【需要分析】もう新人の個人勢Vtuberは伸びない?動画投稿者が解説

もう新人の個人勢Vtuberは伸びない?Vtuber

この記事は以下の悩みや要望を持つ方にオススメです。

  • 個人勢でVtuberをしているけど全然伸びない
  • 企業には頼らず、個人でVtuberを始めたい
  • これから個人勢Vtuberでも伸びるのか知りたい

Vtuberという言葉が誕生してから3年以上経ちましたが、現在でもVtuberというジャンルは非常に大きな人気を持っています。

しかし、数多くの個人がVtuberに挑戦して半年もせずに引退・休止しているケースも非常に多く、「もう個人勢のVtuberは伸びない」と考える人も多いです。

この記事では本当に個人勢のVtuberには需要が無く、伸びることが無いのか分析・解説します。

記事製作者 cHask

*ブログのアイキャッチ(サムネ)はCanvaで制作しています。

スポンサーリンク

本当に個人勢のVtuberは伸びないのか

まずは本当に個人勢のVtuberは伸びていないのか事実を確認してみましょう。

Vtuberランキングサイトでファン&総再生回数が急上昇している新人Vtuberは下画像の通りです。(2021/06/19時点)

上の画像を見ると急上昇6人中、5人が事務所・企業のバックアップを受けています。

唯一個人で活動している「蒼彩なびNabi Ch.」さんも自身がイラストレーターであり、ホロライブの英語圏メンバーのイラストも担当しています。

そのため蒼彩なびさんは個人勢ではありますが、普通の一般人とは元々性質が異なっています。

また、画像では上位6名しか表示していませんが、私が確認できた上位20人までは全員「事務所・企業に属する」または「既に大手Vtuberからの派生」Vtuberでした。(日本語or英語説明があるVtuberのみ、一部Vtuberは言語が読めませんでした)

したがって、個人勢のVtuberが事務所・企業系Vtuberよりも伸びにくいのは、ただの推測ではなく事実であると考えられます。

21位~60位には個人勢Vtuberもいるが…

20位までは全員事務所・企業系Vtuberでしたが、21位~60位には個人のVtuberもかなりいます。

20位~60位までのチャンネル登録者数は以下のようになっています。あくまでファン急上昇数のため開始時期や狙っている地域によってかなり差はありますが、参考程度に考えてください。

ランキング順位登録者数目安
20位~30位5000人~5万人
30位~40位3000人~1万人
40位~50位1000人~8000人
50位~60位500人~5000人

だいたい40位~50位あたりで個人勢と企業勢が半々くらいランクインしています。

そのため、個人勢Vtuberでも企業勢に負けないくらい伸びているように見えます。

しかし、ランキングに入っている個人勢Vtuberには以下の特徴があります。

  • 中国、韓国、英語圏向けに活動している
  • 個人勢Vtuberのグループに所属している
  • 中の人が元から著名人(イラストレーター、声優、転生前ありなど)
  • 元あったチャンネルをVtuberにリニューアルした
  • 炎上している・引退する

おそらく、この記事を見ている方は個人勢Vtuberのとらえ方が「日本人向けに活動しており、どこにも所属してない一般人」だと思うので上の特徴がある個人勢Vtuberは該当しませんね。

60位以降でも企業勢Vtuberは残っている

60位まででは特別な個人勢Vtuberがランクインしていましたが、60位以降になると完全な素人による個人勢Vtuberもランクインしています。(80位までは収益化出来ているチャンネルが半分ほど、80以降は基本収益化出来ていない)

しかし、事務所・企業勢Vtuberもまだまだ残っています。

正直、企業勢でも収益化出来ていないチャンネルが存在しているのでVtuber市場がどれだけ過酷な環境なのか恐ろしくなりますね。

また、完全な個人勢Vtuberでランクインするほど伸びているチャンネルには上で説明した特徴に加えて以下の特徴が見られます。

  • ASMRや少し下ネタよりの配信を行っている女性
  • 本物の女声と思うほどのバ美肉勢
  • ありきたりな企画はせずに独自の企画をしている

やはりVtuber市場では「女性」を強調したコンテンツは伸びやすいですね。
【関連記事】男性Vtuberが伸びない本当の理由・原因5選!

一方で、女性でもゲーム実況をメインとしている個人勢VtuberはASMR系のVtuberと順位が大きく開いている傾向にあります。

スポンサーリンク

なぜ個人勢のVtuberは伸びないのか

新人Vtuberのランキングを見ていくと、ランキングが下がるごとに個人勢のVtuberが増えていくため、新人の状態では個人勢Vtuberが伸びにくいのは事実です。

では、なぜ個人勢のVtuberは伸びないのでしょうか?

今回のランキングを見ると、主な原因として以下が考えられます。

  • 視聴者の需要を分かっていない
  • 伸びるための道筋を用意していない
  • 誰にも知られていない

視聴者の需要を分かっていない

ランキング順位が下がれば下がるほど、ゲーム配信をやっている個人勢Vtuberが多くいました。

個人勢である以上、予算や人手がないので機材があれば出来るゲーム実況をする気持ちはよく分かりますが、あまりにもゲームをしているVtuberが多すぎます。

「やってみた」などを投稿する大手YouTuberのトップと有名実況者のトップを比較すれば分かりますが、圧倒的に大手YouTuberに大きな需要があります。

なぜなら、ゲーム実況はゲームをやっている人の中でもさらに特定の人しか見に来ないため、最初からターゲットの幅は狭いからです。

通常、ターゲット幅が狭ければ狙う人も少なくなるので問題ありませんが、ゲーム実況に関しては狭いターゲットに対して多くの人が狙っています。(サブチャンでゲーム実況するYouTuberも多い)

そのため、視聴者の奪い合いが発生します。

企業や事務所に所属しているVtuberであれば同事務所のVtuberと一緒にゲームをすることで視聴者を分けてもらえますが、個人勢ではそのような事が出来ません。

そのため、ターゲットそのものを以下のように変更する必要があります

  • 日本人では無く、外国人を狙う(今ならアジア圏)
  • ゲーム実況以外に挑戦する(ASMRなど)
  • ゲーム実況を見ない人を狙う(いわゆる陽キャ層)

実際に、上の事を実行しているVtuberは個人勢であってもランキングは上です。

伸びるための道筋を用意していない

事務所や企業系のVtuberは裏でマネジメントしている方がいるため、本気で伸ばすための戦略を立てています。

  • 自社で切り抜きチャンネルを運営している
  • 大人気Vtuberとライブ配信が被らないようにしてる
  • 他社とも積極的に交流する
  • バズる為の動画を作っている

一方で、個人勢のVtuberの多くはただライブ配信をしているだけであり、全く伸びるための道筋が見えません。

特に、ライブ配信は動画投稿と違ってたまたまバズることはありません。

そのため、トーク力や他Vtuberとの繋がりが無いのにライブ配信だけをしているVtuberは運まで捨てていることになります。

もちろん戦略を立てたところで絶対に上手くいく確証はありませんが、何も意識せずに活動するよりも期待できます。

誰にも知られていない

個人勢Vtuberが伸びない最大の原因は「つまらない」や「可愛くない」ではなく、「知らない」からです。

自分では宣伝しているつもりかもしれませんが、Vtuberは数千人以上いるため生半可な宣伝では奇跡的に見てもらえても視聴者の記憶に一切残りません。

そのため、自分をアピールできる特徴・肩書を持つことが大切です。

ゲームのランキングやカラオケの点数、趣味に使った総額など出来るだけ数値として分かりやすい特徴や肩書があれば他者にも伝わりやすくてアピールしやすいです。

積極的分かりやすく宣伝しなければ、効果は期待出来ないため伸びないようになってしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

個人勢のVtuberはランキングで見ても明らかなほど、伸びにくい。しかし、ターゲットを変えたり、他の個人勢Vtuberと協力して伸びている人もいる。

また、下の記事では人気Vtuberに共通していることをまとめているので一緒に読むとオススメです。
【関連記事】人気Vtuberに共通する特徴10選!

コメント

タイトルとURLをコピーしました