本サイトではASP広告を利用しています

AirTagは財布に入らない?磁気やクレカへの影響と対処法を解説

ガジェット・生活

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • AirTagは財布にも使える?
  • AirTagの磁気は大丈夫?
  • AirTagでクレカが使えない?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に書くと、AirTagは直径31.9mm&厚さ8mmなので500円玉よりも少し大きいくらいであり、財布にも問題なく使えます。

ちゃすく
ちゃすく

磁気はiPhoneよりも弱いです

スポンサーリンク

AirTagは財布に入らない?磁気やクレカへの影響

冒頭でも書いた通り、AirTagの大きさは十分小さいので、一般的な財布であれば入ります。

AirTagの具体的な大きさや重量は下表の通りであり、500円玉をひと回り大きくしたサイズになっています。

比較項目AirTag500円玉
直径31.9mm26.5mm
厚さ8mm1.8mm
重量11g7g

厚みはあるものの重量自体は500円玉一枚と大きく変わらないため、500円玉が複数枚余裕で入る財布であればAirTagも十分入ります。

コンパクトな財布にAirTagは入る?

基本的にコンパクサイズの財布でも500円玉が複数枚入ると思うので、AirTagも十分入るはずです。

仮にAirTagの厚さがネックになったとしても、AppleはAirTag用のケース「AirTagレザーキーリング」を販売しています。

レザーキーリングを使えば財布の厚さが薄くて入らない場合でも、財布自体へ取り付けられるのでオススメです。

AirTagの磁気はクレカなどへ影響しない?

結論から言うと、AirTagの磁気はiPhoneやMacよりも弱いのでクレジットカードやキャッシュカードへ与える影響は小さいです。

しかし、AirTagとクレカなどが長時間接触すると影響も大きくなるので、できるだけカードとくっ付かない様に管理することがオススメです。

不安な場合はAirTagレザーキーリングを使用して財布本体へ取り付けるか、磁気防止シートを導入する方法が良いでしょう。

【絶対に入る】AirTagウォレット

PC周辺機器で有名なエレコムはAirTagへ完全対応した財布を販売しており、中にはAirTagを収納するためのポケットが付いています。

出典:https://www.elecom.co.jp

現在使っている財布へAirTagが入るか分からない場合は、エレコムのAirTag対応ウォレットを検討しても良いでしょう。

そもそもAirTagは財布の紛失防止にオススメ?

結論から言うと、AppleのAirTagは下記の理由から財布の紛失防止にもオススメです。

  • 盗難対策グッズの中では価格が安い
  • 国内ならiPhoneユーザーが多い
  • AirTagの耐久性能が高い
  • 正確な位置まで追跡できる
ちゃすく
ちゃすく

上記のオススメポイントを簡単に紹介します

紛失防止グッズの中では価格が安い

AirTag自体はGPSを利用しないので価格が安く、1個入りの定価は4,780円、4個セットの定価は15,980円になります。

一方で、盗難や紛失防止グッズでGPSを利用した製品は本体料金が1万〜4万円、毎月数百円の利用料がかかります。

そのため、AirTagは紛失ぼうしグッズの中でも価格が安く、電池も100円ショップで買える「CR2032」なのでリーズナブルです。

低価格帯で財布や鍵の紛失防止に活用できますし、カバンや自転車などの盗難対策にも利用できるのでオススメです。

国内ならiPhoneユーザーが多い

AirTagは下記の仕組みで位置情報を発信しており、iPhoneユーザーが多い地域なら精度が高くなります。

AirTagの仕組み
  1. AirTagが近くにあるiPhone等と自動でBluetooth通信をする
  2. iPhoneが暗号化されたAirTagの位置情報をAppleへ送信する
    (iPhoneの持ち主には分からない)
  3. AirTagの持ち主は自身のAirTagに関する情報のみ閲覧できる

日本国内ではiPhoneユーザーが多いため、AirTagを付けた財布が紛失しても簡単に見つけやすいです。

ちゃすく
ちゃすく

国内ではスマホシェアの半分がiPhone

AirTagの耐久性能が高い

AirTagは「防沫・耐水・防塵」の耐久性能を備えており、財布の中身まで雨に濡れても問題なく機能します。

また、米メディア「CNET」がAirTagを洗濯機に入れ、そのまま洗剤を加えた状態で洗濯しましたが、通常通り機能したことを発表しています。

もちろん、洗濯するとAirTagの表面は擦り傷だけらけでしたが、洗濯機に耐えられる強度があれば財布の紛失防止としては十分でしょう。

正確な位置まで追跡できる

AirTagを登録したiPhoneとAirTag本体が近付くと、iPhone上に正確な位置が表示されるので確実に財布の位置が分かります。

GPSで探す製品の場合は人工衛星から情報を受信するので、建物内に財布があった場合は正確な位置までは分かりません。

一方で、AirTagの場合はiPhoneとBluetoothで直接通信しており、上画像のように紛失した財布の正確な位置も分かります。

財布を盗まれて室内に隠された場合でも、近くまで辿り着けば正確な位置が分かるのでオススメです。

AirTagに関するよくある質問【Q&A】

ここからはAirTagに関するよくある質問へ勝手に答えていきます。

Q
AirTagはいくら?何円?
A

AirTagは1個入りと4個セットで販売されており、1個入りの定価は4,780円、4個セットの定価は15,980円です。

4個セットであれば1個あたり3,995円になるため、AirTagを4個以上買う場合は4個セットがオススメです。

Q
AirTagはどのくらい持つ?
A

AirTagの初期電池にはPanasonicの「CR2032」というボタン電池が使われており、だいたい1年以上は持ちます。

電池交換も簡単であり、CR2032なら100円ショップやAmazonでも売っているので電池で困ることは無いと思います。

Q
AirTagの耐久性能は?
A

AirTagは「防沫・耐水・防塵」という3つの耐久性能を備えており、雨に多少濡れても問題なく機能します。

そのため、耐久性能が求められるアウトドアやサイクリング用品へ取り付ける場合もオススメです。

Q
Apple AirTagのデメリットは?
A

AirTagには下記のデメリットがありますが、音などの設定は調整もできます。

  • 機能する為にはiPhoneユーザーが必要
  • 離れた場所に3日間以上あると音が鳴る
  • 1個だけで約4000円もする
  • Androidユーザーは設定できない
  • 財布への取り付けには専用ケースが必要

もしデメリットが気になる場合は、1個入りだけを買って試してみるのもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました