雑談配信の必要PCスペックは?注意点やオススメPCを解説

ゲーム実況
この記事がオススメな人
  • 雑談配信の必要PCスペックは?
  • 雑談配信にオススメのPCは?
  • 雑談配信をこれから始めたい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事では雑談配信で必要になるPCスペックや注意点を解説します。

マウスコンピューターのG-Tuneシリーズであれば雑談配信やゲーム配信などへ幅広く対応でき、PCスペックも高いのでオススメです。

マウスコンピューター ゲーミングPCシリーズ「G-Tune」
マウスコンピューター(Mouse Computer)
スポンサーリンク

雑談配信の必要スペックは?注意点も解説

「雑談配信」と一括りにしても「お絵描きしながら雑談」「Vtuberで雑談」などで必要なPCスペックは変わってきます。

ただし、シンプルな雑談配信をする場合であれば下表のPCスペックでも十分です。

項目必要スペック推奨スペック
CPUIntel Core i5相当
(過去5年以内に販売されたモデル)
Intel Core i7相当
(過去5年以内に販売されたモデル)
メモリ8GB16GB

ただし、雑談配信のやり方によっても必要なスペックが異なるので、配信や配信用PC選びで注意したい点を3つ紹介していきます。

また、記事後半ではやりたいこと別にPCを紹介していますので、PC選びがよくわからない場合は参考にしてください。

注意点1:ネットの通信速度にも注意が必要

雑談配信では安定したインターネット接続と通信速度が重要であり、通信が安定しない場合は映像がカクついたり、声や音がズレたりします。

アップロード速度は最低でも約10mbpsあれば、配信者も視聴者もストレスなく雑談配信を楽しめるでしょう。

もし通信速度を確認したい場合は、通信速度の計測サイトを利用してください。
インターネット回線の速度テスト(外部サイト)

通信の安定性は無線接続の場合、PCとルーターの間に棚や壁がないか、遠く離れていないかなどが重要です。

物があったり、距離があいたりすると、電波が弱くなりやすいので通信が不安定になりやすいです。

改善したい場合は間にあるものを減らしたり、LANケーブルを使用して有線接続にするのもオススメです。

ASUSのゲーミングルーターであればWi-Fiでも高速通信が可能であり、有線ならゲーミングLANポートがあるのでオススメです。

注意点2:お絵描き配信には少しスペックが必要

雑談配信しながら絵を描く場合はペイントソフトの推奨スペックを満たす必要があり、CLIP STUDIO PAINTであれば下表になります。

項目Windows搭載PCMacOS搭載PCiPadシリーズ
OSWindows 8.1、10、11(各64bit)macOS10.15、11、12、13iPadOS 15、iPadOS 16
CPUSSE2に対応したIntel、AMD製CPUApple Mシリーズチップ、Intel製CPU指定なし
GPUOpenGL 2.1に対応したGPUOpenGL 2.1に対応したGP指定なし
メモリ2GB以上のメモリ必須 8GB以上推奨2GB以上のメモリ必須 8GB以上推奨2GB以上のメモリ必須 4GB以上推奨
ストレージ3GB以上3GB以上6GB以上
出典元:CLIP STUDIO PAINT

上記を満たすだけなら10万円以内のPCでも可能ですが、お絵描きの規模によってはグラフィックボードなどを搭載したPCも必要です。

グラフィックボード(グラボ)は画面の描画を担当するパーツであり、「GPU」と呼ばれる演算用プロセッサが搭載されています。
連続的な演算処理能力に優れており、PCゲームの描画や仮想通貨のマイニング、CADの3Dモデリングなどで重要になるパーツです。
一般的に「ゲーミングPC=グラボ搭載PC」と認識されています。

もちろん、将来的にゲーム配信なども考えている場合は絶対にグラフィックボード搭載PCを選んだ方が良いでしょう。

FRONTIERのゲーミングPCであればグラフィックボードも搭載しており、コスパも高いのでオススメです。

注意点3:VtuberはVtube Studioの推奨スペック

雑談配信をVTuberとして行う場合、VTube Studioの推奨スペックを満たす必要があります。

VTube Studio最低スペック推奨スペック
OSWindows 7、Catalina 10.15.7以降Windows 10 、Catalina 10.15.7以降
CPUWindows:AMD / Intel 1.8GHz以上
Mac:Intel Core i5以上
Windows:AMD / Intel CPU 2.5 GHz以上
Mac:Intel Core i7またはM1以降
グラフィックスAMD/NVIDIA 2GBAMD/NVIDIA 4GB
メモリ4 GB6 GB
ストレージ3 GB4 GB

VTube StudioはVTuberがモデルを制御するために必要な処理が一通り揃った無料ソフトです。

また、VTube Studioには配信機能が無いため、配信ソフトも別途必要であり、人気Vtuberは20万円以上のゲーミングPCを使っています。

VTubeStudioの推奨PCスペックついては下の記事で紹介しているので参考にしてください。

スポンサーリンク

雑談配信にオススメのPCスペック5選【推奨スペック】

ここからは雑談配信にオススメのPCを配信しながらやること別に紹介します。

カスタムにも限度があるので、雑談内容が決まっている場合はやりたいことに合わせてPCを用意するようにしましょう。

FRONTIER FRMDB660/B

雑談配信にオススメのPC1つ目は、FRONTIERの「FRMDB660/B」です。

出典元:FRONTIER

FRMDB660/Aの価格は94,800円であり、雑談配信をとりあえず始めてみたい方にオススメのPCです。

項目FRMDB660/B
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i5-12400
メモリ8GB
グラフィックカードIntel UHD グラフィックス
ストレージ512GB M.2 NVMe SSD

CPUにCore i5-12400を搭載し、低価格帯ながら最低限の性能は揃っており、コスパに優れています。

ただし、グラボがないのでクリスタやillustratorの挙動は制限される他、ゲームもブラウザゲーム程度しか遊べません。

手の込んだ配信をするつもりがなく、普段もPCの性能を実感するような使い方をしない配信社へオススメのPCです。

マウスコンピューター G-Tune E5-165-WA

雑談配信へオススメしたいPCの2台目は、マウスコンピューターの「G-Tune E5-165-WA」です。

出典元:マウスコンピューター

G-Tune E5-165-WAの価格は199,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune E5-165-WA
OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-12700H
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060 Laptop GPU
メモリ16GB
ストレージSSD:512GB

IntelのハイエンドCPUとNVIDIAのノートPC向けグラボを採用しており、PC版原神のゲーム配信も可能なスペックです。

ちゃすく
ちゃすく

軽いゲームならVtuberの姿でゲーム雑談も可能!

しかも、ディスプレイが165Hzまで対応できるので、他のPCゲームを144fpsで遊びたい場合にもオススメです。

FRONTIER FRGAH670/C/NTK

雑談配信にオススメのPC2つ目は、FRONTIERの「FRGAH670/C/NTK」です。

出典元:FRONTIER

FRGAH670/C/NTKの価格は194,800円であり、CPUにCore i7-12700F、グラボにGeForce RTX 3060 Tiを搭載したミドルタワーPCです。

項目FRGAH670/C/NTK
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7-12700F
メモリ16GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 3060Ti
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD

グラフィックス性能が高いのでクリスタやillustratorなどで困ることは無く、メモリも16GBあるので快適に動作します。

VTuber活動も2Dモデルであれば絵描き配信が可能ですが、ゲーム配信の雑談はメモリ容量が足りない場合があるかもしれません。

とは言え、ドットや2Dなどの軽いゲーム配信なら問題ありませんし、重いゲームを配信せず、個人で遊ぶなら十分なスペックです。

しかし、バトルフィールドやホグワーツレガシーなどの重い3Dゲームを配信するのは難しいでしょう。

マウスコンピューター G-Tune DG-A7G70

Vtuberなどの雑談配信にオススメのPC3つ目は、マウスコンピューターの「G-Tune DG-A7G70」です。

マウスコンピューター G-Tune
出典元:マウスコンピューター

G-Tune DG-A7G70の価格は264,800円であり、CPUにRyzen 7 5700X、グラボにGeForce RTX 3070を搭載したハイエンドPCです。

項目G-Tune DG-A7G70
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUAMD Ryzen 7 5700X
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 3070
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD

メモリを32GB搭載しており、ApexやFortniteほどのPCゲームならフルHD&100fps以上でプレイしながら配信できます。

ちゃすく
ちゃすく

通常プレイのFortniteなら4K画質でも100fpsを超えます!

VtuberをやりながらPCゲームの雑談配信をする場合は不安のあるスペックですが、普通の雑談配信やゲーム配信なら十分な性能でしょう。

FRONTIER FRGBZ790/SG2

雑談配信にオススメのPC3つ目は、FRONTIERの「FRGBZ790/SG2」です。

出典元:FRONTIER

FRGBZ790/SG2の価格は439,800円であり、重い3Dゲームの配信にも対応できるハイエンドPCです。

項目FRGBZ790/SG2
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i9-13900F
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 4080
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD

CPUにCore i9-13900F、グラボにGeForce RTX 4080を搭載しているため、ほぼすべてのゲームをフルHD以上の画質で遊べます。

さらにメモリが32GBあるため、3DゲームをしながらVtube StudioやOBSを起動してライブ配信ができます。

スペックに対するコスパ抜群なものの、ほとんどの処理にオーバースペックなので、コスパの良さは疑問です。

タイトルとURLをコピーしました