本サイトではASP広告を利用しています

Chromebookにクリスタの買い切りは?オススメやChromeOSを解説

ガジェット・生活
この記事がオススメな人
  • Chromebookでクリスタ買い切りは使える?
  • 買い切り版クリスタの対応PCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論だけ先に言うと、ChromebookではCLIP STUDIO PAINTの買い切り版を利用できず、iPadやタブレットと同様にサブスク版しか使えません。

ただし、いくつかの対処法があるため、詳しい内容を解説していきます。

スポンサーリンク

Chromebookにクリスタの買い切りは?

CLIP STUDIO PAINTの買い切りとサブスクへ対応した端末は下記の通りであり、買い切りはWindowsとMacだけです。

プラン・端末Windows/MacWindows/Mac/iPad/iPhone
/Galaxy/Android/Chromebook
iPhone/Galaxy/Androidのみ
CLIP STUDIO PAINT PRO買い切り:5,000円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額100円
サブスク:年額700円
CLIP STUDIO PAINT EX買い切り:23,000円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額300円
サブスク:年額2,000円

そのため、ChromeOSを搭載しているChromebookはサブスク版のCLIP STUDIO PAINTしか使えません。

Chromebookはクリスタの推奨スペックに対応?

公式サイトではCLIP STUDIO PAINTの推奨スペックとして下記が公表されています。

推奨スペックWindows搭載PCChromeOS搭載PC
OSWindows 8.1、10、11(各64bit)Android9以降/x86/x86_64)
に対応したChromeOS
CPUSSE2に対応したIntel、AMD製CPU指定なし
GPUOpenGL 2.1に対応したGPU指定なし
メモリ2GB以上のメモリ必須
8GB以上推奨
4GB以上のメモリ必須
8GB以上推奨
ストレージ3GB以上6GB以上
出典元:CLIP STUDIO PAINT

Chromebookの場合は最低でも4GB以上のメモリ、可能であれば8GB以上のメモリを搭載したPCが推奨されています。

メモリはPCのデータを一時保存するストレージであり、CPUとストレージ間のデータ取り扱いをサポートする役割です。

←ストレージ メモリ→

作業台へ例えられることが多く、「作業台が広い=メモリの容量が多い」状態だと1度に処理できるデータ量も増えます。
複数のソフトウェアを同時に使用する場合は大容量メモリが推奨されています。

ちゃすく
ちゃすく

メモリが不足すると「PCが重くなる」「ソフトが急に落ちる」などの不具合で発生します

価格帯で言うと、5万円以上のChromebookであれば8GB以上のメモリを搭載している場合が多いです。

ちゃすく
ちゃすく

3万円以下のモデルだとメモリ4GBが多いので注意

CLIP STUDIO PAINTのみを起動する場合は4GBでも足りますが、バックエンドソフトやChromeを同時に使うことも考えると、8GB以上のメモリを搭載したモデルがオススメです。

ゲーミングPCでも有名なASUSであれば8GB以上のメモリを搭載したChromebookを販売しているので、PC選びの参考にしてください。

Chromebookはタッチ操作が可能?

Chromebookは全てのモデルがタッチ操作へ対応しているわけでは無いので、液タブの様にCLIP STUDIO PAINTを使えるかどうかはモデルによります。

タッチパネルを搭載したモデルであれば専用のペンを使うことで液タブの様に利用でき、筆圧検知も設定できます。

ASUSのChromebookであればタッチ対応モデルと非対応モデルがあるため、自身の活動内容に合わせたPCモデルを選べます。

Chromebookで買い切り版クリスタを使えない時の対処法

ここからはChromebookで買い切り版のクリスタを使えない時の対処法を解説していきます。

  1. Windowsサーバーを利用する
  2. サブスク版クリスタを使う
  3. WindowsまたはMacを導入

Windowsサーバーを利用する

買い切り版のCLIP STUDIO PAINTはChromebookで使えませんが、Windowsサーバーを利用すればChromebook上でWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Windows専用ソフトも起動できます。

ちゃすく
ちゃすく

リモートアクセスならどんなOSでもOK!

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、Chromebookで買い切り版のCLIP STUDIO PAINTを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

サブスク版クリスタを使う

Chromebookは買い切り版のCLIP STUDIO PAINTへ対応していないので、サブスク版を利用する方法が1番無難です。

プラン・端末Windows/MacWindows/Mac/iPad/iPhone
/Galaxy/Android/Chromebook
iPhone/Galaxy/Androidのみ
CLIP STUDIO PAINT PRO買い切り:5,000円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額480円
サブスク:年額2,800円
サブスク:月額100円
サブスク:年額700円
CLIP STUDIO PAINT EX買い切り:23,000円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額980円
サブスク:年額7,800円
サブスク:月額300円
サブスク:年額2,000円

CLIP STUDIO PAINT PROの場合はサブスクを2年以上契約すると買い切り版以上の価格になりますが、CLIP STUDIO PAINT EXであれば2年間はサブスクの方が安いです。

また、買い切り版のCLIP STUDIO PAINTであっても大型のアップデートは別途料金がかかるため、最新の機能を使いたい場合はアプデの度に料金を支払う必要があります。

上記のことを考えると、買い切り版もサブスク版もランニングコストは大きく変わらないので、Chromebookの場合は素直にサブスク版を使っても良いと思います。

WindowsまたはMacを導入

WindowsかmacOSを搭載したPCであればCLIP STUDIO PAINTの買い切り版を購入できるため、Chromebook以外のPCを導入する方法もオススメです。

MicrosoftのSurface ProシリーズであればWindowsを搭載したタブレット型PCであり、液タブのようにタッチ操作も可能なPCです。

もちろん、Windowsを搭載しているのでCLIP STUDIO PAINTの買い切り版を使えますし、クリスタの推奨スペックも上回っています。

推奨スペックSurface Pro 9CLIP STUDIO PAINT
OSWindows11 Home 64ビットWindows 8.1、10、11(各64bit)
CPUIntel Core i5-1235USSE2に対応したIntel、AMD製CPU
グラフィックスIntel Iris Xe グラフィックスOpenGL 2.1に対応したGPU
メモリ8GB2GB以上のメモリ必須
8GB以上推奨
ストレージSSD:128GB3GB以上
出典元:CLIP STUDIO PAINT

タッチディスプレイとクリスタの買い切り版を両立したシリーズなので、液タブとしても利用できるPCが欲しい場合はSurface Proがオススメです。

タイトルとURLをコピーしました