本サイトではASP広告を利用しています

競馬用おすすめ安いノートパソコン6選!ターゲットの推奨スペックや選び方をプロ解説

ノートパソコン
この記事がオススメな人
  • 競馬用ノートパソコンが欲しい
  • ターゲットの推奨スペックは?
  • 競馬で使えるノートPCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではPCスペックレビューのプロである私が競馬におすすめの安いノートパソコンを紹介していきます。

競馬に必要なノートパソコンのスペックや選び方も解説しているので、パソコンのスペックがよくわからない場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

競馬におすすめのノートパソコンスペック

競馬の必要動作スペック

競馬関連のソフトウェアやオンラインサービスを利用するために必要な最低限のスペックは以下の通りです。

項目必要動作スペック
OSWindows 10, 11 (64bit)
CPUIntel Core i3 以上
メモリ4GB 以上
ストレージ128GB SSD
グラフィックス内蔵 GPU (Intel UHD Graphics 620 以上)
ネットワーク高速インターネット接続(光回線推奨)
ちゃすく
ちゃすく

上記のスペックはターゲットの推奨スペックを満たした性能です

PCメーカーの直販サイトなどであれば5万円程度でも満たせるスペックであり、家電量販店の場合は8万円程度のスペックになっています。

ただし、現在のWindowsは何もソフトやアプリを使っていない状態でもメモリの使用量が大きい傾向にあるため、できれば8GB以上のメモリを搭載したノートパソコンがよいでしょう。

あくまでも上表のスペックは「競馬用ソフトを最低限使えるスペック」でしかないため、実際に使用する場合は次章で紹介する推奨スペックを満たしたモデルがオススメです。

競馬の推奨スペック

より快適に競馬関連のソフトウェアを利用するために推奨されるスペックは以下の通りです。

項目推奨スペック
OSWindows 10, 11 (64bit)
CPUIntel Core i5 相当以上
メモリ8GB 以上
ストレージ256GB SSD
グラフィックス内蔵 GPU (Intel Iris Xe Graphics 以上)
ネットワーク高速インターネット接続(光回線推奨)

PCメーカーの直販サイトであれば8万円程度、家電量販店の場合は12万円前後で販売されているほどのスペックになります。

CPUへミドルレンジ以上、8GB以上のメモリを推奨しており、競馬ソフトだけでなく、Officeや事務ソフトなども使えるスペックになっています。

上表のスペックであればターゲットを使用しながらライブ配信を見れるため、競馬用のノートパソコンを用意する場合は上表以上のモデルがオススメです。

スポンサーリンク

競馬におすすめの安いノートパソコン6選

ここからは競馬におすすめの安い下記ノートパソコンを紹介していきます。

マウスコンピューター mouse B5-A5A01IS-C

競馬におすすめの安いノートパソコン1台目は、マウスコンピューターの「mouse B5-A5A01IS-C」です。

出典元:マウスコンピューター

競馬関連のソフトウェアを快適に動かすために必要なスペックを備えたバランスの良いモデルです。

項目詳細
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 5625U
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
メモリ8GB
ストレージ256GB SSD
価格79,800円
特徴
  • リーズナブルな価格でありながら、高い性能
  • 文章作成や軽いグラフィックス処理などの幅広い用途に対応
  • 3年間のセンドバック保証と24時間365日の電話サポート
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

コストパフォーマンスが高く、競馬関連のソフトウェアだけでなく、文書作成やインターネットブラウジングにも十分対応できる性能です。

パソコン工房 SENSE-15FH127-i7-UHSX

競馬におすすめの安いノートパソコン2台目は、パソコン工房の「SENSE-15FH127-i7-UHSX」です。

IntelのハイエンドCPUを採用しており、クリエイティブ用途にも使える高性能ノートパソコンです。

項目詳細
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 12650H
グラフィックスIntel Iris Xe Graphics
メモリ16GB
ストレージ500GB SSD
価格103,800円
特徴
  • Intel Core i7 12650Hにより、競馬ソフトや軽量なシミュレーションにも対応
  • 16GBのメモリにより、複数のアプリを同時使用する場合でも快適
  • 15.6インチのフルHDディスプレイで見やすい
  • スペックに対して価格が抑えられており、コストパフォーマンスが高い
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

大容量メモリと高速ストレージにより、多数のアプリケーションを同時に使用しても快適に動作します。

ASUS TUF Gaming A15 FA506NC

競馬にオススメの安いノートパソコン3台目は、ASUSのゲーミングノートパソコン「TUF Gaming A15 FA506NC」です。

TUF Gaming A15 FA506NCの価格は129,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目TUF Gaming A15 FA506NC
OSWindows11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 7535HS
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
メモリ16GB(増設注文可能)
ストレージSSD:512GB
価格129,800円

グラフィックスへエントリー向けグラフィックボードを搭載しており、競馬シミュレーションソフトにも対応できるスペックです。

特徴
  • VRAM4GBのRTX3050 Laptopを搭載
    →PCゲームをプレイできるほどのグラフィック性能
  • 6コア12スレッドCPUで競馬ソフトの動作が快適
  • Xbox Game Pass Ultimate (3ヶ月利用権)が無料付属
  • 92万画素Webカメラとマイク内蔵
  • 15,6インチの大きめディスプレイ&144Hz

パソコン工房 SENSE-15FX155-i7-PLSX

競馬におすすめの安いノートパソコン4台目は、パソコン工房の「SENSE-15FX155-i7-PLSX」です。

ハイエンドな性能を持つノートパソコンで、競馬関連の全ての用途に対応します。

項目詳細
OSWindows 11
CPUIntel Core i7 13700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4050
メモリ16GB
ストレージ500GB SSD
価格184,800円

優れたCPUとGPUを搭載しており、競馬関連の動画編集や3Dシミュレーションにも対応できます。

特徴
  • 14コア20スレッドCPUで高負荷の作業でも快適
  • NVIDIA GeForce RTX 4050により、3Dモデリングやレンダリングの処理速度が向上
  • 16GBのメモリにより、複数のアプリを同時に使用しても快適
  • 15.6インチのフルHDディスプレイが大きくて見やすい
  • 高性能でありながら、価格が抑えられており、コスパに優れる
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

マウスコンピューター DAIV Z6-I7G60SR-A

競馬におすすめの安いノートパソコン5台目は、マウスコンピューターの「DAIV Z6-I7G60SR-A」です。

クリエイター向けの高性能ノートパソコンで、競馬関連の高度な解析ソフトウェアにも対応可能です。

項目詳細
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7 13700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
メモリ32GB
ストレージ1TB SSD
価格279,800円

大容量メモリと高性能CPUにより、競馬のデータ解析や大量のデータ処理にも適したノートパソコンです。

特徴
  • 14コア20スレッドCPUにより、高負荷の作業でも快適
  • NVIDIA GeForce RTX 4060により、3Dモデリングやレンダリングの処理速度が向上
  • 32GBメモリで重たいソフトや複数ソフトでもPCが重くならない
  • 1TBのSSDにより、大量のデータも安心して保存でき、作業効率が向上
  • 16インチのフルHDディスプレイが大きくて見やすい
  • 国内生産の製品であり、3年間のセンドバック修理保証と24時間365日の電話サポート付き
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

マウスコンピューター DAIV Z6-I9G70SR-A

競馬におすすめの安いノートパソコン6台目は、マウスコンピューターの「DAIV Z6-I9G70SR-A」です。

最高クラスのスペックを持つノートパソコンで、競馬関連の全ての作業を最速でこなします。

項目詳細
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i9 13900H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4070 Laptop
メモリ64GB
ストレージ2TB SSD
価格419,800円

CPUだけでなく、グラフィックスやメモリでも最高スペックを誇り、競馬関連のどんなタスクも快適に処理できるハイスペックノートパソコンです。

特徴
  • Intel Core i9 13900Hの14コア20スレッドにより、非常に高負荷の作業でも快適に行える
  • NVIDIA GeForce RTX 4070により、3Dモデリングやレンダリングの処理速度が非常に高速
  • 64GBのメモリにより、大規模シミュレーションにも対応
  • 2TBのSSDにより、大量のデータも安心して保存でき、作業効率が向上
  • 16インチのフルHDディスプレイなので画面が大きくて見やすい
  • 国内生産の製品であり、3年間のセンドバック修理保証と24時間365日の電話サポート付き
  • 最大36回までクレカなし&手数料0円で分割払い可能

競馬用ノートパソコンの選び方

競馬用ノートパソコンを選ぶ時の注意点やオススメを各PCパーツごとに解説していきます。

選び方1:OS

競馬関連のソフトウェアはWindowsに対応しているものが多いため、Windows OS搭載のノートパソコンが推奨されます。

OSは「オペレーションシステム」の略称であり、パソコン全体を管理するシステムです。
PCへインストールしたソフトのアイコンをクリックするだけで起動するのはOSのおかげです。
OSにはWindows、MacOS、LINUXなど様々な種類がありますが、ソフトやデバイスによって対応OSが異なるので注意してください。

ちゃすく
ちゃすく

よく使われるのはWindows↓

MacBookやChromebookでも競馬ソフトを使えないことはないですが、対応ソフトの少なさや仮想ソフトの使用があるため、少しハードルが高いです。

ちゃすく
ちゃすく

Windows以外だと余計なコストが増えやすいので、安く抑えたい場合はWindowsがオススメ

選び方2:CPU

競馬関連のソフトウェアは処理能力を要求するため、少なくともIntel Core i5またはAMD Ryzen 5以上のCPUを選びましょう。

CPUは「セントラルプロセッサーユニット」の略称であり、プログラムの演算・解釈・実行を行う役割です。
人間の脳に似ており、ソフトウェアの処理や動画の再生にも利用されます。
高性能なCPUを搭載すればPCの処理能力が上がり、高負荷な作業も快適に行えます。
PC全体へ影響を与えるパーツなのでPC選びでは重要です。
CPU製造で有名なメーカーは「Intel」と「AMD」。

Intel Core i5またはAMD Ryzen 5以上であればミドルレンジ以上のCPUになるため、多くの競馬ソフトを利用できる性能があります。

CPUのクラス超ハイエンドハイエンドミドルレンジローエンド超ローエンド
IntelCore i9Core i7Core i5Core i3Pentium、Celeron
AMDRyzen 9Ryzen 7Ryzen 5Ryzen 3Athlon
用途や
できること
3Dゲーム開発
VRゲーム
PCゲーム
プログラミング
動画編集
軽量なPCゲーム
動画視聴
文章作成
ネットサーフィン
軽量なSNSの閲覧
※ハイエンドが高く、ローエンドが低い性能

5年以内に発売されたミドルレンジ以上のCPUであればOfficeなども十分快適に使えるスペックなので、比較的新しいIntel Core i5またはAMD Ryzen 5がオススメです。

スポンサーリンク

選び方3:グラフィックス

競馬関連の3Dシミュレーションや解析ソフトウェアを使用する場合、専用のグラフィックボードを搭載したノートパソコンが必要です。

グラフィックボード(グラボ):画像や映像を表示するための部品(GPU)が集積されたPCパーツ。
連続的な演算処理能力に優れており、ゲーミングPCには搭載されている。
非搭載の場合はCPU内蔵パーツが同じ働きをするが、性能はグラボより低い。

ちゃすく
ちゃすく

PCゲームやライブ配信で映像を処理するために使われるPCパーツです。
でも、価格が高いので一般的なパソコンには搭載されてません。

シミュレーションや解析ではCPUよりもGPUの性能が大切になり、グラフィックボード非搭載パソコンではマトモにシミュレーションできないこともあります。

ちゃすく
ちゃすく

シミュレーションなどはグラフィックスへ大きな負担がかかるので、グラボ非搭載では重すぎて落ちやすいです…

競馬関連のシミュレーションであればエントリー向けのグラボでも十分なので、予算に余裕があればグラボ搭載ノートパソコンを選ぶとよいでしょう。

グラボを搭載し、コスパに優れたノートパソコンには下記があるため、ぜひ参考にしてください。

選び方4:メモリ

競馬用ノートパソコンだとメモリは8GB以上を推奨しますが、16GB以上あるとより快適に使用できます。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。
作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

アプリやダウンロードファイルを保存する「ストレージ」とは別物なので注意

←ストレージ、メモリ→

ターゲットなどの競馬ソフトだけであればメモリ不足になりにくいですが、下記のような状態ではメモリが不足しやすいです。

  • YouTubeのライブ配信を見ながら競馬ソフトを使う
  • Excelなどに情報をまとめながら競馬ソフトを使う
  • Zoomで画面共有しながら競馬ソフトでシミュレーション

気をつければ8GBのメモリでも十分ですが、上記のような作業を快適に行いたい場合は16GB以上のメモリを搭載したノートパソコンがオススメです。

競馬におすすめの安いノートパソコン6選」では16GB以上のメモリを搭載したノートパソコンを中心に紹介しているので、重くなりにくいパソコンを求めている場合は参考にしてください。

選び方5:ストレージ

競馬関連のデータやソフトウェアを多数保存するため、256GB以上のSSDを搭載したモデルを選びましょう。

ストレージはデータやソフトウェアなどを保存するパーツであり、本棚へ例えられることが多いです。
ストレージには「SSD」と「HDD」の2種類があります。
SSDは高速なデータ処理が可能であり、物理的な衝撃にも強いです。
HDDは安価で大容量ストレージを用意できますが、SSDよりもデータ処理が遅いです。

←ストレージ、メモリ→
←ストレージ、メモリ→

ノートパソコンの起動や読み込みを早くしたい場合はHDDよりもSSDがオススメなので、頻繁に使う場合は256GB以上のSSDを搭載したノートパソコンがよいでしょう。

選び方6:ディスプレイ

広い画面で競馬情報を確認したり、複数のウィンドウを同時に開いたりするために、15インチ以上のディスプレイがあると便利です。

15インチ前後であれば一般的なカバンやリュックにも入るサイズ感でありながら、ノートパソコンの中では大きめの画面になります。

小さな画面では複数ウインドウを開きにくいので、競馬用ノートパソコンを求めている場合は15インチ以上のディスプレイがオススメです。

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました