転売ヤー爆死まとめ!ポケカトリックルーム事件/模試の解答転売/無在庫情報商材事件

転売ヤー爆死など

目次

  1. 【商品には到達できない】ポケセントリックルーム事件
  2. 【闇が深すぎる】模試の解答転売事件
  3. 【クズVSクズ】無在庫情報商材爆死事件
スポンサーリンク

【クズVSクズ】無在庫情報商材爆死事件

【転売ヤー爆死】○○に騙されて爆死した転売ヤーをゆっくり解説【バカすぎ注意】 #転売ヤー爆死

無在庫転売のノウハウを教える情報商材が販売される…

2021年4月28日、消費者庁が国民に向けてある情報商材に対する呼びかけを行いました。

引用元:https://www.caa.go.jp/notice/entry/024011/

secondcashが行っていた具体的な情報商材の販売方法は、以下の手順通りです。

  1. 副業ブログやSNSを通じてsecondcashのLINEアカウントへ登録するように促す
  2. LINEのメッセージで登録者へ「誰でも簡単に月500万稼げる方法を教えます」などを送って、登録者を煽る
  3. 稼げる方法が気になった登録者を専用のウェブサイトへ案内し、9800円で販売している情報商材を購入させる
  4. 9800円の情報商材には「無在庫転売の概要」のみ書かれており、具体的にどの商品を転売すれば稼げるかは分からないようになっている
  5. 何の商品を無事故転売すれば稼げるのか気になった購入者は別のLINEアカウントと友達登録することを勧められる
  6. LINEへ登録した人は先ほどとは別のウェブサイトへへ案内され、10万円~150万円までの無在庫転売をサポートするコースの購入を勧められる

以上がsecondcashが行っていた無在庫転売のノウハウを提供する情報商材の販売方法でした。

「こんな怪しすぎる情報商材に引っ掛かる人なんていない」とみなさん思われますが、実際に以下のような被害が届いていました。

副業をしたいと思い、スマートフォンで検索したら「スマホで誰でも簡単に稼げる」と謳う代金2万円の情報商材をみつけ、クレジットカードで決済し購入した。その後、「情報商材の詳しい説明を電話でする」とメールがあり、説明を受ける希望日時を予約した。予約通り事業者から電話があり「通販サイトで買った商品を、海外の大手通販サイトで販売し、利ザヤを稼ぐビジネス。サポートをするので簡単に稼げる。20万円から100万円のサポートコースがあるが、高額なコースほど手厚いサポートを受けられ、すぐに元がとれる」と勧誘された。60万円のサポートコースを契約し、クレジットカードで決済した。しかし、情報商材の内容は無在庫転売のドロップシッピングで、誰でも簡単に稼げる情報ではなかった。利ザヤや送料を上乗せすれば商品が高額になり、売れるはずがない。また、サポートは全くしてもらえないので、情報商材とサポート契約を解約したい。
(40代 男性)
引用元:https://nacs.or.jp/kaiketsu/jirei/sodanjirei5-2/

情報商材によって転売は正しいと考えるユーザーまで現れる

「転売は合法で、困った人を助ける善行であり、しかも儲かるよ!」と唱え、今なら特別に私の生み出した特別な方法を教えましょう、と転売マニュアルを売って稼ぐ勢が存在するようで。 情報商材系は、いろんなとこに蔓延ってるな…

secondcashの脅威自体は消費者庁の行動で無くなりましたが、他の問題は今も残ったままです…
【関連記事】転売ヤーが話題になった出来事3選!ナイチンゲール事件!七夕でまさかの○○祈願?住所特定された転売ヤー

タイトルとURLをコピーしました