux mintの推奨スペックも満たしており、コスパも高いです。

パソコン工房:SOLUTION、ビジネス向けPC
出典元:パソコン工房

しかも、パソコン工房ならOS無しでも注文でき、5000円も安くなるのでオススメです。

注意点2:最新版に32ビット版は無い

Linux mintはバージョン20以降から32ビット版がなくなり、64ビット版のLinux mintしか配布していません。

32ビットと64ビットの違いは?

「ビット」は情報の単位を表現しており、32ビットなら「2の32乗」、64ビットは「2の64乗」の情報を一度に処理できます。

処理できる情報量が異なることで下表の違いがあり、現在は64ビットが主流です。

ビット数メモリの容量ストレージの容量製品やソフトの価格
32ビット版最大2~4GB約2TBまで64ビット版より低い
64ビット版約8GB~2TB2TB以上32ビット版より高い

もしも32ビット版のLinux mintをインストールしたい場合は、Linux Mint19.3を選んでインストールしてください。

ただし、現在の主流なソフトやデバイスを使いたい場合は64ビット版のLinuv mintをインストールした方が良いです。

マウスコンピューターのビジネスブランド「MousePro」も64ビット版Linux mintをインストールしても快適であり、余計な付属品はありません。

出典元:マウスコンピューター

国内メーカーなので初期不良があっても対応が早く、最大5年まで延長が可能な長期保証もあるのでオススメです。

注意点3:一部のソフト・機材が使えない

正確にはLinux mintの注意点ではありませんが、そもそもLinuxはWindowsとは異なるOSなので、Windows用のソフトや機材は使えないことがあります。

ちゃすく
ちゃすく

事務やクリエイター作業で使う下記などが使えない

  • Microsoft Office
  • Adobe Photoshop
  • Avid ProTool

もちろん、Linuxはカスタマイズ性が高いのでWindowsでしか使えないソフトや機材を使用する方法はあります。

しかし、Windowsユーザーよりも一手間必要になるため、LinuxをOSとして使う際は気をつけた方が良いでしょう。

パソコン工房のPCであればカスタマイズ注文時に「OSなし」を選べるので、Linux mintを導入する際はオススメです。

Linux mintにオススメなPC4選【推奨】

ここからはLinux mintの推奨PCスペックを満たしたオススメのPCを紹介します。

マウスコンピューター mouse B5-A5A01IS-B

Linux mintにオススメのPC1台目は、マウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-B」です。

出典元:マウスコンピューター

mouse B5-A5A01IS-Bの価格は89,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目mouse B5-A5A01IS-BLinux mint推奨スペック
 CPUAMD Ryzen 5 5560U( 2.30GHz)2GHz
メモリ8GB4GB
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス必要スペックの明記なし
ストレージSSD:256GB100GB
その他USB-TypeA×2、USB-TypeC×2USBポート又はDVDドライブ インターネット接続

CPUへ最新のRyzen5を搭載しており、ノートPCでもOffice系ソフトや画像編集ソフトを快適に扱えるスペックです。

3Dゲームのプレイは難しいですが、Linux mintでブラウザゲームを遊ぶ程度なら余裕なのでオススメです。

パソコン工房 SOLUTION-17FX153-i7-NASX

Linux mintにオススメのPC2台目は、パソコン工房のノートPC「SOLUTION-17FX153-i7-NASX」です。

出典元:パソコン工房

SOLUTION-17FX153-i7-NASXの価格は169,800円であり、詳細なCPUやグラボのスペックは下表です。

項目SOLUTION-17FX153-i7-NASXLinux mint推奨スペック
CPUIntel Core i7 12700H
(4.70GHz 6コア ,3.50GHz 8コア)
2GHz
メモリ16GB4GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050必要スペックの明記なし
ストレージSSD:500GB100GB
その他必要なオプションUSB-TypeC×2、USB-TypeA×2USBポート又はDVDドライブ インターネット接続

IntelのハイエンドCPUを採用しており、Linuxでマルチタスクやプログラミングをしたい人へオススメできるPCです。

グラフィックスへRTX3050を採用しているので、複数ディスプレイや軽量なPCゲームのプレイも十分可能なスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

ノートPCなら十分すぎるスペック!

マウスコンピューター MousePro-S240E

Linux mintにオススメなPC3台目は、マウスコンピューターから販売中の『MousePro-S240E』です。

出典元:マウスコンピューター

MousePro-S240Eの価格は88,880円であり、Linux mintの推奨PCスペックも満たしています。

項目MousePro-S240ELinux mint推奨スペック
CPUIntel Celeron G6900(3.4GHz)2GHz
メモリ8GB4GB
グラフィックスIntel UHD グラフィックス 710必要スペックの明記なし
ストレージSSD:256GB100GB
その他必要なオプションUSB-TypeA×8、USB-TypeC×1USBポート又はDVDドライブ インターネット接続

事務作業や多少のブラウザゲーム、初心者向けプログラミングの学習なら問題なく動かせるスペックです。

ただし、グラフィックスの処理能力が低いので、動画編集や本格的なPCゲームは難しいです。

とはいえ、マウスのデスクトップPCであれば後からメモリやグラフィックボードを自分で増設できるので、将来的に色んなことへ挑戦したい人へオススメです。

マウスコンピューター NEXTGEAR JG-A7G60

Linux mintにオススメなPC4台目は、マウスコンピューターで販売中の「NEXTGEAR JG-A7G70」です。

出典元:マウスコンピューター

NEXTGEAR JG-A7G70の価格は194,800円であり、ミドルクラスのゲーミングPCになります。

項目NEXTGEAR JG-A7G70Linux mint推奨スペック
OSWindows 11 Home 64ビット2GHz
CPUAMD Ryzen 7 5700X4GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070必要スペックの記載なし
メモリ16GB100GB
ストレージSSD:1TBUSBポート又はDVDドライブ インターネット接続

AMDのハイエンドCPUとRTX4070を搭載しているので、4Kの動画編集やGPU機能にも対応したPCモデルになります。

CPUにIntelのハイエンドモデル、グラフィックスへ約8万円のRTX 3070を搭載しており、PCゲームや実践レベルのプログラミングも可能です。

SSDの容量が1TBもあるため、動画編集やプログラミング用のデータセット保管にもオススメできるスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

Linux mintに使うのは勿体無い気もする

グラボがRTXシリーズなので「レイトレーシング」と「DLSS」にも対応しており、ゲーム実況の動画編集も可能です。

16GBのメモリで動画編集も余裕であり、1TBの大容量ストレージで大量の動画を保存できます。

パソコン工房 中古PC全般

パソコン工房では中古PCの買取と販売も扱っており、7年以内に発売されたPCであれば大半はLinux mintが動作します。

ちゃすく
ちゃすく

パソコン工房の中古PCサイトは」デジタルドラゴン」

出典元:パソコン工房

もちろん1点限りなので時期によって中古PCのラインナップは変わりますが、ゲーミングPCやMacもあるので種類は多いです。

Linux mintであれば中古PCでも快適に動くので、予算やリスクを抑えたい場合はオススメです。

タイトルとURLをコピーしました