iMovieは使いづらい?危険性や安全性も解説【字幕】

ソフト・アプリ

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • iMovieは使いづらいの?
  • iMovieに危険性はある?
  • iMovie以外のオススメは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!インフルエンサー向けのお悩み相談もしてます。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、iMovieは字幕機能が使いづらく、自動機能も少ないので編集の手間もかかりやすいです。

AdobeのPremiere Proであれば字幕を自由な位置へ入力でき、自動文字起こし機能もあるのでオススメです。

スポンサーリンク

動画編集ソフト・アプリ「iMovie」は使いづらい?

動画編集ソフト・アプリ「iMovie」は無料で便利ですが、下記の点が使いづらいです。

  • 字幕に対する制限が多い
  • 自動編集機能が少ない
  • PCの容量が一杯になりやすい
ちゃすく
ちゃすく

上記の使いづらい点を具体的に解説します

字幕に対する制限が多い

Mac版のiMovieは無料だからか、字幕に対して下記の制限があります。

  • 2つ以上の字幕を同時に入力できない
  • テンプレートの位置にしか配置できない
  • 字幕がフェードイン・アウトする

一応、字幕の制限は下の「複数の文字を入れる方法/字幕位置の変更」を使えば対処できますが、やはり使いづらいです。

特にYouTuberの場合はテロップがほぼ必須なので、自由に字幕を入れられるPremiere ProFilmoraがオススメです。

自動編集機能が少ない

最近の動画編集ソフトにはAIを使った自動機能が多数導入されていますが、iMovieには自動機能がほとんどありません。

例えば世界1有名なAdobeのPremiere Proには「自動文字起こし」や「無音区間の短縮」などがあります。

自動文字起こし機能:AIが動画内の音声を分析し、音声を自動で字幕にしてくれる機能。
この機能によって字幕入れ作業が楽になり、誰でもフル字幕が可能になる。

上記の自動機能によって動画編集のクオリティを上げつつ、時間も短縮できるので今では必須機能になっています。

iMovieは自動機能が少ないことによって使いづらいので、動画編集をするなら自動機能搭載ソフトがオススメです。

PCの容量が一杯になりやすい

iMovieは動画や素材データをiMovieライブラリへ全てコピーしており、PCの容量が一杯になりやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

同じ素材がMac本体とライブラリに存在するからね

一応、iMovieライブラリを外付けハードディスクへ移行すれば対処できますが、他のソフトなら不要なので使いづらいです。

そのため、iMovieから乗り換えを考えているのであれば、Premiere ProPowerDirectorがオススメです。

スポンサーリンク

動画編集ソフト・アプリ「iMovie」の危険性は?

結論から言うと、iMovieの危険性は他の動画編集ソフトよりも低く、常にApple社がセキュリティをチェックしているので安心です。

動画編集ソフト&アプリには「CapCut」のように危険な利用規約を設けている製品もありますが、iMovieにそんな内容はありません。

CapCutサービス規約より

それどころか、iMovieに脆弱性が見つかった際はAppleの専門チームが迅速に対応しており、安全性は非常に高いです。

引用元:Apple公式サイト

個人制作や中華系ソフトに比べれば危険性は低いので、iMovieは安心して使えるソフトです。

スポンサーリンク

iMovieが使いづらい時の対処法・代替ソフト3選

iMovieは無料で便利なソフトですが、動画編集ではどうしても使いづらい点が多いソフトです。

そこで、ここからはiMovieの代わりに使える動画編集ソフトを3つ紹介します。

対処法1:Adobe Premiere Pro

AdobeのPremiere Proは世界で1番有名なサブスク型動画編集ソフトであり、Macでも自由に使えます。

引用元:Premiere Pro

iMovieとは異なり、複数の文字を自由な位置へ入力でき、自動字幕起こし機能によって編集作業の一部を自動化できます。

利用者も多いので困った場合でも解決しやすいですし、公式サイトから機能制限無しの無料お試し版もダウンロードできるのでオススメです。

対処法2:CyberLink PowerDirector

CyberLinkのPowerDirectorはパッケージ版とサブスク版があり、Macはサブスク版のみが対応しています。

引用元:PowerDirector
ちゃすく
ちゃすく

Amazonで買えるパッケージ版はWindows用なので注意

モザイクの自動追従や動画の自動音量調節が可能であり、iMovieよりも視聴者へ不快感を与えない編集が簡単にできます。

PowerDirectorもCyberLink公式サイトから無料体験版が配布されており、Macでも利用可能なので是非試してみてください。

対処法3:Wondershare Filmora

WondershareのFilmoraは初心者向け動画編集ソフトであり、買い切り版とサブスク版があります。

引用元:Filmora

Macは買い切り版とサブスク版どちらもありますが、買い切り版はWindowsと紛らわしいので注意してください。

機能数と質は他の動画編集ソフトに劣るところもありますが、基本的な機能は揃ってるのでYouTube用の動画であれば十分です。

操作感はiMovieへ似ているので、まずはWondershare公式サイトから無料版を試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました