本サイトではASP広告を利用しています

ChatGPT Plus(有料版)の支払いにデビットカードやVプリカは使える?クレジット以外を解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • ChatGPT Plusはデビットカードで支払える?
  • VプリカでChat GPTの支払いをしたい
  • クレカ以外でChat GPTを支払えない?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、ChatGPTの有料版であるChatGPT PlusはデビットカードやVプリカでの支払いに対応しており、実際に下記の実例があります。

ただし、ChatGPTの月額料金は20ドルなので、日本円残高で支払う際は支払い時の為替レートで変換されたうえで為替手数料の5%を決済会社に取られます。

支払いの例

1ドル=150円の時に支払うと、20ドル(=3000円)に加えて為替手数料の150円が追加でかかる。そのため、実際に支払う金額は3150円になる。

そのため、少しでも安くChatGPTの料金を支払いたい場合は米ドルの残高で支払えるWiseのデビットカードがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

Wiseは複数の通貨を扱えるマルチカレンシー口座です

実際に私もWiseのデビットカードでChatGPTの支払いをしているのですが、Wise内で日本円を米ドルへ換金できるので、支払い時の為替手数料5%がかかりません。

ちゃすく
ちゃすく

支払いの管理画面が上画像であり、20ドルしかかかっていません

Wise内で日本円を米ドルへ換金する際に0.62%の手数料はかかりますが、それでも日本のクレカやデビットカードで5%多く払うよりも安いのでオススメです。

友達紹介リンクから登録すると、最大75,000円までの送金手数料が無料になるクーポンが付与されます。
スポンサーリンク

ChatGPT PlusはデビットカードやVプリカ対応?

ChatGPT Plus(有料版)で公表されている支払い方法は下記ですが、実はデビットカードやVプリカも使用できます。

  • クレジットカード
  • PayPal
  • Apple Pay
  • Google Pay

ChatGPT Plusにデビットカードは使える

ChatGPT Plusの支払い方法として、デビットカードの利用が可能です。

デビットカードであれば直接銀行口座から料金が引き落とされるため、クレジットカードを持っていない方や使いすぎを防ぎたい方にとって便利な支払い方法です。

利用可能なデビットカードの国際ブランドには下記があり、一般的なデビットカードであれば問題ないでしょう。

  • Visa
  • Mastercard
  • JCB
  • American express

支払い方法もクレジットカードと同じように登録するだけですが、デビットカードの場合は初回に支払う金額以上の残高がなければエラーとなるので注意してください。

ちゃすく
ちゃすく

ChtaGPTは20ドルなので、1ドル=150円だと3000円以上は残高に欲しいです。手数料も考えると4000円ほど入れておいた方がいいかも。

楽天銀行のデビットカードであれば支払金額100円ごとに1円分の楽天ポイントが貯まるので、少しでもお得にChatGPTを契約したい場合は活用してください。

楽天銀行
楽天銀行
開発元:楽天銀行株式会社
無料

ChatGPT PlusにVプリカは使える

冒頭のツイートでもあった通り、ChatGPT Plus(有料版)の支払いはVプリカでも可能です。

ただし、Vプリカの残高が足りない場合はChatGPTの支払い方法へ追加してもエラーが返ってくるので、事前に20ドル分を支払えるか確認してください。

ちゃすく
ちゃすく

為替手数料の5%も必要なので、実際には21ドル以上の残高が必要

ChatGPT Plusにバンドルカードは使える

ChtaGPT Plusの支払いにバンドルカードは利用できますが、こちらもChatGPTの支払い金額である20ドル以上の残高がなければエラーになります。

ちゃすく
ちゃすく

為替手数料が必要なので、実際には20ドルよりも大きい残高が必要です

為替は常に変動しているため、20ドルを余裕で支払えるだけの残高を用意しておくとよいでしょう。

バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード
バンドルカード:Visaチャージ式カード、Visaカード
開発元:Kanmu, Inc.

ChatGPT Plusの料金を安く支払う方法

ChatGPT Plusの料金を少しでも安く支払いたい場合は、マルチカレンシー口座であるWiseのデビットカードがオススメです。

Wise(旧称:TransferWise)は、国際送金サービスを提供するイギリスの企業です。2011年にエストニア出身のクリスタ・カーマンとターヴェット・ヒンリクスによって設立されました。

Wiseでは、銀行や従来の送金サービスよりも低い手数料と実際の為替レートで国際送金を可能にしており、米ドルと日本円の換金であれば0.62%の手数料しかかかりません。

ちゃすく
ちゃすく

クレカで外貨を支払うと為替レート+5%の手数料を支払うので、Wiseなら約4.4%もお得です

また、Wiseはマルチカレンシーの口座を提供しており、50以上の通貨での送金&受取が可能です。ユーザーは異なる通貨の間でお金を交換したり、複数の国の銀行口座番号を取得したりすることができ、海外で働いている人や留学生、多国籍企業などが手数料を抑えて容易に国際取引を行えます。

Wiseのデビットカードを使ってChatGPTの有料版を支払う流れは下記の通りであり、一般的な日本のクレカよりも安い金額で支払えます。

  1. Wiseのアカウントを開設
  2. Wiseのデビットカードを作成(バーチャルカードでOK)
  3. Wiseへ日本円を送金
  4. Wise内で日本円を米ドルへ換金(0.62%の手数料)
  5. ChatGPTの支払いをWiseのデビットカードで行う
    (自動で米ドルの残高から支払いが行われる)

実は、日本円の残高から支払うクレカやデビットカードを米ドル払いのサービスで使うと、実際に為替レートに5%も上乗せされた金額を支払わなければいけません。

支払いの例

1ドル=150円の時に支払うと、20ドル(=3000円)に加えて為替手数料(5%)の150円が追加でかかる。そのため、実際に支払う金額は3150円になる。

一方、Wiseであれば0.62%の手数料で日本円を米ドルに換金でき、Wiseのデビットカードを利用すれば米ドル残高から支払いを行えます。

つまり、5%分の為替手数料を支払わなくてもよいので、日本のクレカやデビットカードよりもお得に契約できます。

ChatGPT Plusだけでなく、ノーコードツールのBiubbleなどでも使用できるため、日本円以外で支払いをする機会がある人にはオススメです。

友達紹介リンクから登録すると、最大75,000円までの送金手数料が無料になるクーポンが付与されます。
タイトルとURLをコピーしました