本サイトではASP広告を利用しています

VRゴーグルに必要なPCスペックは?注意点やオススメPCを解説

パソコン
この記事がオススメな人
  • VRゴーグルの推奨PCスペックは?
  • VRで使えるパソコンスペックは?
  • VRゴーグルにオススメのPCを教えて

はじめまして。ブログ運営と動画投稿をしているちゃすくです。

ちゃすく(cHask)

ブログ運営者のちゃすくです。
YouTubeは登録者3万人、総再生回数は2400万回超え。
ブログは月間20万PV達成!PCスペックレビューのプロ。
お仕事依頼はこちら

ちゃすく(cHask)をフォローする

この記事ではVRゴーグルに必要なPCスペックや注意点について詳しく解説していきます。

マウスコンピューターのG-Tuneであればフロント部分でVRゴーグルを接続できるので、VR用のゲーミングPCが欲しい場合はオススメです。

スポンサーリンク

VRゴーグルの必要・推奨スペックと注意点3選

VRゴーグルの使用に必要なスペックはVRゴーグルの機種やゲームプレイ内容によって変化します。

ここではVRゴーグル大手のMeta社から販売されているMeta Quest 2の推奨スペックを紹介します。

Meta Quest 2推奨スペック
OSWindows 10、Windows 11
CPUIntel Core i5 4590 / AMD Ryzen 5 1500X以上
グラフィックスNVIDIA GeForce GTX 1650 Super
メモリ8GB以上のRAM
USBポート1スロット以上

Meta社以外のメーカーのVRゴーグルもMeta Quest 2と同程度か、より高いスペックが推奨されています。

Meta Quest 2はPCと接続しなくても楽しめますが、VRのPCゲームをより高い品質で、快適に遊べるので、ゲーミングPCとの併用がオススメです。

注意点1:高画質VRには高品質なPCが必要

VRゴーグルで高画質なVRゲームを楽しみたい場合、ハイスペックなゲーミングPCが必要です。

Meta Quest 2の場合は他のVRゴーグルと違い、単体で遊べますが、機器のサイズは搭載可能なCPUやグラボ、SSDの性能へ大きく影響します。

VRゴーグル、VRヘッドセット

そのため、VRゲームをより高い画質、没入感で遊びたい場合はハイエンドクラスのゲーミングPCが必要です。

また、Meta Quest以外のVRゴーグルはPC用となっており、PCと接続しなければ使えません。

VR動画の視聴程度ならスペックを問いませんが、VRゲームをプレイしたい場合にはゲーミングPCが必要です。

マウスコンピューターの「G-Tune」であればVRゴーグルと接続しやすく、ゲーミング性能も十分なのでオススメです。

注意点2:VRゴーグルにはワイヤレスイヤホンを推奨

VRゴーグルを使用して、VRゲームを楽しむ場合、ワイヤレスイヤホンの使用がオススメです。

もちろん、各社のゲーミングVRゴーグルならオーディオ機能もありますが、下記のデメリットもあります、

  • より高音質なイヤホン、ヘッドホンがオプションで販売されている
  • VRゴーグルの価格帯によってはサウンド機能がない又は、弱い

これらの場合はワイヤレスイヤホンの使用が特にオススメであり、環境音を遮断し、耳元で音が鳴るのでゲームに集中できます。

しかも、ワイヤレスなのでイヤホンコードで操作が制限されず、本当にゲームの世界に入ったかのような没入感が体験できます。

ただし、すぐそばに立たれても気付けないので、自宅や自室を施錠し、万全の防犯をしてから楽しみましょう。

VRゴーグルで使えるワイヤレスイヤホンは下の「VRChatにオススメのマイク6選」へまとめてあるので参考にしてください。

注意点3:GeForce RTX3060以上を推奨

VR用PCスペックであれば重要なポイントが描画能力と描画速度であり、GeForce RTX3060以上のグラフィックス性能が欲しいです。

と言うのも、VRゴーグルで遊ぶ際の解像度自体は1080pですが、RTX3060未満の性能では1080pでのVRプレイを維持しにくいからです。

さらに、ゲーム系であればVRゴーグル内でのfpsを高く保たなければ、画像がカクつき、没入感が台無しになります。

そのため、VRゴーグル用のゲーミングPCを選ぶのであればRTX 3060以上をグラフィックスへ搭載したPCがオススメです。

VRゴーグルにオススメのPCスペック4選【推奨スペック】

ここからはVRゴーグルにオススメのゲーミングPCを紹介します。

パソコン工房 LEVEL-M76M-134-RBX

VRゴーグルにオススメのゲーミングPC1つ目は、パソコン工房の「LEVEL-M76M-134-RBX」です。

パソコン工房:ゲーミングPC

LEVEL-M76M-134-RBXの価格は154,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目LEVEL-M76M-134-RBX
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i5 13400
メモリ16GB
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3060
ストレージ500GBM.2 NVMe SSD

CPUにCore i5-13400、グラボにGeForce RTX 3060を搭載したエントリーモデルです。

BeatSaberやHalf-Life: Alyxなど人気のVRPCゲームにも広く対応しており、他ゲームへの目移りも安心です。

また、VRゲームに思ったほど熱中しなかった時もPCゲームを十分快適に楽しめるスペックなので、無駄になりません。

もちろん、VR版GoogleEarthやメタバースのイベント参加にも対応できますが、メモリ16GBなので規模が大きくなると対応しきれない場合があります。

マウスコンピューター G-Tune DG-A7G70

VRゴーグルにオススメのPC2つ目は、マウスコンピューターの「G-Tune DG-A7G70」です。

マウスコンピューター G-Tune
出典元:マウスコンピューター

G-Tune DG-A7G70の価格は264,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune DG-A7G70
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUAMD Ryzen 7 5700X
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 3070
ストレージ1TB M.2 NVMe SSD

CPUにRyzen 7 5700X、グラボにGeForce RTX 3070を搭載したハイエンドモデルです。

メモリ32GB搭載のため、大型VRイベントに参加する場合も安心であり、VR以外のPCゲーム用としては十分すぎるPCスペックです。

ゲーム画面の配信や録画をしない限り、ほぼどんなゲームでもフルHD画質に十分なスペックでストレスなく遊べるでしょう。

FRONTIER FRGH670/SG3

VRゴーグルへオススメしたいゲーミングPC3台目は、FRONTIERで販売中の「FRGH670/SG3」です。

FRONTIER:ゲーミングPC
出典元:FRONTIER

FRGH670/SG3の価格は274,800円であり、PCスペックは下表のようになっています。

項目FRGH670/SG3
 OSWindows 11 Home
CPUIntel Core i7-12700F
グラフィックスNVIDIA GeForce RTX 3080
メモリ32GB (16GB×2 )
ストレージSSD:1TB 

RTX3080を搭載しており、高グラフィックス状態のVRゲームでも遊べるスペックになっています。

ちゃすく
ちゃすく

ApexならフルHDの高設定でも250fps以上のスペック

メモリ自体も32GBあるので、VR Chatで大人数のルームへ参加した時も安心です。

マウスコンピューター G-Tune FZ-I7G70

VRゴーグルにオススメのゲーミングPC3つ目は、マウスコンピューターの「G-Tune FZ-I7G70」です。

マウスコンピューター:ゲーミングPC
出典元:マウスコンピューター

G-Tune FZ-I7G70の価格は379,800円であり、具体的なPCスペックは下表の通りです。

項目G-Tune FZ-I7G70
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUIntel Core i7 13700KF
メモリ32GB
グラフィックカードNVIDIA GeForce RTX 4070
ストレージSSD:1TB

CPUにCore i7-13700KF、グラボにGeForce RTX 4070を搭載したハイエンドモデルです。

メモリ32GB搭載のため、メタバースイベントの参加、VRゲームなどほぼ全ての用途で抜群のパフォーマンスを発揮します。

ミドルプロゲーマーが使うPCスペックと同スペック帯なので、VRゲームのPCスペックで困ることはないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました