【初心者必見】動画編集が少し早くなる基本的な方法7選!動画投稿者が実体験をもとに解説

【初心者必見】動画編集が少し早くなる基本的な方法7選!動画投稿者が実体験をもとに解説YouTubeよくある悩み

この記事は下記の内容に当てはまる人へオススメです。

  • 動画編集に時間がかかり過ぎて辛い
  • YouTube動画をもっと楽に作りたい
  • みんながどうやって編集してるか知りたい

私も4年以上YouTubeへ動画投稿をしており、動画編集の大変さはよく分かっています。

そこでこの記事では実際に私が行ってきた経験をもとに動画編集が少しだけ早くなる方法について紹介&解説します。

ちゃすく
ちゃすく

ブログと動画投稿やってます。

アカウントの詳細はこちら

スポンサーリンク

動画編集が早くなるメリット&デメリット

まずは動画編集を早くする方法を解説する前に、早くなった時のメリット&デメリットを確認しておきます。

動画編集が早くなるメリット

  • 動画にかける時間が短くなるので時給が上がる
  • 早く終わるので身体に優しい(特に目)
  • 動画の投稿頻度を上げれる
  • 動画以外のことに余裕が出てくる

動画編集が早くなるデメリット

  • 動画にかける時間が減るとクオリティ低下に繋がるかもしれない
  • 楽になればなるほど編集をやりたくなくなる
  • 外注の場合、費用がかかる(赤字の危険性)
  • 編集中、新たなネタに気づく事がある

動画編集が早くなることはメリットしかないと思う人もいますが、動画にかける時間が減るということは動画の事を考えている時間が減るということなのでクオリティの低下へ繋がる危険性があります。

実際に大手のチャンネルであっても、動画編集を外注先へ任せた結果、動画のクオリティが下がってしまい、再生回数がだんだんと減るケースがあります。

再生回数低下:ちゃすろぐ

その為、時間とお金のために動画編集を早くすることは大切ですが、それだけに固執していると取り返しがつかないことになる場合もあるので注意が必要です。

ちゃすく
ちゃすく

と言ってもほとんどメリットしかない!

スポンサーリンク

動画編集が少しだけ早くなる方法6選

ここからは実際に私が行ってきた動画編集が少しだけ早くなる方法を紹介していきます。

  • 台本や構成を隙間時間にメモする
  • よく使う画像や動画を整理しておく
  • ショートカットキーを使う
  • 編集時間に制限をつける
  • カット作業を先にする
  • 編集者を雇う・外注する

台本や構成を隙間時間にメモする

編集を早くする1つ目の方法は「隙間時間にメモする」ことです。

忙しい人であっても意外と隙間時間は存在するため、その時間に台本や構成、ネタなどをメモしておくと、スムーズに動画編集を行えるようになります。

特にVlog系や後付け実況の場合は隙間時間に台本を書いておくことで、編集時はメモをコピペするだけで動画を作る事が出来ます。

やってみた系動画でも構成やテロップを事前に考えておけば、編集時に考える必要が無いため編集作業が早く終わりやすいです。

私の場合はiPhoneとMacを使っているためメモ帳を利用することが多いですが、Windowsもほぼ毎日触っているためGoogleドキュメントを併用することもあります。

Google ドキュメント: 同期、編集、共有
Google ドキュメント: 同期、編集、共有
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Googleドキュメントの場合、複数人で利用してもリアルタイムでメモが反映される為、グループ系YouTuberの台本作成やネタ打ち合わせなどにもオススメです。

よく使う画像や動画を整理しておく

編集を早くする方法2つ目は「動画に使う素材の整理整頓」です。

私の経験上、動画編集中に意外と時間がかかってしまう作業が素材探しでした。

初めて使うフリー素材をネット上で探すことに時間がかかるのは仕方ないですが、自分のpc内で探すことへ時間をかけるのは効率が悪いです。

よくありがちな例として、ダウンロードした素材をそのまま「ダウンロード」に保存しておくことがあります。

実際に私も同じようなことをしており、フリー素材や頂いた画像がめちゃくちゃな状態でした↓

ダウンロード数が少ないうちは問題ありませんが、数が増えてくると「どこに何の素材があるのか」「どの素材は既にダウンロード済みなのか」分からなくなるため動画編集に余計な時間が必要になります。

そのため、動画でよく使用する素材などには特徴的な名前を付け、用途毎に分けたフォルダへ保存しておきましょう。

また、作成した動画の元になっている動画素材にも分かりやすい名前をつけておくと、過去の動画を見つけやすくなるため”総集編動画”などを作りやすくなります。

例)名前の付け方

  • 2021_03_28_メントスコーラ動画.mp4
  • 2020_05_15_いらすとや_悔しい人.png
  • 2022_01_01_ニコニコモンズ_nc766_ぬこぬこワルツ.mp3

ショートカットキーを使う

編集が早くなる方法3つ目は「ショートカットキーを使う」です。

動画編集ソフトには必ず何かしらのショートカットキーが存在します。

ショートカットキー:各ソフトやOSの機能をキーボードの操作だけで呼び出すためのキーのこと。例えばWindowsの場合、「ctrl」と「c」を同時に押すことで「コピー」の機能が使える。

意外と動画編集でショートカットキーを使ってる人は少ないようですが、ショートカットキーを使いこなせるようになると、動画編集の時間は一気に短くなります。

例えば編集画面のタイムライン上へ何かをコピペする時、ショートカットキーを用いない場合だと下記の4手順が基本操作になります。

  1. マウスをコピー対象まで動かして右クリック
  2. マウスを動かして「コピー」をクリック
  3. ペースト位置までマウスを動かして右クリック
  4. マウスを動かして「ペースト」をクリック

しかし、ショートカットキーを使うと下記の2手順で終わります。

  1. マウスをコピー対象まで動かしてショートカットキーを押す
  2. ペースト位置までマウスを動かしてショートカットキーを押す

たった2手順の違いですが、これを10回、100回やっていると大きな違いになるので、確実に動画編集時間は短くなります。

コピペのショートカットキーはだいたいどの動画編集ソフトでも同じですが、タイムライン上のバーを動かす場合や「編集」を開く場合などは動画編集ソフト毎に異なる為、各ソフトの公式サイトを確認してください。

編集時間に制限をつける

動画編集が早くなる4つ目の方法は「編集時間に制限を付ける」です。

これは私だけかもしれませんが、時間にゆとりがあるとつい動画編集をダラダラとやってしまいます(笑)

編集中についついスマホを見たり、何か食べたり、漫画を読んだりしてしまうので、動画編集を早く終わらせたい時は編集時間に制限をつけて集中します。

「1時間で字幕入れを終わらせる!」と決めてタイマーをセットすると、いつもより集中して編集するので早く終わります。(時間内に終わらなくても早くなればok)

制限時間が来たら休憩にも制限時間をつけ、再度編集時間に制限をつけて動画編集….を繰り返すといつもより早く動画編集が終わります。

私の場合、下のアプリで編集時間と休憩時間を交互に測ってます。

Timer Plus - ワークアウト用タイマー
Timer Plus – ワークアウト用タイマー
開発元:VGFIT LLC
無料
posted withアプリーチ

使いやすくて便利な機材を揃える

動画編集を早くする方法5つ目は「使いやすくて便利な機材を揃える」です。

実は動画編集に用いる機材を変えるだけで簡単に編集時間の短縮や身体への負担軽減を行えます。

具体的に私が揃えた機材の中には下記の4つがあります。

  1. エルゴノミクスマウス:手にフィットしやすく、長時間使っても手が痛くなりにくい
  2. ゲーミングキーボード:タイピングへの反応が早い。低反発で指が痛くならない
  3. グラフィックボード:動画の出力が早くなるうえ、プレビュー画面もなめらかになる
  4. 自動字幕起こし機能:Adobe Premiere ProやFilmoraにある便利な機能

上記の中では特に4.の「自動字幕起こし機能」がオススメです。

そもそも自動字幕起こし機能とはAIが動画内の音声を認識し、自動で字幕を付けてくれる機能です。

EaseUS Video Editorの自動字幕起こし機能を使った様子

この機能があれば字幕を入れる作業が一気に楽になるので、編集時間を大幅に短くすることが出来ます。

自動字幕起こし機能を搭載している動画編集ソフトには「Premiere Pro」や「Filmora」があり、Premiere Proはヒカルさんやはじめしゃちょーさんも使う人気ソフトです。

Premiere Proは無料体験版もあるので、まだ自動字幕起こし機能を導入していない人は是非使ってみてください。

PremierePro公式ページを見る

動画のカット作業を先にする

動画編集を早くする方法6つ目は「カット作業を先にする」です。

youtube用動画の編集において、カット作業を先にすることは基本中の基本ですが、一応挙げておきました。

カット作業と同時にテロップ入れを行う人もいますが、先に全体のカットをした方が編集の見通しを立てやすく、編集に時間をかけるべき箇所とそうでない箇所がハッキリと分かるようになります。

そのため、動画編集を効率よく行うことが出来ます。

また、先にカットだけしておけば編集ファイル自体も多少は軽くなのでpcの動作も軽くなりやすいです。

ちなみに動画編集ソフト「Wondershare Filmora」は無音時間を自動で検知し、カットしてくれる機能があります。

自動カットは編集時間短縮になるため、カット作業が辛い場合はオススメです。(Filmoraのレビューはこちら

編集者を雇う・外注する

編集作業を早くする方法7つ目は「編集者を雇ったり、編集を外注化する」です。

「動画編集者を雇う」となるとハードルが高そうですが、実際にはそこまで難しくありません。

実際に私はゲーム実況を行っていた時に編集作業を友人へ依頼していました。

友人に依頼する:ちゃすろぐ

友人は動画編集に慣れているわけではありませんが、今は使いやすい動画編集ソフト&アプリが多く、動画編集初心者でも簡単に編集出来ます。

また、動画編集に関しては私もまだやったことは無いですが、最近はクラウドワークスココナラなどでYouTubeの動画編集代行も増えてきました。

編集の代行内容もテロップ入れだけや特殊効果までつけるなど、細かく編集依頼が出来るのも特徴的です。

私の場合は動画で使う素材をココナラで外注しましtが、非常に親切・丁寧で好印象でした。

一方で、クラウドワークスはココナラに比べると単価は低いですが、その分クオリティも低いと感じました。

正直、ココナラもクラウドワークスもそれぞれメリットとデメリットがあるため使い分けが大切だと思います。

スポンサーリンク

まとめ:他の人が読んでいる記事

今回紹介した動画編集を早くする基本的な方法は下記の7つでした。

  • 台本や構成を隙間時間にメモする
  • よく使う画像や動画を整理しておく
  • ショートカットキーを使う
  • 編集時間に制限をつける
  • 使いやすくて便利な機材を揃える
  • カット作業を先にする
  • 編集者を雇う・外注する

YouTubeの動画編集は非常に時間がかかりますが、色んなツールや少しの心構えで編集時間が少しずつ早くなります。

自分に合った方法で動画編集が早くなるよう色々試してみてください。

また、当ブログ「ちゃすろぐ」では他にもYouTubeに関する記事を執筆しているので、良かったら他の記事も読んでください。

タイトルとURLをコピーしました