動画編集用にオススメの外付けHDD・SSD5選!注意点や選び方も解説

動画編集用にオススメの外付けHDD・SSD5選!注意点や選び方も解説PC&スマホ機材など

この記事は下記の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 動画編集用の外付けHDDが欲しい
  • HDDとSSDはどっちが良いの?
  • オススメの外付けSSDを知りたい

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、動画編集には1TB以上の外付けSSDが1番オススメです。
Western DigitalのポータブルSSDであれば1TB以上の容量から選べ、コスパも高いのでオススメです。

スポンサーリンク

外付けHDD・SSDを選ぶ時の注意点

オススメの製品を紹介する前に、外付けHDDやSSDを選ぶ時の注意点を解説します。

選び方1:HDDまたはSSD

結論から言うと、HDDとSSDの優劣を付ける事は出来ませんが、特徴をざっくりまとめると下表になります。

比較HDDSSD
価格安い高い
保存容量多い少ない
転送速度遅い速い
本体の寿命約3年約5年
衝撃への耐性壊れやすい壊れにくい

どちらも一長一短ですが、動画データを大量に扱う動画編集であれば、読み込みが速いSSDを選んだ方が良いでしょう。

ちゃすく
ちゃすく

保管するだけならHDDでもOK

SSDであれば動画の元データを外付けへ配置しても、快適に動画編集ができるのでオススメです。

選び方2:外付けの保存容量

保存容量も動画編集の方法に依りますが、動画編集初心者であれば500GB〜1TBもあれば十分な容量でしょう。

実際に私が編集してきた動画の容量を計測してみると、約10分の動画で0.5GBでした。

500GB〜1TBあれば、10分の動画1000〜2000本分なので十分な容量だと思います。

ちゃすく
ちゃすく

余裕があれば大きな容量もオススメ

各メーカーの外付けHDD・SSDは500GB以上から選べる様になっているので、自身に合った容量を選んでください。

選び方3:製品のサイズや重量

外付けHDD・SSDには「ポータブル型」と「設置型」の2種類があり、特徴や価格が大きく異なります。

基本的に同じ保存容量ならポータブル型が人気になりやすいですが、設置型にもメリットはあります。

設置型ポータブル型
価格安い高い
壊れにくさ壊れにくい壊れやすい
持ち運び難しい簡単
重量重い軽い
保存容量大容量にしやすい小容量が多くなりやすい
電源有無必要な場合有り基本的に無し

動画撮影と編集では場所の移動もよくあるので、どちらかと言えばポータブル型がオススメです。

選び方4:対応OS・デバイス

外付けHDD・SSDのほとんどはWindowsへ対応していますが、MacOSなどの他OSには対応していないことがあります。

フォーマットをすれば対応する製品は多いですが、よく分からない場合は対応OS・デバイスをよく確認した方が良いでしょう。

Western DigitalのポータブルSSDであればMacやPS5にも対応しているのでオススメです。

スポンサーリンク

動画編集用にオススメの外付けHDD・SSD

ここからは動画編集にオススメの外付けHDD・SSDを紹介します。

Western Digital ポータブルSSD Elements

1つ目のオススメ外付けHDD・SSDはWestern DigitalのポータブルSSD Elementsです。

Amazonでの価格は480GBが8480円、1TBが12930円、2TBが23030円です。

接続USB 3.2 Gen 1 (USB 3.0)
対応デバイスPS5、PS4、mac、Windows
サイズ&重量6.45 x 6.45 x 0.86 cm; 27 g
電源不必要
保証期間3年
オススメポイント
  • 最大2mの高さから落としても大丈夫
  • SSDによる最大400MB/ 秒の読出し速度
  • 超小型で軽い!重さは缶コーヒーの空き缶(30g)と同程度
  • 3年保証があるため初期不良や途中で不具合があっても安心

BUFFALO ポータブルSSD SSD-PG1.0U3-B

2つ目のオススメ外付けHDD・SSDはBUFFALOのポータブルSSD SSD-PG1.0U3-Bです。

価格はAmazonで250GBが3980円、500GBが7480円、1TBが10080円、2TBが22980円です。

接続USB 3.2 Gen 1 (USB 3.0)
対応デバイスPS5、PS4、mac、Windows
サイズ&重量‎11.7 x 7.5 x 1.2 cm,‎180 g
電源不必要
保証期間1年
オススメポイント
  • しっかりした接続感で接続トラブルを削減
  • 保存容量を250GB~2TBまで選べる
  • lineなどでも相談を受け付けている
  • 3年保証があるため初期不良や途中で不具合があっても安心

I-O DATA ポータブルHDD HDPT-UTS2K/E

3つ目のオススメ外付けHDD・SSDはIODATAのポータブルHDD HDPT-UTS2K/Eです。

価格はAmazonで1TBで6480円、2TBは8480円、4TBは13566円、6TBは19980円です。

接続USB 3.2 Gen 1 (USB 3.0)
対応デバイスPS5、PS4、mac、Windows
サイズ&重量‎‎11.4 x 7.6 x 1.5 cm; 160 g
電源不必要
保証期間1年
オススメポイント
  • ポータブルHDDなので安くて大容量
  • 保存容量を1TBから6TBまで選べる
  • lineなどでも相談を受け付けている
  • 1年保証があるため初期不良などがあっても大丈夫

BUFFALO 外付けハードディスク HDD

4つ目のオススメ外付けHDD・SSDはBUFFALOの外付けハードディスク HDDです。

Amazonでの価格は2TBが8480円、4TBが10480円、&TBが13280円です。

接続USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
対応デバイスPS5、PS4、mac、Windows
サイズ&重量‎17.1 x 11.4 x 3.3 cm; 900 g
電源必要
保証期間1年
オススメポイント
  • 放熱設計になっているため長持ちしやすい
  • 消えたデータを復旧するバッファロー正規のデータ復旧サービスに対応
  • テレビの録画用にも使用可能
  • 1年保証があるため初期不良があっても安心

I-O DATA 外付けハードディスク HDD

5つ目のオススメ外付けHDD・SSDはI-O DATAの外付けハードディスク HDDです。

Amazonでの価格は2TBは8480円、4TBで10480円、6TBは13280円、8TBは19480円です。

接続 USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0
対応デバイスPS5、PS4、mac、Windows
サイズ&重量‎17.2 x 3.4 x 11.5 cm,800g
電源必要
保証期間1年
オススメポイント
  • 凹凸デザインで表面積を増やし放熱性を高めてある
  • 電源有りのタイプではスリム
  • テレビの録画用にも使用可能
  • データ消去ソフト付き
スポンサーリンク

他の動画編集者はコチラも読んでます

当ブログ「ちゃすろぐ」では動画編集やPCに関する記事を執筆しています。

他の動画編集者は下の記事も読んでいるので、興味があればチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

ブックマークや共有もお願いします

タイトルとURLをコピーしました