本サイトではASP広告を利用しています

Live2DはChromebookで使える?ダウンロード方法やPCを解説

ソフト・アプリ
この記事がオススメな人
  • Live2DはChromebookで使える?
  • Chromebookで2Dモデリングをしたい
  • Live2DにオススメのPCは?

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

結論から書くと、Live2D CubismはChromebookへ対応しておらず、現在はWindowsかMacでしか使えません。

一応、「CrossOver」や「Windowsサーバー」を利用すればChromebookでもLive2Dを使える可能性はありますが、正常に動作する保障はありません。

下の「Live2Dに必要なパソコンスペックは?」ではLive2DにオススメのPCを紹介しているので、Chromebook以外を用意する場合は参考にしてください。

スポンサーリンク

Live2DはChromebookで使える?

Live2D Cubismの推奨スペックは下表の通りであり、WindowsかMacでしか利用できません。

項目Windows搭載PCmacOS搭載PC
OSWindows10, 11
(64ビット版、デスクトップモードのみ)
macOS v10.15 (Catalina)
macOS v11 (Big Sur)
macOS v12 (Monterey)
macOS v13 (Ventura)
CPUIntel Core i5-6600相当以上(AMD製を含む)
推奨:i5-8600、i7-7700、クアッドコア以上
Intel Core i5-6600相当以上
推奨:i5-8600、i7-7700、クアッドコア以上
メモリ4GB以上、推奨:8GB以上4GB以上、推奨:8GB以上
ハードディスク空き容量 約1GB空き容量 約1GB
GPUOpenGL3.3以上
推奨:NVIDIA GeForce GTX 950以上
OpenGL3.3以上

そのため、ChromebookユーザーがLive2Dを使いたい場合は下記どちらかの対処が必要になります。

  • Windowsソフトを使える状態にする
  • WindowsまたはMacを購入する

[itemlink post_id=”16435″]

ChromebookでLive2Dを使う方法2選

ChromebookでWindows用ソフトを動かす方法には下記があるため、詳しい内容を解説します。

  • エミュレーションソフト「CrossOver
  • Windowsサーバーを利用

エミュレーションソフト「CrossOver」

CrossOver(クロスオーバー)とは、LinuxやmacOS、ChromeOSでWindows用ソフトを使うための互換レイヤー・エミュレーションソフトです。

ちゃすく
ちゃすく

「CodeWeavers」というアメリカの会社が開発・販売しています

CrossOverではWindows APIをmacOSやChromeOS用に変換できるため、Windows以外で Windows用ソフトを直接実行できます。

ただし、互換性が完璧では無いため、「以前は出来たのにアプデしたら出来ない!」のようなケースも起きやすいです。

CrossOverの価格は下表のようになっており、14日間の無料体験も可能です。

プラン名料金特徴・備考
CrossOver Free無料(14日間のみ)無料体験版ではありますが、機能制限は一切無い。
まずはCrossOver Freeでソフトの動作を確認。
CrossOver +年間74ドル(サブスク)1年間のサブスクプランで、電話&メールサポート付き。
米ドルで支払うが、クレカかPayPalなら日本からでも支払い可能。
CrossOver Life494ドル(買い切り版)一度購入すれば永遠に使え、バージョンアップにも対応。
米ドルで支払うが、クレカかPayPalなら日本からでも支払い可能。

ただし、CrossOverはAmazonや家電量販店などで売っておらず、公式サイトも日本語に対応していません。

もちろん、CrossOver自体も日本語に対応していないので少し使いにくいですが、ChromebookでWindowsソフトを使える貴重な方法です。

[itemlink post_id=”16747″]

Windowsサーバーを利用

ChromebookへWindowsを入れることはできませんが、Windowsサーバーを利用すればChromebook上でWindowsをアプリ感覚で使えます。

Windowsサーバーとは、​自身のPCやスマホからリモートアクセスできるWindows環境であり、24時間365日稼働しています。

感覚としては「本体が無いWindowsパソコンをリモート操作している状態」に近く、OfficeやAdobeなどのソフトも使えます。

リモートアクセスさえ出来れば良いため、自身の端末がMacやChromebookでもWindowsサーバーが利用でき、間接的にWindows専用アプリも利用できます。
最近ではリモートワークに使われることが多く、どんな場所でも同じWindowsを操作できる利点が重宝されています。

導入ハードルは少し高いものの、Windowsサーバーは純正のWindowsを利用できるので、Live2DのようなWindows専用ソフトにも対応しています。

国内で利用できるWindowsサーバーには下記があるため、ChromebookでWindowsを使いたい場合は参考にしてください。

サービス名メモリ1GBメモリ2GBメモリ3GBメモリ4GBメモリ6GBメモリ8GBメモリ16GB
ConoHa for Windows Server月額1,077円月額2,178円月額2,178円月額4,296円月額8,470円月額8,470円月額15,972円
Xserver for Windows月額1,980円月額1,980円月額1,980円月額3,960円月額7,920円月額7,920円月額15,840円
ABLENET VPS月額1,936円月額1,936円月額2,513円月額4,472円月額4,472円月額6,661円月額14,036円

Chromebookの代わりにオススメのPC4選

Chromebookは工夫しなければLive2Dを使えないため、普通にLive2Dを使えるオススメのPCを紹介していきます。

マウスコンピューター G-Tune P6-A7G50BK-A

Live2D CubismにオススメのノートPC1台目は、マウスコンピューターの「G-Tune P6-A7G50BK-A」です。

項目G-Tune P6-A7G50BK-A
OSWindows 11 Home
CPUAMD Ryzen 7 7735HS
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050 Laptop
ストレージSSD:512GB
価格139,800円
特徴
  • FPSやクリエイター向けソフトへオススメのRTX3050搭載
  • リフレッシュレート165Hz対応液晶パネル搭載
  • 8コア16スレッドのRyzen 7によりマルチタスク性能も高い
  • クレカなしでも36回まで分割払い可能&金利0

[itemlink post_id=”16194″]

マウスコンピューター G-Tune E4-I7G60DB-B

Live2D CubismにオススメのノートPC2台目は、マウスコンピューターの「LEVEL-15FR171-i7-UASX」です。

項目G-Tune E4-I7G60DB-B
OSWindows 11
CPUIntel Core i7-12650H
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060 Laptop
ストレージSSD:500GB
価格199,800円
特徴
  • RTX4060を採用しており、軽〜中量なPCゲームならフルHDでも120fps以上
  • フレッシュレート144Hz対応液晶パネル搭載
  • 10コア16スレッドのCPUにより、モデリングや動画編集もオールマイティに可能
  • マウスコンピューターの金利0分割払いの対象

[itemlink post_id=”13092″]

パソコン工房 LEVEL-M77M-134F-NAX

Live2D CubismにオススメのデスクトップPC1台目は、パソコン工房の「LEVEL-M77M-134F-NAX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC
項目LEVEL-M77M-134F-NAX
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5-13400F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3050
メモリ16GB
ストレージSSD:500GB
価格137,800円
特徴
  • RTX3050により、ApexやFortnite程度の重さならフルHDで120fps以上
  • 10コア16スレッドのCPUにより、マルチタスクにも使える性能
  • RTXシリーズなのでDLSSやFSRへ対応、レイトレーシングも可能
  • ミニタワーPCでもメンテナンスがしやすく、メモリなどの増設も可能

[itemlink post_id=”15661″]

マウスコンピューター G-Tune DG-I5G60

Live2D CubismにオススメのデスクトップPC2台目は、マウスコンピューターの「G-Tune DG-I5G60」です。

モデル名G-Tune DG-I5G60
OSWindows11 Home 64ビット
CPUIntel Core i5 13400F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 4060
メモリ16GB
ストレージSSD:1TB
価格199,800円
特徴
  • 10コア16スレッドのミドルレンジCPUにより、モデリングやマルチタスク性能が高い
  • RTX3050やRTX3060以上の性能を持つRTX4060を搭載
  • 16GBのメモリによってLive2DとChromeの同時起動へ対応し、メモリ増設も可能
  • ゲーミングPCであっても有線LANとWi-Fiへ同時対応
    (ゲーミングPCはWi-Fi機能非搭載モデルも多い)

[itemlink post_id=”17170″]

Live2D Cubismを無料ダウンロードする方法

ここからはLive2D公式サイトへアクセスし、Live2D Cubismのフリー版を実際にダウンロードしていきます。

公式サイトへアクセス後、「トライアル版ダウンロード」か「PROライセンス版を安く購入」をクリックしてください。

下の画面になったら、スクロールして画面の下へ移動します。

すると、「使用許諾契約」があるので「使用許諾契約に同意する」にチェックをつけてください。

その次に「初めてダウンロードする」にもチェックしてください。

デフォルトでは「アップデートをダウンロードする」にチェックが入っているので、用途に合わせて変えてください。

その後、メールアドレスを入力し、WindowsかMacの「最新のリリース版をダウンロード」をクリックします。

ダウンロードが完了したら、あとはファイルをクリックして画面の指示通りに進めます。

これでLive2D Cubismのダウンロードは完了です。
ダウンロード後の基本的な使い方に関してはこちらまたは下の記事を確認してください。

[itemlink post_id=”16435″]

タイトルとURLをコピーしました