【盗難対策】AirTagを自転車に隠して取り付ける方法【マウント】

【盗難対策】AirTagを自転車に隠して取り付ける方法【マウント】ガジェット・生活

この記事は下記の悩みや考えを持つ人にオススメです。

  • AirTagを自転車に取り付けたい
  • 自転車の盗難対策は?
  • AirTagを自転車に隠したい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、自転車へAirTagを隠せるドリンクホルダーベルを取り付ける方法がオススメです。

スポンサーリンク

そもそもAirTagは自転車の盗難対策にオススメ?

結論から言うと、AppleのAirTagは下記の理由から自転車の盗難対策にもオススメです。

  • 盗難対策グッズの中では価格が安い
  • 国内ならiPhoneユーザーが多い
  • AirTagの耐久性能が高い
  • 正確な位置まで追跡できる
ちゃすく
ちゃすく

上記のオススメポイントを簡単に紹介します

盗難対策グッズの中では価格が安い

AirTag自体はGPSを利用しないので価格が安く、1個入りの定価は4,780円、4個セットの定価は15,980円になります。

一方で、盗難や紛失防止グッズでGPSを利用した製品は本体料金が1万〜4万円、毎月数百円の利用料がかかります。

ちゃすく
ちゃすく

AirTagはBluetoothを使ってます

そのため、AirTagは盗難対策グッズの中でも価格が安く、電池も100円ショップで買える「CR2032」なのでリーズナブルです。

自転車の盗難対策だけでなく、財布や鍵の紛失防止にも使えるのでオススメです。

国内ならiPhoneユーザーが多い

AirTagは下記の仕組みで位置情報を発信しており、iPhoneユーザーが多い地域なら精度が高くなります。

AirTagの仕組み
  1. AirTagが近くにあるiPhone等と自動でBluetooth通信をする
  2. iPhoneが暗号化されたAirTagの位置情報をAppleへ送信する
    (iPhoneの持ち主には分からない)
  3. AirTagの持ち主は自身のAirTagに関する情報のみ閲覧できる

日本国内ではiPhoneユーザーが多いため、自転車に取り付けておけば盗難されても直ぐに見つかります。

ちゃすく
ちゃすく

国内ではスマホシェアの半分がiPhone

AirTagの耐久性能が高い

AirTagは「防沫・耐水・防塵」の耐久性能を備えており、雨に多少濡れても問題なく機能します。

また、米メディア「CNET」がAirTagを洗濯機に入れ、そのまま洗剤を加えた状態で洗濯しましたが、通常通り機能したことを発表しています。

もちろん、洗濯するとAirTagの表面は擦り傷だけらけになりますが、洗濯機に耐えられる強度があれば自転車の盗難対策にも余裕で使えます。

正確な位置まで追跡できる

AirTagを登録したiPhoneとAirTag本体が近付くと、iPhone上に正確な位置が表示されるので確実に自転車の位置が分かります。

GPSで探す製品の場合は人工衛星から情報を受信するので、建物内に製品があった場合は正確な位置までは分かりません。

一方で、AirTagの場合はiPhoneとBluetoothで直接通信しており、上画像のように正確な位置も分かります。

自転車を盗まれて室内に隠された場合でも、近くまで辿り着けば正確な位置が分かるのでオススメです。

スポンサーリンク

AirTagを自転車に隠して取り付ける方法

AirTagを自転車へ隠して取り付ける方法には下記があります。

AirTag用のバイクマウントを取り付ける

最近はAirTagを隠した状態でバイクや自転車へ取り付けられるバイクマウント製品が増えており、これらを使えば簡単に隠せます。

人気なAirTag用バイクマウントには「AirTag用クラシックバイクベル」や「AirTag用ホルダー バイクマウント」があり、利用者も多いです。

自転車に隠したい場合なら確実な方法なので、AirTagの設置位置に悩んでいる場合は検討してください。

ロック機能付きAirTagケースを使う

通常のAirTag用ケースは誰でも簡単に取り外せますが、ロック機能付きAirTag用ケースなら隠さなくても盗難を防げます。

むしろ、取り外しができないAirTagを堂々と自転車へ付けておけば、AirTagを知ってる人なら自転車の盗難を躊躇するでしょう。

盗難予防であればAirTagを隠さずに見せておいた方が良いので、ロック機能付きAirTagケースもオススメです。

自転車用バッグなどの中に隠す

自転車へバッグなどを取り付けている場合は、AirTagをバッグの中へ隠しておくこともオススメです。

自転車を盗まれた場合はバッグを外される可能性もありますが、ある程度の地点まではAirTagで追跡できます。

また、AirTag用バイクマウントやフレーム内への設置などを併用すれば、自転車とバッグの追跡を同時にできるメリットもあります。

自転車のフレーム内や隙間に隠す

自転車にはフレームの空洞や隙間などがあり、500円玉よりも少し大きいサイズのAirTagなら隠せる位置があるかもしれません。

ちゃすく
ちゃすく

AirTagのサイズ感は下表の通りです

AirTag500円玉
直径31.9mm26.5mm
厚さ8mm1.8mm
重量11g7g

実際に隠せるかどうかは自転車にもよるので、もしも隠せなかった場合はAirTag対応バイクマウントがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました