本サイトではASP広告を利用しています

Vtuberにオススメのキャプチャーボード4選【HDMIキャプチャ】

Vtuber
この記事がオススメな人
  • Vtuberにオススメのキャプボはどれ?
  • キャプチャーボードってそもそも何?
  • ゲーム配信をするためにはどれが良い?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から言うと、Vtuberの場合は「パススルー機能」と「ハードウェアエンコード」を兼ねたキャプチャーボードがオススメです。

AVerMediaのAVT-C878 PLUSであれば上記の機能を兼ねており、有名実況者のキヨさんも使っているのでオススメです。

[itemlink post_id=”13477″]

スポンサーリンク

そもそもキャプチャーボードとは?【選び方】

そもそもキャプチャーボード(キャプボ)とは、任天堂SwitchやPS5などのゲームハード映像をPCへ取り込むための機材です。

下画像のようにキャプチャーボードがゲーム機とPCを仲介する事で、ゲーム機の映像をPC本体へ表示し、録画や実況が出来るようになります。

任天堂Switchとpcをキャプチャーボードで接続

ただし、キャプチャーボードにはいくつか種類があるので、Vtuber向けの選び方を解説しておきます。

キャプボ選び方1:OS(Windows /Mac)

Vtuberを目指す場合はWindows搭載PCを使っている人が多いと思いますが、もしもMacを使っていた場合は注意が必要です。

なぜなら、ほぼ全てのキャプボはWindowsへ対応していますが、一部のキャプボはMacへ対応していないからです。

ちゃすく
ちゃすく

人気キャプボのGC550は対応してない

YouTuber市場ではMacユーザーも多いので、念のためにMacとWindowsへ両対応したキャプチャーボードを紹介しておきます↓

商品名AVerMedia AVT-C878 PLUSFaunow HDMI キャプチャーボードI-O DATA GV-USB3HDS/ETreasLin HSV321
商品画像I-O DATA GV-USB3HDS/E
価格23,760円(Amazon)2,098円(Amazon)22,900円(Amazon)8,000円(Amazon)
録画画質1080p/60fps1080p/60fps4K/60fps、2K/120fps1080p/60fps
エンコード方法ハードウェアソフトウェアソフトウェアソフトウェア
パススルー4K/60fpsで対応非対応4K/60fps、2K/120fpsで対応4K/30fps、1080p/60fpsで対応
他の特徴動画編集ソフトPowerDirector付き。
microSDへ単体録画可能。
特になし。動画編集ソフトPowerDirector付き。
専用の録画ソフト付き。
Amazonでベストセラー1位。
Amazon/楽天Amazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見る

キャプボ選び方2:内蔵型or外付け型

キャプチャーボードには「PC内部へ取り付ける内蔵型」と「USB端子などで接続する外付け型」の2種類があります。

どちらも一長一短ですが、PCへあまり詳しくないVtuberであれば外付け型キャプボの方が使いやすいでしょう。

外付け型であれば下表の様に種類も多く、ゲーム配信初心者でも扱いやすいのでオススメです。

商品名AVerMedia GC550 PLUSAVerMedia AVT-C878 PLUSFaunow HDMI キャプチャーボードTreasLin HSV3215I-O DATA GV-US2CHD/EI-O DATA GV-USB3HDS/ETreasLin HSV321
商品画像AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUSTreasLin HSV3215I−O・データGV-US2CHD/EI-O DATA GV-USB3HDS/E
価格19,700円(Amazon)23,760円(Amazon)2,098円(Amazon)13,999円(Amazon)15,920円(Amazon)22,900円(Amazon)8,000円(Amazon)
録画画質1080p/60fps1080p/60fps1080p/60fps4K/30fps、1080p/60fps1080p/60fps4K/60fps、2K/120fps1080p/60fps
エンコード方法ソフトウェアハードウェアソフトウェアソフトウェアハードウェアソフトウェアソフトウェア
パススルー4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応非対応4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応4K/60fps、2K/120fpsで対応4K/30fps、1080p/60fpsで対応
Amazon/楽天Amazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見る

キャプボ選び方3:パススルー機能の有無

Vtuberがゲーム配信をする場合は、パススルー機能を搭載したキャプボがほぼ確実に必要です。

パススルー機能:ゲーム機の映像をプレイ用のモニターと録画&配信用のPCへ同時に表示する機能。
通常、PCへ表示されるゲーム映像は実際のプレイよりも遅れてしまうので、ゲームプレイが不利になりやすいです。
そこで、パススルー機能を使って遅延が無い映像を他のモニターへ出力することで、快適なゲームプレイと実況&配信が両立できます。

引用元:https://www.avermedia.co.jp

キャプボを通したゲーム映像には0.1秒ほどの遅延があり、FPSやMMORPGでは無視できない遅れになります。

そのため、ゲーム系のVtuberであれば下表の様なパススルー機能搭載キャプチャーボードがオススメです。

商品名AVerMedia GC550 PLUSAVerMedia AVT-C878 PLUSTreasLin HSV3215I-O DATA GV-US2CHD/EI-O DATA GV-USB3HDS/ETreasLin HSV321
商品画像AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUSTreasLin HSV3215I−O・データGV-US2CHD/EI-O DATA GV-USB3HDS/E
価格19,700円(Amazon)23,760円(Amazon)13,999円(Amazon)15,920円(Amazon)22,900円(Amazon)8,000円(Amazon)
録画画質1080p/60fps1080p/60fps4K/30fps、1080p/60fps1080p/60fps4K/60fps、2K/120fps1080p/60fps
エンコード方法ソフトウェアハードウェアソフトウェアハードウェアソフトウェアソフトウェア
パススルー4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応4K/60fps、2K/120fpsで対応4K/30fps、1080p/60fpsで対応
Amazon/楽天Amazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見る

キャプボ選び方4:エンコード方法

キャプチャーボードには「エンコード」と呼ばれる作業があり、PCスペックによって最適なエンコード方法が異なります。

エンコード:動画の圧縮や形式変換をする作業のこと。
ゲーム映像を処理しなければいけないため、必ずキャプボかPCへ大きな負担がかかる。

基本的に低スペックPCを使っているVtuberであれば、ハードウェアエンコードを採用したキャプボがオススメです。

ハードウェアエンコード:キャプボ本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。キャプボが処理するためPCに表示される映像は遅れる。
ソフトウェアエンコード:
PC本体がゲームハードの映像をPCへ出力できるように処理すること。PCが処理するためPCに表示される映像は遅れにくい。

エンコード方法負担がかかるパーツ製品の価格製品の種類
ハードウェアキャプボ高い少ない
ソフトウェアPC(CPU&GPU)安い多い

上記の「PCへ表示される映像が遅れる」問題については、パススルー機能を使えば全く問題ありません。

そのため、PCスペックに自信がない場合は下表にあるハードウェアエンコードのキャプボを選ぶと良いでしょう。

商品名AVerMedia AVT-C878 PLUSI-O DATA GV-US2CHD/E
商品画像I−O・データGV-US2CHD/E
価格23,760円(Amazon)15,920円(Amazon)
録画画質1080p/60fps1080p/60fps
パススルー4K/60fpsで対応4K/60fpsで対応
製品の特徴動画編集ソフトPowerDirector付き。
microSDへ単体録画可能。
動画編集ソフトPowerDirector付き。
SDカードへ単体録画可能。
Amazon/楽天Amazonで商品を見る/楽天で商品を見るAmazonで商品を見る/楽天で商品を見る

Vtuberにオススメのキャプチャーボード4選

ここからはVtuber活動を始めたい人にオススメのキャプチャーボードを紹介していきます。

AVerMedia Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS

Vtuberにオススメのキャプボ1台目は、AVerMediaの「Live Gamer EXTREME 2 GC550 PLUS」です。

製品名GC550 PLUS
対応OSWindows
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー対応
パススルー画質/fps4K/60fps
エンコード方式ソフトウェア

価格はAmazonで19,800円であり、Amazonのベストセラーにもなっています。

GC550 PLUSの大きな特徴は下記であり、コストパフォーマンスに優れたキャプボです。

パススルー:ゲームハードの映像をプレイ用のモニターと録画用のPCへ同時に表示する機能。
通常、PCへ表示されるゲーム映像は実際のプレイよりも遅れてしまうためゲームプレイで不利になりやすい。
そこで、パススルー機能を使って遅延が無い映像を他のモニターへ出力することで快適にゲームプレイが出来るようになる。

引用元:https://www.avermedia.co.jp

ゲームの録画には専用の録画ソフトも必要ですが、GC550 PLUSであれば専用の録画・配信ソフト「RECentral」が付いてきます。

RECentralのカスタマイズ性はOBSに少々劣りますが、初心者Vtuberでも使いやすいのでオススメのソフトです。

ちゃすく
ちゃすく

OBSで不具合が起きた時に代打で使われることが多いです

GC550 PLUSには多機能動画編集ソフト「PowerDirector」が付属しており、ゲーム実況の動画編集へ活用できます。

ちゃすく
ちゃすく

Vtuberの場合はライブ配信がメインになりやすいですが、サムネや動画も編集できるのは便利です

[itemlink post_id=”12954″]

AVerMedia Live Gamer Portable 2 AVT-C878 PLUS

Vtuberにオススメしたい2台目のキャプボは、AVerMediaの「Live Gamer Portable 2 AVT-C878 PLUS」です。

名前AVT-C878 PLUS
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー対応
パススルー画質/fps4K/60fps
エンコード方式ハードウェア

価格はAmazonで18,900円であり、超人気ゲーム実況者「キヨ」さんはAVT-C878の前モデルを使っていました。

先ほど紹介したGC550 PLUSと同じメーカーなので、「パススルー機能」「RECentral付属」「PowerDirector付属」は共通しています。

しかし、AVT-C878 PLUSは下記の点でGC550 PLUSと異なっており、幅広いPCで利用できます。

  1. WindowsとMacに対応している
  2. AVT-C878 PLUS単体でも録画可能
  3. GC550 PLUSよりPCの負担が軽い

特にPCスペックが低くても高画質配信が可能なので、あまり予算がないVtuberにはオススメです。

[itemlink post_id=”13477″]

Faunow HDMI キャプチャーボード

3つ目にオススメするVtuber向けキャプボは、Faunowの「HDMI キャプチャーボード」です。

名前HDMIキャプチャーボード
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー非対応
パススルー画質/fps非対応
エンコード方式ソフトウェア

価格はAmazonで2098円であり、amazon choiceに選ばれるほどの人気商品です。

先ほどまでのAVerMediaの商品と違って非常にシンプルであり、「パススルー」「録画・配信ソフト」「動画編集ソフト」などは一切ありません。

ちゃすく
ちゃすく

専用ソフトは無いけど、OBSを使えばゲームの配信ができます

そのため、「キャプチャーボード」と言うよりも「互換アダプタ」の感覚に近い製品になります。

パススルー機能が無いのでノベルゲームやターン制ゲームなど、少しくらい遅延があってもゲームプレイへ支障が無い場合にオススメの製品です。

[itemlink post_id=”13818″]

TreasLin HSV321

最後にオススメするVtuber用キャプチャーボードは「TreasLin HSV321」です。

名前TreasLin HSV321
対応OSWindows、Mac
録画画質/fps1080p/60fps
パススルー対応
パススルー画質/fps4K/30fps、1080p/60fps
エンコード方式ソフトウェア

価格はAmazonで8,000円であり、比較的低価格帯でありながらパススルー機能も対応しており、遅延無しでゲーム配信が可能です。

AVT-C878と比較すると下記の点で劣りますが、ハイスペPCのVtuberなら全く問題ありません。

  1. 録画配信ソフトや動画編集ソフトが付いてこない
  2. ソフトウェアエンコードなのでPCへ負担がかかる

そのため、ゲーミングPCを導入しているVtuberならオススメの製品です。

[itemlink post_id=”14032″]

タイトルとURLをコピーしました