本サイトではASP広告を利用しています

Apple学割の不正利用はバレる?バレた際のリスク4選を解説

Mac
この記事がオススメな人
  • apple製品を学割で手に入れたいと思ってる
  • 学割で買ったapple製品を転売しても良いのか知りたい
  • apple学割の不正利用がばれたらどうなるのか気になる

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から言うと、Apple学割の不正利用は犯罪であり、返金請求や法的措置になる可能性など、多くのリスクを抱えることになるため絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

Apple学割の不正利用がばれた場合のリスク4選

Appleの学割を不正利用することは、下記のリスクがあるので詳しい内容を解説していきます。

リスク1:返金の請求がされる

不正利用が発覚した場合、通常の価格の3倍程度の料金をAppleに請求されるという情報もあります。これは、不正利用者に対して厳しいペナルティを科すための措置です。

Appleが不正利用に対して返金請求を行う場合の手順を説明します。

  1. 通知
    不正利用が発覚した場合に利用者に通知を送ります。
    通知には、不正利用が発生したこと、返金請求の理由、および返金額などの詳細が記載されます。
  2. 請求額の明示
    不正利用によって得られた割引や特典に対して、適切な金額を請求します。
  3. 支払いの要求
    Appleは、利用者に対して返金請求を行い、一定期間内に支払いを行うよう要求します。
    支払い期限を過ぎると、追加の対策が取られる可能性があります。

リスク2:法的措置の可能性

不正利用によってAppleが損害を受けた場合、法的措置をとる可能性があります。

具体的な措置については明確ではありませんが、訴訟などが考えられます。

リスク3:学割の拒否

不正利用が発覚した場合や不正な手段で学割を利用した場合、学割の対象から外されます。

Apple学割は、学生や教職員向けに提供される特典であり、一定の資格を満たすことが必要です。資格要件に合致しない場合、Appleは学割の利用を拒否することがあります。

学割の対象かどうかの確認方法としては、有効な学生証や教職員証の提出が求められることがあります。

学割の拒否には、通常は通知や説明が行われます。利用者は、拒否の理由を理解し、適切な対処を行うことが求められます。

不服がある場合は、Appleのサポートチームに連絡を取り、状況を解決するための助言や支援を求めましょう。

スポンサーリンク

リスク4:信用がなくなる

Appleで学割の不正利用は犯罪行為となり、一部の信用情報で問題が発生する可能性もあります。

法的な観点からみると一般的には軽微な違反とされる場合がありますが、重大な場合には法的な問題となる可能性があります。

不正利用が発覚した場合、Appleや他の企業、さらには個人や団体からの信用を失う可能性があります。信用の損失は、将来的なビジネスやキャリアに影響を与える可能性があります。

倫理的な問題や社会的な信用の失墜という観点からも、大きな影響を受ける可能性があります。

これらの点を考慮すると、Appleの学割を不正利用することは非常にリスクが高く、絶対に避けるべき行為と言えます。

学割を利用する際には、正規の手続きを守り、適切に利用するよう心がけましょう。

Appleで学割の不正利用がバレる理由2選

学割の不正利用がバレる理由には、下記2つの理由があります。

理由1:身分証明書の提出が必要

Appleの学割を利用する際には、学生であることを証明できる身分証明書の提出が必要です。

なぜなら、身分証明書の提出が不正利用を防ぐための一つの方法だからです。

これにより、利用者が学生や教職員であることを確認し、資格を持っているかどうかを検証することができます。

理由2:購入後にAppleから身分証の再確認

Appleは、購入後でも学割対象者であることを再確認する場合があります。

この場合、再度身分証明書の提出や確認が求められることがあります。

これらの要件や手続きにより、学割の不正利用がバレるリスクが生じます。

学割の不正利用は非常にリスクが高い行為であり、絶対に行ってはなりません。

正規の手続きを遵守し、正当な資格を持つ学生や教職員に限定して学割を利用することが重要です。

スポンサーリンク

Apple学割の対象者とは?

Appleが行っている学割の対象者は以下の通りです。

  • 大学、高等専門学校、専門学校の学生
  • 上記の教育機関への入学許可を得て進学が決定した生徒
  • 小・中・高・大学・専門学校の教職員
  • PTAの役員として活動中、もしくは選出され活動が決定した方
  • 大学受験予備校生および教職員

購入時には、身分確認のため学生または教職員の身分証が必要となります。

Appleの学割を利用する際の注意すべきポイント3選

Appleの学割は、少しでも安く購入したいと思う人々にとって非常に魅力的です。

Appleの学割を利用する際には、以下3つのポイントに注意する必要があります。

スポンサーリンク

ポイント1:転売の禁止期間がある

Appleの学割は、正規の手続きを経て自身の利用目的にのみ使用することが求められます。

Appleの販売条件には、”割引でご購入頂いた製品は、購入年月日より一年間は利益を上乗せして転売できません。”と記載があります。

もし転売が発覚して利益をあげた場合、不正利用以上に深刻な問題になる可能性があります。

また、学割の割引率が平均で10%であるため、転売による利益はほとんど見込めないため、転売行為はリスクが高すぎます。

ポイント2:購入数の制限がある

Appleの学割では、一定の期間内に購入できる製品の台数に制限があります。

デスクトップ、Mac mini、ノートブック、iPad、学割対象のアクセサリーごとに購入数の上限が設けられています。まとめると以下の通りです。

  • デスクトップのMac:1年に1台まで
  • Mac mini:1年に1台
  • ノートのMac:1年に1台
  • iPad:1年に2台まで

製品に不具合が生じた場合にはAppleの保証対象となり、台数制限は問題ありません。

スポンサーリンク

ポイント3:購入できない製品もある

すべてのApple製品が学割で買えるわけではありません。

Appleの学割は、学習に直接関連する製品に適用されます。そのため、iPhoneやApple Watch、AirPodsなどは学割の対象外です。

一方、学習に直接関連するiPadやMac、一部のiPadアクセサリなどは学割で購入できます。

学割の目的は、学習をサポートするための製品をより手頃な価格で提供することです。

学割以外の方法でApple製品を安く購入する方法

学割の不正利用はしてはいけませんが、それでもApple製品を安く購入したい人は多いはずです。

そんな人におすすめのApple製品を安く購入する方法をご紹介します。

安く購入する方法1:整備済み製品を狙う

Apple製品を安く購入する方法として一番おすすめなのは、整備済み製品を狙うことです。

Applestoreでは、「認定整備済製品」という公式が販売している新古品があります。

認定整備済製品は、口コミなどの評価も高く新品とほとんど変わらないと高い評価を得ています。また、Appleが動作確認やクリーニングを施しているため安心感もあります。

しかし、整備済み製品には下記のデメリットがあります。

  • 製品入荷が不定期で欲しい製品がないこともある
  • 新品ではない
  • カスタマイズができない

特に製品入荷についてはあくまで新古品のため、自分の欲しい製品がいつ入荷されるかは分かりません。

そのため、欲しい製品を安く購入したい場合は、定期的にAppleStoreに行って確認をする必要があります。

安く購入する方法2:下取りサービスを使う

AppleStoreでは、apple製品の下取りサービスも行っています。これをうまく活用することで、新しいapple製品を安く購入することができます。

それぞれの最新機種のapple製品の下取り料金は以下の通りです。

製品名iPhone 14 Pro MaxiPhone 14 ProiPhone 14 PlusiPhone 14Apple Watch UltraApple Watch
Series 8
Apple Watch SE
(第2世代)
Apple Watch
Series 7
iPad ProiPad AiriPadiPad miniMacBook ProMacBook AirMacBookiMac
下取り料金最大106,000円最大94,000円最大73,000円最大67,000円最大51,000円最大27,000円最大17,000円最大22,000円最大73,000円最大53,000円最大41,000円最大33,000円最大130,000円最大61,000円最大8,000円最大70,000円

下取りにならないappleデバイスもあるため、事前にApplestoreを確認しておきましょう。

安く購入する方法3:大型家電量販店などのキャンペーン

Applestoreでの購入ではなく、大型家電量販店でapple製品を購入する場合は、そのお店独自のキャンペーンを利用することで安く購入できる場合があります。

キャンペーンには、開店セールや閉店セール、決算セール、歳末セールなど様々な時期にキャンペーンが行われることがあります。

また、大型家電量販店でよくあるキャンペーンの一つとして、「インターネット契約をすることでapple製品が安くなる」というものもあります。

Applestoreでの購入にこだわらない方は、家電量販店のキャンペーンをチェックしてお得にapple製品を手に入れるのも良いでしょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました