本サイトではASP広告を利用しています

iPad版クリスタはなぜ買い切りが無い?対処法3選も解説

ガジェット・生活
この記事がオススメの人
  • クリスタの買い切りプランが欲しい
  • iPadでクリスタを使いたい!
  • iPadで買い切りのクリスタは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から言うと、CLIP STUDIO PAINTにiPad版の買い切りプランは用意されておらず、サブスクでしか契約できない仕様になっています。

ただし、2年以下の利用であればサブスクが安く、タブレットPCを活用すれば買い切り版も利用できます。

CLIP STUDIO PAINT
CLIP STUDIO PAINT
開発元:CELSYS,Inc.
無料
スポンサーリンク

iPad版クリスタに買い切り版はない?対処法3選

CLIP STUDIO PAINTの料金プランは下表になっており、iPadには買い切り版のプランが用意されていません。

プラン・端末Windows/MacWindows/Mac/iPad/iPhone
/Galaxy/Android/Chromebook
iPhone/Galaxy/Androidのみ
CLIP STUDIO PAINT PRO買い切り:5,000円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額100円
サブスク:年額700円
CLIP STUDIO PAINT EX買い切り:23,000円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額300円
サブスク:年額2,000円

もちろん、Mac用のCLIP STUDIO PAINTはiPadで起動できず、iPhone用に提供されている機能制限版も使えません。

つまり、iPadでCLIP STUDIO PAINTを使いたい場合はサブスクで契約するしかありません。

しかし、iPadで買い切り版のCLIP STUDIO PAINTを使えるいくつかの対処法があるので、詳しい内容を解説します。

  • タブレットPCを利用
  • 3ヶ月間無料で使う
  • iPadを液タブ&ペンタブ化

対処法1:タブレットPCを利用

iPadの場合は買い切り版を購入できませんが、WindowsOSを搭載したタブレットPCであれば買い切り版を購入しつつ、画面上へ直接描き込めます。

ただし、タブレットPCとして主流なChromeBookは買い切り版が買えないので、必ずWindowsを搭載したタブレットPCを選んでください。

Windowsを搭載したタブレットPCとしてはMicrosoftのSurface Proシリーズが有名であり、イラストレーターにも使われているモデルです。

Surface Proであれば価格帯もiPad ProやAirに近く、モデルによってはiPad以下の価格で購入できるのでオススメです。

対処法2:3ヶ月間無料で使う

iPadではCLIP STUDIO PAINTの買い切り版を購入できませんが、実は初回であれば3ヶ月間も無料で使えます。

CLIP STUDIO PAINT

そのため、まずは3ヶ月間無料で使ってみてからiPadで有料版CLIP STUDIO PAINTを買うべきか検討しても良いでしょう。

また、PC用の買い切り版とiPadのサブスク料金を比較すると下表であり、年額であれば3年目までは差が小さいです。

プラン・年数1年目2年目3年目
買い切り版23,000円23,000円23,000円
サブスク(年額)7,800円15,600円23,400円
サブスク(月額)11,760円23,520円35,280円
CLIP STUDIO PAINT EXの場合

3年目もあればCLIP STUDIO PAINTの新バージョンが公開されることも珍しくないため、サブスクでもあまり割高には感じない可能性があります。

そのため、普通にiPadでサブスク版CLIP STUDIO PAINTを契約するのもオススメです。

CLIP STUDIO PAINT
CLIP STUDIO PAINT
開発元:CELSYS,Inc.
無料

対処法3:iPadを液タブ&ペンタブ化

iPadではCLIP STUDIO PAINTの買い切り版を購入できませんが、iPadとPCを連携すれば液タブ(ペンタブ)のように使えます。

Luna Displayを使えばWindowsのPCでもiPadを液タブ化できるので、Windows用の買い切り版を購入すれば間接的にiPadで利用できます。

もちろん、iPadでCLIP STUDIO PAINTを起動している訳ではないので、若干の遅延があるものの、iPadで買い切り版を使える点は大きなメリットです。

iPad版クリスタはなぜ買い切りがない?

iPad版のクリスタで買い切り版を出さない詳細な理由は不明ですが、下記の理由があると考えられます。

  • 開発コストがかかる
  • ソフトのサブスク化

理由1:開発コストがかかる

CLIP STUDIO PAINTはPCユーザーが多いため、PCよりもユーザー数が少ないiPadユーザーへあまりコストをかけられない可能性があります。

しかも、ほとんどのiOSアプリはiPhoneとiPadで同一ですが、CLIP STUDIO PAINTはiPhoneとiPadで別のアプリを提供しています。

そのため、余計に開発コストがかかりやすく、持続的に収益が見込めるサブスク型でなければサービスの提供が難しい可能性があります。

理由2:ソフトのサブスク化

CLIP STUDIO PAINTに限らず、今はあらゆるソフトがサブスク型へ移行しており、AdobeCCやOfficeもサブスクが当たり前になっています。

そのため、時代が経てばiPadだけでなく、WindowsやMac版のCLIP STUDIO PAINTもサブスクのみに変わる可能性があります。

ちゃすく
ちゃすく

AdobeやMicrosoftもサブスクに切り替えてから利益が大幅に増えたみたいです

サブスク化の流れは止められないので、iPad版で買い切りが提供されないのも仕方ないでしょう。

CLIP STUDIO PAINT
CLIP STUDIO PAINT
開発元:CELSYS,Inc.
無料
タイトルとURLをコピーしました