【初心者向け】Vtuberの立ち絵を依頼する方法を解説・オススメサイト3選!

【初心者向け】Vtuberの立ち絵を依頼する方法を解説・オススメサイト3選!Vtuber

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • Vtuberになりたいけど、どうやって立ち絵を用意すればいいか分からない
  • 立ち絵を依頼する時は何のサイトを使えばいいの?
  • Twitterとかで頼むことは出来る?

記事製作者cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

初めて依頼するならTwitterで直接依頼するのはNG

まず、色んなVtuberを見ていると自信を描いてくれたイラストレーターをママと呼んで紹介しているため、多くの人がTwitterで直接依頼交渉をしようとします。

しかし、基本的にイラストレーターに直接Twitterで依頼するのはNGです。

Twitterでの交渉の場合、依頼者とイラストレーターの間に第三者が介入しない為、金銭トラブルや仕事の途中で問題が生じても当人たちで解決するしかありません。

最悪の場合、裁判になることも考えられるためTwitterで直接依頼するのは依頼者もイラストレーターもリスクが大きいです。

何度も既に依頼したことがあってお互いに信頼している場合は直接依頼しても良いかもしれませんが、初めての依頼であれば必ずクラウドソーシング系のサイトで依頼するべきです。

Twitter上で活動しているイラストレーターの多くはココナラらBASEなどのクラウドソーシング系サイトでも活躍しているため、気に入ったイラストレーターがいるなら各サイトで検索すれば見つかります。

スポンサーリンク

クラウドソーシング系サイトでVtuberの立ち絵を依頼する

Vtuberの立ち絵を依頼したい場合はクラウドソーシング系サイトを利用しましょう!

依頼者とイラストレーターにサイトが仲介するため手数料分費用は高くなりますが、金銭のやり取りやトラブル時の対処をサイトが担当してくるため大きな問題になりにくく、依頼もしやすいです。

また、クラウドソーシング系サイトはサイトごとに特徴は異なりますが、大まかに以下のことは共通しています。

  • イラストレーターの過去の依頼実績を確認出来る
  • サンプルのイラストが掲載されているため、どんなイラストを描くか分かる
  • 依頼者とイラストレーターがやり取りできるチャット機能がある
  • チャット機能ではファイル(画像や動画など)やURLも送受信できる
  • 支払方法はクレカや銀行口座、コンビニ払い、QRコード決済などがある
  • 匿名で利用できる為、身バレすることは無い
  • トラブルが起きた時にサイト運営者へ連絡でき、対応してくれる

それでは各クラウドソーシング系サイトの特徴や利用するうえでのメリットを解説していきます。

【利用者数が多い】ココナラ

ココナラのイラスト販売の様子

ココナラはクラウドソーシング系サイトの中でも特に利用者数が多いサイトであり、多くのイラストレーターがココナラのアカウントを持っています。

Vtuberの立ち絵以外にも動画編集代行や脚本作成、動画ネタ提供、youtubeコンサルなど多数のサービスがあるため、とりあえず登録しておくだけでも非常に便利です。

もちろんココナラへの会員登録は無料ですが、仕事を依頼した時に支払った金額の5.5%が手数料とココナラへ支払う必要があります。

また、ココナラは利用者も多いため下記事のように参考になる記事も多いです。
【参考記事】ココナラで動画素材の外注方法を解説

ココナラへ会員登録しなくてもサイト内を見ることは出来るため、良いイラストレーターを探すことにもオススメです。

ココナラ公式サイト

【仕事を依頼する】クラウドワークス

クラウドワークスはイラストレーターに仕事を依頼するのではなく、仕事を募集するサイトです。

上画像のように募集したい仕事内容と報酬を決めて仕事を募集し、応募してきたイラストレーターに仕事を頼む制度になります。

ココナラに比べると誰が応募してくるか分からないため希望するイラストレーターが来るかは分かりませんが、クラウドワークスにはクラウドワーカーと呼ばれる人たちが存在します。

クラウドワーカーはクラウドワークスで実績を残してきた人たちであり、過去にどんな依頼を受けてきたかプロフィールなどに書いてあります。

クラウドワークスではクラウドワーカーに直接仕事を依頼することも出来るため、過去の実績を参考にしてVtuberの立ち絵を依頼してもよいかもしれません。

もちろん会員登録は無料ですが、仕事を依頼した時に依頼額の数%をクラウドワークスに支払う必要があります。

クラウドワークス公式サイト

【イラスト専門サイト】SKIMA

SKIMAはイラストを専門的に扱うクラウドソーシング系サイトであり、Live2D用のイラスト(二次元イラスト)だけでなく、3Dモデルの作成を受け付けている方もいます。

また、他のサイトと違って既に出来上がったモデルを販売しているため、気に入ったモデルがあれば購入するだけで簡単にVtuberの立ち絵が手に入ります。

他にもクラウドワークスの仕事を募集することも可能なため、予算や趣向に合わせてイラストレーターを集めることが出来ます。

イラストに特化したサイトであるため、Vtuberをこれから始めたい場合は特にオススメのサイトです。

もちろん会員登録は無料でありながら基本的にはイラストレーター側がSKIMAへ手数料を払うため、購入者はイラストレーターが提示した金額のみで依頼することが出来ます。

非常に多くのイラストレーターが利用しているため、下調べにSKIMAへアクセスするのもオススメです。

SKAIMA公式サイト

【関連記事】ゲーム実況・Vtuber向きボイスチェンジャーソフト6選

コメント

タイトルとURLをコピーしました