キヨも使用|Mac対応キャプチャーボード3選【初心者実況者にオススメ】

キヨも使用|Mac対応キャプチャーボード3選【初心者実況者にオススメ】PC&スマホ機材など

この記事は下記の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • Macに対応したオススメのキャプボを知りたい
  • どんなキャプチャーボードがオススメ???
  • 人気実況者も使っているキャプボを教えてほしい

はじまして。ブログ運営と動画投稿をしている「ちゃすく」です。

この記事ではMacにも対応しているキャプチャーボードを紹介・解説していきます。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

スポンサーリンク

そもそもキャプチャーボードとは?

そもそもキャプチャーボードとは「任天堂SwitchやPS5などのゲームハード画面をPCへ取り込むための機材」です。

下画像のようにキャプチャーボードがゲーム機とPCを仲介する事で、ゲーム機の映像をPC本体へ表示し、録画や実況が出来るようになります。

任天堂Switchとpcをキャプチャーボードで接続
ちゃすく
ちゃすく

キャプチャーボードを略して
「キャプボ」と呼ぶこともあるよ

一般的には下画像のようにPCへ外付けするキャプボがよく知られていますが、PC内部へ取り付けるキャプチャーボードも存在します。

キャプボの価格については性能や機能によるため、2,000円~5万円と幅広いことも特徴的です。

実際に上画像の左「GC550 PLUS」はAmazonで約2万円ですが、上画像の右「HDMI キャプチャーボード」はAmazonで約2,000円です。

基本的には価格の高いキャプボを買っておけば、ゲームの実況や配信で問題が起きることは少ないです。

ちゃすく
ちゃすく

キャプボはほとんど「値段=性能」な製品!

しかし、キャプチャーボードの中にはMacへ対応していない製品もあるため、Macへ対応したオススメのキャプチャーボードを紹介・解説してきます。

【キヨ使用】Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS

Macへ対応したオススメのキャプチャーボード1つ目はAVerMediaの「Live Gamer Portable 2 PLUS AVT-C878 PLUS」です。

名前AVT-C878 PLUS
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー対応
パススルー画質/fps4K/60fps
エンコード方式ハードウェア

価格はAmazonで18,900円であり、超人気ゲーム実況者「キヨ」さんはAVT-C878の前モデルを使っていました。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=oY2_AdNTY6U

AVT-C878の大きな特徴は3つあり、1つ目はゲーム実況で必須なパススルー機能が搭載されていることです。

パススルー:ゲームハードの映像をプレイ用のモニターと録画用のPCへ同時に表示する機能。
通常、PCへ表示されるゲーム映像は実際のプレイよりも遅れてしまうためゲームプレイで不利になりやすい。
そこで、パススルー機能を使って遅延が無い映像を他のモニターへ出力することで快適にゲームプレイが出来るようになる。

引用元:https://www.avermedia.co.jp/product-detail/GC551

パススルー機能が無いキャプボだとラグによってマトモなゲームプレイが出来ないため、遅延を限りなく0にするパススルー機能は実況で絶対に欲しいです。

ちゃすく
ちゃすく

安いキャプボにはパススルー機能が無いので注意!

AVT-C878の2つ目の特徴は「ハードウェアエンコード」を採用していることです。

キャプチャーボードには下記2種類のエンコード方法があり、AVT-C878のハードウェアエンコードはPCへあまり負荷をかけません。

ハードウェアエンコード:キャプボ本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。キャプボが処理するためPCに表示される映像は遅れる。
ソフトウェアエンコード:
PC本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。PCが処理するためPCに表示される映像は遅れにくい。

そのため、AVT-C878であればノートPCや低スペックPCでも快適にゲーム実況が出来ます。

AVT-C878の3つ目の特徴は録画配信ソフトと動画編集ソフトがどちらも付いてくることです。

AVT-C878に付いてくる録画配信ソフト「RECentral」はカスタマイズ性だとOBSに少々劣りますが、ゲーム実況初心者でも使いやすい定番ソフトです。

また、付属の動画編集ソフトは「PowerDirector」であるため、動画編集で困ることはほとんど無いと思います。

以上の特徴からMacでゲーム実況をする場合はキヨさんも使うAVT-C878が1番オススメです。

【格安キャプボならコレ】Faunow HDMI キャプチャーボード

先ほど紹介したAVT-C878 PLUSが高いと思った場合はFaunowの「HDMI キャプチャーボード」がオススメです。

価格はAmazonで2098円であり、AmazonChoiceに選ばれるほどの人気商品です。

名前HDMIキャプチャーボード
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー非対応
パススルー画質/fps非対応
エンコード方式ソフトウェア

先ほどのAVerMedia製品と違ってFaunowは非常にシンプルな製品であり、「パススルー」「録画・配信ソフト」「動画編集ソフト」などは一切ありません。

機能が全然無いと不安になりますが、「OBS」や「Bandicam」などの録画配信ソフトを使えばMacでもゲーム実況が可能です。

とは言え、パススルー機能が無いのでFPSやレースゲームのように0.1秒のラグが勝敗へ大きく影響するゲームの実況にはオススメ出来ません。

一方で、ノベルゲームや無言実況などへ使用する場合はFaunowのHDMIキャプボでも十分なので、ゲーム実況のジャンルに合わせて選んでください。

【ゲーミングPCならオススメ】TreasLin HSV321

最後にオススメするMac対応キャプチャーボードは「TreasLin HSV321」です。

価格はAmazonで8,000円であり、Amazonのベストセラー1位にも選ばれる人気キャプボです。

名前TreasLin HSV321
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー対応
パススルー画質/fps4K/30fps(1080pは60fps)
エンコード方式ソフトウェア

8000円という比較的低価格帯でありながらパススルー機能に対応しており、遅延無しでゲーム実況が出来ます。

AVT-C878と比較すると下記の点で劣りますが、使っているPCがゲーミングPCであれば2.は気になりません。

  1. 録画配信ソフトや動画編集ソフトが付いてこない
  2. ソフトウェアエンコードなのでPCへ負担がかかる

むしろ2.に関してはゲーミングPCの場合だと処理速度が早いため、パススルー機能を使わなくても遅延が少なくなります。

ちゃすく
ちゃすく

あるならパススルー使った方が良いけどね

そのため、既に「G-Tune」や「LEVEL-Infinity」などのゲーミングPCを持っている場合はTreasLin HSV321がオススメです。

一方で、Macの場合だとグラボが搭載されていないモデルも珍しくないため、購入前に自身のモデルを確認してください。

スポンサーリンク

他の人はこんな記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもゲーム実況に関する記事を執筆しているので、是非読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました