本サイトではASP広告を利用しています

オクトパスエナジーはオール電化にオススメ?電気代やソーラーパネル料金も解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • オール電化でオクトパスエナジーを使いたい
  • オール電化の電気代を抑えたい…
  • オクトパスにソーラーパネル料金はある?

はじめまして。オクトパスエナジーを契約し、ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、オクトパスエナジーは再生可能エネルギー100%のプランがあるため、大手電力会社よりも電気代が安くなりやすく、電気代が高くなりやすいオール電化にもオススメです。

実際に私は大手電力会社の中で最も安い北陸電力を契約していましたが、オクトパスエナジーは北陸電力よりも安いです。

電力会社北陸電力オクトパスエナジー
電力使用量645kWh437kWh
電気代18,545円11,143円
1kWhあたりの電気代約28.7円約25.5円
ちゃすく
ちゃすく

切り替え前後の比較なので分かりにくいですが、1kWhあたりの電気代を比較すると10%ほどオクトパスが安いです

しかも、オクトパスエナジーには電気代割引があるため、実は上表の価格よりもさらに安くなります。

ソーラーパネルを設置している家庭向けのプランもあるので、オール電化の電気代を少しでも安くしたい場合はオクトパスエナジーがオススメです。

友達紹介特典:5000円分の電気代値引き付き
スポンサーリンク

オクトパスエナジーはオール電化にオススメ?

オクトパスエナジーは下記の理由からオール電化の住宅にもオススメなので、詳しい理由を解説していきます。

  • ソーラーパネル住宅向けプランあり
  • プランが市場連動型ではない
  • 大手電力会社より安くなりやすい
  • 節電チャレンジで電気代割引あり

ソーラーパネル住宅向けプランあり

現在、オクトパスエナジーは下記3つのプランを提供しており、オール電化に多いソーラーパネル設置住宅向けのプランもあります。

プラン名グリーンオクトパススタンダードオクトパスソーラーオクトパス
基本料金単価10A:12.14円 / 日
15A:18.21円 / 日
20A:24.28円 / 日
30A:36.42円 / 日
40A:48.56円 / 日
50A:60.70円 / 日
60A:72.84円 / 日
10A:12.14円 / 日
15A:18.21円 / 日
20A:24.28円 / 日
30A:36.42円 / 日
40A:48.56円 / 日
50A:60.70円 / 日
60A:72.84円 / 日
10A:12.14円 / 日
15A:18.21円 / 日
20A:24.28円 / 日
30A:36.42円 / 日
40A:48.56円 / 日
50A:60.70円 / 日
60A:72.84円 / 日
電力量料金単価(0 – 120kWh):18.59円 / kWh
(121 – 300kWh):24.64円 / kWh
(301 kWh +):27.44円 / kWh
(0 – 120kWh):18.68円 / kWh
(121 – 300kWh):25.33円 / kWh
(301 kWh +):29.33円 / kW
ソーラータイム08:00 ~ 16:00:35.00 円/kWh
ナイトタイム22:00 ~ 6:00:17.50 円/kWh
ホームタイム06:00 ~ 8:00,
16:00 ~ 22:00:24.50 円/kWh
特徴再生可能エネルギー100%のプラン化石燃料に発電も含まれるプランソーラーパネル住宅向けプラン
※東北電力エリアの場合
ちゃすく
ちゃすく

再生可能エネルギー100%でも「電気が送られてこない」などの不具合は無いので、グリーンオクトパスかソーラーオクトパスの2択です

基本料金はすべて同じなのですが、グリーンオクトパスは月間の電気使用量に対して、ソーラーオクトパスは電気を使用する時間帯によって電気代が変動します。

プラン名グリーンオクトパスソーラーオクトパス
電力量料金単価(0 – 120kWh):18.59円 / kWh
(121 – 300kWh):24.64円 / kWh
(301 kWh +):27.44円 / kWh
ソーラータイム08:00 ~ 16:00:35.00 円/kWh
ナイトタイム22:00 ~ 6:00:17.50 円/kWh
ホームタイム06:00 ~ 8:00,
16:00 ~ 22:00:24.50 円/kWh
特徴再生可能エネルギー100%のプランソーラーパネル住宅向けプラン
※東北電力エリアの場合

ソーラーパネルを設置したオール電化住宅であれば日中の電気使用量を抑えられるため、ソーラーオクトパスを契約すると電気代を安くできる可能性があります。

オクトパスエナジー公式サイトでは郵便番号を入力することで電気代の見積もりを作成できるため、まずは公式サイトで電気代をチェックしてみてください。

友達紹介特典:5000円分の電気代値引き付き

プランが市場連動型ではない

オクトパスエナジーには「スタンダードオクトパス」「グリーンオクトパス」「ソーラーオクトパス」の3プランがあり、すべて市場連動型ではありません。

市場連動型とは、電力取引所での価格変動によって電気代の料金が変化するプランのこと。
日本では「JEPX」という電力取引所で電力が売買されており、電力の需要と供給によって市場価格が常に変化しています。
各電力会社は下記の方法で電力を調達していますが、電力の需要が高まってくるとJEPXから調達することがあります。

  • 自社の発電設備
  • 発電業者から仕入れ

市場連動型だとJEPXでの電力価格が高騰した時に電気代が大きく上がってしまうリスクがあります。

ちゃすく
ちゃすく

自社で発電施設を持っていない電力会社はJEPXから仕入れてくる割合が大きくなりやすいです

電力が余っている時期であれば市場連動型プランが安くなるケースもありますが、オール電化の電気代が市場に合わせて変化すると負担が急激に大きくなる可能性があります。

市場連動型ではないプランであれば電気代が大きく変化することはないため、毎月の電気代が安定しやすいです。

オール電化で毎月の電気代が大幅に変化すると支出の管理が難しくなるため、できるだけ市場連動型ではないプランがよいでしょう。

大手電力会社より安くなりやすい

東京電力や関西電力のような大手電力会社からオクトパスエナジーへ乗り換える場合、電気代が約10〜20%ほど安くなります。

出典元:オクトパスエナジー

実際に私の実家が北陸電力からオクトパスエナジーへ乗り換えた場合だと10%ほど電気代が安くなりました。

電力会社北陸電力オクトパスエナジー
電力使用量645kWh437kWh
電気代18,545円11,143円
1kWhあたりの電気代約28.7円約25.5円

乗り換えた前後の比較なので少し複雑ですが、1kWhあたりの電気代で比較するとやはりオクトパスエナジーの方が安いです。

ちゃすく
ちゃすく

北陸電力は大手電力会社10社の中では電気代が最安に近いので、他の地域だと10%以上安くなるかもしれません

さらにオクトパスエナジーであれば夏のエアコン時期には節電キャンペーンがあり、さらに値引きを期待できます。

しかも、オクトパスエナジー紹介URLを使えば5000円分の値引きも追加で貰えるので、オール電化で少しでも電気代を下げたい人にはオススメです。

友達紹介特典:5000円分の電気代値引き付き

節電チャレンジで電気代割引あり

オクトパスエナジーは夏や冬などの電力を大きく消費する時期に節電チャレンジを行なっており、オール電化家庭であれば大幅な値引きを期待できます。

出典元:オクトパスエナジー

オクトパスエナジーの節電チャレンジへ参加すると節電割引がもらえるため、節電した分の電気代が安くなったうえで、さらに割引が適用されます。

実際に私が節電チャレンジで獲得した割引が下画像であり、金額としては少ないですが、それでも割引が適用されるのは嬉しいです。

ちゃすく
ちゃすく

ちゃすくは在宅で仕事をしているので他の家庭よりも節電が難しいですが、割引を貰えてます

オール電化であれば節電を意識するだけで大幅な割引を獲得できる可能性があり、電気代が上がりやすい時期でも電気代を抑えることができます。

私は冬の時期であればWinthomeの着る毛布をエアコンと併用することで節電しているので、オール電化の方はぜひ参考にしてください。

オクトパスエナジーの支払い方法3選

オクトパスエナジーの支払い方法は下記の3種類であり、日本のクレカや銀行であれば基本的に全て対応しています。

  • クレジットカード
  • 口座振替(銀行引き落とし)
  • コンビニ払い

また、クレジットカードで支払う場合は各社のポイントがしっかり貯まるため、例えば楽天カードで電気代を支払えば100円ごとに1楽天ポイントが手に入ります。

ちゃすく
ちゃすく

オール電化の場合は1%のポイント還元でも大きな金額になるので、クレカやデビットカードで支払うのがオススメです

少しでもお得に電気代を支払いたい場合は楽天カードなどのポイントが貯まるクレカがオススメです。

オクトパスエナジーはデビットカードもOK

オクトパスエナジーの支払い方法は下記ですが、実はVISAやMasterCardのデビットカードでも支払いが可能です。

  • クレジットカード
  • 口座振替(銀行引き落とし)
  • コンビニ払い
ちゃすく
ちゃすく

デビットカードであれば残高からすぐに支払いができるので、お金の流れが分かりやすくなります

私はChatGPTをお得に支払う方法のためにWiseのデビットカードを使っているので、興味があれば参考にしてください。

友達紹介リンクから登録すると、最大75,000円までの送金手数料が無料になるクーポンが付与されます。

今、オクトパスエナジーへ乗り換えると5000円割引

現在、オクトパスエナジーは友達紹介キャンペーンを行っており、紹介された人は5000円分の電気代値引きが貰えるようになっています。

出典元:オクトパスエナジー

友達紹介キャンペーンのURL以外から申し込んでしまうと後から紹介ボーナスを付与することはできませんし、招待コードを入力できる項目もありません。

ちゃすく
ちゃすく

ちゃすくは招待URLのことを知らなかったので、5000円分の電気代値引きを貰えませんでした…

そのため、オール電化の電気代を少しでも抑えたい場合はオクトパスエナジーの友達紹介URLを使う方法がオススメです。

下記のボタンは私の「オクトパスエナジー紹介URL」になっているので、紹介してくれる人が身近にいない場合は活用してください。

友達紹介特典:5000円分の電気代値引き付き

オクトパスエナジーに関するよくある質問

Q
オクトパスエナジーは1人暮らしにオススメ?
A

オクトパスエナジーは一人暮らしや二人暮らしなどの少人数世帯にもオススメの電力会社です。

ちゃすく
ちゃすく

乗り換えて安くなったうえ、1年使っても電気や対応で問題となる点がありませんでした

毎時間の電気代使用量をスマホで手軽に確認でき、電気代が割引となる節電チャレンジがあるため、一人暮らしで電気代に気をつけたい人にはオススメです。

詳しい理由は下の「オクトパスエナジーが1人暮らしにオススメの理由6選」で解説しているので、一人暮らしの方は参考にしてください。

Q
オクトパスエナジーに友達招待キャンペーンはある?
A

オクトパスエナジーには紹介者と紹介された人それぞれに5000円分の割引特典が付与される紹介URL(紹介リンク)があります。

実際に「オクトパスエナジー紹介URL」へアクセスすると、下画像の注意書きがあり、「紹介URLからでないと、紹介ボーナスはつきませんのでご注意を!」とあります。

出典元:オクトパスエナジー

紹介URL以外から申し込んでしまうと後から紹介ボーナスを付与することはできませんし、招待コードを入力できる項目もありません。

ちゃすく
ちゃすく

ちゃすくは招待URLのことを知らなかったので、5000円分の電気代値引きを貰えませんでした…

そのため、少しでも電気代を抑えてオクトパスエナジーを契約したい場合は友達紹介URLを使う方法がオススメです。

友達紹介の詳細は「オクトパスエナジーの友達紹介は?1万円分の招待コードやURLを解説」で解説しており、下記のリンクは私の紹介URLになっているので是非活用してください。

友達紹介特典:5000円分の電気代値引き付き
Q
オクトパスエナジーはコンビニ払い対応?
A

オクトパスエナジーはコンビニ払いへ対応しており、下記の主要なコンビニで支払いが可能です。

  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ

コンビニ払い以外にも「クレジットカード」や「口座振替」があるため、クレカを持っていない場合であれば「コンビニ払い」か「口座振替」を利用できます。

コンビニ払いでの手数料や流れは下の「オクトパスエナジーはコンビニ払い可能?他の支払い方法や支払い日も解説」参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました