【SKIMA】オススメの支払い方法と変更方法【決済手数料】

【SKIMA】オススメの支払い方法と変更方法【決済手数料】クラウドソーシング

この記事は下記の悩みや疑問を持つ人にオススメです。

  • SKIMAの支払い方法を知りたい
  • 手数料が安い支払い方法は?
  • 支払い方法の変更をしたい!

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

動画投稿とブログ運営をしている普通の若者男性。
白黒解説氏は登録者3万人、総再生回数は2000万回超え。
ブログは月間13万PV達成!お仕事などはTwitterのDMへ。

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではSKIMAの支払い方法や変更のやり方について解説します。

結論だけ先に書いておくと、SKIMAで支払う時はクレジットカードとポイント払いの併用がオススメです。

今ならSKIMAで友達招待キャンペーンをやっており、コチラの招待URLから登録すれば300円分のポイントが貰えます。

引用元:https://skima.jp

ポイント払いは決済手数料がかからないので、少しでも安い支払い方法を使いたい場合は下記の招待ボタンからの登録がオススメです。

スポンサーリンク

【SKIMA】オススメの支払い方法と変更方法

SKIMAには下記の支払い方法があり、決済手数料が無料のクレジットカードやプリペイドカードがオススメです。

支払い方法各支払い方法の特徴や対応決済手数料
クレジットカードVISA、Mastercard対応
デビットカード、プリペイドカードも基本的に対応
無料
コンビニ払いファミリーマート、ミニストップ、ローソン
セイコーマート、デイリーヤマザキ
200円
売上金払いクレジットカード、コンビニ払い、
ポイント払いとの併用が可能
無料
ポイント払いクレジットカード、コンビニ払い、
売上金払いとの併用が可能
無料

各支払いで決済した後に「やっぱり〇〇で支払いたいな」と思っても変更できないので、気をつけてください。

もしクレジットカードやプリペイドカードを持っていない場合は、楽天カードなら「Mastercard」と「VISA」へ対応しているのでオススメです。

SKIMAの支払い手順と変更方法

SKIMAでサービスを購入すると下画像の支払い方法を設定する画面が表示されるので、好きな支払い方法へ変更できます。

出典元:https://skima.jp

クレジットカードとコンビニ払いの場合は所持している売上金とポイントを併用でき、売上金・ポイント払いでも売上金とポイントを同時に使えます。

支払い方法を決定すると、「お支払いを開始」ボタンが表示されるので各種支払い方法に沿った手続きをしてください。

ちゃすく
ちゃすく

クレカならカード情報入力、コンビニ払いは払い先コンビニを選択

各種支払い方法に関する詳細な入力情報はSKIMA公式サイトの「ご利用ガイド・お支払いの流れ」を確認してください。

【SKIMA】クレジットカードの注意点

SKIMAでクレジットカード(プリペイドカード)を使う時は下記の注意点があります。

  • JCBブランドのカードは対応していない
  • 購入承認日の翌日23時59分までに支払う必要がある
    (過ぎると自動キャンセルになる)
  • 一部のプリペイドやデビットカードは対応していない

特にプリペイドカードやデビットカードは対応していないリスクもあるので、持っているのであればクレジットカードがオススメです。

ちゃすく
ちゃすく

作れる場合は楽天カードがオススメ

【SKIMA】コンビニ払いの注意点

SKIMAでコンビニ払いを使う時は下記の注意点があります。

  • SKIMAのメールアドレスを受け取る必要がある
  • 購入承認日の翌日23時59分までに支払う必要がある
    (過ぎると自動キャンセルになる)
  • 支払い方法は各コンビニで異なる
  • 決済手数料として200円がかかる

SKIMAでコンビニ払いを選択すると、登録したメールアドレスへ支払いに必要な情報が送信されるので捨てメールを登録するのはオススメしません。

ちゃすく
ちゃすく

迷惑メールへ入ることもあるので注意

また、各種コンビニでの支払い方法についてはSKIMA公式サイトの「各種コンビニ払いの方法」を参考にしてください。

【SKIMA】売上金・ポイント払いの注意

SKIMAで売上金・ポイント払いを使う時は下記の注意点があります。

  • 売上金とポイントを併用する時は、どちらにも使用する分の数字を入力する

仮に売上金とポイントを3000円分使いたい場合は「売上金を2000円」「ポイントを1000円」という形で選択する必要があります。

現在、SKIMAでは友達招待キャンペーンをやっており、コチラの招待URLから登録すれば300円分のポイントも貰えます。

引用元:https://skima.jp

クレジットカードやコンビニ払い時にも300ptを指定すれば使えるので、少しでも安く依頼したい場合は活用してください。

スポンサーリンク

【SKIMA】支払いに関するよくある質問【Q&A】

ここからはSKIMAの支払いに関するよくある質問へ答えていきます。

Q
SKIMAの決済タイミングは?
A

SKIMAで決済するタイミングはサービス購入後であり、購入承認日の翌日23時59分までに決済できない場合は自動で取引キャンセルになります。

Q
SKIMAのコンビニ支払いで名前がバレる?
A

結論から言うと、SKIMAのコンビニ払いで取引相手に名前がバレることはありません。

購入者はSKIMA運営へ支払い、クリエイターはSKIMA運営から報酬を貰うので取引相手に個人情報が漏れることはありません。

Q
SKIMAでバンドルカードは使える?
A

SKIMAはほとんどのプリペイドカードとデビットカードへ対応しているので、基本的にバンドルカードも使えます。

ただし、発行会社によっては使えない可能性もあるので不安な場合はSKIMA公式サイトへ問い合わせてみてください。

Q
SKIMAの支払いでPayPayを使える?
A

SKIMAの支払いでPayPayを使うことは出来ません。

他のQRコード決済も対応していませんが、PayPayカードは対応しているのでPayPayポイントを使うことは可能です。

PayPayカードはポイントサイト「ハピタス」や「モッピー」を経由で発行すれば5900円分のポイントが貰えるのでオススメです。

ハピタスとモッピー
出典元:https://hapitas.jp、https://pc.moppy.jp
スポンサーリンク

他の閲覧者はコチラの記事も読んでいます

当ブログ「ちゃすろぐ」では動画投稿やPCに関する情報を発信しています。

他の閲覧者は下の記事も読んでいるので、興味があればチェックしてください。

ちゃすく
ちゃすく

共有やお気に入り登録もお願いします

タイトルとURLをコピーしました